伝えたんく

日々の何気ないできごとに感じた幸せ

初めての大分。

2017-05-07 23:45:23 | 

昨冬の旅行で、初めて大分県に行った。

長崎でさんざん遊んだ。軍艦島に振られた腹いせも込めてたっぷりと遊んだ。

割りを喰ったのが、大分への移動。

車で3時間。

そして冬ということを忘れていた。

由布岳の辺りでは雪の予報だ。

結局夜遅く着いて、ホテルの方に謝った。

素晴らしい笑顔で「お疲れ様でした。ゆっくりとお休み下さい。」

結局友人と夜中の3時過ぎまで話し込んでから寝た。

朝目が覚めたが、これは朝日が相当眩しいだろうと覚悟してカーテンを開けた。

目を完全に覚ますためである。

「・・・サイボーグ」

我々二人の目に入ったのはこの光景だった。



しっかりと耐震工事をしていただいてあるのだった。


 まっ、こういう時代だからね。

ホテル名?

内緒にしておきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お馬鹿な・・・

2017-05-06 23:05:07 | 言いたんく

軍艦島クルーズが出来なくて、がっかりしているゆきたんく。

がっかりしている時にはとても重要なことを見逃しているものだ。

軍艦島、軍艦島、軍艦島・・・

長崎の出島ワーフからの景色を撮る。

その中に、いの一番に見つけたのはこれだ。



軍艦島クルーズの船。


 なんで台風なんだよなぁ・・・

水面を見ると船は大丈夫そうじゃないか。

でも、軍艦島コンシェルジュの船長さんが外海にでかけ、だめだと判断したという。

他社もの軍艦島コンシェルジュの船長さんの声をものさしにしているという。

そして何気なしに撮った写真。

帰宅後にこの写真にお宝が埋もれていることに気づいた。



Mitsubishi Nagasaki Hammerhead Crane 通称ジャイアントカンチレバークレーンだ。


 そう、世界遺産である。

非公開施設なので近くに寄って見ることはできない。

ということは、ワーフで移動すれば全景を写真に収めることができたではないか。

ここでも勉強不足が露呈してしまった。

ちなみにグラバー亭から何の気なしに撮った写真にも入っていた。



自分は稲佐山を撮っていたのだな。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もこの日が

2017-05-05 23:47:52 | 音楽

作曲家・歌手の岡崎律子氏の命日である。

昨冬、軍艦島を目指した。

明治の産業遺産ももちろんだが、軍鹿島の第3住宅を見るためである。

岡崎律子氏が生まれてから小学校3年生まで過ごしたとされる軍艦島の幹部社宅である。

残念ながら季節はずれの台風26号に邪魔をされた。

船は出なかったのである。

友人とともに、長崎中心部からレンタカーで20分の野母に向かう。

そこで撮った写真で状態の良いものをレタッチしてみた。


 


この波じゃねぇ。


これはグラバー亭で見た動画から拝借。


 天気の良い時にはとても良い眺めであったろう。

岡崎氏は、父親の転勤に伴って東京に出た。

そしてファンならば知っている、アニメソングライターとしての活躍である。



ゆきたんくのiPhone7の中に入っている岡﨑氏の楽曲。


 心を落ち着けたい時に聴くにはとても良い曲が揃っている。

なんと言っても岡崎市のウィスパーヴォイスが良いのだ。

さて、今年は氏の13回忌である。

冥福を祈りたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まあね。

2017-05-04 23:38:08 | 言いたんく

巷はゴールデンウィークだが、ゆきたんくはお仕事大好き。

今日も職場へ行ったよ。

帰宅してからは写真整理。

旅行に出かけ時の写真は、ストレージに溜めるやつ、ホームページに使うやつ。

その他、お蔵入り。

いろいろある。

昨年年末の旅行でのこと。

羽田から福岡に向かう飛行機に乗った。

座席に着いて、主翼の位置を確認。

その後の写真撮影を考えてだ。

席より少し前に主翼か・・・

ところが


 


「なんじゃあ、これは。」


 変な羽が出てきたと思ったら、貨物等の積み込みだったのね。

一瞬、本当に焦ったね。

これじゃ良い写真とれないものね。



窓の上の方から下に向けて撮ると、こんな感じ。


 予期してないことには、まだまだ焦るゆきたんくである。

修行かたりないやね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下戸ついでに

2017-05-03 23:22:07 | 言いたんく

この間(かん)下戸下戸言っていて思い出したことがある。

まだ純粋だった御幼少の頃の思い出(笑)

「バッハハーイ、ケロヨーン」

て言葉を思い出した。

誰が言っていたんだろう。

一番最初に脳裏に浮かんだのがこれ。

今は、脳裏に浮かんだのをすぐに画像検索できて便利だね。


 


これこれ、薬屋さんに勤めている方(笑)


 この写真はしゃべらないので、「ばっははーい、ケロヨーン」を聞いてみたくなって動画検索してみた。

そうしたら、可愛いのではなくて、この方ばかりがヒットするではないか。



ケロヨン 


  


  


下の動画では「ケーロヨーン」というのが聞くことができる。

「バッハハーイ」も探してみるか。

ところで、本名はケロヨンではなくてケロチャンだそうだ。

ゆきたんくが書いた「ケーロヨーン」と「バッハハーイ」は大流行したのだと。

日本武道館でもライブをしたことがあり、1967年5月発売のケロヨンのビニール人形は発売2か月で30万個を販売したという。

藤城清治氏の作であるケロヨンは、2014年に「とちぎ未来大使」に任命されたのだそうだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下戸2

2017-05-02 23:12:58 | 言いたんく

ゆきたんくの高校の同期の店で、今度はB玉屋を紹介する。

串焼き職人の同期生が経営する店は北千住にある。

ここも秋川高等学校の12期にとっては大切な店だ。

店主はあだ名でコバリという。

本名が元になっている。



店主コバリ


12期軍団である。


2年の時同室だった、亡き四宮氏もここが好きだった。


 校舎や寮が無くなってしまった今、同期の店は昔の仲間と心安らぐ大切な場所だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下戸

2017-05-01 23:11:16 | 言いたんく

ゆきたんくは下戸だよ。

大きな立派な体をして酒はからきしだめときている。

ただね、高校の同期が飲み屋を開いていてその周年記念には顔を出しているよ。

毎年4月のことだが、遅れて報告ね。

中野は野方で焼酎ばぁ~を経営している。

高校の同期と顔を出すのが楽しみなんだね。



店の外でゆきたんくと同期。


これがマスターのくんちゃん。


 店は地階であるが、この時は満員御礼で1階入り口で盛り上がっていたのである。

お巡りさんの表敬訪問も受けた(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の楽しみ317…群馬県前橋市

2017-04-30 23:42:24 | 言いたんく

さぁ、体が傷んでいる時に一番の慰みになるのが食べ物である。

この時の下見当日の帰り道のことだ。

確か行きにも目に入った店がある。

山菜饅頭の店、武本である。

その店が帰りにはなぜか輝いて見えたのだ。

同行の者にもったいぶった物言いををしてバスを停めた。



山菜まんじゅうの字が招いている(笑)


装飾もシンプル。


この写真がゆきたんくの胃袋をくすぐった。


こりゃぁ、河童さんだ。


山菜のあんがとても滋味である。


 帰宅するまでの間、ゆきたんくは幸せで幸せでしょうがなかった。 

 

 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つっくんおめでとう。

2017-04-29 23:50:11 | 言いたんく

次男の誕生日である。

ここに載せること自体、個人情報のばら蒔きである。

まぁ、悪用されることはあるまい。

次男も26になる。

出て行った長男も帰ってきて久しぶりの4人だ。


 


まぁ、元気がいちばんだな。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の楽しみ316…群馬県・前橋市

2017-04-28 23:29:26 | 言いたんく

○○市と言っておきながら市街地の話である。

楽しみではあるが、今となってはそう思うことである。

それでいいのである。

さて、今から9年前に始まった年前のことだ。

ゆきたんくは原因不明の体の痛みに悩まされていた。

主症状は、体中の関節が痛むのであった。

筋力の衰えも著しい。

 

原因不明なのではなく、加齢のよるものだったと思う。

これはしばらく続いたが、2年3か月ほど前に始めたMEC食のおかげで消え去った。

医者に行って診断をいただいた訳ではないが、それ以外に考えられないのである。

さあ、まだ体中が痛かった7年前に話を戻そう。

仕事で下見があった。

場所は群馬県前橋市の鍋割山である。

ここを登る仕事があるので、事前に危険がないか市場登っておく必要があったのだ。



膝と股関節が悲鳴を上げていたゆきたんくの後姿である。 → Map


そんなに急ではない山を必死に登ったゆきたんくである。

それも今となっては良い思い出である。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の楽しみ315…群馬県高崎市

2017-04-27 23:57:12 | 

榛名湖畔の出来事であった。

実に、実に、、、実に。

9年も前のことなのに、いまだに心残りなのである。

2008年に群馬県の四万温泉に行った。

その時に榛名湖畔で自由湖行動の時間があった。

ゆきたんくはカメラ片手に自由奔放の時間を過ごしていた。

とても幸せだった。

実は、これ職員旅行。

団体行動が苦手なゆきたんくである。

一人で伸び伸びしていた時に目に入ったのがこれ。



榛名ポーク。旅に出る前にした予習事項の中にあったやつだ。


 腕時計を見る。

あと15分。

優柔不断なゆきたんである。

ここはあきらめるしかないか・・・

すると前方から職場の女子職員2人組が来る。

女子1「あら、これ食べるんですかぁ。」

ゆきたんく「いや、時間がねぇ。」

女子2「大丈夫ですよぉ。」

そこまで言われては本能に(何の)従うしかない(笑)

ポークカツカレー1つ、飲み物を3つ。

お店の人には時間がないことと、どうしても味わいたいことを告げて取り繕う(笑)

出てきたぞー



うん、旨かったのよ。 2008.11.16 カフェテラス・エヴァ → Map


 悪いことはできないものだ。

スプーンを3つもらって順番にパクつく。

ゆきたんくは当然一番最後。

スプーンですくって一口入れようとしたら☎が鳴った。

旅行幹事からだ。

幹事「〇〇さん今どこ?」

  「みんな集まっているよ。」

  「そうそう、◇さんと▼さん見なかった。」

ゆきたんく「見なかったです。今そちらに向かっています、すみません。あと3分かかります。」

◇さんと▼さんは同じ店の中にいる女子のことである。

さあ、ゆっくりと味わうこともせず、カレーをかきこむ。

支払いを済ませ、バスに向かう。

きっとリベンジしてやるんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の楽しみ314…上野村

2017-04-26 23:20:27 | 

平成27年に群馬県上野村に(株)上野村きのこセンターが設立された。

それよりも、4年前にゆきたんくはここを訪れている。

当時の写真だ。



 当時は農林水産省補助事業としての椎茸づくりだったが、㈱になったということは、生産が安定して軌道に乗ったということだろう。

キノコ好きのゆきたんくとしては大変嬉しいことである。

では、㈱上野村きのこセンターのサイトである。  → 上野村きのこセンター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の楽しみ314…富岡製糸場繭乾燥場

2017-04-25 23:53:21 | 

先日の投稿と同じ日の2011年5月7日に富岡製糸場を訪れている。

いつも通り何の気なしに、風景を写真を収めるのは反射的行動である(笑)

これより2年9か月後にまさか・・・

富岡製糸場の正門の奥に見える東置繭場(国宝)の下をくぐると左手に繭の乾燥場が見えてくる。

いや、かつてあったといった方が正しいだろう。

ゆきたんくが何気なしに撮った写真の風景はもうないのである。


 

 


 2014年14日、15日の雪で半壊してしまったからだ。

ゆきたんくはこの繭置き場を記録できて良かったと思っている。


これはちょっと、潰れた富岡製糸場乾燥場 2014年2月14・15日の大雪で半壊の被害

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の楽しみ313…富岡

2017-04-24 23:35:52 | 

富岡と言えば、世界遺産に登録された富岡製糸場がある。

世界遺産に登録される前に行ったことがある。

駐車場も十分になかった頃の話だ。

富岡製糸場の西側にある駐車場に車を停め、約450mを歩いて正門まで行ったことを覚えている。

その途中、製糸場敷地の東北の角地で住所が富岡1番地にかわいい公衆トイレがある。


 


ほのぼのした絵が描かれている。 → Map


城町というのか。壁画NO8ということなので他にもあるのだね。


 世界遺産になった富岡製糸場の脇役ではあるが、ここは好きだなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうにもこうにも・・・

2017-04-23 23:16:14 | 言いたんく

いやぁ、取材がなかなか進まないね。

小学校の時に一番嫌いだったのが作文。

どうにもこうにも書けないんだよね。

大人になって振り返ると、材料がなかったことが一番の原因だったことが分かる。

材料がないのに、調理することはできないからね。

てな訳で、しばらくは過去の取材をほじくり返してみようと思う。

面白いのがあればいいなぁ。



取り敢えず、元気な顔を・・・ 2014.08.12 Hergestridge


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ村Ping

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/okr7t7fen957