広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『古神道の身体秘伝 新装版』第二刷重版出来ました!

2013-01-20 18:20:17 | 日記
先日、相模国一宮の寒川神社から「節分祭」のご案内がきました。
昨年末に「大祓」のお清めを相模国一宮の寒川神社でしていただきました。
ただ、日程の都合で、郵送で御祈祷を申し込み、お札を発送していただきました。
今年の初詣は、正月を田舎ですごしたので、そこの氏神様ですませました。まだ寒川神社に足を運んでいません。
できれば「節分祭」までには、今年の厄払いのために参拝に行きたいものです。

正月のテレビ番組の中で、神社の参拝の仕方を扱ったものがありました。
ヒーリングスポットとして、各地に人気の神社がありますが、数多く参拝することは「わるくない」ことだそうです。
この真偽は、定かではありません。
でも、正しい参拝の仕方は、古来、伝えられているものがあります。少しでも御利益、願望成就に近づけるよう、このあたりの知識を取得してから、参拝したいと思うのですが・・・・。

『古神道の身体秘伝 新装版』第二刷重版出来ました!
お待たせいたしました。ここしばらく品切のためご注文をお受けできなかった『古神道の身体秘伝 新装版』の第二刷が今週できあがってきました。お待ちいただいた方には早速発送の手配をいたしました。
amazonのページです
因みにこちらの書籍の内容で、「神社参拝の作法」が書かれています。よろしかったら御購読ください。

ところで、寒川神社は昨年夏にも参拝しています。その時、資料館に立ち寄りましたが、そこの展示ビデオに鎌田東二さんが登場して、解説をされていたのには、おどろかされました。
コメント

湯浅泰雄全集補巻、校了

2013-01-16 10:27:37 | 日記
先日、湯浅泰雄全集の補巻をようやく校了した。
白亜書房が廃業されたあと、弊社で刊行したのは13巻日本哲学・思想史6、15巻心身論2、16巻気の科学、17巻ニューサイエンス論、そして補巻の晩年の思索と補遺の計5巻である。
弊社のような小さな出版社にとっては非常に荷の重い仕事であったけれど、とにもかくにも一応の完結をみたことにホッとしている。
湯浅先生は、個人的にも私の精神的支柱であったし、特に15、16、17巻は弊社BNPの編集方針そのものと言ってよい内容だ。その意味でも、縁あって弊社で編集の一端を手伝わせていただけたことに、感謝している。
コメント

期待の新年、良い年になりますようがんばりましょう。

2013-01-08 03:08:08 | 日記
新年おめでとうございます。
新年になってから、冷たい空気に肩をすくめてしまう日が続いています。
三寒四温、暖かい日が待ち遠しい!!!
現在、我が社の編集部は『湯浅全集』最終巻「補巻」の校了目指して、がんばっています。
2月上旬刊行予定です。
この巻で『湯浅全集』は完結になります。
春の訪れと同じに待ち遠しい巻です。
コメント