ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「食堂かたつむり」

2010-02-11 19:44:25 | Weblog
                                「食堂かたつむり」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。
監督・富永まい
原作・小川糸
脚本・高井浩子

失ったもの:恋、家財道具一式、声。

残ったもの:ぬか床・・・。

というキャッチ・コピーのこの作品。

ネタバレご注意です!!

街で恋人と一緒にレストランを開くのが夢だった倫子(柴咲コウ)は、ある日アパートへ帰ってみると・・家財道具一式が全部無くなって・・・当然彼もどこかへ消えて・・・残ったのは、ぬか床だけ・・(T_T)/~~。

そのショックで倫子は、声が出なくなってしまいます・・・。

倫子は田舎へ帰ってきます・・。
折り合いの悪い母親・ルリ子(余貴美子)が住む田舎へ・・。

こんな感じで物語りは始まりますな。

原作、脚本、監督が全て女性なのですね~。
作品も、多分、男の私には解らないような、女性ならではの微妙なニュアンスがあるのでしょうね(^^♪。

倫子は田舎で食堂を開くわけですが、この厨房に立つ柴咲コウの映像を見て、
「しあわせのかおり」という映画で中谷美紀が厨房に立つシーンを思い出しました。
両作とも、何か“スピリチュアル”で厳粛なシーンになっています・・。

倫子の作る料理は、それを食べた人たちを幸せにしてゆきますな・・。

この後、思わぬ展開が待っているのですが・・。

正直、この映画の作風は私は苦手なジャンルでした。
もうちょっと、現実感のある作品かなと思って期待したもので・・。

中学生の女の子(志田未来)が男の子と食事をするシーンとか、
田中哲司演ずる不遜な男がお茶漬けを食べるシーンとか、
好きなシーンはあったのですが・・。

といっても、あくまでも私が、ですから、他の方、特に女性がご覧になったら、
まったく違う感想になることでしょう・・・(^^♪。


ひきばっち的満足度★★★









『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゴールデンスランバー」 | トップ | 「インビクタス/負けざる者た... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですよね。 (KLY)
2010-02-11 21:02:06
このちょっと非現実的でポップな感じは、苦手な人は苦手かなって思いましたよ。私も最初は「え?こういう映画なの?」って思いましたから。幸いこの手が好きな私はすぐに馴染めましたけれど。
料理の説明が殆ど無かったんで、そこが惜しかったかなぁ。小さな奇跡を起こす料理に対する思い入れが今一つ感じにくかったです。
KLYさん こんにちは~♪ (ひきばっち)
2010-02-12 17:47:45
そうなんですよ。
こういう世界が好きな方には、とても素敵な
作品なのだろうと思います。

>料理の説明が殆ど無かったんで
そういえば、なかったですね(笑)
気がつくと、出来上がっておりました。

ルリ子が自分の病気を倫子に教えて、
シュウ(三浦友和)と披露宴をして、
その後が“スコーン”と抜けちゃってましたね。
もう少し、三人での暮らしのシーンが見てみたかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
食堂かたつむり (LOVE Cinemas 調布)
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演は『容疑者Xの献身』の柴咲コウ。共演に『ディア・ドクター』の余貴美子、ブラザートム、志田未来、佐藤二朗、三浦友和など人気俳優が目白押しだ。監督は富永まい。失恋のショックで声を失った主人公が実家に戻り食堂を開く。そ...
食堂かたつむり/柴咲コウ、余貴美子 (カノンな日々)
原作本を本屋で見かけたときはこのキャッチーなタイトルに惹かれて文庫化されたら買って読んでみようかなと思っていました。そしたらこうして映画化されちゃいましたので、それならばと公開されるのを楽しみにしてました。主演の柴咲コウさんはお料理が得意ということで劇...
映画「食堂かたつむり」@東宝第二試写室 (masalaの辛口映画館)
当日はyahoo!映画ユーザーレビュアー試写会と言う事で、上映終了後に富永まい監督を招いて観客とのティーチインが行われた。客席は満席、座れないお客さんは補助椅子で鑑賞していました。 「食堂かたつむり」オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD]【返品種....
「食堂かたつむり」みた。 (たいむのひとりごと)
夢のために貯めていたお金と一切合財を恋人だと思っていた男に持ち逃げされ、ショックから声を失った女性が田舎に戻って心機一転、”自然の恵み”とか”命”を少しずつ分けてもらうような「食堂かたつむり」をはじめ
食堂かたつむり (そーれりぽーと)
「すげぇよリンゴちゃんの料理は、食うとさ、変わるんだよ」 『かもめ食堂』を連想する台詞と、中島哲也監督を思わせるビジュアルの劇場予告編。 美味しそうな料理を期待して『食堂かたつむり』を観てきました。 ★★★★ アーティスティックな映像や音楽を使った奇抜な...
『食堂かたつむり』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:富永まい原作:小川糸脚本:高井浩子出演:柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。本「食堂かたつむり」の読後感想はこちら。<Story>失恋のショックで声を失っ...
食堂かたつむり (シネマDVD・映画情報館)
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだとい...
『食堂かたつむり』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「食堂かたつむり」□監督 富永まい □原作 小川 糸(「食堂かたつむり」ポプラ社) □脚本 高井浩子□キャスト 柴咲コウ、余 貴美子、田中哲司、ブラザー・トム、志田未来、江波杏子、満島ひかり、三浦友和■鑑賞日 2月7日...
食堂かたつむり (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
食に関する映画が流行しているが、これはちょっと風変わりなグルメもの。子供の頃から料理が大好きだった倫子は、レストランを開くのが夢。だが、恋人から資金を持ち逃げされ、ショックと失恋の痛手から声が出なくなってしまう。昔から折り合いの悪い母親の暮らす田舎に戻...
食堂かたつむり (いい加減社長の日記)
9時半だと思っていたら、9時上映開始で、おかげで朝めしを食えなかった^^; 作品としては、どうなのか、よくわからなかったんだけど、柴咲コウさんが大好きなので、「食堂かたつむり 」を鑑賞。 「...
「食堂かたつむり」母親の真実を知った先にみた愛情の注がれた幸せの料理 (オールマイティにコメンテート)
「食堂かたつむり」は小川糸原作の「食堂かたつむり」を映画化した作品で母子家庭に育った少女がその環境から独立してお店を持とうと働くが、お金も家財道具も恋も声も失い故郷に戻って食堂をオープンして色々な人たちを幸せにする料理を作り続けて母親と自らの出生の秘密...
食堂かたつむり (だらだら無気力ブログ)
小川糸原作の同名小説を『少林少女』の柴咲コウ主演で映画化したドラマ。 失恋で声が出なくなったヒロインが生まれ故郷に戻り、食堂を開き、そこで 出会う人々との触れ合いを通じていく様を描く。 共演に『ディア・ドクター』の余貴美子など。倫子は夢である自分の店を...
食堂かたつむり (悠雅的生活)
しあわせを呼ぶお料理を召し上がれ。
「食堂かたつむり」 (みんなシネマいいのに!)
 失恋を機に話せなくなり、故郷に戻って小さな食堂をはじめたヒロインが、そこで出会
食堂かたつむり (とりあえず、コメントです)
小川糸著の同名小説を映画化した作品です。 原作は文庫本の発売と同時に手に入れたのですけど、映画を観てから読もうと待ってました。 登場する料理が本当に美味しそうで、観終わった時にお腹がすく作品でした(^^ゞ
食堂かたつむり 【~⌒(・・)⌒~】を飼いたくなった(←食うためではない) (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=7 -4-】 これは試写会にて火曜に観た映画、原作(小川糸著)が妙な話題になっていたようだが自分は未読。  失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客...
「食堂かたつむり」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 海外はどうか存じないが、とかく日本の娯楽産業は、一つ何かが流行ると、猫も杓子もそれに右倣えしてしまう、悪しき習慣があるように思う。 10数年前も、散々伏線を張りまくった挙句「おめでとう」「ありがとう」で終わるという、世間をナメきった某アニメがあったが...
映画 食堂かたつむり (単館系)
ストーリー: 倫子(柴咲コウ)がアルバイト先の料理店から戻ると同棲(どうせい)中のインド人の恋人の姿はどこにもなく、 部屋は空っぽだ...
食堂かたつむり (C'est joli~ここちいい毎日を~)
食堂かたつむり’10:日本 ◆監督: 富永まい「ウール100%」◆出演: 柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、 江波杏子、三浦友和 ◆STORY◆おっぱい山の麓の小さな町で生まれた倫子は、自由奔放な母親に馴染めず、都会で一人暮らしをし...
「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 (はらやんの映画徒然草)
人間には五感があります。 これはすなわち、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚です。 こ
料理とは祈りそのもの~『食堂かたつむり』 (真紅のthinkingdays)
 原作の感想はこちら⇒『食堂かたつむり』  恋人に裏切られ、全財産と声を失った倫子(柴咲コウ)は、10年ぶりに故郷の 村へ帰る。母の...
食堂かたつむり レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 おっぱい山のある田舎に生まれ育った倫子(柴咲コウ)は、ルリコ(
食堂かたつむり (映画的・絵画的・音楽的)
 『食堂かたつむり』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。  予告編で見たときから面白そうだなと思い、見に行こうとしたところがなかなか時間がうまく合致せずに、映画館に行くのがこんなに遅れてしまいました。  この映画に対し前田有一氏は、4点という極端に低...
mini review 10485「食堂かたつむり」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだとい...