WONDER WORLD♪

わがままwonderです♪

JYJ大好き♪♪♪
Always Keep The Faith!

JYJ♥ベトナムライヴ記事&画像&動画♪ジェジュンインスタ♪ジュンスツイ♪

2014-08-31 21:11:43 | JYJ
丸1日研修で疲れた(苦)
JYJ帰国の旅に????

お借りしてます♪




ユチョンさん!背中の~オンマも、、、濡れてます、、、



★JYJ、ベトナムの伝統帽子をかぶってリハーサル…現地ファン“感動”
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002681)



JYJがベトナムの伝統的な帽子“ノンラー”をかぶってリハーサルに臨んだ。
 30日、所属事務所のC-JeSエンターテインメントは「JYJが今夜行われるアジアツアーのベトナム公演を控えて、リハーサルを行った。日差しの強い日中に行われた屋外ステージリハーサルで、JYJはベトナムの伝統的な帽子ノンラーをかぶってステージに上がった。ファンの方々が作ってくださったノンラーをかぶってリハーサルに臨み、ベトナムへの愛情を表した」と明かした。
 JYJのメンバーたちは、ノンラーをかぶった写真を自身のSNSに掲載して、ベトナムファンたちを熱狂させた。現地のファンたちはベトナムの文化を愛するJYJに熱い反応を見せた。今回のJYJベトナムコンサートは、JYJの2ndフルアルバム「Just Us」のアジアツアーの一環で、ソウル、香港、北京に続き、ベトナムでもコンサートを開催した。
 JYJは29日、ベトナムのホーチミン市にあるインターコンチネンタル アシアナ サイゴンホテルで記者会見を開いた。この会見にはYeah1 TV、MTVなどをはじめとする約70人の現地の記者たちが参加し、高い関心を示した。




★JYJ、大雨の中の野外ステージで熱いアンコール!ベトナム公演で6千人のファン“熱狂”
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002692)



JYJのベトナム公演が大盛況のうちに終了した。

本日(31日)午前、所属事務所のC-JeSエンターテインメントは「30日、JYJはベトナムのQuan khu7スタジアムでアジアツアーのベトナム公演を成功させた。特に、ベトナム公演の会場は屋外ステージだったため、アンコールステージが豪雨の中で行われることになったが、JYJは雨に濡れながらも約6千人のファンたちと交流しながらコンサートを楽しんだ」と明かした。
 コンサートの関係者は「ベトナムの韓流ファンの中で最も人気の高いJYJのコンサートを見るために、ベトナムの各地からファンたちが集まった。ファンたちは韓国語で一緒に歌いながら2時間に渡って声援を送り続けた。また、2010年のベトナム初訪問時の約束を守るために、正式にコンサートを開催したというJYJの話を聞いて、多くのファンたちが涙を流しながら歓喜の声を上げた」と説明した。
 JYJは、2ndフルアルバムのタイトル曲「Back seat」や1stフルアルバムタイトル曲「 In heaven」「Get out」など計24曲を生披露した。ソロステージでもポップ、ロック、ダンス、R&Bなど様々なジャンルのステージを披露し、現地ファンたちの心を鷲掴みにした。
 今回のコンサートの特別な点は、大型スタジアムの屋外ステージで行われたということだ。普段、大型コンサートを見る機会があまりないベトナムのファンたちは、JYJの大規模なコンサートに熱狂した。メンバー3人の完璧なハーモニーが際立ち、「Be my girl」「Empty」など観客と楽しむステージでは、約6千人のファンたちが一緒に踊って、会場を盛り上げた。
 コンサートのハイライトは、大雨の中で行われたアンコールステージだった。JYJとダンサーたちは、びしょ濡れになりながらも爆発的なライブやエネルギー溢れるパフォーマンスを披露した。そして一緒に雨に濡れたファンたちも、さらに声を張り上げて踊っており、華やかなフィナーレを演出した。JYJは「今、雨が降っているけど、とても楽しい。雨が僕たちをさらにセクシーに見えるように手伝っていると思う。ベトナムのファンの方々との特別な時間は絶対忘れられない」と感想を語った。
 ソウル、香港、北京に続いてベトナムでも大きく愛されたJYJのアジアツアー「THE RETURN OF THE KING」は、来月6日に中国の成都で続けられる。


★JYJは、大雨の下でのステージを「点火する」
(http://www.tiin.vn/chuyen-muc/nhac/fan-ngoi-kin-san-van-dong-cho-xem-jyj-bieu-dien.html)

ミリタリーゾーン7スタジアムで存在のファン数千人のベトナムでJYJの最初のコンサートのために情熱的に応援。
 20時間今夜(30/8)、プログラムではベトナムJYJアジアツアーコンサート-王2014のリターンしかし、明るい日光の下で、冒頭で軍事ゾーン7スタジアム時に開催されましたが、非常に混雑したファンが中に入るために並ん前に競技場の領域を囲んだ。
 より良いコンサートの準備のために、JYJはベトナム昨日の午後に存在している、同じ日午後、グループの記者会見。時ベトナムのすべての3人の少年はかなりカジュアルな服を着た。この日の午後、ジェジュン、ジュンスとJoochunはステージ領域でのリハーサルがあった。男性シンガーはジェジュンも我慢パーソナルページを自慰行為を撮影、円錐形の帽子に興味を持っている。
 夜の間に、3人の少年は、カルトのシリーズは非常によく、ライブボーカルヒット行った。具体的には、土砂降りの雨にもかかわらず、それらの最高のチームのパフォーマンスはまだファンが興奮してください延長した。

ここでは、コンサートの内容全体は、次のとおりです。

1900:ファンが存在していた 大規模な軍事ゾーン7スタジアム、特にVIPエリアの内側。多くは、彼らの偶像を応援する準備ができて気泡を保持する、赤い服を着。
20h00: JYJがステージに登場、コンサートが始まった。グループ、3創造の歌を消しOne(Remix)を、バボボーイすることができます
20h15: JYJスタジアムカルトの"爆発"に見えたヒットシリーズ。
20h30: ジェジュンのソロ曲親愛Jが、しかし彼は、以前のショーの公演のようにそれを取ることはありませんでした。
20h40:残りの2つのメンバーは、ジュンス、ユチョン、ソロ曲を回すことができる7年と三十。各曲を通じて堆積段階の両方。
20h50:ジュンスプログラムは美しい振り付けでソロ曲に攪拌し続ける。
20h58:ユチョンが突然ファンが楽しんでいる「ハロー」ベトナム語で言う。彼は、ファンが、あまりにも驚いたと指摘してコンサートをした雨の最初の恐れで離れて行く。3人の少年は、第2回のコンサートのようにベトナムに戻ってくると約束。
21h15:グループ名に関連付けられているおなじみの歌を歌ったときは、ファンが空を赤く風船のドロップがたくさんある。
21h25:観客はポストを出て行けJYJ一斉に沿って歌いました。
21h30: JYJファンは突然言うとき歓声「おいしい牛肉麺のスープ、先生! " 北の声。
21h40:神は、エレクトロニクスを遮蔽することは困難な技術を作った、降りしきる雨を注いで開始します。しかし、JYJのメンバーは非常にファンが興奮して努力を補完を行っています。グループはまた、雨は彼らがよりセクシーになることを冗談を言った。
22h00:コンサート、聴衆から温かい拍手で終わる。具体的には、JYJのファンが離れる前に、ステップ3回を歓迎します。








★画像おまとめ~
2014 8 30♪JYJリハ~ライヴ~帰国おまとめ



ジェジュン~
ユチョンすたっふ~







★MyKpopHuntress
(https://www.facebook.com/MyKpopHuntress/photos_stream?tab=photos)

ココにもいっぱい~画像あります♪


★ジュンスツイ&だんたたんツイ&ジェジュンいんすた~








動画お借りしてます♪Cr様画像内

★Thirty (Yoochun Solo) @ 140830 JYJ Concert in Vietnam


★JYJ Asia Tour Concert in Vietnam - I Love You (Yoochun Solo)


★JYJ Asia Tour Concert in Vietnam - Walking with her in the spring (Yoochun


★Creation @ 140830 JYJ Concert in Vietnam


★Back Seat - JYJ Concert (Asia Tour 2014) from Vietnam


★Be My Girl (Remix) @ 140830 JYJ Concert in Vietnam


★In Heaven @ 140830 JYJ Concert in Vietnam


★Baboboy @ 140830 JYJ Concert in Vietnam


★140830 JYJ Asia Tour in VN Encore


★JYJ hát sung dưới mưa



ベトナム、、、最後、、すごい雨でしたねェー
それでも~JYJ&ふぁん!
楽しそうに~盛り上がってますよねェー

きっとーいっぱいに埋め尽くしたスタンド、、、
すごかったんだろーなぁー

毎週末、、、折り返しですか???
9月あとー4カ国ですかねェー

仁川アジア大会もあるし。。。。

日本は、、、秋~冬ですかねェー


Always Keep The Faith!
コメント

JYJ♥ベトナムライヴ♪記事&いんたツベ♪ジェジュン&ジュンスツイ♪ヘムいんた♪

2014-08-30 23:19:23 | JYJ
只今、、、3days&ustreamで~ベトナムライヴ♪エア参戦中~
毎週末、、、、聴けて~幸せ♪♪♪

来月は、、、エア参戦できない日もあるから、、、

取り急ぎ、、、ツイからお借りしてます♪



ユチョン♪♪♪
今日は、、、暑さに負けました????
両腕~露出♥♥♥激萌~~~~~
たくましくなってる(爆)



★JYJ、ベトナムで記者懇談会を開催「ファンと約束していた初コンサート…嬉しくて興奮する」
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002672)



JYJが、ベトナムコンサートへの意気込みを語った。
 30日午前、所属事務所のC-JeSエンターテインメントは「JYJが29日にベトナムホーチミンにあるインターコンチネンタル アシアナ サイゴンホテルで、約50のメディアの現地記者たちとの懇談会を開いた。1TVやMTVベトナムなど主要メディアの芸能部記者が約70人も参加し、JYJの取材への高い関心を見せた。現地の記者たちは、韓国とベトナム間の国家フェスティバルやイベントではなく、正式コンサートでベトナムを訪れたJYJのコンサートに高い興味を示した」と発表した。
 JYJのベトナム訪問は2010年の「パク・チソンのアジアン・ドリーム・カップ フレンズ」と2013年の「アジアンゲーム広報ロードショー」に続いて、3度目となる。ジェジュンは「ベトナムで正式にコンサートを開催するのは初めてだ。今までベトナムを訪れる度に、JYJのコンサートで来ると約束していた。こうやって約束を守ることができて嬉しくて、ドキドキする」と語った。また、韓国や日本だけではなく、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパに至るまで全世界で活動しているJYJが本当に注力している国はどこかという質問に対しては「僕たちを愛してくださるファンがいれば、そこが僕たちの注力する場所だ。今回のツアーを通じて、改めてアジアのファンの方々に深く感謝している」と言って、アジアのファンへの格別な愛情を表した。
 続いて、ジェジュンは「ファンミーティングのために、個人的にベトナムに来たことがある。その時、大きな愛情と情熱を感じた。ベトナム帽子のノンラーをプレゼントでもらい、被ったこともある。今回も楽しい思い出を沢山作りたい」と付け加えた。
 また、ユチョンは「今回のJYJアルバムの制作のために、すごく久々にスタジオに行って音楽作業をした。10年前にデビューアルバムを作って感じたときめきをまた感じた。年末までツアーが続く予定だが、毎回楽しい」と打ち明けて、視線を引いた。
 JYJは、30日午後にベトナムホーチミン市のQuan khu7スタジアムで、JYJ2ndフルアルバムのアジアツアーを開催する予定だ。


★JYJ アジアツアー、今夜はベトナムファンらとの約束を果たす!
(http://www.kntv.co.jp/news/?p=88843)



人気グループJYJがアジアツアーを展開しているなか、今夜ベトナムのホーチミンで初の公演を開催する。
 所属事務所のC-JeSエンターテインメントは30日、JYJが29日にベトナムのホーチミンにあるインターコンチネンタル・アシアナサイゴンホテルで、約50社の現地マスコミと記者懇談会を行ったと伝えた。会見には、Yeah 1 TV、MTV Vietnamなどのメインテレビ局や芸能媒体の記者70人が出席。JYJに熱い関心を寄せたという。
今回JYJのベトナム訪問は、2010年に行われたパク・チソン-アジアドリームカップフレンズの参加と2013年のアジア競技大会の広報ロードショー以来3度目となる。
 会見でジェジュンは、「ベトナムで正規コンサートを開催することは初めてです。ここに来るたびにJYJの公演を必ず開くと約束しましたが、こうして守ることができて本当に嬉しいです」と述べた。
ユチョンは「僕にとって今回のアルバムは、レコーディング室や音楽作業が久々のことだったので、10年前にデビューアルバムを作った時と同じときめきを感じさせてくれました。今日の公演も一緒です。年末までツアーを続ける予定ですが、毎回楽しんでいます」と笑顔を浮かべた。
またジェジュンは、「個人的にはファンミーティングでベトナムに来たことがあります。当時よりもっと大きな愛と情熱が感じられました。その時はベトナムの伝統帽子のノンラーもいただきましたが、今回もたくさんの思い出を作ってきたいと思います」とファンに対する格別な気持ちを伝えた。
 JYJは今日(30日)の夜8時(現地時間)、ホーチミンにあるQuanKhu 7 Stadiumで「2014 JYJ ASIA TOUR CONCERT in HO CHI MINH CITY ‘THE RETURN OF THE KING’」を開催する予定だ。


★JYJ、ベトナムのファンと約束した最初のJYJコンサート
(http://www.topstarnews.net/detail.php?number=71808&thread=0002r0002r0042)

JYJがアジアのファンに対する格別の愛情を明らかにした。シジェスエンターテイメントは、 "JYJが昨日(29日)ベトナムホーチミンインターコンチネンタルアシアナサイゴンホテルから50以上のベトナム現地記者らと懇談会を開催しました。Yeah 1 TV、MTV Vietnamなどの主要なTVと芸能報道メディアの記者70人が参加しJYJの熱い取材熱気を見せた。現地記者は、韓国-ベトナムの国家間のフェスティバルやイベントではなく、通常のコンサートでベトナムを訪れたJYJの公演に大きな関心を見せた。」と明らかにした。



JYJの訪問は、2010年パク·チソンアジアドリームカップフレンズ参加と2013アジア競技大会の広報ロードショー以来、三度目だ。キム·ジェジュンは、 "ベトナムでの正規コンサートを進行するのは初めてである。これまで訪問するたびに、JYJが一緒に公演に来てくださいと約束したそう見てなって気持ちよくときめく」と明らかにした。また、国内と日本だけでなく、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパまで全世界で公演をするJYJの注力する舞台がどこかという質問には、「私たちを愛してくださるファンの皆さんがいる場合は、そこが私たちの主舞台だ。」と明らかにして今回のツアーを回りながら、再びアジアのファンに深く感謝している」と明らかにして格別な愛情を明らかにした。



また、パク·ユチョンは"私にとって、今回のJYJのアルバムは音楽の作業と録音スタジオがあまりにも久しぶりだったので十年前のデビュー時にアルバムを作っていたときめきとも見えた。年末までのツアーがずっと続く予定だが、ひとつひとつのツアーが楽しい。」と明らかにした。キム·ジェジュンは、 "個人的にファンミーティングのために一人でベトナムを訪れたことがある。そのとき、多くの愛と情熱を感じることができた。当時、ベトナムの帽子」ノン」をプレゼント受けたサーボ祈った。今回も楽しい思い出たくさん持って行く。」と明らかにした。久しぶりにベトナムを訪れたJYJの記者会見で、多くの地元の記者は、好意的な反応を見せた。JYJが入場して記者会見が終わったときに拍手が出てくる一方、JYJの心からベトナムに向けた愛情に関心を示した。一方、JYJは、今日の夕方(現地時間8PM)ベトナムホーチミン市クオン梅(Quan khu7)スタジアムでJYJの正規2集アジアツアーを続けていく予定である。






★JYJ、ベトナム公演控えて「リハーサル現場」キャッチ
(http://www.topstarnews.net/detail.php?number=71840&thread=0002r0002r0042)

JYJがベトナムの伝統帽子をかぶってリハーサルに臨んだ。



シジェスエンターテイメントは、 "JYJが今夜のアジアツアーのベトナム公演を控えてリハーサルを行った。日差しが強い日中に進行された野外ステージリハーサルでJYJは、伝統的なベトナムの帽子」私(non)」を使って舞台に上がった。ファンたちが直接作ってくれた伝統的な帽子をかぶってリハーサルに臨んでベトナムへの愛情を表現して話題だ。」と明らかにした。JYJのメンバーたちは、自分たちのSNSに伝統的な帽子をかぶった写真を上げてベトナムのファンを熱狂させた。地元のファンは、ベトナムの文化を愛してくれるJYJに向かって爆発的な反応を見せた。JYJの今回のベトナム公演はJYJの正規2集'Just us」アルバムのアジアツアーでソウル、香港、北京を経て、今日のベトナムで4回目の公演を持つ。



一方、JYJは、昨日ホーチミンインターコンチネンタルテンタルホテルで記者会見を持ったYeah1 TV、MTVの放送をはじめとする70人余りの記者が熱い取材競争を見せた。しばらくして現地時間午後8時にベトナムホーチミン市クオン梅(Quan khu7)スタジアムでの正規コンサートを持つ予定である。


★JYJ、ベトナムコンサートのリハーサルに私を書いた理由は、
(http://news.nate.com/view/20140830n12867)



JYJ(キム·ジェジュン·ユチョン·キム·ジュンス)がベトナムの伝統帽子をかぶってリハーサルに参加した。シジェスエンターテイメント側は30日、「JYJが今夜のアジアツアーのベトナム公演を控えてリハーサルを行った」と発表した。続いて「日差しが強い日中に進行された野外ステージリハーサルでJYJは、伝統的なベトナムの帽子私は(non)を使って舞台に上がった」と「ファンたちが直接作ってくれた伝統的な帽子をかぶってリハーサルに臨んでベトナムへの愛情を表現して話題だ」と明らかにした。メンバーは、自分のSNSに伝統的な帽子をかぶった写真を上げてベトナムのファンを熱狂させた。地元のファンは、ベトナムの文化を愛してくれるJYJに向かって爆発的な反応を見せた。JYJ今回のベトナム公演は正規2集「ジャストアース」アジアツアーにソウル·香港·北京を経て、今日のベトナムで四番目の公演を持つ。JYJは去る29日、ホーチミンインターコンチネンタルテンタルホテルで記者会見を開催しました。有力放送をはじめとする70人余りの記者が熱い取材競争を見せた。


★ツイよりお借りしてます♪Cr様画像内


似合ってますよ(爆)



★JAMスペシャル#2:読者の排他JAMからの質問に答えるJYJ!
(http://jam.kenh14.vn/jam-special-2-jyj-tra-loi-cau-hoi-doc-quyen-tu-ban-doc-jam-100.htm#jam_detail)

[フー] [FULL] 140829 JYJ - ベトナムJAMインタビュー



★[Yeah1独占]特別フォー秘密独占インタビューJYJ
(http://www.yeah1.com/sao/yeah1-doc-quyen-pho-dac-biet-bi-mat-phong-van-doc-quyen-jyj-34568.html)

聴衆からのこれらの質問や疑問がYeah1フォー特別代表であったし、K-POPの音楽グループをリードする男の3との親密な会話を持つ - JYJを。
この日の午後には、(8分の29)、JYJの3人の少年は、記者会見の打ち上げの音楽番組「王の帰還」で存在した。報告によると、JYJはソウル(韓国)、香港、北京の後に次の停留所としてベトナムを選んだが、これは4年連続でベトナムへの第4時間JYJのメンバーである、と考えることができるここではJYJのファンのための素晴らしい賛成。ベトナムでJYJのカムバックは、3メンバーが2年間の兵役を行う軍事時代に参加しなければならなかった観客に、おそらくグループのお別れです。



短い時間過去には、フォー特別速く、彼は聴衆の無数の感情を獲得しているビデオブログ楽しい、ユーモアの現象となっております。それだけでなく、彼は「チョウ「ベトナムは、まだ国にだけでなく、国際的にカルトに関連した多くのイベントに直面している。
 このように、JYJの戻り今回は特別麺、彼の仲間のためにも例外ではありません、かなり親密な会話を持ち続けることによって独占的に撮影さYeah1とCJes。
 4短い会話のトラックに沿って、彼は大丈夫のように、これを左:




PDBは:これは、彼がベトナムを訪問した4回目、ホーチミン市への彼の2番目です。兄は、ベトナム国だと感じ、どのように食品についてのベトナムのファン、約...?

ジェジュンは: 私たちは、4回、すでにベトナムを訪問する機会があった、私は個人的に非常に美しいベトナムを発見し、夜にはベトナムの特別な通りは非常にいいです。ベトナム料理については、私たちはベトナムであるが、韓国ではなく、いくつかの料理を楽しんでいた、私たちは特に麺類が好きだった。私たちは、ベトナムを訪問この時間の間に、より多くのベトナムの伝統的な料理をもっと楽しむ機会を持つことになりますことを願っています。

PDB:あなたはベトナムによって「私たちはベトナムを愛して」いないと言うことはできますか?そこに彼が望む学校からのベトナム人である、と彼はYeah1を伝えることができれば、私たちはあなたが表示されます、あなたは番組を視聴しているファンから伝えることができますか?

JYJは: 私は、ベトナム語を学ぶことは非常に難しい、そこに多くの兆候があると明らかに単語の6音節を持っているので、私たちはファンと一緒にベトナム語で挨拶しようとするでしょう。



PDBが:ベトナムでは、ファンはめったに本当のコンサートを楽しむ機会を持っていないので、ここでJYJのコンサートはファンに多くのことを意味します。あなたがファンにそんなに約束したことがありますので、このコンサートは、ベトナムでのファンとの約束を果たしていたのですか?

ジェジュンは: 私は2年前にファンがベトナムとのファンミーティングを持ってラッキーだ。その時、私はあなたが見るの実行にベトナムに戻り約束を持っていた。音楽プロジェクト私たちが始めたキングスの帰還は、私たちは彼らの最初のコンサートを開催します国の一つとしてベトナムを選択した場合でも、そして、これは私たちのグループのための主要なプロジェクトである今年。

PDBが:あなたはアルバムのソロ曲についてのこの時間を共有することはできますか?各曲での感情があること?

ジェジュンは:私はソロ、今回、私はアンジェリーナ·ジョリーを夢見てきた曲を記録した前に、私は自分が彼女と空を飛んで見つかったので、私は構成するために触発された、そしてまた私に影響を与えたブラッド·ピットとのインタビューから、もう一度。

ジュンス:私の曲は7歳というタイトルの曲です、愛の話をすると、午前中にあり、私はこれは誰もが夢見ることを愛だと思います。



会話の終わりには、ジュンスとジェジュンはフォーについて質問されたベトナム語で「ありがとう」、3人はそのようにするとき3つの連続した​​発言を含め、ベトナムフォーのガイドラインは、非常に標準的で継続的な非常に速いように見える乗組員と観客Yeah1TVに「ありがとう」と言う。

JYJ特別麺とYeah1の観客との興味深い会話をしました、ありがとうございます。JYJの連中を表示するには、日曜日は17:30まで(2014年7月9日)を放映、レンズで放送されたJYJのフォープログラムとナレーションの話を見て覚えて、金曜日0830で再生テレビYeah1TV上の2(8月9日)、11時30分3日(9月9日)、15時間4(10月9日) - VTVキャブ17。

特別ポーとの会話ではJYJのいくつかの楽しい写真を参照してください。









じゃんけんぽん!
ジュンスゥ~~~~~日本語&ちょき~~~ありがと~~~~(爆)

めっちゃ!笑ったわ~~~~

もージュンス&ジェジュンツイ~~~いんすた~~~凄すぎ♪♪♪










★JYJ ジェジュン「デスノート」のLをパロディ“何をしても輝くビジュアル”
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002656)



JYJのジェジュンが、映画「DEATH NOTE(デスノート)」のLを真似した写真を公開した。
 ジェジュンは、29日午後自身のTwitterに「デスノートのパロディ」という短い書き込みと共に、数枚の写真を掲載した。
 公開された写真では、ソファの上にしゃがみ込んでいるジェジュンが、リンゴを手にしたまま、妙な表情でカメラを見つめている。これは、「DEATH NOTE」でいつも屈んだような姿勢をとるミステリアスなキャラクターのLを真似たポーズだ。特にジェジュンは、金髪やシンプルながらもユニークなファッションで視線を引いた。
 この写真を見たネットユーザーたちは「Lにそっくり」「ジェジュンも年を取らないね」「地上波でも見たい」など様々な反応を見せた。
 現在、JYJは9日に開かれたソウルコンサートを皮切りに、香港、北京、ベトナムなど8都市でアジアツアー「THE RETURN OF THE KING」を開催している。

以前も同じいんた~UPしましたが、、、、翻訳機だったので、、、、
ちゃんとした日本語訳された記事~


★JYJ ユチョン「演技では違う姿を追求…本来の僕は外見的に何かを変えたくない」
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2001732)



JYJのユチョンとのインタビューの間、予想しなかったどんでん返しの映画を見ているような気がした。お決まりの答えを言いそうなお坊ちゃまのような俳優と思っていた予想とは大いに違っていた。無理して本音を隠そうとせず、優しく見せようともせず、視線を意識して優しい言葉だけを選ぶことはなかった。率直で淡白だった!確固たる自己主観!これは、想像していたユチョンのイメージとは大いに違っていた。

一方では申し訳なく、一方ではホッとした。申し訳なかったことは、単にアイドル出身の俳優という先入観に囚われてしまい彼のことを早合点したことと、ホットしたことは、他人の視線がどうであれ、偽りのないユチョン特有の根性を発見したからだ。このような表現がどう聞えるか分からないが、肯定的な意味で彼は賢かった。そして、その賢さが今後彼の未来に大きな資産になるという事実を信じて疑わなかった。予想とは違い、ユチョンに失望したのではないかと聞かれたら、まさか!彼はとても素晴らしい俳優だ。

―薄暗くて雨も降っていて、まるで「海霧」に出てきそうな天気だ。

ユチョン:このような天気が好きだ。だけど、目の前に近づいたコンサートが心配で十分に楽しめない。これまでメンバー3人で一緒に練習する時間が足りなかった。ジェジュンは最近、ドラマ「トライアングル」の放送が終わり、僕は「海霧」で、ジュンスは「ドラキュラ」でお互いが忙しかった。土曜日(8月9日)が公演だけど、準備することが山ほどあって、プレッシャーを感じている。

―JYJのユチョンではなく、俳優ユチョンに惚れてコンサートを訪れるファンたちもかなりいると思うが。

ユチョン:俳優活動をしてから新しくファンになってくれた方々がいる。以前のファンとは微妙に違う。年齢層も違うし、お姉さんファンがもっと多い。でも、歌手としてのファンも長い時間が経ち、20代後半から30代前半の方が多い。時々「ファンになって8~9年になりました!」と言うファンに会うと不思議な気持ちになる。長い時間、どう耐えてきたのか不思議だ(笑) 子供たちと一緒に公演に来て「結婚して幸せに暮らしています」というファンもいる……そのようなファンを見ていると、ただただ胸がいっぱいになる。

―人間とは相手の年齢によって行動が大いに変わるが、お姉さんファンの前でのユチョンさんはどうなのか。

ユチョン:年齢層によって、そして席によって異なる。でも僕は男女問わず年上の人が好きだ。年配の方といる時によりリラックスできる。幼い時からそうだった。中学生の時から仕事をしていたので、周りの人々がほとんど兄さんやおじさんだった。一緒に作業するおじさんたちと仕事が終わると、お酒を飲んだりした(笑) だからなのか、同年代の人に比べて年配の方と距離感を感じない方だ。

―親しかった兄さんたちと同じ年代になっていく気分はどうなのか。

ユチョン:たくさんのことをやっておきたかったけど、成し遂げたことが何もないという感じかな?



―そんなことない。多くのことを成し遂げたのでは。

ユチョン:正確に言えば、自分のために成し遂げたことがそれほどない。常に誰かのためだった。それが僕が生きる理由だと思ってきた。だけどある瞬間、そのようなことが少しプレッシャーになった。当時は当たり前に思っていたことが後になって混乱してきた。僕が僕のためにもう少し投資していたなら、もっと幸せになる方法を知ることができたかもしれないという心残りがある。

―何があなたを責任感の大きい人間に成長させたのか。

ユチョン:子供の頃の環境が恋しい。一番似ている雰囲気で育った。(ペク)チャンジュ兄さんに会って会社を設立した時も、常に社員たちの給与を考えて働いた。今は幸いにも会社にたくさんの先輩たち(チェ・ミンシク、ソル・ギョング、イ・ジョンジェ)が入社して、心に余裕を持つことができたが、以前は誰かを養わなければならないという責任を持っていた。

―環境的に早熟せざるを得ない状況だったようだ。早熟した人を見ると、ある日突然、鬱憤が爆発したりする。

ユチョン:その通りだ。本当に酷く爆発した時は、父が亡くなった時だ。その時は完全に理性を失った。何て言えばいいのか、支えてくれた多くのものを一気に失った感じだった。長く生きた訳ではないが、それなりに自分が生きてきた方法が正しいと思っていた。それに対する確信があまりにも強かったのだ。そんな中でその確信が間違っているかもしれないと疑うようになった。その瞬間、僕の中のすべてが崩れ落ちた。想像以上に崩れ落ちて彷徨した。

―その時間をどう乗り越えたのか。そして、どうやって元に戻ることができたのか。

ユチョン:演技が大きな力になった。その時はドラマ「屋根部屋のプリンス」に出演していた時で、不安な気持ちを整えていない状態だったが、演技をしながら慰められた。その作品に出演したことで、気持ちが徐々に軽くなることができた。「屋根部屋のプリンス」は僕に演技の楽しさを与え、自信を与えた作品だった。

―もし過去に戻るとしたら、自分のためにどう生きたいのか。

ユチョン:とても些細な違いだが、以前誰かが幸せになることが僕の幸せだと強く信じていたなら、少し見方を変えて、すべてのことは僕が幸せだからやることだと考えると思う。

―今、演技は自分のために演じているのか。

ユチョン:「海霧」が僕にそのような悩みを与えた作品だった。「海霧」に出演する以前は何かに対する意欲、挑戦、難しい演技表現……このようなことに対して渇望していた。「海霧」に出演しながら演技といものは挑戦する領域ではないということを知った。本当に大きな覚悟をした上でやるのが演技だと思う。キム・ユンソク先輩、ムン・ソングン先輩など、多くの先輩と共演しながら今後の方向性についてたくさん悩み、新たに感じるものがたくさん増えた。



―シム・ソンボ監督が「ユチョンから穏かな印象を受けた」と話していた。自分で考える印象はどうなのか?個人的に人は生きてきた人生によって印象が変わると思う。

ユチョン:その通りだ。確実に以前より穏やかになり、楽になった。昔の僕は、簡単に近寄れない人だったようだ。所属事務所の広告チームの室長も「最初ユチョンに会った時、話しかけられなかった」と話していた(笑) だけど、演技をしながら自分が楽になれるようになって、印象も性格も変わった。以前は何かをする時に同時多発的に焦ってやっていたのなら、今は一つのことを地道にやっている。

―以前のユチョンさんは他人の視線を意識していたのか。

ユチョン:意識していた。でも、意識しながらもやりたいことは全部やった。ハハハ。一番ファンが多かった時にお酒を飲みに行くと、私生ファン(サセンペン:私生活にまで付きまとうファン)たちが屋台の前に150人くらい常に立っていた。ファンたちが見る前でお酒を飲まなければならなかったので、不快だった。でもやりたいことは全部やった。お酒も飲んだし。ハハハ

―ハハハ。実は今、インタビューをしながら驚いている。ユチョンさんのイメージが私の予想とは大いに違う。本音を言わずに言葉遣いにも気を使い、お決まりの答えが返ってくる思っていたら、大間違いだ。ハハハ。

ユチョン:全くそうではない。だから僕にはこのような方々(所属事務所の広告チーム。ユチョンがはばかることなく発言する時ごとを不安に思う広告チームの姿がとても新鮮だった)が必要だ。ハハハ。

―「海霧」で色んな演技派の先輩たちと共演した。集まるとどのような話をしたのか。

ユチョン:意外に演技の話はしなかった。とても私的なことを話した。恋愛相談や男性と女性の違いとか。ハハハ。時には社会問題や女性アイドルについて話し合った。ある先輩が「最近A Pinkの曲が好きだ」と話すと、(キム)サンホ兄さんが「A Pinkのことご存知ですか?」と反応したら、「知ってるとも」と、このように日常的な話が楽しかった。

―「海霧」のシナリオを受け取って「演じたい気持ちと演じることができるだろうかという気持ちの中で悩んだ」と聞いた。

ユチョン:難しい役だと知っていたので悩んだ。そして、周りも心配していたので、心ならずも自分でも不安になった。最初は自信に満ちて「とりあえずやってみよう」と思ったけど、多くの方から「ユチョンがこのような映画に出演するの?」と言われて、自分でも不安になった。果たして僕が下した選択が正しかったのか心配になった。幸い撮影をしながらそのような悩みを吹き飛ばすことができた。ドンシクで生きることで精一杯だったから。

―作品の撮影がすべて終わった今はどうなのか。

ユチョン:今はとりあえず「海霧」から抜け出したいと思っている。今でも「海霧」の香りが深く残っている。懐かしい香りが……。



―ドンシクを動かした最も大きな原動力は何だと思う?

ユチョン:愛……より率直に言うと、生命だ。ドンシクは生命を非常に大切に思っていたと思う。ドンシクが心を許したのはホンメ(ハン・イェリ)だが、もしその気持ちが生命と関わりがなかったら、そこまでホンメを守ろうとはしなかったと思う。ドンシク自身も表現をしなかっただけで、生きたいという意志が非常に強い人物だ。それをホンメを通じて表現したと思う。

―ドンシクは生きたいという本能によってより強くなった人物だと思う?それとも、その逆だと思う?

ユチョン:すごく弱い人物だから、むしろ強くなったと思う。ある意味、ドンシクは一番現実的じゃない人物かもしれない。彼は現実的じゃない人物だから、人間にとって必要な要素を持っていると考えたこともある。たぶん自分も知らなかった自分の中のある姿と初めて対面して、一番驚いたのは彼自身だと思う。そんなことを表現しようとした。

―今話した通り、生きていくうちに自分も知らなかった自分を発見する瞬間がある。実際のユチョンはいつそんなことを感じたのか?

ユチョン:今年たくさん感じていると思う。「海霧」の撮影期間中、撮影が終わったら宿舎に帰ってビールを飲みながら色んなことについて深く考えた。そうしていると、結局眠れなくて次の日は疲れている。以前もよく考える方だったが、今回はかなり違う感じだった。そうやって、今まで気づいていなかった自分の新しい性格について知るようになった。

―どんな性格を知るようになったのか?

ユチョン:以前の僕は“人の顔色を伺う人”だったと思う。それはよく言うと、状況把握が上手くて人の気持ちがよく分かるという意味だが、とにかく以前の僕が人の顔色を伺ったというのは変わらない事実だ。以前はそんな自分の性格について無条件に良い方向で考えたが、今は考えが少し変わった。他人を見る視線で自分自身を見る必要があると思う。

―いつが一番幸せなのか?

ユチョン:最近、幸せだ。幸せというよりも心が穏やかだという方が正しいだろう。僕が持っている多くのものを欲張らずに諦めている。

―諦めているということは?

ユチョン:色んなことがあるが、その中でも僕は常に模範になろうと思いつつ、やりたいことを全部やってきた部分がある。ハハハ。そんなことに対する諦めというかな?なるべく自由になりたいと欲張っていた気持ちを少しずつ捨てている。

―どうしてそれを捨てようとするのか疑問が生じる。韓国の芸能人は他人の視線を気にして自分をなるべく隠そうとする傾向がある。そんなプレッシャーの中でも自由になれるなら、むしろ健康的だと思うが。

ユチョン:もちろんそうだ。仕事をしながら自由になれるというのは良いことだが、仕事とは関係なくただ自由でいたいというのは、誰かにとってはすごく寂しいことだと考えるようになった。それが家族であれ、会社のスタッフであれ、誰かに孤独を与えてまで自由を追う価値があるのかという質問を自分に投げかけた。今の自分は、広い倉庫だが整理ができていなくて入るスペースがない感じだ。人間関係など色んなことに対する整理が必要な時期だと思う。



―人間関係において最後ははっきりするタイプなのか?

ユチョン:それができなかった。そうしようとしても、何となく悪いと思ってできない場合が多かった。また、逃げたくても思い浮かぶ顔がとても多くてそうできなかった。でも、これからは徐々によくなると思う。焦らないつもりだ。

―「トキメキ☆成均館スキャンダル」で演技を始めて以来、演技をめぐって議論がほとんどなかった。映画も「海霧」を通じて成功的に安着した感じがする。試写会の後、ユチョンの演技に対する反応が良い。

ユチョン:実はよく分からない。そんな話がぴんと来ない。果たしてそんなに絶賛するほどの演技だったかなと思う。僕はただ瞬間も欠かさずドンシクとして生きただけなのに、非常に褒め称えてくれて突然ドンシクとして生きてきたその時間が物足りなく感じる。

―それがベストじゃない?喜ばせるために話すことではないが、自分が演じるキャラクターに夢中になって、完全にその人物として生きたと言える俳優は決して多くない。

ユチョン:そ……そうなの?当たり前なことじゃないの?それはかなり基本的なことだと思ったが。

―基本だが、そうじゃない場合が多いからだ。とにかく、キャラクターに完全に没頭したと胸を張って言えるから、その部分については誇りに思ってもいいと思う。

ユチョン:それなら、その部分は自分は上手くやったと思う!ハハハ。それについては自信がある。

―ところで、褒め言葉を確かめる癖があるのか?早くから評価されてきたからか、甘い言葉を警戒するような気がする。

ユチョン:正直そうだ。警戒する。

―もしかして、騙されやすい方なのか?

ユチョン:(隣にいる所属事務所のスタッフに)僕、よく騙される方だと思う?(断固として)いや!たぶん僕を騙すのは難しいと思う。騙されるフリは全く違和感なく自然にできる。

―図々しい面があるようだ。

ユチョン:そのような部分はきっとある。年を重ねるにつれ、さらに図々しくなるはずなのに、今より何倍も図々しくなったらどうなるんだろうと心配だ。

―フィルモグラフィーを見て印象的だったのが、「トキメキ☆成均館スキャンダル」「ミス・リプリー」「屋根部屋のプリンス」「会いたい」「Three Days」「海霧」など出演作のジャンルが全部違う。

ユチョン:意図したわけではない。ただ魅力を感じる作品に出演してきたが、こうなった。そして、一つの作品に出演した後は、以前とは違う姿を見せたいという気持ちが自然に生まれる。



―違う姿を追求するのに、髪はいつも染めていない(笑) ユチョンの髪の色に関する噂が多い。どうして黒を維持してるのかをめぐる意見が多い。

ユチョン:実は今の髪は少しだけ色を染めている。とても久しぶりに染めた。でも、僕は外見的に何かを変えたくはない。今のままがいい。ニキビの跡も、眉毛が薄いのも気に入っている。皆僕に眉毛のタトゥーを入れた方がいいと話すが、僕は生まれたままの顔で生きたい。以前はビジュアルにあまりにも気を使ってたから、今はそうしたくない気持ちもある。華やかな姿はそれが必要な場所だけでやればいいと思う。

―どんな男、どんな先輩に魅力を感じるのか?

ユチョン:ユ・スンモク先輩のような人に魅力を感じる。スンモク兄さんはとても男前で、本当に夢中になって演技をして、すごく優しい娘の父親だ。とてもかっこいい。でも、「海霧」の先輩全員がそんな人だった。男性的だが、優しくて家庭的な方だった。

―ユチョンもそんな人生を夢見ているのか?

ユチョン:そうだ。僕もそんな風に生きたい。仕事より家庭を優先したい。それがどれだけ大変なのか知っているが、できるだけ家にいる時間が長くて家族と一緒に過ごしたい。

―良い父親に対するロマンが大きいようだ。

ユチョン:良い親に対するロマンがある。

―自分はどんな息子だったと思う?

ユチョン:えーと、すごく親不孝者だった。今の仕事をしてお金を稼いだり、素敵な家をプレゼントしようとしても、相手がいないのにそれが何の意味があるのかと思ってしまう。それで、母親にはできるだけ親孝行しようと思っている。それと同時に、母親の人生と僕の人生を適当に分離した方が母親のためになると思っている。

―インタビューが終わったらスタジオに行ってコンサートの準備を行うと聞いた。歌手と俳優を行き来する人生を過ごしているが、その間隙はどうなのか?

ユチョン:自然にやっている。いつもやってきたことだし、何よりもその2つの仕事に楽しさを感じているので、大きな負担はない。

―俳優ユチョンと歌手ユチョンとの間に他の無数なユチョンが存在すると思うのか?

ユチョン:いや。歌手ユチョンも、俳優ユチョンもいないと思う。ただ一人の僕自身だけが存在すると思う。多くの方が僕の色んな姿について話してくれる。でも、それは結局僕なのに、どうしてそれを分けて話すのかよく分からない。僕は、僕だ。


明日は、、、公休なのに、、、朝から夕方まで、、、、、びっしり~研修、、、(苦)
今日、、、1日、、、てきとーに、、、
事前学習&テスト、、、しましたよォー
今では、、事前学習も、、PC&ツベの時代なんですねェー
PC持っていないと、、、やってられない感あり、、、、(苦)

いつになったら、、、、
3V、、、UPして、、、ぶろぐで~萌えるのかねェー




ユチョン♪好きすぎ(爆)

Always Keep The Faith!
コメント

JYJ♥ベトナム出国&記者会見♪ヘム記事&ジェジュンツイ&インスタ♪

2014-08-29 22:30:35 | JYJ
 夜勤で、、、へとへとな、、、自分、、、
JYJ、、、いつの間にか、、、ベトナムに旅立ちましたねェー

しかも、、、野外で、、、立ち見????雨、、、、(苦)
でもー逢えるのは、、、やっぱー裏山、、、、

ユチョンかっこいいー(爆)


★JYJ、アジアツアーのため出国“仲良く肩を組んで”
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002557)



29日午前、JYJがアジアツアー「THE RETURN OF THE KING」のために仁川(インチョン)国際空港から出国した。
JYJは23日、中国・北京の首都体育館で「THE RETURN OF THE KING」を開催し、8000人余りのファンと忘れられない時間を過ごした。





★JYJ、3人3色魅力対決 'ダンディVSセクシーVSシック」



★ JYJ(ジェイと今)、パク·ユチョン、「うわ〜、あまりにも多く〜」(空港ファッション)
(http://topstarnews.net/detail.php?number=71656&thread=0002r0002r0042r0003)




★Clip nhom JYJ



★Clip nhom JYJ 2



★画像いっぱいあるので、、、おまとめ~








★JYJ:私たちは観客と歌や踊りを楽しみにしています
(http://www.tiin.vn/chuyen-muc/tin-sao/JYJ/pho-dac-biet-co-mat-som-tai-hop-bao-jyj.html)

Q:あなたが戻ってベトナムへ来るとき、あなたは何を感じますか?
A:ホーチミン市は、夜に素敵な新しいベトナムの経済の中心地です。私たちはここで私たちの最初のコンサートを期待している。私たちは、うまく機能するために全力を尽くす

Q:KPOPの多くの有名なグループや歌手があります。あなたの開発動向はどれですか?
A:JYJの魅力は、各メンバーが自分の個性とカリスマ性を持って、チームワークの精神である。

Q:JYJが征服したいと市場?日本?東南アジア?米国?
A:JYJ活動の主な市場はアジアであり、私たちは、任意の特定の国をターゲットとしない。ファンを有する場合、私たちが来て、私たちの最高のperfomeます

Q:多くのソロ活動、JYJアルバムを調製するためのグループでの作業に困難を実行した後JYJとして持ちの方ですか?
A:それは私たちが一緒に働いた日から、そのような長い時間です。記録処理がしばらくの間終了しますが、私たちはまだ不安を感じると一緒に仕事をしながら、特にジュンスの支障がありませんでした。でも、あなた 彼はまだとてもよく歌う

Q:JYJは、それをしながら、いくつかの幸せな思い出を共有してください、既に3Voices IIIをリリースしました。
A:実際には、3Voices IIIは2年前に行われたと真実を伝えるために、私たちは再びそれを見た後とても驚いている。私たちは、多くの変更されている
私たちは、また、米国で撮影私たちの写真を見ながら、とても幸せな気分に。私たちはそれを見ながら私たちのファンにも幸せを感じると信じている

Q:あなたはスポーティーなイベントの大使としてベトナムにいた。今、あなたはあなた自身のコンサートのために戻っJYJとしてある。任意の違いは?なぜあなたはコンサートを保持するためにベトナムに来たのですか?
A:以前は、各メンバーは、私たちがベトナムでコンサートを開催したいと述べた。そして、私たちは今何。私たちはとても満足している

Q:あなたは、パフォーマンスをした前回からベトナムの観客のJYJの印象は何ですか?何をあなたのショーで、この時間を起こることを期待していますか?
A:私(ジェジュン)はベトナムでファンミーティングを持っていた唯一の一人ですので、私は実際に完全にはわからない。私は、何を期待していなかったその時、ベトナムファンから特別な贈り物を得るためには本当に驚きました。

Q:グループは、私たちはあなたの今後の活動のいくつかについて知らせませんか?
A:私達はちょうどこの時間のラウンドのニューアルバムをリリースしたので、グループはおそらく今年の終わりまでツアーに焦点を当てされます。

Q:演技で多くの経験を持つだけでなく、どのようにユチョンは映画業界に挑戦してもらう感じでしょうか?
A:映画[海霧】このとき、私たちは私が家にいなかったので、主に海で撮影する必要がありました。したがって満たすために得ることは困難でした。

Q:JYJは、あなたがこのコンサートのために最も努力しなければならないパフォーマンスの種類について少し共有してくださいことはできますか?
A:私が何を考え、このコンサートの主なポイントは、私たちは観客と私たちの音楽、その夜を共有する楽しさを持っているということです。ちょうど公演がグループ[T / N:ソロパフォーマンス]から分離していないが、私たちは一緒に歌い、観客と踊ることができるように期待している。


ユチョン持ってた~まいぼとる~みっきすですか????
そーだったら、、、おそろーだわぁー
職場で使ってマス、、、、

記者会見のユチョンめっちゃ!かっこいいー

↓↓↓ヘム???こんな結末なんですかぁ~????
翻訳機、、、よくわかんないけど、、、、タイタニックっぽいの????



★「ヘム」パク·ユチョン·ハンイェリ、「結末が理解される」子供は誰の子なのか?
(http://m.asiatoday.co.kr/kn/section/m_view.php?key=2014082801001575)



俳優パク·ユチョンとハンイェリが映画「ヘム」の結末についての見解を明らかにした。パク·ユチョンは、「ヘム」で朝鮮族の処女紅梅(ハンイェリ)を見て一目惚れした素朴な末っ子の船員ドンシク役を、ハンイェリは紅梅役を引き受けて呼吸を合わせた。二人はスリラーの中でいきいきとしながらも切ないラブラインを披露して劇をさらに緊張感になりした。パク·ユチョンは最近、アジア料理とのインタビューで、「ヘム」の結末について「厳しい状況を経験した二人なので、理解がされた。結婚した夫婦も大変な状況が生じたら、耐えにくくするために、自動式と紅梅は一層困難にしたようだ」と話した。

続いて、 "お互いに相手を見たときに死んだ人が考えたらどれだけ辛いゲトニャ。もちろん、それ克服していけばいいのですが年齢も若く難しかっただろう」とし「男は無条件克服しよう」とするが女性は大変で疲れるだろう。それは理解していた」と付け加えた。彼は紅梅の子には、「自動式の子供だったら大変だったようだ。どのバーガーにぶら下がってのだろうか。私の子供じゃなかったらと思う念願だ。良い人に会って幸せに子供二人産んで住んでいるんだったら良いだろう"と話した。また「しかし、「なぜ一人で子供二人を連れて来たのか。なぜラーメンを食べに来たのか」という疑問がある。リムーバブルとして紅梅は忘れたいと思った人と同時に会いたいと思った人である」とし「普段はキャラクターでよく抜ける方だった今回のリムーバブルは長く残るようだ。ハンイェリを見ると、紅梅だ。残響が残っている」と俳優としてのキャラクターに没頭した姿を見せることも。ハンイェリは「リムーバブルのための配慮をしたと思う。紅梅を見た瞬間、多くのものが、もう一度考えていい。だから、より難しい」とし「紅梅身分さえわからない状況で、私の生涯責任をというには利己的なようだ。リムーバブルを愛しているなら、彼が最も幸せにしてくれるのが正しいようだ。私の立場では、紅梅がリムーバブルを残してのが当たり前のようだ」と話した。

続いて「監督は自動式の子供ではないとしたが、私は大きな子供は正しいと思う。明らかにリムーバブルの子供を持ったときに実の兄が他の男に嫁を送信だろうと思った」とし「紅梅はまだドンシクを忘れずにいる。ので洞に住んでいて、当然リムーバブルも洞に来ると考えているようだ」と説明した。一方、「ヘム」は満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品である。ポン·ジュノ監督が企画·制作を、シムソンボ監督が演出を引き受けた。現在上映中だ。


★ホン・ソクチョン、JYJ ジェジュンと同じポーズの写真公開「兄さんもまだイケてるだろう?」
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002459)



タレントのホン・ソクチョンが、JYJのジェジュンの写真と同じポーズの写真を公開した。
 ホン・ソクチョンは27日午後、自身のTwitterに「兄さんもまだイケてるだろう?ファイト」という書き込みと共に一枚の写真を掲載した。
 公開された写真には、サングラスをかけたホン・ソクチョンの姿が映っている。この写真のホン・ソクチョンは、先に公開されたジェジュンの写真と同じポーズを取ったものとみられる。
 最近ホン・ソクチョンは、韓国国内の性的少数者の人権向上に貢献した人物に与えられる「友達の間 20人の権賞」の受賞者に選定された。

★JYJ ジェジュン“リアル彼氏”のような愛らしさ…「僕について来て」
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002544)



JYJのジェジュンが、実際の彼氏のように行動する自然な映像を公開した。
 ジェジュンは28日午後、自身のInstagram(写真共有SNS)を通じて1本の動画を掲載した。
 公開された動画には、空港で後姿を見せており、いきなり後ろを振り向いてからついて来いと言わんばかりに手を振るジェジュンの姿が映っている。特に彼は帽子とサングラス、マスクで顔を隠しているにもかかわらず、隠せない芸能人オーラで視線を引き寄せている。


2014 8 28♪bornfreeonekiss2 Instagram(2本)


2014 8 29 bornfreeonekiss2 Instagram



★ジェジュンツイ













ジュンスは、、シアキュラと掛け持ち大変、、、
じぇー様~少しリフレッシュできたのかなぁー
ユチョンは、、、劇場巡り、、、
毎週、、、出国帰国の繰り返し、、あと1ヶ月続きますねェー
その後、、、日本ですかぁ~????
11月&12月なんですかぁ~?????

JYJ JAPAN サイトあるのに、、、今ひとつな感じですねェー
wonder、、クレーマーかもしれんけど、、、、(苦)

ちゃんとしたファンサイトあるのに、、、告知できない事情あると思うけど、、、、
頑張って欲しいですよねェー日本で待ってるふぁんのーために、、、、

大人の事情って、、、根深いですねェー

その割には、、、フライング????情報も、、ちらほら、、、
信じてないけど、、、、
wonderは、、、チケットエントリーする間の、、、、
休み希望が、、、GETできるのか????
それが、、、、一番不安、、、、やっぱー両国&ひたちなかのトラウマだけは、、、避けたい!

自分勝手なのーわかってますケド、、、
ぎりぎり告知は、、、行けない人もいると思うから、、
早く、、お願いしますねェー(←誰に行ってる???)

愚痴です、、、はぁ、、、、



Always Keep The Faith!
コメント (2)

KNTVでJYJ♥BACK SEAT放送されました!動画&すかぱーCM♪じぇじゅん&じゅんすツイ

2014-08-27 23:31:48 | JYJ
きゃ!KNTV見てたら、、、
聞き覚えのある声&曲♦♫♦・*:..。♦♫♦*゜¨゜゜・*:..。♦

JYJ♪BACK SEAT♪フルで~~~~放送されてます♪♪♪
日本ではOKなんですねェー
早く来て!KNTVさん!スポンサーになってほしいわぁー

去年のーJYJのー東京DライヴのCMも~積極的に放送してくれてましたねェー
嬉しい♪♪♪



いや~DATV♪さんも~~~
盛んに、、、ゆちょん&じぇじゅん流してくれてます♪

ユチョンのォー『DATVで会いたい』『大好きDATV』の日本語自分の名前に置き換えて(爆)


以前、、ここにもUPしたヘムの記者会見が、、、CMに♪


トライアングル♪DATV CM


KBS WORLD♪さんもー毎日流してくれてます~♪JYJ♪OnlyOne


おまけ~先日ここにもUPした~去年のージュンスミュージカル大賞(日本字幕)


地上波でもこれくらい~~~流して欲しいです♪♪♪



★JYJ&EXO&BIGBANGらが総出動!「アジア大会」開・閉会式のラインアップが最終確定
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002452)




「第17回アジア競技大会」の開・閉会式のラインアップが最終確定した。

27日、「第17回アジア競技大会」の組織委員会はソウル鐘路(チョンノ)区昭格洞(ソギョクドン)にある国立現代美術館のソウル館で記者懇談会を開き、開・閉会式の演出内容を公開した。
 今回の懇談会はキム・ジョン文化体育観光部の第2次官、クォン・ギョンサン組織委員会の事務総長をはじめ、マスコミの記者約100人が参加した中、行われた。
「第17回アジア競技大会」の総監督を務めるイム・グォンテク監督が演出の意図を説明し、総演出を務めるチャン・ジン監督は開・閉会式の主要セクションのメイキング映像、演出に関する説明、ピケット要員の衣装の紹介など、開会式のプログラムの進行について説明した。
 また、この日公開された演出案は大規模ステージや人材動員よりもテーマの伝達、共感を得るストーリー中心の公演と多様なジャンルのダンサーたちが一つになって表現される個性溢れるパフォーマンス、アジア文化を盛り込んだ韓国らしい題材など、様々な部分でアイデアが際立つ演出で「45億の夢、ひとつになるアジア」という「第17回アジア競技大会」の開・閉会式のテーマを見事に表現し、注目を集めた。
 この場を通じて紹介されたピケット要員の衣装は、最も韓国らしい素材である韓紙を用いた汗衫(かざみ)の形のピケットと、韓服(ハンボク:韓国の伝統衣装)をもとに各国の国花と特徴がユニークなデザインとして構成された。45の参加国を見事に表現しつつ、韓国らしい美しさが調和を成して関心を集めた。
「第17回アジア競技大会」の開・閉会式は韓国映画の巨匠イム・グォンテク監督とチャン・ジン監督がそれぞれ総監督と総演出を担当し、デザイナーのイ・サンボン&イ・ユスク(衣装担当)、キム・ヨンドン&キム・ジュンウ(音楽担当)、ハン・ソンスク&カン・オクスン(振付担当)、映像はチャ・ウンテク、美術はユ・ジェホン、公式イベントはイ・ギョンウ、運営はソン・スンウンなど、各分野の専門家たちがそれぞれ演出を務める。
 タレントのキム・ソンジュとユン・スヨンKBSアナウンサーが開会式の司会を、声優アン・ジファンとMCチョ・ジュヨンが閉会式の司会を担当する。
 今回の大会のために詩人コ・ウンの献詩で作曲した「アジアドの歌」に、世界的な指揮者クム・ナンセが指揮をとり、ソプラノ歌手スミ・ジョーが919人の仁川(インチョン)市民合唱団と共に歌う。
 開会式ではチェ・ヒョンスが、閉会式ではイム・ソネが愛国歌を歌い、国防部の儀仗隊が国旗を揚げる。ミュージカル俳優として活動中のオク・ジュヒョン、ヤン・ジュンモ、マイケル・リー、チョン・ソンファ、チャ・ジヨンが文化公演で歌を歌い、国楽人のアン・スクソンは導唱(劇中の登場人物ではないが、劇の展開を歌で解説する解説者)を務める。
 続いてチェリストのソン・ヨンフン、ヴィオリストのリチャード・ヨンジェ・オニール、ピアニストのイム・ドンヒョク、ヴァイオリ二ストのシン・ジアが美しい演奏を披露する。
 アーティストたちも参加する。PSY(サイ)、EXO、BIGBANG、CNBLUEが開・閉会式で多彩な曲を披露する予定だ。さらに、中国のピアニストであるラン・ランとのコラボステージも期待されている。
 一方、今回の懇談会を通じて出演が確定したスターたちも追加公開された。俳優チャン・ドンゴンとキム・スヒョンが文化公演に参加し、本大会の広報大使であるJYJが開会式でテーマソング「Only One」を歌う。ガールズグループSISTARも閉会式のオープニングステージに立つ。
 国技院(韓国政府によって設立された公式なテコンドーの統括組織)はテコンドーを披露し、国立劇場舞踊団及び国立国楽院舞踊団など、国立芸術団体らも参加する。開催地である仁川市の仁川私立交響楽団及び市民合唱団、仁川富平(プピョン)風物連合団、AG青年サポーターズと地元の師団である17師団の兵士たちも参加する。
 イム・グォンテク総監督は挨拶を通じて「開催まで20日を切った本大会の開・閉会式のために最高の出演陣と演出陣が配慮と和合の場にするため一生懸命準備している。国民の皆が関心を寄せ、この意義深い場を共にできることを願っている」と話した。


★「ヘム」パク·ユチョン "私に幸運であり、幸福である」切ない舞台挨拶感想
(http://tenasia.hankyung.com/archives/305194)



映画「ヘム」の京仁地域の舞台挨拶が盛況のうちに終了しました。
 去る26日進行された舞台挨拶には、「ヘム」を演出したシムソンボ監督をはじめ、パク·ユチョン、ハンイェリ、ムン·ソングンが参加し、観客に感謝の気持ちを伝えて意味深い時間を一緒にした。
 喝采を受けて舞台に上がったシムソンボ監督は「俳優たちの演技にすっかりはまって映画を楽しんでもらいたい。どっしりとした印象を抱いて帰っていってほしい」と挨拶を伝えた。
 また、パク·ユチョンは、「「ヘム」としてから1年が経ってゆくようだ。「ヘム」でスクリーンデビューをすることができたのは、私に幸運であり幸福である。良い映画は、多くの方々と一緒に共有したら良いだろう "と話した。
 続いてハンイェリは「「ヘム」を皆さんにお見せすることができるだけでも、幸せである。胸の中に長く残る良い映画で覚えてほしい。」と言いながら話し、マイクを受け継いだムン·ソングンも「「ヘム」は、私はしばらくおさえておいた俳優としての欲求を再呼びくれた作品である。「ヘム」のような別の作品を撮ることができるようになる日を願って懸命に生きる。愛をぜひ成し遂げて、いつも幸せしてほしい」と感謝の気持ちで温かい挨拶に感想を仕上げました。
 この日パク·ユチョンとハンイェリは映画を観覧した観客たちに劇中ドンシク(パク·ユチョン)と紅梅(ハンイェリ)の口調で「私は全自動式が、映画はよく見た感? "、"こんにちはしてネカ?ホンメプます。映画ジャルブワトスプネカ?」と初めての挨拶を渡し、観客たちの歓呼をかもし出したし、サインパンガ枚(カップラーメン)を客席に直接プレゼントするなど、さまざまなファンサービスで雰囲気をさらに盛り上げた。


★JYJ FB



#ヘム感謝舞台挨拶現場映像公開!全世界の映画ファンたちの熱い関心が続 ​​いている<ヘム> 皆さんと一緒に休む暇なく笑って、隙間なくタイト〜冷たい印象の現場を今すぐ公開します^ ^

(動画は、、、↓↓↓)

★ツイ&昨日の画像(おかりしてます♪Cr様画像内)





[ヘム]舞台挨拶の声映像


全席売り切れ!ヘム最強の俳優たちが総出動した舞台挨拶の声映像大公開!映画投資配給会社。代表作には韓国映画7ボンバンのギフト、風と共に去りぬ、新世界、私の妻のすべてのもの、折れた矢、ハローゴースト、半カマス、ピエタ、君を愛しています、外貨トワイライトシリーズ、アンタッチャブルなどがあります。




★じぇじゅん&じゅんすツイ








今週末は、、、ベトナムでしたっけ????
北京の~まだUPしてなかった動画、、、おかりしてます♪Cr様動画内
毎度、高いお金だして買ったDVDよりもーイケない動画の方が、、、(苦)

★140823 JYJ Beijing concert~Creation&Baboboy (유천 Focus)


★140823 JYJ Concert in Beijing VALENTINE Park Yuchun Focus


★140823 北京演唱會Empty


★140823 北京演唱會《Letting Go》


★140823 北京演唱會《So So》


★140823 JYJ Beijing concert~ Ten Years&Talk (Yuchun Focus)


★140823 JYJ Beijing concert~ Walk in spring&I love you (Yuchun)


★140823 JYJ Beijing concert~ 30 years old (Yuchun)


★140823 北京演唱會《三十》


★140823 JYJ Beijing concert~Dad,You there&Let me see (유천 Focus)


★140823 北京演唱會《Let me see》




Always Keep The Faith!
コメント

ユチョン♥ヘム今日の挨拶~&ジェジュン&ジュンスツイ・・・・

2014-08-26 21:47:48 | JYJ
wonderのとこにも、、、やっとー来ました♪





DVDの中のものは、、、いずれ、、、、

今週はちょっとー忙しい、、、週末研修の事前学習&テストが、、、
迫っていて、、、ちょっとー焦ってるゥ~
しかも。。。。今年は、、、研究発表もあり、、、ほんとー忙しいわぁー

このままでは、、、JYJ日本に来られる時、、、かぶらなきゃいいんですけど、、、
なんかーやな予感、、、ひたちなかの時の事を思い出す(苦)

い・いま・・・・
DATVで、、、ユチョンが、、、『DATVで会いたい!』って言って、、、ドキッとした~
新バージョンだわぁー

本日の、、、ゆちょんさん!
おかりしてます♪











★JYJ ジュンス、映画「タチャ2」VIP試写会に出席“カリスマ性溢れるレッドヘアー”
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002276)



JYJのジュンスが25日午後、ソウル紫陽洞(チャヤンドン)ロッテシネマ建大入口(コンデイック)店で開かれた映画「タチャ イカサマ師-神の手」(以下「タチャ2」、監督:カン・ヒョンチョル)のVIP試写会に出席した。
 映画「タチャ2」は叔父のゴニに似て、幼い頃から人一倍手先が器用で勝負欲が強かったデギルが、誰も信じられないイカサマ師の世界にためらいもなく飛び込み、命がけの一本勝負を繰り広げることになるストーリーを描いた映画で、BIGBANGのT.O.P、シン・セギョン、イ・ハニ、キム・ユンソク、ユ・ヘジンなどが出演する。韓国で9月3日に公開される。




★JYJ ジェジュン、悩ましげな視線&そっと出した舌でセクシーな魅力を放つ…魔性の男のセルフショット公開
(http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2002346)



JYJのジェジュンがセクシーな魅力で女心を揺さぶっている。
 ジェジュンは26日午後、自身のTwitterに「ゴロゴロ」という短いコメントと共に1枚の写真を掲載した。
 公開された写真の中でジェジュンは額を出した髪型でくっきりした目鼻立ちを披露している。特に、彼は悩ましげな視線にそっと出した舌でセクシーな魅力をアピールし、注目を浴びている。
 これを見たネットユーザーは「ジェジュン、本物の“ビジュアルショック”だ」「肌が女性アイドルよりきれい」「地上波にもたくさん出てほしいです」など、多様な反応を見せている。
 JYJは9日に開かれたソウルコンサートを皮切りに、香港、北京、ベトナムなど8都市でアジアツアー「THE RETURN OF THE KING」を開催している。


★ジェジュン&ジュンスツイ・・・








 Above & Beyond Acoustic - "Thing Called Love" Live from Porchester Hall (Official)






140826 Sun & moon (ジェジュンいんすた、、、削除されてます、、おかりしました)



★JYJ FB



★KNTVツイ


あんまり、、、あげたくない、、、記事です(苦)
日本だでなく、、、、母国大韓民国でも、、こんな、、、不思議なコト、、、
してるのですか?????

JYJ男3人は、、、知ってるの???許してるの????
悲しい記事です、、、3年ぶりのライヴだったのに、、、、
必死で3人頑張ってるのに、、、、残念、、、
マネジメントちゃんとーして欲しいですねェー


★AG組織委員会不当だと?JYJのチケット詐欺波紋は「とぼけ」
消費者愚弄する態度で一貫して組織委員会は、不当である非難して
(http://search.daum.net/search?nil_suggest=btn&w=news&DA=SBCO&cluster=y&q=JYJ)



22日JYJの8月9日のコンサートのチケットが、いくつかの詐欺だった報道に先立つ8月3日ファンミーティングと、2011年釜山コンサートでもチケット関連JYJの所属事務所CJESの不道徳な上述の情報提供が行われた。
 8月3日、COEXで行われたファンミーティングは参加者を事前に抽選して選ばれて当選された参加者の座席を現場で再抽選する方式で進行された。抽選の条件はCJESに15,000円をお支払いしていたメンバーシップ加​​入者を対象に選定したが、抽選で確定された参加者の人数を既に知っていたにも座席が参加者より少なく配置されて混乱を起こした。また、不足している座席を再配置する過程で、現場での座席配置にならないファンの立場せてイベント自体のファンの怒りを呼び起こした。
 また、これより先に進んだ2011年釜山コンサートの状況はより理解することができません。販売当時VIP席ステージを包んでいる形なので、発券から競争が激しかった。
 しかし、公演直前のテキストメッセージを介して座席配置が変更になったからチケットを現場で交換するよう通知を出して送り、視界の確保が全くされていない照明の後部座席をVIP顧客に提供した。
 これについて、当時VIPチケットを購入した顧客の抗議が続き、6月16日の文字を使用して、広州で公演する6月26日JYJのコンサートのチケットを各3万ウォン割引くれると助言した。143,000円または与えるために買ったVIPチケットの払い戻しは一切行われていなかった。



継続して消費者の権利を無視する仕打ちが続き、ファンの怒りもピークに達した。
 これにより、去る8月9日のコンサートでチケット「詐欺」にあったいくつかのJYJファンたちは団体行動を開始した。ファンではなく、消費者の立場から「JYJのコンサート12区被害者の会」を作り、正当な権利を取り戻すために積極的に乗り出すと明らかにした。
 去る22日JYJの所属事務所CJES代表ペク·チャンジュを受信で「グラウンド12区の被害補償」の内容証明を発送した。
 また、来る29日まで回答がない場合は、韓国消費者院を通じた集団紛争調停を申請するとした。
 インターパークとCJESの故意濃い詐欺不審
 加えて、これらインターパークとCJESが13区を販売する計画が全くなかったのに座席配置表象13区を表示して、消費者の誤認を誘発し、これに対する事前通知がなかった部分について、不正を疑っている。
 これに対するインターパークの対策も情けない。インターパークのホームページに記載の通り、「オープンマーケット」の商品ではないので責任の義務がある状況なのにCJES側の報酬の決定がないからという口実を利用して口を閉じてのみいる。
 これに対して、匿名の情報提供者は、「過去の座席の問題ができなく繰り返したにもかかわらず、今回もやはり「ファン」であるため、容認できないだろうと推測しているようだ "としながら"容認するには企画会社とインターパークの消費者を愚弄する不合理な仕打ちに怒って繰り返しされるように聞かせてすることができない」と述べた。
 一方、JYJは仁川アジア競技大会の広報大使として活動していたの組織委員会でJYJの個·閉会式に出席するかどうかを確認していない部分について「非常識で不公正な外圧による決定ではないよう希望」と言いながら「公正ではない」と主張しした。
 JYJの主張通りなら、芸能人と組織委員会の契約は履行されなければならない。
 しかし、これに先立ち、アーティストが好きな「ファン」にも高価なコンサートのチケットを購入した「消費者​​の権利」を正直常識的にジキョジュォヤする。芸能人はファンたちの愛を食べて生きる職業だからである。
 CJESは海外出張を言い訳に連絡が届かない状況であり、インターパークの関係者によると、19日インターパークはCJESに解決策についてお問い合わせをしたが、CJES側は「簡易椅子を提供した」とし「補償する理由がない」と伝えた。
 インターパーク側も「CJES側が補償する理由がない」とし「CJESが補償しないのにインターパークでの補償については確かに言うことはできない」という返事だけ繰り返した。
 今回のコンサートの表詐欺事件で浮き彫りになった消費者を愚弄する一貫性のある態度に対してJYJと所属事務所CJESがいつまで黙っているのか成り行きが注目される。


ここ2日北京ユチョンフォーカスだったので、、、
今日は、、、XIA様&じぇー様♪ 

Junsu solo - Dance Medley (Tarantallegra, Turn it up, Incredible)


140823 JYJ Concert In Beijing - 7살 & 서른 [yusoogoal]


140823 JYJ Concert in Beijing - Butterfly by Jaejoong (cr. Summer)


140823 JYJ Concert in Beijing ~ Jaejoong Solo-Dear J



と!所で、、、ユチョンは、、アイスバケツ、、、どーなりましたかぁ~?

Always Keep The Faith!
コメント