NHK BSプレミア 今夜11時15分からは!

2017年02月20日 07時54分37秒 | PRのかけら

『The Covers』

今夜のゲストはスキマスイッチ。

小泉今日子の「あなたに会えてよかった」
井上陽水の「氷の世界」をカバー。

かつてこの番組でもいろいろな人がカバーしてきた「氷の世界」
スキマスイッチはどんな形でカバーするのか?
そんなところも、他の番組にはないこの番組ならではの見どころです。

皆様ぜひ。

指先の狼煙

2017年02月19日 11時29分01秒 | その他のかけら

禁煙ではない酒場の類で、
タバコを吸わないでほしい、
などという野暮なことを言うつもりはない。

しかし。

気になるのは時どき見かける、
ほとんど吸いもしないのにタバコに火をつけている奴。

火のついたタバコを手に持って、
ただただ煙を撒き散らしているだけ。

あれはどういうつもりなのだ?
虫除けか?
狼煙か?

そしてこういう奴に限って、
チェーンスモーカーだったりする。
吸ってないけど。

なんであんなことするんだろうなあ。

喫煙経験の無い僕にはさっぱり理解できない。

ナレーターを真似ろ!

2017年02月17日 19時44分39秒 | 業界のかけら


仮の編集が終わったVTRをチェックする作業をプレビューという。
このプレビューにも演出氏やプロデューサーの個性が出る。

某番組の初回のプレビューでのこと。
まだかなり粗い編集のVTRを流しながら、
女性ディレクターが仮のナレーションを読んでいたら、
突然、プロデューサーがVTRを止めさせた。

「ダメだよ、そんな自分が読むように読んじゃ。
 もっと☓☓さんが読むようにやらないと。
 全然伝わって来ないよ」

☓☓さんというのは、実際に番組でナレーションを担当している俳優だ。

こんなダメ出し初めて聞いた。

そしてプレビュー再開。

少しだけナレーションの読み方が変わった気がするが、
もちろん、☓☓さんとは似ても似つかない。
女性だし、ナレーションの原稿自体、まだ仮の仮のものだし。

いったいどんな気持ちで彼女はナレーションを読んでいたのか。
それを想像すると、申し訳ないがおかしくて仕方ない。

商店街のビバーク

2017年02月14日 08時16分11秒 | コメディのかけら


我が家の近くの商店街にあるガールズバーは、
よくその前の路上で女性が客引きをしているが、
いつもやる気がないことこのうえない。

一人でいればずっとスマホをいじっている。
二人以上でいればずっとおしゃべりしている。

この時期はベンチコートを着て路上にいるのだが、
昨夜はあまりにも寒かったのか、
店頭の風があたらぬ場所に、
3人横並びで丸まるようにしゃがみこんでいた。

その姿は、
冬山で身を寄せ合い寒さに耐える小動物のような、
無謀な登山で遭難し救助を待つ登山者のような、
そんな感じがして、
面白かったので本当は写真に撮りたいぐらいだったが、
そんなことをしたら店に入れねばならぬことになるので、
記憶に留めるだけにした。

しかし・・・よく店長もあの状態を放置しているよなあ。
まあ、それでも客が入っているみたいだから、いいんだろうけど。

フジテレビ今夜7時からは、「フルタチさん」

2017年02月12日 09時19分37秒 | PRのかけら

今回は「日本語テスト」の第二弾!
フジテレビアナウンサーに加え、
元・日本テレビアナの馬場典子、森麻季も参戦。
アナウンサーの日本語力やいかに?

さらに!

三代に渡り日本語辞書の編纂に携わってきた金田一家の歴史を紐解く。

さらにさらに!

リアル『舟を編む』
辞書編纂の現場を取材。
新しい言葉が辞書に採用されるその瞬間を目撃。

みなさまぜひ!

太陽はどこから昇るか?

2017年02月11日 10時53分24秒 | コメディのかけら

ある番組のスタッフが、
太陽が東から昇ることを知らなかった。

じゃあ、どの方角から昇ると思っていたのか。

西か?

それでは、『元祖天才バカボン』の歌ではないか。

ひょっとして、あの歌のままに覚えてしまったのか。

違った。

彼はこう思っていたのだ。




「自分がどちらを向いているかによって方角が変わる」



何をどう勘違いしたら、そうなるのだ。
想像を絶する間違いだった。

重いハマグリ

2017年02月10日 08時18分47秒 | コメディのかけら


酒の酒で聞いた話、思いついたことは、スマホにメモする。
忘れてしまうからである。

そのメモでしばしば悩むのは、
どうして記したのかわからないメモがあることだ。

こんなメモがあった。

「ハマグリが重い」

ハマグリの目利きのことか?

違う。

昨夜あったことを思い出す。

あ、何かの拍子に囲碁の話になったのだ。

高級な白い碁石は、ハマグリの貝殻で作られている。
そのことは知っている。

ならば、「ハマグリが重い」とは?

高価な碁石ということか?

いや、そんなことでメモするはずはない。

ハマグリが重いと何なのだ?

わからぬが、ハマグリが重いと何かあるらしい。
それはいったい何なのだろうか?

珠算SF

2017年02月05日 09時02分53秒 | コメディのかけら

今でも珠算を熱心に学ぶ子どもたちはいる。

なんで今どき珠算なんて学ぶのかという疑問がしばしば聞かれるが、
珠算を学ぶのは単なる計算のためだけではなく、
それ以外の効能もあるというのを承知した上で、
妄想してしまう。

地球に帰還する宇宙船。
何らかの事情でコンピューターが全面ストップ。
このままでは地球に帰ることはできない。
しかし、宇宙飛行士の中に珠算の達人がいた。
そろばんを取り出し、計算を始める。

地球に接近するマイクロブラックホール。
地球を移動させて衝突を回避する大プロジェクト。
しかし、最終段階で、地球上のコンピューターが全面ストップ。
このままでは人類は滅亡だ。
立ち上がったのは、1万人の珠算の達人。
一斉にそろばんを取り出し、計算を始める。

こんなSF、すでに誰か書いていそうだなあ。

カラオケと『今夜はブギー・バック』

2017年02月04日 09時25分23秒 | コメディのかけら

カラオケに行った時、
歌うと40代上司が一番喜ぶ曲は、
『今夜はブギー・バック』だと聞いた。

聞いた話なので、
出典元は不明だが、
リアルタイムであの曲を聴いた40代後半の僕としては、
わからなくもない。

カラオケで歌うと上司が喜ぶ曲といえば、
『つぐない』あたりと思っていたが、
今や『つぐない』で喜ぶのは役員クラスか。

「よくわかんないけど、
 これ歌うと上の人が喜ぶから」

20代に内心そう思われながら、
今夜もどこかのカラオケボックスで、
『今夜もブギー・バック』が歌われているのだろうなあ。

フジテレビの収録食

2017年02月03日 09時25分15秒 | 業界のかけら



スタジオ収録の際の食事は弁当が一般的だが、
最近、フジテレビの収録では、
弁当ではなくケータリングだ。

スタジオ前の廊下にケータリングの業者が来て、
料理を使い捨てのトレイに取り分けてくれる。

メインのおかずは4種類の中から2種類、好きなものを選ぶ。
先日の収録で僕は白身魚のフリットと蒸し豚を選んだ。

その他に付け合せで、
ロールキャベツとサラダとパスタ。

生卵や納豆と副菜もある。

ご飯はジャー、味噌汁も保温器に入っているので温かい。
これが嬉しい。

収録が終わりに近づいた時点で余った料理やご飯は、
収録中に食べることのできなかったスタッフ用に、
弁当にしてくれる。

贅沢に思えるが、
弁当よりもこちらの方がは安いらしい。


迷惑メールの狙い

2017年02月02日 08時43分04秒 | コメディのかけら


先日、うっかりケータイに来た迷惑メールを開いてしまった。
表題にSoftBankとあったので、つい。
そういえば、SoftBankからのお知らせはすべてショートメールだった、
と気づいた時には遅かった。

それからというもの、1日に10通~30通の迷惑メールが来る。

しかしそのほぼすべてが、
表題と開かず読める最初の一行を見る限り、
男性から女性に宛てたもの。

しかも送り主の名前は、
「雅治(福山)」
「山P」

いったいどういう狙いなのだ?
それがわからないのが一番不気味。

三手先を読む

2017年02月01日 08時54分10秒 | アイデアのかけら

子どもに将棋を教えている知り合いのプロ棋士が、

「子どもたちにはいつも三手先を考えて、
 次の手を指すように教えているんですよ」

と言っていた。

自分がこの手を指したら、
相手はこう指してくるだろう、
そうしたら今度自分はこう指す、
とそこまで考えてから、次の手を決める、
ということらしい。

なるほど。

この話を聞いて思い出したのは、
脚本家の君塚良一さんが書いていた、
「会話は基本、3つ1セット」ということだ。

男「君が好きだ」・・・①
女「ありがとう/ごめんなさい」・・・②
男 ②を受けてのリアクション・・・③

しかし駆け出しの脚本家は②までしか考えないことが多い、
というようなことを言っていた。

ああ、もう1つ思い出した。

君塚さんがこのことに気づいたのは、
師匠である萩本欽一さんから、

「笑いは、フリ・オチ・フォローの3つから成り立っている」

と教えられたことに基づいている、だったはず。


(君塚さんの話のくだり、うろ覚えなので、細部は異なっていると思いますが、
 大意は合っていると思います)

将棋も、ドラマも、笑いも通底する思考は同じ。

三手先を考える。
これは人間のコミニュケーションには共通する、
「想像力」なのだろう。

TV勝手に表彰状

2017年01月31日 08時08分37秒 | PRのかけら

今回は、『笑点』司会の春風亭昇太さんを勝手に表彰しました。

みなさん、ぜひお読みになって下さい。

こちらからぜひ!

住宅街の書き割り

2017年01月29日 16時48分46秒 | 写真のかけら



近所にある趣きある門。

しかしその裏に回ってみると・・・。

会ってはいけない

2017年01月28日 09時13分59秒 | 業界のかけら

僕より年上なのに、
某アイドルグループにご執心の男がいた。

先日、一年半ぶりに会ったので、
今でもライブに行っているのかと尋ねたら、
「最近はまったく行っていない」との返事。

あれだけ好きだったのに冷めてしまったのかと思ったが、
話を聞くとそうではなかった。

実はそのグループのメンバーと仕事をする機会があり、
しかもそれはそこそこ長い期間だったので、親しくなった。

それはそれで悪いことではないが、
親しくなってからというものの、
ライブを観ていると、
「間違えないだろうか」「今、間違えたけど大丈夫か」
と妙に心配になり、
純粋にライブを楽しめなくなってしまったそうだ。

「親戚のコを観ている感覚なんだよね」

親子ほど歳が離れているから、
余計にそう思ってしまうのかもしれない。

そういえば、
某韓流アイドルグループにご執心だった男(僕より年上)も、
「絶対彼女たちとは仕事をしない」
と言っていた。

好きであればあるほど会ってはいけないのだ。