花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

もう来年の

2017年11月14日 15時07分57秒 | 趣味
昨日の詩吟教室ではもう来年の吟題を決定してお稽古にはいりました
難しいとされている「静夜思」(李白)に取り組まれた方も
「半夜」(良寛)を稽古される方もあり初心者の私はいつもながら
うっとり聴き入ります
私はもう一度「奉母遊嵐山」(頼 山陽)に取り組みます
吟じながら思ったものです 昨年は稽古途中で出場したのだと思いましょうと
それが理解できるだけ少し上達してきたのかも
そう思うと希望がもてます
今年は納得出来るまでに取り組みたいものです

裏庭では何度も終わりを告げるのです
ミニトマトが赤くなりました



ハナトラノオ もう終わりでしょう

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立冬過ぎると | トップ | 秋の日のプレゼント »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (福の神)
2017-11-14 15:39:52
今日は                               日増しに秋も深まりますね、紅葉も秋の一雨、一風で地上で紅葉絨毯を敷き始める頃になりましたね
紅葉絨毯 (fuyou)
2017-11-14 21:17:51
秋深く
落ち葉が舞う季節ですね
これから一雨ごとに寒くなりますね
陰ながら応援 (越後美人)
2017-11-14 21:43:53
詩吟は腹から声を出すので健康に良いのでしょうね。
兄嫁のお父さんが、実家にやって来ては一節吟じるのを楽しみにしていました。
聞いて良し、聞かせて良し、ですね。

教室では既に、来年の発表会に向けてのお稽古が始まったんですね。
仲間がいて励みになりますね。
また来年に向けて、納得出来るまでじっくりと頑張って下さいね。
私は陰ながら応援しています(^_-)-☆
応援ありがとうございます (fuyou)
2017-11-14 22:32:14
越後美人さま
こんばんは
応援してくださってありがとうございます
健康にはよいでしょうね
姿勢もよくなるかも
教室で感じることですが皆さん人前で吟じることが基本的にお好きです
そこがいいですね

もう来年の課題練習です
今年はじめて5名で合吟させて頂きました
それも私にとってはよい体験をさせて頂いたとおもいます
何しろ初心者です 少しづつ変化できたら嬉しいです
そして納得できるまで頑張れたらなお喜ばしく思います
ありがとうございます

コメントを投稿

趣味」カテゴリの最新記事