43マイクロワールド

1/43スケールのカーモデルキットの製作を中心に、模型の話・レースの話・クルマの話・なぜかサッカーや映画の話題など。

1/144 F4U-1A コルセア完成!

2022-02-14 | 1/144飛行機模型

唐突に完成。F4U-1Aコルセアです。

以前作ったAFVクラブの1/144キット、2機入りだったのでもう1機作らないと箱が処分出来んのよね

ということで昨年からちょこちょこ作ってました。

コルセアは前にレベルのキットも作りましたが超昔の金型だったのでAFVクラブから発売された新しいキットには期待したんですが、前回1機作ってみて、モールドや精度は今日的で良いのですが作る楽しみの部分ではダメなキットだなあと実感してました。

前回作ったのもその前のレベルのもグロスブルー1色の簡単な塗装を選んだので、今回は練習も兼ねてトライカラー迷彩にしてみました。
ひっつき虫によるマスキング、以前テストした時は上手く出来なかったんですが使い方を工夫して再チャレンジ

上の画像、白とミディアムブルーの境界線はマスキングテープを波型に切ったのを使い、ミディアムブルーと濃いブルーの境界がひっつき虫によるものです。
ボケ味はひっつき虫のが出しやすい。もちろんマステでも端を浮かせるなど工夫すれば出来るんですけどね、割と面倒くさい。

ちょっとボケ具合に差があり過ぎるので、白の境界も後でやり直してます。筆や再マスキングして吹き付けなど手間掛けましたがキレイには出来なかった。やっぱり手順間違うとダメですねー

今回は、レベルのキットに付いていたデカールが余っていたのでその個体にしました。

下の画像の機体らしい。

タミヤも、1/48のキットでその機体を選んでます。
箱絵もこの写真から描き起こしてますね。

レベルのキットとは考証に違いがあります。
スピナーはタミヤは赤としてますが、レベルはシルバーを指定してあります。
実機の白黒画像を見ても、シルバーというよりは赤のような気がする。

主脚カバーの機番も実写画像やタミヤの指定でも無しですが、レベルはアリになってました。
今回は基本レベルの解釈に従います。

そう言えば、爆撃スコアの色もタミヤは黄色ですがレベルは白です。

主翼のステップ位置を示す黒帯もレベルのインストでは翼の付け根になってます。

戦後の機体には、確かに付け根に黒帯が塗ってある機体も多いのですが大戦中は逆ガルウイングの折れ目、主脚の上あたりにあるのが多いです。
でも、レベルのインストに従います。実際はどうなのか検証できませんが、コクピットに乗り込むのに翼の付け根を踏まなくてはいけないので間違いではないかも知れませんが、多分間違いでしょう。

コクピット前方と後方のアンテナ線支柱も、レベルのインストには書いてないので無視。
ただレベルの箱絵には後方のアンテナ線支柱は描いてあるので、あとで後方だけでも付けようかな。

前方のアンテナ線支柱も、大戦中はほとんどの機体にあるのでこの機体にもあっただろうとは思います。写真では確認しづらいですけどね。

キットはフラップが別パーツになっているので、今回はフラップ下げの状態にしてみました。着陸状態では下げてるほうが多いでしょうし。

爆装は中央に1000lb爆弾1個。実機画像に写っているものより大きいかも知れない。タミヤの箱絵でも写真より大きくなってますね。

コルセアは戦闘機でありながら爆撃任務が多かったようですね。ドッグファイトに向かなかったのか、日本機のパイロットからは適当に撃っても当たるなんて言われてたりしたらしいです。大きな機体ですもんねー。

この、AFVクラブのキットのダメなところはまず主脚。
車輪と脚柱が一体成型・・・せっかくの特徴的なトラス構造も塊になっちゃってるのも残念だし、主柱部分細すぎて折れそう・・・

というか、折れました・・・・。

幸い、まだ繋がっていたので曲げ直して瞬着で固めましたが・・・またいつ折れるか分かりません。タイヤとホイールの塗り分けラインのモールドが無いのも困りますね。

主脚以上に、尾輪と着艦フックの一体成型のひどさがもう開いた口が塞がらない状態なんですが、ここらへんは前回作った時にも書いたかな。
今回も大幅に作り直して付けてます。

あと、AFVクラブのデカールは使い物になりません。色ズレしてるし白は透けるし青の色も変です。あと、塗装指示も間違いだらけ。

なんだかんだ文句しか出てきませんが、通算3機めとなるコルセア完成です。そろい踏み~

(この写真撮るために並べてたら前回作ったAFVクラブの完成品あちこち折れて壊れました・・・頑丈に作らなかった自分が悪いんすが、今までにないことだよ・・・)

コルセア好きですが、このAFVクラブのキットはもう作りたくありません。レベルのキットは古過ぎるし、別のメーカーから1/144のキット発売されるの待つばかりです。

(AFVクラブ 1/144 ヴォートF4U-1Aコルセア 米海兵隊第111戦闘飛行隊 ギルバート諸島マキン島 1944年3月 )

 

 

映画「モンタナの目撃者」

昨年観た映画まだ書き忘れてるのありましたわw

秋頃に観たのかな、もう配信やレンタルでも観れますね。

あらすじ
過去の体験からトラウマを抱える森林消防隊員ハンナ(アンジェリーナ・ジョリー)は、ある日異様な様子の少年コナー(フィン・リトル)と出会う。
彼は父親が殺害される現場に遭遇したため暗殺者たちから追われており、父が命懸けで守り抜いた秘密を知る唯一の生存者だった。
ハンナは彼を守ることを決意するも、コナーの命を狙う暗殺者たちの追跡に加えて、大規模な山火事が発生し二人は逃げ場を失う。

アンジー久々のアクション映画です。
悪人から少年を守って逃げて最後はやっつけるというお決まりのストーリーですが、そこはハリウッド映画。見どころは押さえていて面白かったです。

アンジー演じる主人公はパラ降下して森林火災を消火するスモークジャンパーと呼ばれる消防隊員なんですがこういう職業があるのは知りませんでした。アメリカでは戦前から存在する消火方法らしいです。

映画ではパラ降下する場面はありませんが、タフな女性を演じていてカッコイイです。

少年の命を狙う暗殺者ども、冷酷無比な二人組なんですがその割にドジばっかりで笑える。
いや、全然シリアスなアクションスリラー映画なんですけどね。

B級作品かも知れませんが、サクッと楽しめる娯楽作品でしたね。

さて次回は2021年に観た映画の総括したいと思います。てか今頃かよって感じですな。映画賞の季節ですがあくまで私見なので、読み飛ばしてくださいませ。

 

 

 

コメント

ブロンズタイガー完成!

2022-01-24 | 1/144飛行機模型

今年初めての記事になりますね。喪中なので年賀のご挨拶は控えてましたがそのままずるずると放置になっちゃいました。

年末年始は年越しお年賀モデリングに参加して模型作ってました。どうにか15日の締め切りに間に合って、二週間で模型なんて完成させられるよとちょっと自信付けましたw

レベル1/144 ユーロファイター・タイフーン

いわゆる「タイガーミート機」です。
タイガーミートとは、NATO軍のなかで虎や虎柄をシンボルマークとする航空部隊が年に一度一堂に会して行う演習であり広報イベントとしても人気があります。

イベントには特別塗装機も参加することも多く、このユーロファイターも2014年の記念塗装機でベストペイント賞に選ばれたようです。

「ブロンズタイガー」は独特の色から付けられた愛称でしょうか?
ドロップタンクに書かれていたロゴは「バーバリアン・タイガース」、部隊名ですかね?詳しい情報は知りません。

レースカーでもカラフルな塗装を施した車体やいわゆるアートカーのように全体にアートペイントを施したクルマは大好きでよく作りますが、飛行機でも記念塗装機って一度作ってみたかった。
今回、寅年にちなんだアイテムということで良い機会だと思って作ってみました。
どうも自分は飛行機でもノーズアート機とか、絵柄で楽しむほうみたいで生粋の飛行機好きとは違うのかも知れません・・・。

レベルの新しめのキットらしく組み立ては問題無し、キャノピーも二分割で難しそうでしたがすんなりフィット、今回製作の肝は塗装とデカール貼りなので組み立てで楽出来たのは助かりました。

全体塗装は最初クレオスのC-10カッパー(銅色)で行けると思っていた(手持ちの古いのが近い色だった)のですが、なぜか真っ黒に変質?変色していたので新しいのを買ったら色が変わっていて銀に近い銅色になっていたので、仕方なく調色しました。

銀にクリアレッドやクリアイエローを混ぜて赤みの強い金色を作って吹き付け、さらに赤み調整でクリアオレンジでコートしてツヤ出ししてデカールを貼りやすくしました。

100枚以上あるデカール、ほぼ全面をデカールで覆い尽くすことになります。なかなかうまく繋がらなくて苦労しましたが、多少ズレてもアバウトな模様なので気にせずどんどん貼り進めました。
細かい繋ぎ目もデカールがありましたが、最後は筆塗りで終わらせました。

イベントではデカール貼り終えて部品ひと通り付けて完成としましたが、その後パイロンとドロップタンクを取り付け、クリアーコートもしました。大判デカールで気泡が入ってブツブツになり直せなかったんですがクリアーコート後に軽く研ぎ出ししたらほぼ目立たなく出来ました。

落ち着いて資料画像と比べてみると、ドロップタンクの縞模様とか全然違うな・・・

まあもう気にしない。

飛行機模型は気楽で楽しいです。

 

 

昨年映画館で観た映画、昨年のうちに全部ブログに書いたつもりだったんですがまだあった・・・

もうレンタルもされてるやつです。

「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」

エド夫妻が活躍する死霊館シリーズ、もう何作目になるのか分からないけど毎回面白いです。

今回はある少年の悪魔祓いをしたのちに身近で殺人事件が起こり、悪魔が乗り移ったせいだと主張するわけです。

今回は裁判劇になるのかなと期待しましたが、裁判の場面は多くなく悪魔を取り憑かせた張本人を追い詰め退治していく、まあお馴染みの展開です。

一応今回も実話をベースにしているらしいですが、ちゃんとエンターティメントにまとまっているところが人気の秘密かな。

 

もう一本、昨年末に観た映画

「恋する寄生虫」

超潔癖症の男と、寄生虫に支配されていて普通に生きられないと思い込んでいる少女との恋。

少女の父親が医者で実際に謎の寄生虫が脳だかどこかに寄生しているとして研究しているみたいな設定で、SFチックだけどファンタジー寄りで不条理劇っぽいやつ。

小松奈々さん、人気女優なのに出演する作品はマイナーなのが多いね。

最後はロマンチックな感じで終わるんだけど正直良く分からなかった映画です。

小松さん、最後のJK役かもね。菅田くんと結婚おめでとうございます。

 

 

コメント (2)

マックスプロ完成!

2021-12-29 | 1/72AFV

毎年、暮れになると今年いくつ完成させれたかなって考えますが振り返ってみますとカーモデルは156/85B一個のみ!ドイヒー

飛行機のほうもマスタングF6C一個だけ、AFVがお年始モデリングで完成させたビゾン

それとこのマックスプロが滑り込みで完成報告です・・・

年間四個って何やってたんだろ自分・・・て思いますよね、作ってた記憶はあるんだけどな・・・

割と手を付けて食い散らかしてるキットもあります、ほぼ出来上がってるけど完成報告に至らないのもあります、でもフィニッシュさせなきゃダメですよねえ、来年はたくさん完成させたいです。

マックスプロはナビスター社製の兵員輸送車です。中東で地雷や仕掛け爆弾などによるゲリラ攻撃に悩まされたアメリカ軍が防御力向上を目指して開発した「MRAP」(Mine Resistant Ambush Protected、エムラップ、耐地雷・伏撃防護車両)のひとつです。

特徴として車体底をV型にして地雷の爆風に耐える形状にしてありその他装甲も強化されてます。このキットはエンジンこそオミットされているもののほぼフルディティールなので、作っていて構造など理解出来て面白かったです。

同じT-モデル製キットのハンヴィーと並べてみる。

ハンヴィーもなかなかデカいクルマですけど、マックスプロは遥かにデカいです。
湾岸戦争から使い続けられてきたハンヴィーがゲリラ攻撃に弱かったこともありその役割をマックスプロに移行させているようです。

エイブラハム戦車と並べても見劣りしない大きさ。車高がやたらと高いので砲撃戦に巻き込まれたらヤバいでしょうねー

完成とは言いながら、本当はAFVは全てジオラマとかフィギュア配置などで仕上げたいんですけどね、なかなかそこまで踏み込めずにいます。

現在はマスキングゾルで台座に固定してあるだけ。せめて地面を作ってあげたいねえ。

(ギャラクシー・ホビー/T-モデル 1/72 M1124マックスプロ 中東戦線2007~2020年?)

 

前回の記事でも書きましたが、年末年始は「年越し・お年始モデリング」今年もやります。

来年は寅年ということで虎にちなんだアイテム、何作ろうかなと悩んでましたがコレに決めました。

ドイツレベル1/144 ユーロファイター・タイフーン「ブロンズタイガー」です。

ドイツ空軍の記念塗装機、いわゆる「タイガーミート機」です。ほぼデカール貼りの製作になりそうですが・・・

生暖かく見守っていただければと思います。出来るだけ随時掲示板のほうにアップしていく予定です。

 

 

ちょっと前になりますが、「ルパン三世・カリオストロの城」(4Kリマスター版)観に行ってきました。

私はルパン三世の熱心なファンでもジブリ映画ファンでも無いのですが、生涯ベストテン映画を選ぶとしたらこの映画は確定なんですよ。

ほかには「エイリアン」と「ニューシネマ・パラダイス」が暫定ながら決定ですが、ほかはまだ決めていない。死ぬまでにベストテン決めなきゃね。

ところが、そんなベスト作品なのにまだ映画館で観たことがなかったのです。ですからもう何度もテレビ放映で観た(セルビデオは買わない主義)作品ですが、このたびめでたく劇場鑑賞出来まして積年の思いが晴れました。

十代の頃、上のイメージカット見てカッコいいなあーなんて思いながら映画館に行かなかったこと、ずっと悔やんでいたのです。(ちなみに上のカットの場面は映画の中にはありません)

作品については今さら説明の必要はありませんよね、誰でも知ってると思います。

宮崎駿に関しては、この作品とルパン三世テレビシリーズの担当回、コナン、ナウシカ、ラピュタまでは大好きでもう盲目的に評価しちゃうんですが、その反動か以後の作品に関しては割と冷めた見方しか出来ないんです。
三つ子の魂と言いますか、やはり若い頃に刷り込まれた感動というのは一生譲れないんですかね。

アニメ作品なので4Kリマスターで大スクリーンで観たところで何か新しい発見があるとか見えなかったディテールが見えるとか無かったんですが、改めて思うところ、

この映画って様々なカットで往年の名作映画のオマージュが感じられますよねえ、

パクリとか言うんじゃなく、同じ構図とかでも無いんですけど、どこか既視感のある映像の数々、そんなのどんな映画でもあるよと思いますけど、この作品はその盛り込み方が天才的と言いますかセンスの良さが半端無いです。

あと、直前の仕事であった「未来少年コナン」との親和性がすごい。ほとんどのキャラクターが同じ役者で総出演している感じです。コナンと見比べるのも楽しい映画です。

当時はまだアニメ映画が子供向けであった時代に、アニメが映画でありアートになりえる方向性を見せつけてくれた作品でした。その輝きは今も色褪せません。

コメント

カーボンデカール / F187

2021-12-27 | Ferrari F187

気が付けばクリスマスも過ぎて年の瀬、光陰矢の如しとはジジイになってマジで実感する。

世間では12月も色々ありましたね、F1でホンダが30年ぶりのチャンピオンになったり有名二世の歌姫が急逝したり凶悪な放火殺人事件があったり・・・

言いたいことは山ほどありますが大して気が利いたことも書けないので

要するに、命は儚く人生は短い夢の如くと言うことですわ。毎日を楽しく生きましょうね。


のほほんと生きてるので模型もさっぱり進まない。何もしていない訳ではないですが、のんびり進行です。

黒く塗ったフロアパネルやウイングにカーボンデカール貼ってます。

当初はカーボンデカール貼る予定ではなかったのですが、タメオのリニューアル版キットのデカールを入手したところひと通り黒い部分を覆うカーボンデカールが用意されていたので・・・

とは言っても、旧版キットをさらに自己解釈で弄りまくっている自分の製作品に新版キット用のデカールが合う訳ない。と言うか全然合わない。

ここへ来てリアウイングの翼端板は実物と全然形状が違うことに気が付く。実際は前後幅がずっと狭いのだわ。
ここはもうやり直せないので、旧タメオ→ゼツモと受け継がれた形を尊重。寸足らずなデカールは諦めてモデラーズのカーボンデカールを切り出して貼り、スポンサーロゴだけ切り抜いて上から貼りました。

黒の塗装は艶消し黒にしたんだけどデカールを貼ろうとすると滑らない・気泡は入るで失敗だった。艶ありで塗って仕上げにフラットクリアーで艶を整えるべきだった。
軟化剤で溶かしつつ密着させると大きい気泡は抜けるんだけどかなり表面が荒れるね。

カーボンデカール貼りも久々なのですっかり下手くそになってました。結局、リアウイングの翼端板内側は形状が合わせられないので諦めました。中途半端になっちゃったな・・・・やっぱりカーボンデカール使わなきゃ良かったなと後悔しますが、使わなきゃ使わなかったでやっぱり後悔してんだろうなと受け入れましょう。

まだこんな状態なので年内完成は無理だな・・・。今年もダメダメなままで終わりそうです。

年末年始恒例の「年越しモデリング」イベントには今年も参加の予定です。
進行状況は掲示板にてご覧いただけるので、良かったら覗きに来てくださいませ。

(タメオ 1/43 フェラーリF187 日本GP 1987)

 

ずぼらしているブログですが映画館で鑑賞しました映画は全て書き留めておこうと思ってましたが、振り返ってみるといくつか書き忘れていた映画がありましたので、今のうちに紹介しときます。

6月公開の映画でした、

「Arc / アーク」

お気に入り女優さんのひとり、芳根京子主演なので観に行きました。

なんとも評価の難しい映画なんで紹介しそびれていました。

荒んだ生活をしていた15歳のリナ(芳根京子)は科学者であり社長のエマ(寺島しのぶ)に拾われ、遺体を生前の状態のまま保存する技術・「プラスティネーション」を行う会社で働き、やがてカリスマ的なプラスティネーションアーチストに成長。

エマの死後、会社を受け継ぎエマの弟・天音(岡田将生)と結婚。やがて天音は不老不死の技術を開発し、人々は30歳より年を取らずに永遠に生き続けることが出来るようになる。

50年が経ち若いままのリナは、小さな島で老人福祉施設みたいなのを経営。不老不死を選ばない・選べなかった人たちを見守る仕事に就く。

その島で漁師をしている老人と出会うが、それは若い頃に捨てた自分の息子だったー

 

と、まあ。あらすじを書いていても訳が分からなくなる奇想天外なストーリーなんですが、SFというよりファンタジーであり不条理劇の味わいもあります。

前半は近未来のような世界観なのに50年経った世界はむしろ昭和のような日本の原風景で映像もモノクロになってます。
面白い話ではありました。退屈しないしテーマも理解できる。しかし、何とも不思議な世界観に戸惑う部分もあり。自分の中でも評価が定まらない作品でした。

もうレンタルでも観れるので、興味あるかたは是非。

 

「MINAMATA -ミナマタ- 」

ジョニー・デップが写真家ユージン・スミスを演じています。

ユージン・スミスと言えば写真愛好家なら誰でも知っている巨匠です。
自分もモノクロ写真をやっていた頃は彼の作風が理想でもありました。

コントラストの強いモノクロ・プリントが特徴です。

一度生作品を見たことがありますが、写真のメッセージとともに引き締まった黒と浮かび上がる光は強烈なインパクトがあり、丁寧な暗室作業によって創り出された映像に憧れたものです。

アーチストとしてユージン・スミスを捉えていましたが、実は戦場カメラマンとして大戦や朝鮮・ベトナムと撮影を続けた写真家でもありました。

戦場での負傷や精神的ダメージで廃人化しつつあった頃、のちに妻となる日系女性アイリーンの導きで水俣の公害問題の取材に赴きます。

取材を権力によって妨害されたり、デモの混乱に巻き込まれて負傷したりしますが不屈の精神で取材を続けます。

公害の被害者もやがて彼に心を許し撮影されることを受け入れる。

被害者の現状を生々しく写した美しくも悲しい写真の数々が、やがて世界に水俣の問題を知らしめていくことになる。

自分は水俣問題の頃はまだ子供で大きな問題であることは知っていましたが事件の詳細は知りませんでした。
この映画も事件そのものを丹念に描いたものではありませんし、そもそも日本で撮影したわけではないせいもありどこかリアリティに欠ける昔の話みたいになってますが、ユージン・スミスの当時の活躍や苦悩を垣間見ることが出来て良かったです。

今まで何となく雲の上の存在のようだったユージンの本質が知れたような気持ちです。
映画としては面白い楽しいとかではないですが、観て良かった映画でした。

コメント (2)

フロア・エンド / F187

2021-12-04 | Ferrari F187

フランク・ウィリアムズが亡くなりましたね。

彼の人となりは知りませんが、何となく味のあるチーム・オーナーであり指揮官でしたね。

ウィリアムズはF1チームとしてはフェラーリに次ぐ王座獲得数を誇る名門チームなんですが、私としてはそれほど好きなチームだったわけではありません。
でもウィリアムズ・ホンダ時代はそりゃあ注目して応援してました、当時はTV放送も無かったので遠くから念を送ってましたw
レース結果を知るのは翌週発売の雑誌「AUTO SPORTS」か「カーグラフィックTV」の放送だったんですよ。優勝してやっと翌日のニュースや新聞に出るくらいでした、そんな時代w

ウィリアムズで作ったことあるキットはこれだけだなあ、FW19

ウィリアムズが本当に強かった頃、デビュー2年目のJ・ヴィルニューヴがチャンピオン、コンストラクターズも獲ってダブルタイトルに輝いたマシン。エイドリアン・ニューイの落とし子でもあります。
ベネトンからフェラーリに移籍したM・シューマッハを応援していた自分には憎らしいほど強くて洗練されたマシンに思えました。

まだ43を作り始めたばかりの頃作ったんですけど、今考えるとなぜ好きでもないこのマシンのキットを作ったのか分からないんだけど、やっぱり強いことでカッコよく思えたんだろうな。
製作には何の思い出もありません・・・・多分その時はそれなりに苦労もしたんだろうけどな、タメオなのでそうでも無かったかも。
この頃のタメオは作りやすかった気がします。

ほかにはウィリアムズを作ったことも無いし、いくつか持ってたキットも手離しちゃってました。今でもウィリアムズ・ホンダ、FW09かFW10なら作りたいと思ってます。

思えば、ウィリアムズがホンダと組んだことでプライベート・チームの時代の終焉を迎えたのかも知れませんね・・・・偉大なプライベーターであり、最後のプライベーターの雄だったんですね、フランク・ウィリアムズ・・・冥福を祈ります。


さてとー、F187

リア・ウイング翼端板が細いステーでフロア・エンドと接続されるんだけど組んでみたら位置が合わないので、フロア・エンドを延長。

すでに薄々攻撃をした後に真ちゅう板の細切りをハンダ付け、溶けやすくて大変だったよ・・・

資料画像など見てたら下面にディフューザーと言うんでしょうか、スプリッターかな、整流版が付いているようなので、これも真ちゅう板で追加。サイドにもステップ状のパーツが付くようです。

こんな部分、ほとんど見えないので無視でも良いんですけどね、前回作った156/85Bに比べて空力的に洗練された部分でもあるので模型でも表現してみたかったんです。

後から後から作業を思い付くので、なかなか進まないねーw

サフ塗ってから、そういえば台座に固定用のナットを仕込んでないことに気付く。いつもいつも、ギリになって思い出す。なんなんだろう、ナット忘却病w

ハンダ付けでナットを固定。無理が掛かっても取れないように全周ハンダで囲っておきます。

上手にハンダ留め出来る人ならここまで頑固に固めなくても多分大丈夫。私ゃヘタクソなので・・・。

そろそろ、黒も塗れるかな?コクピットのディテール手付かずだな・・・。

(タメオ 1/43 フェラーリF187 日本GP 1987)

 

映画
「カオス・ウォーキング」

SF映画です。
遠い未来、人類は地球を離れ多くの惑星に植民していました。

植民されたまま、放置されたある惑星。ここではなぜか男だけ、考えてることが言葉になって相手に聞こえてしまうという???

なんかね、考えるとモワッとした煙みたいなのが出てきて口で話さなくても考えが相手に聞こえるのよ。モワッとした煙は舞い上がって遠くからでも見えるので、男がいると遠くからでも分かるし。

ある日、地球からの宇宙船がこの星に墜落。唯一の生き残りの女の子を少年が発見、少年の村にはなぜか女性が一人もいないので、少年何だか舞い上がっちゃって。
地球人の干渉を恐れる村人が女の子を監禁しようとしたのを少年が助け出してランナウェイ。

なぜ村には女性がひとりもいないのか?徐々に謎が解き明かされながら、少年も村人の支配から解放されていくー。
というようなお話です。

SF仕立てではあるけれど、設定はゆるゆるでどちらかと言えばファンタジー寄り。
惑星の文明が西部劇時代のレベルだったり、モワッとした煙みたいなのをコントロールして幻覚を作り出せたり、そもそもなぜこの星は放棄されているのか・・・
ハードSFを期待するとズッコケます。舞台装置の割にストーリーは村の内輪揉めレベルだし。

これが壮大な冒険譚の序章なら分かるんですけどね、そういう片鱗は全くありません。

まあ、女の子が可愛かったので救われました。ではでは。

 

コメント