花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

佳き日に

2017年12月12日 08時33分58秒 | 趣味
昨日は詩吟教室にでかけました
私の今の題名は「奉母遊嵐山」(頼山陽)です
今日最初に吟じたとき師が言われたのです
“普通の歌い方ならこれでいいです これからは感情のこもった吟じ方”
を学ぶ段階ですと
私にとっては初めて聴かせて頂いた師の言葉であり次の段階が少しだけ
見えてきて新しい課題に取り組むことを嬉しくおもいました
そして師がまず模範を示された吟じ方は私にとっては却って発声し易く
感じられました

良かったです
次回の詩吟教室の日までゆっくり勉強しておきたいものと
おもえば人並みはずれた遅い出発であった私ですしその上声が出ない処から
の出発で師には随分とご苦労をおかけしました 感謝のおもいでいっぱいです
これからも初心を忘れず努力したいと思っています
昨日は佳き日でした




山茱萸の葉がハラハラと散ったあと可愛い花芽をみせています
やがて黄色い花を咲かせて春を告げてくれます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寂しく想うこと

2017年12月07日 09時32分46秒 | 趣味
昨日は冷たい朝でしたがお天気に恵まれていて一寸街にでかけました
気掛かりな要件を済ませて何時ものお茶屋さんに行き茶筅を求めました
できれば帛紗を贈りものにしたいと思って見せて頂きましたが
昔なら綺麗な花月帛紗が箱にいっぱい入っていて欲しいと思う帛紗を選ぶ
ことが可能でしたのに
最近では街の疲弊も甚だしく何時売れるか分からない商品は寝背がねでしょうか
出された箱の底にみるからに売れ残りですと言った感じの帛紗が少しだけ入って
いました
これでは心躍らせて求める気持も失います
干支帛紗ならば揃っているかしらとたずねましたが注文になっているそうです
注文ならば確実に売れますが注文ならば個人でも注文できますし
個人で注文すれば
わざわざ店まで受け取りに行かなくても家まで届きますもの
街の疲弊は人々の心をうんと寂しくするものです
せめて新しい茶筅で美味しいお茶をいただき心豊かになりたいと思ったものです







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しく思います

2017年11月28日 15時59分31秒 | 趣味
今週末にはこの町での友愛大学大学祭が開催されます
町の公報によると平素の活発な活動をいろいろ発表されるようですが
“詩吟やパソコンの作品発表そしてお茶席にも行きましょうよ”と
いつもお世話になっている方がお誘い下さいました
とても嬉しく楽しみにいたします
先ほど会場前を通ってみましたが関係者の方々で懸命に準備されていて
忙しそうな雰囲気で熱意が伝わって来るようです

炉に変わって前回は薄茶と濃茶で楽しんで行かれたお客人が今朝は
台天目のお点前をされました 
長年のお稽古の積み重ねは見ていてとてもいい気分になれます





この時期よく鹿の紋様の香合を出します
おくやまに紅葉ふみ分けなく鹿の 声聞く時ぞ秋はきにけり(古今集)
と時にくちずさむのです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内容によっては

2017年11月24日 09時12分04秒 | 趣味
日頃よく思うのですが朝ドラなど観ていて
今日は何時もより長く感じたと思うことがあります
そんな時は内容が沢山盛り込まれているように思えるのです
定まった時間内で物語の展開が多いとき素人目にはそう映るものと
思えます

平素同じようなことを身近な例で詩吟の分野でも感じています
たとえば同じ漢詩七言絶句でも上手な人が語るように吟じられると
景色が見え物語が描かれて同じ時間でも豊かな世界をつくられます
その点初歩の私はもう終わってしまったという感じになって仕舞います
きっと聞く人には何も伝わらないものと想像できます
何時の日か私にも吟じながら胸中に伝えるべき物語を描きつつ
十分に豊かな時間を感じられるように吟じたいものと
こんなこと 私だけが思うのかしら




山茶花 ことしも立冬の日から咲きはじめました


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

もう来年の

2017年11月14日 15時07分57秒 | 趣味
昨日の詩吟教室ではもう来年の吟題を決定してお稽古にはいりました
難しいとされている「静夜思」(李白)に取り組まれた方も
「半夜」(良寛)を稽古される方もあり初心者の私はいつもながら
うっとり聴き入ります
私はもう一度「奉母遊嵐山」(頼 山陽)に取り組みます
吟じながら思ったものです 昨年は稽古途中で出場したのだと思いましょうと
それが理解できるだけ少し上達してきたのかも
そう思うと希望がもてます
今年は納得出来るまでに取り組みたいものです

裏庭では何度も終わりを告げるのです
ミニトマトが赤くなりました



ハナトラノオ もう終わりでしょう

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加