大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

ガチョウの家族に目から鱗が・・武田神社!

2017-05-15 21:10:46 | Extra

 

よんどころない用事ができて、山梨県の甲府まで、
出掛けました。ついでに武田信玄公を祀る神社まで、
短い脚を伸ばし、思いがけない、ホンワカ現場に遭遇。
帰ろうと、車へ向かっていた時、予期もしない。
武田神社のマスコット。
ガチョウさんらを見てしまった。
その顛末です。


子供が4羽。見てしまったばかりに30分の足止めです。

 

 


垣根をくぐって参道から朝食の広場まで。が、1羽足りない。


これだもの、私も3男1女の末っ子、いつもこんな!
放っては置けない。気が気じゃない!


このまま行ったら、間違いなく迷子?
見ていてわかった。後ろが父親。




また、またこれだ!


いない、いない!
グズ太郎が居ない!


なんであんただけ!
見ていていじらしい!





ごはん、食べるの、食べないの、間違いなく言ってるな!

 
子供は言った、言った筈「私は食べる」

 

処が、これからガチョウの夫婦。参拝者に怒り狂った!
今日はここまでにしていただいて、
予告のシーン!

 

羽を広げたのは、ガチョウなりの理由がある。
ではまた!

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鏡は全部写さなくていいのに! | トップ | ガチョウの両親、子供のため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL