1/43カーモデル製作 ガレージt-98

模型が趣味で、特に1/43カーモデルを中心に製作しております。
~ 楽しく模型をつくりましょう ~

1/43 PROVENCE PANHARD JUNIOR 1955 組み立て2

2017年02月28日 | PANHARD JUNIOR 1955
フロントスクリーン上部に、天板を取り付けております。
糊代が線だけなので、接着剤が固まるまで、そのままでは傾いたり落下します。
そこで、補助をして良い角度で放置。

無事に接着されました。
強度が心配なので、さらに作業を進めたいですが、完全に硬化するまで更に放置します。
あまり進展しませんが、ぐっと堪えて明日以降に持ち越します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/43 PROVENCE PANHARD JUNIOR 1955 組み立て1

2017年02月27日 | PANHARD JUNIOR 1955
それでは、組み立てに入ります。
その前に、ボディーはもう一度、綺麗にしておきます。
手垢など拭き取っておきます。

最後に掃除すりゃ良いじゃないの!
ですが、細かい部品を取り付けてしまうと、掃除しにくくなるし、不用意に飛ばしてしまうリスクもあるので、都度掃除しながら組み立てます。

最初は、フロントグリルと窓枠です。
差し込むだけで難しくありませんね。

今日はここまで。
接着剤が固まるまで待ちます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/43 PROVENCE PANHARD JUNIOR 1955 組み立て準備

2017年02月26日 | PANHARD JUNIOR 1955
ボディーは、あれから何回か磨きました。
荒いコンパウンドはすでにお役御免なので、極細で磨きます。
艶を整える事や、細かい傷を消す事になります。

幸い深い傷はほぼ無し。
シャープな仕上がりになった様です。

そして、裏側をブラックアウト。
これだけで、車が引き締まります。

これで、組み立て準備が整いました。
難しい部分は無いので、数日あれば完成するでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/43 PROVENCE PANHARD JUNIOR 1955 ラプロス

2017年02月22日 | PANHARD JUNIOR 1955
研ぎ出しを行います。

何度もですが、簡易研ぎ出しではなく、ペーパーを当てて、磨き上げる従来の方法です。
ほとんどの方は、ペーパーをきっちり当てて、研ぎ出されるのですが、私はほとんどやりません。
理由は、先日の日記の通りです。

画像は、バフレックスまで。
ラプロスの画像は取り忘れましたが、擦りガラスの塗装に艶が戻ってくる感じです。
ピカピカにはさすがになりませんが、擦りガラスの傷がなくなっていく事に驚きました。
これならコンパウンドも楽だね。



そしてコンパウンドで磨いた結果です。
すぐにこの状態。
しかも、粗めのコンパウンドだけです。
まだ、細かいコンパウンドを使っていませんが、ここまで艶が戻ります。
傷も消えているようです。
便利な時代ですね。
バフレックスだけでも楽に思えていたのに、さらに楽になるなんて・・・

一度、洗浄します。
荒いコンパウンドを流します。
そして、1日置きます。
あまりに簡単な磨き上げだったので、冷静に時間を置きます。
見落としがあるかも知れませんからね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/43 PROVENCE PANHARD JUNIOR 1955 研ぎ出し準備2

2017年02月21日 | PANHARD JUNIOR 1955
まだ磨いておりませんが、よくある比較画像として、磨く前の様子です。
ボンネットに映る照明が、ぼやけています。

パネルラインに塗装の引っ張りも少ないですし、これでも良い方ですが、
さすがに、このままでは、メーカー完成品以上の品質になりにくいので最低簡易研ぎ出ししないと行けませんね。

昨日も書きましたが、鏡面で仕上げます。
磨き倒すということではなく、ペーパー傷が消えて艶が戻ったら良い程度にします。
淡色なので、そのあたりも濃い色より有利です。

明日くらいにペーパー当ててみましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加