43マイクロワールド

1/43スケールのカーモデルキットの製作を中心に、模型の話・レースの話・クルマの話・なぜかサッカーや映画の話題など。

いよいよ決勝戦

2018-07-15 | TOYOTA TOMS86C

ブログのタイトルはまあそういう流れなので・・・

特に書くことはありません。一応、僕言いましたよね、優勝はフランス

サッカーは何があるか分からないですけどね、今回ばかりは間違いないと思うんですけど
さて、どうなりますやら。

 


ノーズ下、どうやって開口したら良いんだろうと悩んでましたが、薄い膜が張っていただけでちゃんと開口してましたわ。
あとは奥のほうをどう表現するかですね。


フロントフェンダー上面のスリットは大穴を開けて金属板でフタをしました。
タイヤハウスまで貫通してタイヤが見える状態になるけどこれで良いんだろうね?


ドア後ろのスリットも


NACAダクトも

基本的には同じ方法で奥行き感のある穴になってます。
技術的には簡単な作業です


ここは薄いので裏を掘り込んで貫通させてます。


問題はここだなーリアフェンダー上面
レジンキットの場合、レジンの塊なのでいくら掘っても貫通する訳ではない


タイヤハウスの内側からこのあたり全部掘れば空間を作ることは出来るけど・・・
その空間内に内部構造を再現させなければ意味が無い
インタークーラーとか排気管とかチラ見えする筈ですからね

悩んだ結果、「無理」

そこまでやる意味もスキルも無さそう。あっさり諦めます。


せめて深く掘り込んでおきます。
そうすると、スプリッターのゴツさが目立つ。本来、スプリッターは薄い板の筈だけど三角木馬みたいになってるんだよね・・・

削り取って、薄い板を再現しようか? とも思ったけど、そうすると今度は内部の空間が目立ち過ぎて、内部構造作りたくなりそう。
堂々巡りだけど、諦めた以上目を瞑るしかありません。

時には諦めも大事です。

つづく

 

コメント

いよいよベスト8

2018-07-06 | TOYOTA TOMS86C

激闘を終えて日本代表チームは帰国しましたが、ワールドカップはいよいよ佳境
今夜から準々決勝ですね

私の優勝予想はフランス!

素人のヘボ予想なんて誰も興味ないですねゴメンナサイ

ところで今回の日本代表に対しては賛辞の嵐ですが、1勝1分け2敗という現実を見逃さないで欲しいです。
しかも1勝はほぼほぼの時間10人のコロンビアに対して。ポーランドに対しては完封負けしかも最後は試合放棄とも取られかねない残念な試合
ベルギーには2点リードしながら残り30分でひっくり返されて負け

グループリーグ突破にベルギーにも善戦と良い面ばかり言われますが、内容は褒められたもんじゃないですよ。
ハリル前監督のチーム作りに選手の反発があって軋轢が生じ協会は選手を優先する形で大会直前の監督交代、チームを熟成する時間も無いまま本番を迎えて気持ちだけで走り抜いたワールドカップだったように感じました。
あのコロンビア戦のレッドカードが無かったら・・・果たしてどんな結果になっていたか
終わってみれば全て良し、でなく、ベストの状態で送り出せなかった協会の責任も問われてしかるべきでしょうね。

などと、素人がヘボ批評w 痛いですね、ゴメンナサイ

 

 

ヘボモデラーのキット診断

古いプロバンス、ほぼ一体成型されちゃってますよ

フロントグリルと言いますか、カウルとフロントスポイラーの間は埋まってます。
どうしよう


フロントカウルのアウトレットも塞がってます
どうしよう


フロントウインドー横にも段差が ここもスリットだよね
どうしよう


給油口横にも
ここも開いてんのかな
どうしよう


インタークーラーだかラジエターのアウトレット
がっつり埋まってます
どうしよう


NACAダクト


カウル後端

もう全く、開口感の感じられないキットです
特に手を加えるつもりは無かったんですが、これじゃあんまり・・・

どうしよう

 

開口委員会に問い合わせ中です

 

 

 

 

 

コメント (2)

完成!フェラーリF138 スペインGP2013ウィナー F・アロンソ

2018-07-02 | Ferrari F138


(クリックで拡大)

ワールドカップもあっという間にグループリーグが終わってトーナメントに突入したワケですが、すでに脱落したドイツに続いてアルゼンチンもポルトガルもスペインも居なくなっちゃったね。

ズルい方法でトーナメントに進んだ日本ですが、果たして世界をあっと言わせることが出来るのでしょうか・・・
いろいろと言われるポーランド戦ですが、勝ち抜くためにズルい方法を使うのはサッカーでもほかのスポーツでも当たり前にみんなやることですから、気にしなくていいでしょう。
むしろ、そういう展開にしか出来なかった日本チームの情けなさですよね。メンバーを落としてきたとはいえ完全な負け試合。終盤のパス回しがなくても勝ち目は少なかったですもんね。

という訳で、相変わらずベルギーには勝てる気がしないんですけど
それでも何が起こるか分からないのがサッカーですからね、10回やって一回か二回しか勝てない相手だとしても、それが今回かも知れないです、期待して観ましょう。

 

さて年初から作っていたF138、ようやく完成しました。

何となく無視していたウインドーシールドですが、無くてもいいかなーなんて思っていたんですが、いよいよ完成となると手を抜きにくくなっちゃいますね

せっかく印刷済みシートも用意されてるので・・・
めんどくさいけど貼っておきましょう。


両端を少し曲げておかないとフィットしないので面倒なんですよね。
爪でクイクイ曲げてやって、ちょうど良い曲がり具合になったら透明エポキシで接着です。
めんどくさいと思っていても、やってみればどうと言うことは無い。


テールライトはデカールですが、透明カバーが付いているようなので薄いプラ板を貼っておきました。


左のミラーに小っちゃいアンテナを立てて、

全工程終了。完成ですわ。

W杯、スペイン敗退で意気消沈する全スペイン国民に捧ぐ

わけでは無いですが、アロンソが母国スペインで優勝したフェラーリF138

では、完成画像 (クリックで拡大します)


やたらでっかいフロント・ウイングと逆に小さ過ぎるリア・ウイングが何ともアンバランスな現代のF1ですが
やっぱりフェラーリは特別です。カッコイイです。


年々進行するサイドポンツーンの絞り込み。
体積が極限まで削り込まれているようです。


リア・ウイングが少し曲がっちゃったのが残念です。最後の詰めが甘かった。


塗装も雑、仕上げも雑、でも良いのです、作っていて楽しかったです。
完成すればこれも自分の大事なコレクションのひとつです。


フェラーリのF1マシンを作るのは2006年のシューマッハのマシン以来
それからいろいろありまして、いろんなマシンもありました
キャンディー・レッドのヤツとか、段付きノーズとかチ〇コノーズのとかも作ってみたいです

日本では人気低迷しているF1ですが、フェラーリは相変わらず頑張ってます。
アロンソもF1では苦戦してますがルマンで勝って頑張ってます。
頑張っている人たちを応援していきたいです。

 

さあ、今年も半分が終わり後半戦スタートです。
後半はもう少しサクサク作るぞーとか言っちゃって てへ

 

 

 

コメント (2)

いよいよポーランド戦

2018-06-28 | TOYOTA TOMS86C

前回のセネガル戦の私の悪い予感は見事に外れてくれたわけですが。

今夜のポーランド戦にも楽観的な見方をしている輩にいろいろケチを付けたいんですが

これ書いてる時点でもうキックオフのホイッスルを待つ状態ですので

何も言いますまい

素人の蘊蓄など糞の役にも立たないのは分かってますので

ただ、これだけ言いたい。 「勝て!」「3点取って勝て!!」

 

トムス86C、スタートであります。

トヨタ、ルマン制覇記念 というわけでもないんですけど
前から作りたかったキットなのです。

タイヤはカッチカチに硬化してました。これだけカッチカチだと削りやすくて良いや。
内径を削ってホイールがユルユルにはまるようにしておきました。
劣化していても無理なチカラが加わらなければ割れる心配もないでしょう。

ただ、画像では分かりにくいですがタイヤのハイトが・・・ちょっと扁平過ぎるのでどうしたもんかと。
ちょうど良いジャンクのタイヤがあったら替えようかな。

車高とかはこれでバッチリなんですけどね・・・。

 

つづく。

 

あ、F138の完成画像は後日公開しますね。クソ暑くて撮影作業出来てません

 

コメント (2)

いよいよセネガル戦

2018-06-24 | Ferrari F138

毎晩、W杯の熱戦が繰り広げられて嬉しい悲鳴であります。
どの試合も熱いですが、ブラジル対コスタリカ戦が特に面白かったなー
私が面白いと言うのは「レベルが高くて」とか「素晴らしいプレーが見れて」とかでなく、色々なことが起こって面白いという意味です。
むしろブラジルにしてみれば低調な試合内容だったのでしょうけど、お陰でコスタリカが粘って面白くなったんでしょうね。
低調とは言えブラジルの華麗なパス回しスピード感溢れる攻撃は堪能出来ましたし、それを受けて立つコスタリカもレベルの高い守備と大会屈指のGKナバスの活躍で守り切るかと思われましたが

後半ロスタイムにコウチーニョがGKの股を抜く強烈なシュートで先制、
最後にネイマールもゴールを決めて勝負あり!


ネイマールは後半に一度PKを貰いかけましたが、今大会話題になっているビデオ・アシスタント・レフェリーによりPKを取り消されるというイベントもありw
彼はイラついてボールを叩きつけたり、この大げさなシミュレーションもそうですが試合後に泣き崩れたり落ち着かなかったですねー

ところで色んなスポーツで導入が進むビデオ判定、今の時代だから映像やハイテクにより正確な判定が出来るならそうしたほうが良いのは分かるんですが、これってどうなんですかね。
私はレフェリーも含めてスポーツだと思っているので、基本的に人間による判定に賛成です。
誤審があったとしても、それもスポーツだと思うんですよね。

アマチュアスポーツや娯楽でやるスポーツに全て厳密な判定を求めるのはナンセンスだし、プロスポーツも世界大会もその延長線上にあるべきだと思うんです。

もちろん、必要に応じてビデオもハイテクも利用すれば良いですがあくまでアシスタントであるべきで、人間が不在の厳密な判定が理想だなんて考えに変わって行かないことを望みます。

先日の日本のプロ野球で、ファウルをホームランと判定された試合のやり直しを求める球団がありましたがナンセンスの極みだと思います。一度判定が下って成立した試合を誤審を理由にやり直してたら、どのスポーツも成立しなくなりますよ・・・。

 

さてさて

いよいよ今夜、我らが日本代表がアフリカの強豪セネガルと対戦ですね。
コロンビアに勝ったことで何となく楽観論が漂う現状が怖いです。
日本人なのに日本代表に対してネガティヴな発言すると叩かれそうですが・・・あえて試合前に書いときます。

「コロンビア戦、試合は勝ったけど内容はお粗末だったぞ。」

なぜマスコミがそのことを言わないのか不思議でならない。90分間、相手10人で戦ってあの内容ですよ?
もちろん1点を守り切るのも勝ち方だけど、ミスパスやミスシュートも多かったし・・・

セネガルはコロンビア以上に難敵だし、勝てる気がしません。

特にアフリカ勢ってやりにくい相手なんだよね。体は大きくて柔軟、スピードもあるしほぼ全員欧州でプレーしていて洗練されているし
おそらく、すばしっこくて運動量もある日本とやりにくいのは相手も同じだろうけど、噛み合わせが悪くなると一方的にやられちゃう恐れもあります。

監督は「基本的に第一戦と同じ布陣で。」などと呑気なこと言ってますけど奇策でも何でも弄して勝ちに行って欲しいです。引き分けでも良いなんて戦い方が通じる相手じゃないですよ・・・

以上、あえて厳しいことを書いときます。明日になったら素人がバカな意見書いてら~なんて笑われてると良いですねw

 

さてー、長くなりましたが模型の話も少しだけ書きます。

前々回の記事でプルロッドがインストに無いよータメオのバカーなんて大騒ぎ書いてましたが、よく見ろバカ


こんなに大きく描いてあるじゃん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!

無いと思い込むと目の前のものさえ見えなくなるんですねー怖いですねーホント自分バカ・・・・

でもなんで NO PAINT なんだろ?
明らかにカーボン製なのにね


と言うことで、自作しちゃったプルロッドはちゃんとカーボンデカール貼りましたよ。


こんな感じになりました。ケガの功名と言いますか・・・バカのせいでちょっとイイ感じに出来ましたw

 

完成が近づくと、苦手で後回しにしてた作業ばかりが残ってくる・・・

やりたくないのがミラーの掘り込みと、ピン打ち

ミラーは鏡面になる部分に湯口が付いててコレを削っちゃうと手で持つのが困難になるので
どうしようかと悩んだ結果、エポパテに埋め込んで固定


モーターツールで掘りますが、全体の形が分からなくなるのでどこまで掘って良いのか分かりづらい。


最終的にはエポパテから外して、セロテープで固定して整形。
始めからコレでも作業出来た? うーん、モーターツールは厳しいかな


埋め込む鏡面は洋白板を磨いておきます。
鏡面には程遠い磨き具合ですけど、キラキラしてれば良いや。

次にピン打ち。
あらかじめ穴は開けておいたけど、案の定クリアーで埋まってしまった。
穴自体は大きく見えるんだけど、クリアーが溜まっててピンが入って行きません。

仕方なく、再度ピンバイスでドリリング

塗膜が剥がれる。

悲しみ~

悲しんでても仕方ないのでタッチアップしてピンを刺していきます。


リアリティーのかけらも無し。オーバースケールも良いとこ。くどいだけだわ~

やめときゃ良かった・・・・・・・・・

ただ、前回はP4でピン打ちしたんだけど今回はメタルキットなのでピン穴はほぼ貫通しているのでピンの長さ調節はしなくても良いので楽でした。
裏側に弾性接着剤を塗っておき、ちょうど良い深さまで差し込んでおしまいです。あとは硬化を待つだけ。途中で浮き上がってきたりしますが、硬化まで時間があるので押し込み直せば良いだけです。


ノーズ部分は中空になっていなくて穴を貫通出来ないので、慎重にピンの長さを詰めて合わせます。短くし過ぎると入り込んでしまって抜き取るのさえ困難になるのはP4で経験済み。慎重を期しました。

あと、忘れていたDRS作動装置

キットはシルエットの形のエッチングパーツのみだったので、いくら何でもペラペラ過ぎるので
エッチングパーツにハンダを盛って、実車同様の円筒形にしようとしましたが・・・
ちょっと、難しい・・・

そこでプラ棒と金属板で自作。
接続部分は瞬着を盛ってなだらかにしてます。

コレも、洗練された出来とは言えませんが・・・
まあ頑張ってもこんなもんです。断面に穴を開けるのが大変でした。
実は、金属パイプでも試してみましたが、葉巻型に削り出すのが難しくてやめたんだけど、削るんじゃなくて瞬着とかパテを盛ってやれば良かったかもね。

まあいいや、色を塗って取り付けたらこんな感じです。

引っ張るとフラップが水平になる構造なんですかね?
引っ張るのは棒では無くケーブルのように見えるので、カーブを付けてます。フラップへの接続部分は良いジャンクパーツが無くて適当です。

と言うことで、珍しく集中して作業していたのでほぼ完成

あと空力パーツをポンツーンに付けるのと、ホイールにセンターナットを刺せば出来上がりです。

次回、完成画像を発表出来そうです。

やっぱり、次に作るキットが決まると作業進むねー

どんどん行きましょー!

 

 

 

コメント (4)