花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

楽しみに

2017年03月31日 07時58分16秒 | はな
椿は日陰で大丈夫育つと聞いていますが
わが家ではどの椿も陽当たりのよい場所に植わっています
それで椿(玉の浦)が夏の暑さに負けたのか葉を茶色に染めてしまいました
今年は花が咲かないので心配していましたが
漸く咲き始めました



昨日は暖かな一日でした
お友達が花の苗を運んで下さいました 春の贈りものです
突抜忍冬 沈丁花 白雪芥子 ハナズオウ 小判草 千両などです 
大切に育てて精一杯の花が咲くと嬉しく思います







コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

至情にみちた吟

2017年03月29日 08時38分23秒 | 趣味
昨日は所属している詩吟の会で“親睦のつどいの開催に出席しました
総会の開催に続いて会詩を合吟して平素の練習成果を個々に発表しました
大先輩の素晴らしい吟詠にはこころを清められます
あの域に到達できる日が何時の日にかと希望に繋げたいものです

そうなんです 本会の吟則には
“気品と気迫、至情にみちた吟を尊ぶべし”
と定められています
改めてこの上もなく深い心で吟じることの意をこころに刻みたいものと思います
よい一日を過ごさせていただき感謝でございます



いわやつでがこんなに小さな芽に花を咲かせました
そばに大きく育っている芽があるのでやがて大きく咲くことでしょう
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夢を

2017年03月28日 15時50分22秒 | 日記
思い出すのですが
随分以前のことなのです
私と同年輩の男性が語ったのです もう半世紀以上にもなりましょうか
彼が小学校時代に「ゆめ」というテーマを出されて作文を書いたそうです
彼は「大きくなったら自家用車を持ちたい そしてその車で
遠い所まで行ってみたい」と 書いたと言いました
すると先生からこっぴどく叱られたのだそです
その先生の仰るには
「いくら夢と言っても凡そ実現できそうなことを書くものだ
自分の車なんか持てるか」
と言われたそうです

どうでしょう
たしかにその頃は自家用の車などもてる時代だはなくて
でも もうどう見たって車社会 多くの家庭で自家用の車を持っている
時代でではないですかねえ

教育者は難しいけど子供と一緒に夢を語り夢を共に育てる役割を果たせたら
いいと思います
その先生は今では申し訳ない過去があったと思われているかも知れないです



マキシラリアといいます もう咲き終わりのようです 可哀そうです
お世話しませんでしたのに小蘭科の花13も懸命に咲きました

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夢のような

2017年03月27日 08時30分10秒 | 日記
私 パソコンが不調になりました
知識はないし
画面が不愉快です
エクセルの表を作成してワードの文章にいれた途端の出来事なのです
私はパソコンを背負って
決めた パソコンを買ったデオデオ店に行くことにしよう
JRの田舎駅の待合室で電車を待っていると
丁度パソコンの先生がやってこられました
事情を聞かれて 先生は待合室の椅子の上で
まるで手品のように私のパソコンを開いて手直しされました
何だったのだろう? 私の悩みは?
電車が到着する前の いや! 5分も掛かっていないのです
春の朝の夢のような魔法の出来事です
ありがとうございました




海棠のつぼみがふくらんでいます
やがて優しい花をたくさん咲かせます
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

こんなことも

2017年03月26日 08時33分22秒 | 趣味
今では車社会でそんな光景はもう見られなくなりましたが
昔は琴を抱えて国鉄や市内電車或いはバスなどに乗っていたものですし
そんな光景もよく見ていました
私が琴を抱えて国鉄列車に乗って田舎駅を降りようとすると
見知らぬ男性がサッと私の前に立って琴を抱えて改札口まで
運んで下さったことがあります
きっとその方のご家族で何方かが琴を弾いておられたのでしょう
栄養の足りていないような若い女性をご支援くださったものと
今思い出しても有難く思うのです



雪柳の小さな花が精一杯咲いています
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加