ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ザ・ウォーカー」

2010-06-30 20:21:46 | Weblog
                              「ザ・ウォーカー」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。
監督・アレン&アルバート・ヒューズ

その名の通り、「歩く」映画でしたな(^^♪。
歩くといっても「夜のピクニック」は一晩だけでしたが(笑)こちらは何と30年以上歩き続けている男“ウォーカー”(デンゼル・ワシントン)が主人公です。

戦争で全世界が滅亡し、僅か残った人々が散在するアメリカを、その“ウォーカー”は、1冊の「本」を持ち、ひたすら「西へ、西へ・・・」歩き続けるのであります・・。

ということは、その“ウォーカー”は元はすいぶん東に住んでいたんでしょうな(苦笑)。
まぁ、それはいいとして(^^♪、

本作でまず、いいな~と感じたのが、映像の色調なのですが、ストーリー全般を通して、「カラーなんだけども何となくセピア色がかった色調」なのですよ。
この、独特の色調が、「最終戦争で全世界が滅亡した後」という設定に「それっぽさ」を与えていると感じましたな。

“ウォーカー”とくもすけ(って今時言わないか、しかもアメリカだもんね(苦笑)たちとのバトルは、「これ絶対日本の時代劇の殺陣だよ!」って思わず叫びそうになっちゃいました!カッコよかったなぁ・・。「寄らば斬る!」の世界でした。

独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が仕切る街での銃撃戦は西部劇さながらでしたが、何と言ってもマーサおばあちゃん(フランシス・デ・ラ・トゥーア)とジョージおじいちゃん(マイケル・ガンボン)の家での顛末は思いもかけず笑わせていただきました(^^♪。

ソラーラ役のミラ・クニス、素敵な女優さんですね。サングラスが良く似合います。
盲目のクローディア役のジェニファー・ビールス、私にとっては久しぶりでした。

その“ウォーカー”の持っている1冊の本をめぐって争いが起きてゆき、ついにはその「聖書」はカーネギーの手に渡ってしまうのですが・・。

この作品は、キリスト教圏(というかキリスト教徒)の方たちが観ると、そうでない私などには解らない深い感動があるのでは・・と思いました。

そういった意味深長な面を持ち合わせているので、銃撃戦やサーベルでの殺陣はありますが、いわゆる「アクション大作」にはなっていないし、作り手の狙いもアクションにフォーカスを合わせている訳ではないと、私は思いました。
しかしデンゼル・ワシントンの殺陣はカッコよかったです(^^♪。



ひきばっち的満足度★★★☆



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「告白」 | トップ | 「ケンタとジュンとカヨちゃ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-07-01 00:13:06
そうですよね。私ら日本人は一般的に聖書と言われても別になんとも思わないですから。だからそれで世界を支配と言われても、よく言えば「ふーん」、悪く言うと「キリスト教徒って傲慢やのぉ」なんて思ってしまったのでした。(笑)デンゼルの殺陣は私もとても素晴らしかったと思います^^
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-07-01 12:14:48
そうなんですよね。
まあ、でも逆にアメリカの人に「禅ーZENー」を見せたら、どうなんでしょうかね(^^♪(リチャード・ギアのような敬謙な仏教徒もおりますが)。意外と「いっつ・べりー・おりえんたる!」とかって受けたりして(笑)。
デンゼルの殺陣は日本映画への「オマージュ」ってやつなんですかね~。勝新そのものでした(^^♪。
こんにちは~♪ (由香)
2010-07-01 16:36:56
お邪魔します♪

デンゼルはカッコ良かったですね!
少し前に観たサブウェイ123ではかなりお肉がついていましたが、今回は減量もしたようで、アクションがきまっていました~
映像も結構好みだったのですが、いかんせんお話にピンとこなくって、、、ちょっと白けたりもしました。
由香さん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-07-01 18:25:36
あのデンゼルの殺陣はカッコよかったっす!
あれを見ると期待しちゃいますよね(^^♪。
確かに、「大作」の雰囲気を漂わせるB級って感じでしたね(笑)
個人的にはもっとガンガンとアクションや銃撃戦で最後まで盛り上げて欲しかったです。
宗教色が出てくると、わからないですからね~、ニュアンスが・・。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2010-07-03 21:41:27
TBありがとうございました!
くもすけって・・・ふるっ(笑)確かに
くもすけなんですが(笑)
デンゼルとゲイリーが好きなので、それなりに楽しめました♪デンゼルの殺陣カッコよかったです(*^o^*)老夫婦のシーン、笑えました(^^;
予告編から思っていた内容とは違いましたが
嫌いじゃない作品でした(^_-)-☆
こんにちは☆ (non_0101)
2010-07-04 11:17:25
最初に絵と音に引き込まれた作品でした。
デンゼル・ワシントンかっこ良かったですね!
モノトーンっぽい荒野の雰囲気にぴったりでした☆
ひろちゃんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-07-04 18:09:22
>くもすけって・・・ふるっ(笑)
いまどき言いませんね(爆)!
「野党」って言うんですかね。
どうしても「大江戸捜査網」が好きだったもので(笑)

デンゼルの殺陣はホントにカッコよかったっす(^^♪!
あれで、野党を倒したあとに、おむすびを持って、「やな渡世だな・・」で完璧でした(何が完璧なんだ!!(笑)

ゲイリー・オールドマンは「レオン」「フィフス・エレメント」そして本作。
見事な悪役ぶりです!・・って、私がこの3作しか知らないだけで、他では良い役もやっているのかしら・・?

画面の色が独特の印象を残す作品でした・・。
non_0101さん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-07-04 18:35:38
独特の画面の色彩でしたね~。
「銀残し」って奴ともちょと違うような・・。
デンゼルの殺陣はカッコよかったっす(^^♪!
かなり前に、ルトガー・ハウアー(「ブレードランナー」でレプリカントのボスを演じた)主演で「ブラインド・フューリー」というハリウッド版“座頭市”が作られたのを記憶しております(未見ですが)。
是非、デンゼル主演で観てみたいと思いました。
聖書の重み (KGR)
2010-09-20 22:56:55
が、身に染みていれば、コーランを焼くなんて発想は出ないだろうにと思うのは早計でしょうか。

どなたかが同じ方向に30年も歩いていれば地球を何周もしちゃうと書いてましたが、その通りです。

設定がおかしいのか、大ぼら吹きなのか、それとも別の歩き方があるのか、気になります。
KGRさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2011-02-24 09:21:12
>設定がおかしいのか、大ぼら吹きなのか、それとも別の歩き方があるのか

そうですね~、この映画は今、思うと、ファンタジーなのでしょうね~。
なので、多少現実離れした設定も、「こんなんもありやで~!!」みたいな(笑)
「雰囲気に浸る映画」って感じがしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マッ...
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優デンゼル・ワシントンによる近未来サスペンス・アクション大作です。 出演はその他に、ミ...
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
「ザ・ウォーカー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか
2010-17『ザ・ウォーカー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-17『ザ・ウォーカー』(更新:2010/06/19) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 今週の映画で期待度ナンバーワンとか。 デンゼル・ワシントンが主役なのだか、現役フットボール選手の息子共...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI (銅版画制作の日々)
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。 20日(日)は、MOVXディ。1000円で鑑賞出来るということで行って来ました。観たのは、19日より公開されたこの作品です。アカデミー賞受賞俳優、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの共演ということで、...
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
文明が崩壊し、荒廃した世界で、一冊の本を運ぶ孤独な男の物語には、ラストに驚きが隠されている。すべてを失った近未来。イーライはこの世に一冊だけ残る本を運んでいる。彼自身、その旅の目的や到着地を知らないのだが、ひたすら西へと向かうことだけを手がかりに旅を続...
ザ・ウォーカー (迷宮映画館)
狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた...
ザ・ウォーカー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
デンゼル・ワシントンにゲイリー・オールドマン舞台は近未来・・・人類は一度滅亡しかけ生き残った人々一人の男がひたすら西に向かって旅を続ける。Gyaoで冒頭7分くらいの映像公開してまして・・・あ、たぶん寝るかもという懸念抱きつつ鑑賞してました。あぁ、やっぱり途...
ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
“何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですか...
ザ・ウォーカー (そーれりぽーと)
久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★ すばらしい! ゲイリー・オールドマンだけが燦然と輝いてる映画でした。 子供が成長しちゃったんでしょうか、一番のはまり役な悪役を演じなくなって久しかったのが、突...
★ザ・ウォーカー(2010)★ (CinemaCollection)
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12...
ザ・ウォーカー (ぷち てんてん)
なに見る~?とダンナに聞かれ「アイアンマン2」かなって答えたら、意外にも「ザ・ウォーカー」の方がいいんじゃない?って言うんで、こっちにしてみた。私は単純明快アメコミの世界...
ザ・ウォーカー (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクションです。 色を落とした映像の予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 シンプルなストーリーと共に映し出された荒野に、彼はどこまで行くのかなあと思いながら 黙々と歩く主人公の姿をじっと見つめてい...
ザ・ウォーカー★★★+劇場93本目:セピア... (kaoritalyたる所以)
デンゼル・ワシントン主演のウォーカー‥一冊の本を西へ運ぶってだけの話しです(笑)だけじゃないけど、まぁそんなお話で、ネタバレ書いちゃいます。観ようと思う人は読まないで。そ...
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ (はらやんの映画徒然草)
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
西へ旅する者~『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
映画「ザ・ウォーカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画館に比べ椅子の間が10cmほど広いだけで、そんなに違和感はない。...
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ というこ...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...