花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

悲し過ぎます

2018年01月19日 09時26分07秒 | 日記
先日報道された事件ですが どうしてそんなことになってしまったのかしら 
わが娘を15年間も監禁して衰弱し凍死させた出来事
あまりにも非情で悲しいのです
精神を病んでいたなら積極的に治療を受ける方法があったでしょうに

振り返って思いますに
我が子が発育期に食慾をなくすれば心配して親も食慾をなくしてしまい
帰りが遅ければ何度も家の門前に立って帰りを待ち
何かを悩んでいたなら親もこころを傷めてしずかに見守っていたものを
それでも親はこれでいいのかといつもおろおろしたものを

15年間もせまい物置小屋に監禁状態にあれば誰でも精神に異常をきたすかも
美しい盛りの青春時代も空しくてあまりにも可哀そうな生涯であったと
胸がいたみます

精神に異常があったなら親として寄り添って生きる努力はあの方法以外に
まだまだあったでしょうに
周囲の人にはこの子は今こころを病んでいますと説明する努力も大切に思えます

人間の根源的心の優しさをどう培えばいいものか




ことしの白玉椿極めて花数が少なくて葉の陰を探すようです

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あるご婦人が

2018年01月17日 09時17分40秒 | 日記
あるご婦人が嘆かれます
彼女は息子さんと二人でマンション暮らしですが4部屋あるマンションで
3部屋を息子さんが占領されているそうです 何だか自分の趣味のために
部屋に置いているものを動かしてはいけないそうなのです
彼女は自室の一部屋で生活していたのですが
ある夜のこと息子さんはその占領した3部屋でも足りなくなってお台所の
流し場の前で就眠を始めたとか
そこで彼女はそんな処で寝て身体を冷やしては勤務に支障をきたす
と彼女の部屋を提供して自分が流し場の前で寝たんだとか

どうしてそんな事態になってしまったかしら
4部屋しかなかったらルールを決めて各自が一部屋ずつ自室に定めて後の
二部屋は共同の部屋に使えば来客があっても大丈夫なのに

息子さんは高校の教師です
人の心を大切にしないでよい教育ができますか
彼女は老人のための施設に入居を希望しているとか
でも その前に解決策はまだまだあると思えます
今年は彼女から年賀状が届かないで年賀状を失礼していますと電話が
掛ってきました
どうぞ佳い年にして下さいませ




ピンクの侘助漸く咲き始めました
今年は少し遅いのです でもこれから長く楽しめます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大将

2018年01月16日 10時46分59秒 | 日記
昔のことを時々思い出します
お客さんが来られる時のごあいさつで「大将 おられますか」と言って
来訪されていたものです
幼い私は“兵隊さんでなくても大将がいるのだ 偉いんだなあ
お父さんって」と思っていたのです
その後も出兵した父の安否を気遣って
「大将から便り届きますか?」などよく聞いていました
戦争が終わってもう久しくそんな呼称は耳には致しません
戦時色濃い時代の言葉だったのでしょうか
一家の一番強くて男らしく潔く賢い人の尊敬語だったのでしょう
当時は幼子にも何となく心地よく響くいい言葉だったと思います
もう現代では死語なのでしょう

もし「大将おられますか?」とお客人が来られたら
現代っ子は「お母さん お客さんが呼びよってよ!」と云うかも
一家の大将が父親であること
みんな解っているかしら




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

鬼の形相

2018年01月15日 11時15分22秒 | 日記
昨年の暮れのことです
障子を張り替えることしました
座敷の障子が外れにくくて主人が必死でやってくれまして
私その時云ったのです
「私が死んで一人になったら障子を一人でも張り替えますか?」
「一人ではやらんよ!業者に頼むよ
どうせワシが先に逝くよ」
冗談ではないですよ
私の方が絶対に早くに逝きますわよ
貴方は長生きの家系だから両親のようにずっと長生きしなくては

でも張り替えた障子を元のように入れることがまた難儀なことで
二人が四苦八苦です
そこで私は何時もの畳屋さんが建具も扱われることを想い出して
畳屋さんに障子を入れて頂くことを依頼しました

暫く経ってチャイムが鳴りました
玄関には鬼の形相の畳屋のご主人が立っておられます
そのご主人の仰せでは外した建具が入らないことはないそうです
両手で建具を持って片足でヒョイと蹴ちまくってあれよあれよと
いう間に全部終了です
なんら材料も器具も使ってないので手間賃も請求し難かったでしょう
気持だけさせていただきました
でも畳屋のご亭主にしてみればネコの手も借りたい年末の多忙の
貴重な時間だけに腹立たしかったのでしょう
お察しします

夕暮れどきに「今日は疲れただろう」と主人が宣うのです
こんなやさしい労いの言葉はもしかしたら始めて聞いたかも知れないと
ふと思いました

お陰様で新年は明るい障子でお客人をお迎えできました




冷たい庭で遅まきながらクリスマスローズの花芽が
膨らんでいます


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つめたくても

2018年01月13日 09時51分15秒 | 日記
比較的に温暖なこの地方だと思っていますがやはりこの時季は寒くなるのですね
庭の蹲には氷がはっていました
久しぶりに地面にシモバシラも ザクザクと踏んで歩きました

でもこんなに冷たい朝に背の君は忠実に朝の運動
グランドゴルフに出かけるのです
週一回は記録会といって成績発表もあるみたいです
成績は芳しくはないようですがそんなこと気にもしないで 懲りないで
そこがいいところかも
でも今朝は“貼るカイロ”持たせましたから少しは安心です
きっと大仕事をしたような表情で帰ってきますよ



冷たい朝 蹲も氷が張っています



久し振りにシモバシラも
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加