会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1316

2017-01-25 22:34:35 | Weblog
会津八一に関するブログ 231

南京余唱第2首(八一) 2011・12・22(木)

 吉野塔尾御陵にて     解説  

  すめろぎ の こころ かなし も ここ にして 
        みはるかす べき のべ も あら なく に
  
 (すめろぎの心かなしもここにして見晴るかすべき野辺もあらなくに)


 塔尾御陵(とうのおのみささぎ)前で詠んだ。後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての第96代天皇で、南朝の初代天皇。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1315 | トップ | 会津八一 1317 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。