「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

都心の地下鉄で、貨物列車計画って本当!?

2016-08-26 23:58:02 | ニュ-スからひと言

           
東京メトロや大手物流会社が東京都心の地下鉄に貨物列車を走らせる
計画をたてている。今秋、有楽町線で走行実験をする。将来は宅配物
などを運ぶ列車を走らせ、2020年東京五輪の交通規制も見据えて
新たな輸送網を検討する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000070-asahi-bus_all

地下鉄での貨物列車走行は、実現すれば初めて。計画は、専用の貨物
列車にヤマト運輸、日本郵便、佐川急便が集めた宅配便の荷物を載せ、
有楽町線と同線に乗り入れる東武鉄道線を走らせる。車両基地で積み
込んだ荷物を都心の駅で下ろし、業者が配達する。

東京五輪を控え、都心の車による輸送は。道路の混雑状況に左右され、
地下鉄輸送が実現すれば、安定的な時間で物を運べるメリットある。


地下鉄を貨物の輸送に使う発想は、「目からうろこ」ですが、一般の

乗客の運行に支障なければ、ありかも知れません。

さて、日系平均は続落し、195円安の16360円の大引けでした。
(出来高 概算15.4億株の薄商いでした。)

米市場、ジャクソンビルでイエレンFRB議長の講演を控え、様子見
姿勢の中、やや弱含めの終了で、東京市場も続落でスタート。

その後、為替は円高一服も、先物主導で売られ、それをきっかけに
持ち高調整の動きで大幅に続落した格好。

日経平均の続落で、チャート形状は悪化しており、ここ数日の下落を
ダマシとするか、ポイントです。

注目のNY市場、反発で始まったものの、利上げ時期を巡り、前倒しの
思惑もあり、下落になるかもしれません。

来週の日経平均、為替の円高是正が進めば、早速の反発を期待したい。

ブロガー/読者の皆さん、我慢の残暑乗り越えて良い週末を!!


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内閣府と日銀、GDP算出方法で論争

2016-08-25 23:57:15 | 政治に物申す

            
内閣府が公表しているGDPの統計を巡り、内閣府と日銀間で論争が起きて
いる。2014年度のGDP成長率は、内閣府がマイナス0.9%(物価変動の
影響を除いた実質)と公表したが、日銀が独自に試算したところプラス2.4%
と大きく食い違った。

内閣府は算出方法を変える予定はないが、日銀の金融緩和に対する評価に
関わる
だけに議論の行方が注目されている。 【中井正裕】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000095-mai-bus_all

14年度のGDPがマイナス成長となったのは、14年4月に消費税率が5%→
8%に引き上げられ、個人消費が落ち込んだためとされる。しかし、日銀が先月
公表したリポートによると、14年度の名目GDPの額は519兆円と内閣府が
公表した額より約30兆円多く、実質でもプラス成長だったと指摘しました。

内閣府の算出方法は、国連の定めた基準に従い、個人消費や設備投資を示す
政府統計などを積み上げる。多くの国がこの手法を取り入れているが、日本の
場合、個人消費を推計する家計調査(総務省調べ)について、 「調査対象が、
家計簿をつける高齢者や専業主婦などに偏り、実態を十分に反映していない」
との指摘が出ていた。

これに対し、日銀の試算は、住民税の納付状況(総務省調べ)法人税の納付
状況(国税庁調べ)を活用し、経済規模をはじきだした。

GDPは企業などが新たに生み出した価値(付加価値)総額を示す。付加価値は、
企業の場合、利益に相当、利益に課される税金から付加価値を把握できるという。
日銀のリポートは「税務統計は基本的に(調査対象をすべて調べる)全数調査で
捕捉率が高く、高い精度が期待できる」と主張している。


世界各国と比較するためには、国連の定めた基準に則るのがベターで、日銀試算、
正当性があっても、各国が足並みを揃えなければ、日本の立ち位置わかりません。

日銀GDP算出方法の方が、実際のGDPを反映し確度良いものなら、世界各国に
GDP算出グローバル標準として提案する必要があります。
政府・日銀の調整がほしいところです。

さて、日経平均は反落し、41円安の16555円の大引けでした。
(出来高 概算13.4億株の商いでした。)

今朝方のNY市場が、FRB議長講演前と言うこともあり弱含んだ内容で、日経
平均は反落して始まり、為替の円高一服もあり後場プラス圏に浮上も、買い控え
あって、小反落しました。

日経平均の反落で、25日線を巡る攻防で、チャート形状は為替ひとつで、動く
ので、リバウンドを維持している格好である。

注目のNY市場、週末のFRB議長講演前で、もみ合い商状。大きく買われたり
売られたりすることない、膠着相場の着地になりそうである。

明日の日経平均、週末ですが、為替が100円台中盤なら、先物主導の買戻し
もある展開を想定しています。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月月例報告、景気判断5カ月連続で据え置き!?

2016-08-24 23:59:28 | 政治に物申す

            
今日、政府が発表した8月月例経済報告で、景気判断を前月と同じ「この
ところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」とし、5カ月連続
据え置いた。個人消費や設備投資の判断は変更しなかったが、1月決定した
平成27年度補正予算の執行が進んでいる事を踏まえ、公共投資2年3カ月
ぶりに上方修正した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000540-san-bus_all

先行きについて、前月と同じく、「英国のEU離脱問題など、海外経済の
不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」
のままとしました。

公共投資は「緩やかに減少している」から「このところ底堅い動きとなって
いる」へ引き上げた。27年度補正予算で約6000億円の関連予算が措置
された効果が現れ、6月公共工事出来高が前月比0.6%増になる等して
いることを踏まえた。

個人消費は「消費マインドに足踏みがみられるなか、概ね 横ばいとなって
いる」、設備投資は「持ち直しの動きがみられる」、生産は「横ばいとなって
いる」、雇用情勢は「改善している」で、それぞれ据え置きました。

消費者物価は、最近、耐久財価格が弱くなっている事等を踏まえ、表現を
「この所上昇テンポが鈍化している」から「横ばいとなっている」へ変更した。


個人消費や設備投資を下支えするため、28年度の追加経済対策の執行で、
秋口以降、上向くか注目されます。

さて、日経平均は反発し、99円高の16597円の大引けでした。
(出来高 概算13.2億株の商いでした。)

欧州市場の株高や原油相場の持ち直しで、日経平均上昇してのスタート。
1時間余りで、16600円台をつける場面も、戻り待ちの売りで値を下げた。
それでもこの16600円弱の水準を維持して終了した。

日系平均は、反発もここ最近は、行って来いのもみ合い商状で、25日線
クリアして、何とか、月末に向けてのリバウンドの芽を残した格好です。

注目のNY市場、イエレンFRB議長の講演を週末に控え、様子見姿勢の
やや弱含みのスタートです。終了時は、いつもの底堅い展開を想定。

NY時間は、為替が100円台半ばで、明日の東京市場で子の水準を維持
する様なら、続伸しそうです。但し、先物主導が、為替とグルになって円高
演出を見せるようなら、一旦小休止もありそうです。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界で稼ぐ女優トップは、J.ローレンス!?

2016-08-23 23:58:49 | ニュ-スからひと言

             
ここ1年間に世界で最も稼いだ女優は、昨年に続きJ・ローレンスでした。
だった。税引き前の年収は4,600万ドル(約46億円)だった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160823-00013349-forbes-bus_all

2位のメリッサ・マッカーシー(3,300万ドル)に1,300万ドルの差をつけた。
ローレンスの収入の多くは、シリーズ最終作「ハンガー・ゲームFINAL:レボ
リューション」興行収入6億5,340万ドルの配当分と、未公開の「パッセンジ
ャーズ(原題)」で前払いされた莫大な出演料によるものでした。
年収は2015年の5,200万ドルから11.5%減ったが、トップの座には留まった。

現在45歳のマッカーシーは、「ゴーストバスターズ」で得た8桁台とも報じられ
ている前払い報酬などにより、前年からの収入増加幅が今年ランキング
入り
した女優の中で最も多い1,000万ドル。マッカーシーの今年の収入は、自己

最高額で、スカーレット・ヨハンソン(3位、2,500万ドル)を超えた。

映画界では賃金格差が今も根強く、ランク入りした女優らの9割が女優業以外
収入源を持っています。中でも突出しているのが2,100万ドルで4位につけた
ジェニファー・アニストンで、エミレーツ航空や、ボトル入り水ブランドの「スマート
ウォーター」、スキンケア用品「アビーノ」、化粧品の「リビング・プルーフ」の広告
で多くの出演料を得ています。


トップ5入りした女優は、ほんの一握りの存在で、ヒットした映画の主演を掴み、
興行収入や配当収入を得たもので、超ラッキーウーマンと言えます。
それにしても、1位のJローレンスは、艶かしいですね。

さて、日経平均は反落し、100円安の16497円の大引けでした。
(出来高 概算15.8億株の商いでした。)

NY市場がマチマチで、底堅い展開をしていた日経平均も、為替の円高に過剰
反応して大引け100円安と、16500円台を割って終了しました。

日経平均の反落で、ボリンジャーバンドの25日線とー1σ間と、踏ん張り所と
なりました。

注目のNY市場、原油安も一服し上昇してスタート。7月新築住宅販売件数が
65.4万戸(予想 58、0万戸)と上振れており、高額の購買意欲の旺盛から、
個人消費は、堅調を裏付けています。終了まで、底堅い展開を想定します。

明日の日経平均、為替が100円台維持なら、反発して良い水準です。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャープ、給与カット廃止で、社員にやる気!?

2016-08-22 23:57:09 | 企業を斬る

           
今日、シャープの戴正呉新社長は、台湾の電子機器受託製造大手、鴻海
(ホンハイ)精密工業からの出資が12日に実現したことを受け、社内向け
サイトで社員に対し経営方針を示した。13日付で社長に就任の戴氏が
経営方針を表明するのは初めて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000051-mai-bus_all

戴氏は、全社員を対象に実施している給与カットを9月支給分から見直す
方針を示し「一日も早く黒字化を実現するとともに、確かな成長軌道へと
導きたい」と、経営再建に向けた意欲を強調した。

シャープの強みでの独自技術の開発や既存事業の拡大、新規事業の創出
に向け、「積極的に投資する」と表明した。欧米で、他社に譲渡したシャープ
ブランドについて「自身で磨き上げたい」として、買い戻す意向を示しました。


一般職の給与カット廃止は、社員のモチベーションを高め、ユニークな
商品開発の後押しをすることになるし、管理職の信賞必罰徹底は、士気
高める効果があり、次にどのような商品を出すのか、という期待感もある。
シャープ再建プロセスに注目しています。

さて、日系平均は続伸し、52円高の16598円の大引けでした。
(出来高 概算14億株と薄商い状態でした。)

週明けの東京市場、やや円安に振れたことや日銀によるETF買い再燃
などで続伸でスタートすると、方向感が出にくい中、プラス引けを示現。

日経平均の続伸で、25日線上にあり、リバウンドの芽を残した格好です。
週末にかけジリ高となるか注目です。

注目のNY市場、下落スタートも戻りを試す展開となるか、注目です。
明日の日経平均、為替が100円台中盤なら、底堅い展開を想定してます。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月第4週 相場展望と予定

2016-08-21 23:58:17 | 相場展望

            
/15週の日経平均は、お盆週とリオ五輪後半戦を迎え、参加者が限られる
薄商いの中、為替の円高要因から先物主導の売りも入り、日系平均は大台を
目前に、下落となった。

日経平均は、週間で374円下落(↓2.21%)の16545円の大引けでした。

8月第4週(8/22~8/26)の主なイベントと予定は、下記1.の通りです。

主要な経済指標の発表が少ない中、週末に予定されているイエレンFRB議長
ジャクソンホールでの講演があるが、それまで為替が大きく振れる事は、ない
展開とすれば、上値・下値も限定的になるかもしれない。

日経平均、8月第4週(8/22~8/26)レンジは、16250円~16850円
程度を想定しています。

1.8月第4週(8/22~8/26)主なイベントと予定
 8/22
  日本  7月粗鋼生産
  日本  7月コンビニ売上高
  日本  タカショー 決算
 8/23
 日本  黒田日銀総裁、挨拶
  日本  ヤガミ 決算
 日本  大阪維新の会、臨時党大会
  米   7月新築住宅販売件数
  米   7月北米半導体製造装置BBレシオ
  米   ベストバイ 決算
  米   国債入札 2年債(260億ドル)
  独   8月製造業PMI速報値
 EU   8月製造業PMI速報値
  8/24
 日本  気象庁3カ月予報
 日本  日産、自動運転システム搭載「セレナ」発売
  米   7月中古住宅販売件数
  米   HP 決算
  米   国債入札 5年債(340億ドル)
 8/25
 日本  アインHD 決算
 日本  全国学力テスト結果 公表(文科省)
  米   7月耐久財受注
  米   新規失業保険申請件数(~8/20までの週)
  米   ティファニー、ゲームストップ 各決算
  米   ジャクソンホール年次シンポジウム開催(~8/27)
  米   国債入札 7年債(280億ドル)
   独   8月Ifo景況感指数
 8/26
 日本  7月消費者物価指数
 日本  4~6月GPIF運用実績
 日本  HIS,ラクーン 各決算
  米   第2四半期GDP改定値
  米  イエレンFRB議長 講演
  英  第2四半期GDP改定値

2.NY市場、為替/債券 各結果(8/19)

 今日のNY為替市場はドル売りが一服している。今週はFRBの利上げの動向に
 市場の関心が高まっており、FOMC議事録や、ダドリーNY連銀総裁の9月利上
  げ可能性の指摘もあったが、市場は利上げ期待をさほど高めることはなかった。

 ただ、前日のウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁も9月利上げに可能性を
 指摘していたこともあり、市場も若干リスクを感じているのかもしれない。これに
  ついては来週のイエレンFRB議長のジャクソンホールでの講演が答えを出して
  くれるものと思われる。

 きょうは経済指標など材料もないなか、週末ということもあり、為替市場は調整
 主体の動きとなった。

 ドル・円は序盤に100円割れを試す動きも見られたが、大台は維持された。米
  国債利回りが急速に上昇していたこともサポート。しかし、100.40/50付近には
  ファンド勢の売り観測が根強い。米大手銀からの戻り売り推奨も出ている模様で、
  更なる下落を見ている向きは多いようだ。きのうまでの2日間でドル円は100円
  割れが3度あったが、いずれも買い戻されており、ショート勢もきょうは、やや下値
 慎重になっていたのかもしれない。

 ユーロドルは1.13台前半に下落。きょうは1日を通して利益確定売りに押されて
  いる。前日は1.1365付近まで上昇していたが、ロンドン時間には1.1300付近
  まで下落していた。特にユーロの悪材料はなく週末を控えて調整売りが入ったもの
  と思われる。

 今週のユーロドルは買戻しが加速しており、移動平均からも上放れする動きとなっ
 ている。特にユーロを買うファンダメンタルズ的な材料はないが、ドルやポンドが
 軟調に推移する中、消去法的に買われている。さすがに短期的には過熱感も出て
  きており、過熱感を示すテクニカル指標であるRSIは買われ過ぎの水準である70
 に接近していた。一旦調整売りが出てもおかしくはない。
 
 ポンド・ドルは序盤に戻り売りが強まり、1.30台前半に下落する場面も見られた。
 一部報道でメイ英首相が、2017年4月までにリスボン条約の第50条を発動して
 正式な離脱通知をする方向に傾いていると伝わった。来年はフランス大統領選が
  4月から5月に、ドイツの連邦議会選挙が9月までに控えており、その前に正式な
  通知をしたい意向だという。

 市場の一部には離脱通知は先延ばしになるのではとの見方もあり、来年一杯は
  ない可能性も伝わっていたことから、市場も驚きだったようだ。ただ、引き伸ばす
  ことがポンドにとってどうなのかは見方が分かれるところではある。
                    http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=327517
  米国債利回り(NY時間17:00)
   2年債          0.746(+0.045)
   10年債        1.578(+0.043)
   30年債        2.287(+0.027)
   期待インフレ率    1.495(+0.009)
                   ※期待インフレ率は10年債で算出

 今日のNY債券市場、利回りは上昇。今週はダドリーNY連銀総裁やウィリアムズ・
 サンフランシスコ連銀総裁から9月利上げの可能性も指摘された。市場は早期利
  上げ期待をさほど高めていなかったが、やや意識はしており、来週のイエレン議長
  の講演を前に、利益確定が優勢となった。

 10年債利回りは一時1.59%台まで上昇し、政策金利に敏感な2年債は0.75%台
  まで上昇。

 2-10年債の利回り格差は+83(前日+82)http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=327513

3.NY株式市場 結果(8/19)

 NY株式19日
   ダウ平均       18552.57(-45.13 -0.24%)
   S&P500       2183.87(  -3.15 -0.14%)
   ナスダック        5238.38( -1.77 -0.03%)
   CME日経平均  16485     (大証比:-35 -0.21%)

 今日のNY株式市場、ダウ平均は反落。決算もピークアウトし、株式市場の関心は
 FRBの金融政策の動向に移っている。今週はダドリーNY連銀総裁やウィリアムズ・
 サンフランシスコ連銀総裁から9月利上げの可能性も指摘されたが、市場は利上げ
 期待をさほど高めていない。

 しかし、株式市場もやや意識はしており、週末ということもあって、利益確定売りが
 優勢となった。ダウ平均の下げ幅は一時100ドルを超える場面も見られたが、その
  後は買戻しも入り下げ渋っている。

 きょうは原油も上昇の勢いが一服しており、WTIは小幅高で推移したことから、
 エネルギー関連株に利益確定売りが出ていた。

 ダウ採用銘柄ではシェブロン、エクソンモービルが軟調なほか、ウォルマート、マク
 ドナルドが下落。一方、ナイキが上昇。ナイキはサプライチェーンのパートナーシッ
 プとしてアポログローバルとの提携が発表されている。

 農機具のディーアが商いを伴って大幅高。決算を発表しており、1株利益が予想を
 上回ったほか、良好な通期見通しも示している。通期の純利益は13.2億ドルを見込
 んでおり、5月に示した12億ドルから上方修正している。農業不況が叫ばれる中、
 トラクターの販売コスト削減が奏功した。今後、現在の農業不況が続いたとしても、
 2018年末には少なくとも、税引き前利益を5億ドル引き上げるとの楽観的な指摘も
 聞かれた。

 スポーツ用品販売のフット・ロッカーが大幅高。5-7月期の決算を発表しており
 予想を上回った。ナイキやアンダーアーマーとの関係強化が奏功している。NBA
 ファイナルに出場した選手によってポロモートされたバスケットボールシューズや、
 ランニングシューズの販売が伸びている。

 ナスダックは小反落。全体的にIT・ハイテク株は全般に軟調な動きではあったが、
 半導体関連の上昇が指数をサポートした。

 その中でもアプライド・マテリアルズが上昇し指数をサポート。半導体メーカーや
 フラットパネルメーカーからの需要増を見込み、良好な業績見通しを示していた。
 5-7月期決算も予想を上回っている。需要がピークとの観測も一部では出ているが、
 同社のCFOは第4四半期も来年度の第1四半期も需要は好調が持続するとの見通し
 を示した。              http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=327510

4.NY市場、原油先物9月限/金先物12月限 各結果(8/19)

 NY原油先物9月限(WTI)
  1バレル=48.52(+0.30 +0.65%)

 19日のzNY原油は続伸。9月限は、買いが先行して前日高値を抜いたあと、米
 年内利上げ観測によるドル高で48ドルを下回ったが、石油輸出国機構(OPEC)・
 ロシアの増産凍結協議に対する期待で反発した。テクニカル好転やガソリンの上値
 追いも、週末を控えた買い戻しを誘った要因。
                    http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=327512
 NY金先物12月限(COMEX)
  1オンス=1346.2(-11.0 -0.52%)  

 19日のNY金先物相場は反落。
 金12月限は、ドル高・原油安や金上場投信の保有金減少、米金融当局者の9月
 利上げ発言で前日安値を下回った。ただ、今週安値の維持や、米国株の下落で持ち
 直した。               http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=327511


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男子400mリレー、サプライズ銀!?

2016-08-20 23:59:57 | リオ五輪

            
日本時間午前、陸上400mリレーの日本メンバーの走りに感動しました。
走力で上のボルト、ガトリン、パウエルなど、トップランナーを有する国と
互角以上の走りとバトンリレーで、歴史に刻むランでした。

陸上トラック競技で、銀を取るのは、1928年アムステルダム五輪女子
800mの人見絹枝以来88年ぶりの快挙です。
また、37秒60は、国別で世界歴代3位の記録でした。

-----------------------------------
リオ五輪男子400mリレーの決勝が19日(日本時間20日)に行われ、山県亮太、
飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥のオーダーで挑んだ日本は、37秒60で
銀メダルに輝いた。メダルは銅だった2008年北京五輪以来2大会ぶり。
銀以上は、トラック種目では日本男子として初となる。
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160820-00010003-bfj-spo

山県、桐生、ケンブリッジは100m9秒台を狙える力を持ち、過去最強といえる
メンバー。さらに他国との走力の差を埋めるため、バトンパスの技術を磨いて
きた結果がこの大舞台で出た。優勝は37秒27のジャマイカ。3位のアメリカが
失格となり、4位のカナダが銅メダルとなった。

日本の快挙に北京大会400mリレー銅メダリストの朝原宣治「リレー素晴らしか
った!!強いぞ日本!!」とTwitterで喜びの声。タレントの武井壮は「歴史
変えすぎ!!アジア新速過ぎ!!!」と大興奮だった。

世界のメディアも日本の走りを驚きをもって伝えた。

一番の話題は、ジャマイカのウサイン・ボルトが3大会連続で100m、200m、
400mリレーでの3冠を達成したことだったが、日本のリレー陣についても触れ、
以下のように報じている。

「日本が驚きの銀メダル」(英・BBC)
「日本は37.60秒で驚きの2位」(米・ロサンゼルスタイムズ)
「日本、ホームストレートのサプライズゲスト」(仏・レキップ)
「勇敢な日本チームがアメリカとカナダの猛攻に耐え、アジア新記録」(中国
 大手ポータルサイト「新浪」)

レース後、山県は「歴史を作れて嬉しい」と語った。リオで日本の4人が成し遂
げた記録は日本だけでなく、世界の陸上史に刻まれるはずだ。
-----------------------------------

すばらしいランに、感動と興奮の余韻を残す好レースでした。
投資マインドもアップです!?

それでは、また。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VHSビデオデッキ生産終了で、早めのダビングを!?

2016-08-19 23:58:46 | ニュ-スからひと言

          
VHS方式の家庭用ビデオデッキの生産が終了し、ビデオテープに録画した
大切な映像を、DVDやブルーレイディスクにダビングするサービスが注目
されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000509-san-bus_all

今後は、交換部品の不足により、デッキが故障しても修理できなくなると、
見込まれるためです。

VHS方式のビデオデッキは、国内企業で唯一生産を続けていた船井電機
(大阪府)が7月末で生産を終了。担当者は「生産を続けたいが、部品の
調達が難しく断念せざるを得なかった」と説明する。同社は「まだ買える場所
はないか」「生産を続けて」といったVHSファンの声が殺到してるという。

VHS方式のビデオデッキは、昭和51年、日本ビクター(現JVCケンウッド)
が発売。ソニーが発売したベータ方式とシェア争った末、長時間録画できる
点などが評価されVHS方式が勝利しました。

ベータ方式は平成14年に生産を終えた。しかし、VHS方式も、DVD
レコーダーの普及に押されメーカーが続々撤退した経緯があります。

船井電機によると、最盛期12年ごろには世界で年間1500万台以上を
販売していたが、27年には、約75万台まで減少。下請けメーカーから
納入していた部品も製造中止となり、同社は「今後はデッキが故障しても
修理が難しいケースが出てくるだろう」とすています。

こうした状況を受け、ビデオテープからDVDやブルーレイディスクへの
ダビングサービスが活況です。

ブログ読者の中にも、ビデオテープで思い出を保存している人も多いと思う。
早めに他のメディアに転換しておいた方が良さそうです。

さて、日経平均は反発し、59円高の16545円の大引けでした。
(出来高 概算17.5億株の商いでした。)

今朝方のNY市場が、原油高を背景に底堅い中、日経平均は、昨日下げ
過ぎ反発からスタートして、戻り売りもあったものの、週末に先物主導の
悪さも入らず、何とかプラス圏の16500円台で終了しました。

日経平均の小幅反発で、陰線形成も右肩上がりに転じた26週線を上回り、
何とか、リバウンドトレンドを残した格好です。

注目のNY市場、下落スタートももどりを試す展開で、どこまで戻すか、
ポイントです。

リオ五輪では、日本人の活躍目覚しく、既に前回ロンドン五輪のメダル数
上回ってきました。この勢い・余韻を株式投資マインドアップにつなげて、
来週のリバウンドに期待です。

ブロガー/読者の皆さん、良い週末を!!


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府・日銀会合、投機的な円高対応!?

2016-08-18 23:59:31 | 企業を斬る

          
今日、財務省・金融庁・日銀は、今月2度目となる国際金融市場に関する
意見交換会合を開き、円高進行のけん制を図った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000032-reut-bus_all

浅川財務官は会合後、記者団に「前回から1カ月たっていない中、臨時的
位置づけ」と述べ、投機的な動きに対する警戒感をあらわにした。

政府、日銀が3者会合を開催するのは、今月3日以来、約2週間ぶりです。

今年3月の発足当初は月に1回程度の開催を想定してたが、円が対ドルで
心理的節目とされる100円を割り込んで推移している現状を踏まえ、急きょ
開催に踏み切ったとみられる。


ザラ場 、投資ファンドの為替ディーラーと先物がタッグを組むような動きで
株式市場が弱含むと、円買いを仕掛けて円高に進むと、先物主導で株売り
仕掛けの展開で、下げ過ぎの状況でした。
牽制だけでなく、政府・日銀は、必要な時に対策を実行に移す事も必要です。

と言うことで、日経平均は大幅下落し、259円安の16486円大引けでした。
(出来高 概算18.7億株の薄商いでした。)

冒頭に書いた様に、為替が円高に振れると先物主導の売りが入り、現物が
追従して、節目16500円割れとなりました。

日経平均の大幅下落で、25日線を割り込んでの終了となり、この下げが
ダマシとなるか、ポイントです。

注目のNY市場、売り先行もジリ高商状の戻しで、終了時も底堅い展開に
なりそうである。

明日の日経平均、為替の円高是正が進み100円台維持なら、週末でも
反発する可能性あります。先物がどう動くかポイントです。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビール税の一本化、庶民のビールは値上げ!?

2016-08-17 23:57:22 | ニュ-スからひと言

          
政府・与党は今秋から始める2017年度税制改正の議論で、ビール類の
酒税の見直しを進める方針だ。ビール類の税額の55円程度の一本化や、
ビールの定義拡大が主な論点。安価な発泡酒や「第3のビール」の増税に
つながることなどから先送りされてきたテーマだが、消費税率10%への
引き上げが延期された事も踏まえ、議論を前進させる考え。【横山三加子】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000013-mai-bus_all

酒税法は、原料をホップや麦などに限り、麦芽の比率も67%以上のもの
だけを「ビール」と定義してる。欧州では、麦芽比率が、もっと低かったり、
別の原料で風味を付けたりしてもビールです。 財務省は「海外の状況も
踏まえて麦芽比率や原料範囲を検討する」と説明。麦芽比率を見直せば
1908年以来、原料を追加すれば、03年の麦以来となります。

見直しの背景に、欧州産ビールが発泡酒扱いされることに対する欧州連合
(EU)の不満がある。欧州は、原料にオレンジピール(皮)やコリアンダー等
を使って風味を付けたビールを日本に輸出してるが、酒税法で定めた原料
以外を使っていると、容器には「発泡酒」と記載される。

一方で酒税法は、発泡酒でも麦芽比率が50%以上ならビールと同じ高税
率を課すと定めている。欧州産は50%以上が多く、EUは、「発泡酒扱い
されてブランドイメージが損なわれてるのに、税率は高い。非関税障壁だ」
と見直しを求めてきた。

国内メーカーも、発泡酒や、麦芽以外の原料を使うなど「第3のビール」の
出荷量が頭打ちになる中、本物志向に応える高級ビールや、飲みやすい
果実味のあるビールなどに開発の軸足を移し始めている。例えばキリン
ビールは、ユズやサンショウを使ったクラフトビールを開発しました。

税法上は発泡酒だが、ビールと銘打った方が、本物志向の顧客にアピール
できる。財務省は「定義が広がれば趣向の多様化に応じたビールづくりが
しやすくなる」とし、製品開発の自由度が広がって市場が拡大する効果を
見込んでいます。


ビールの新しい定義や税額一本化が決まれば、メーカーは商品開発戦略
の見直しや、生産計画の再考など迫られます。それにはある程度の時間
必要です。

また、一気に税額を一本化すれば、増税となる発泡酒や第3ビールを購入
する消費者の負担感が大きくなり、庶民泣かせとなります。この辺を明確
にしないと、増税目当て酒税法改正と受け取られ、政府はメーカーの意見
聞き入れながら、知恵が求められます。

さて、日経平均は反発し、149円高の16745円の大引けでした。
(出来高 概算17.5億株の商いでした。)

今朝方のNY市場は、NY連銀総裁の発言を受けた利上げ思惑から、株式
下落となった。日経平均は、為替がドル/円で100円割れから反転して
円高是正が進み、寄り付きから戻しを試す反発となった。

日経平均の反発で、ボリンジャーバンド+1σと25日線レンジ内にあり
もみ合いからリバウンドの上放れとなるか、為替の円高是正がほしい。

注目のNY市場、FOMC要旨の発表前の利上げ時期懸念から、下落の
スタート。終了時に底堅い展開となるか。ポイントです。

明日の日経平均、続伸となるか為替の動きに注目です。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

コメント
この記事をはてなブックマークに追加