SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


windows10

2016年05月25日 13時18分59秒 | その他
先週から、別工場の別の課へ異動になりました。

現時点で7日ほど働きましたが、慣れてないのもあるけど、キツイね><

勤務地遠くなって、駐車場も遠くなって、仕事もキツくなった。

おまけに、最初の3日間は、駐車場の両隣の車の間隔が狭く、普通車の中では小型な部類のパッソでも、駐車ができない悲劇(笑)。

これだから、線もロープも引いていない、砂利の駐車場は嫌なんだよな。


今日の朝、夜勤明けにPCを起動させると、強制的にwindows10にアップグレードされた。

特性を全く調べてないので、違和感ばかりで、慣れるのに時間がかかりそうだな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広大にて

2016年05月15日 21時58分51秒 | 棋譜
今日は、東広島市にある広大に行きました。

大学4年のときに、先輩の論文発表を見に行って以来なので、8年ぶりくらいでしょうか。





当然、学業ではなく、囲碁のほうでお邪魔しました。

僕は、典型的な碁会所育ちなので、部室で碁を打つという、学生碁気分が新鮮でした^^





待ち合わせをしていたS水君との1局目。

僕の白番。

個人的には、黒23では、上辺に芯を入れるものかなと思った。

白24〜44までで、黒が終わりとまでは思わないけど、白がポイントを上げたと思われます。

右下は、白66では、67のほうからアテもあったかもしれないけど、よく読めないし、66からでも十分いけると思った。

とりあえず、白92に回る碁なら、経験上では中々負けないと思います。

ヨセで、少し後退した気がしましたが、白10目半で寄り切りました。

正直なところ、今日打ったまともな碁は、この碁だけでした><





2局目、手番を入れ替えて、僕の黒番。

黒37と打ち込んだのだが、白38が良い手で、困った。

左下で混乱してしまい、49まで打ったけど、コウ残りという爆弾を残してしまった。

黒51も、左辺ヒラキのほうが大きかったかな。

この碁は、各所でコウ争いが起きましたが、僕のミスも多く、良いワカレになりませんでした。

最後は黒15目半負け。

S水君とは、1勝1敗の打ち分けとなりましたが、なんとも不満な2局目でした><


3局目は、学生本因坊で全国行きを決めているT中君と打ちました。

この対局は、ミスばかりで、笑ってしまうレベルでしたw





僕の白番です。

黒1と、黒3は、それぞれマズイ手なのですが、白6でチャンスを逸してしまいました。

だってこれ、検討で初めて気づいたのだけど、単純に白A、黒B、白Cでシチョウじゃないですか(笑)。

白A、黒Bまでは当然考えます。

でも、僕は弱いので、「放り込み(白D)は、ヌキ(黒C)でアタリになるから無理か」

これだけしか読まずに、白6と諦めてしまいました><

T中君「シチョウで取られたら、投げようかと思っていました。」

投げさせることが出来ない、この弱さ><





ミスは終盤にも起きました。

黒3を見た瞬間、続きを読もうともせず、「うわー、マジか、やっちまった」という感じで、ネガティブモードに。

白4から、妥協してしまいました。

これだけ大損して、最後は白6目半負け。

多分、地合いは白が少し残ってたのだろうけど、読めてないのだから仕方がない。





白2が打ち過ぎだと思ってたのだけど、前図のように妥協しなければ、普通に攻め合い勝ちでした><

なんか、今日は早とちりのような勝手読みの多い日でした。

勝つ気満々で乗り込んだのですが、1勝2敗。

これは、今後リベンジする以外にあるまい。


広大は、今日の2人と、もう1人強い部員がいるようです。

その3人のうち2人は、アマ本の呉地区予選に出ると聞いているので、代表枠を独占されないようにしなければ!

僕に勝てるということは、呉なら代表ということだからね。


それはそうと、中四国の学生碁は、岡大の時代が続いていましたが、そろそろ広大の復活も期待できるのではないだろうか。

僕がミスばかりだったとはいえ、中々手強かったぜ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異動

2016年05月14日 20時14分05秒 | その他
例の不祥事の煽りを受けて、週休3日にこそなりませんでしたが、来週から、別工場の違う課へ異動になりました。

今までの勤務は、準夜勤(2直)と夜勤(3直)の1週間ごとの交互勤務でしたが、異動する課では、常に17:30〜2:30のようです。

なんとも、微妙な時間帯の仕事である。

職場が、黒瀬から西条になってしまった。

家から遠くなるけど、仕事だし仕方がないね。

短期間(数か月で景気が上向くこと前提)らしいので、勉強のつもりで行ってきます^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/5/8 研究会

2016年05月08日 21時50分01秒 | 棋譜
今日から、第4期の研究会(5月〜8月)です。

今日は9名の参加です。

呉は、sssuuu、I城先生、K畑さん、Wさん。
広島から、S田さん、O崎さん。
東広島から、M田さん。
江田島から、O森さん、T島君。

3局打ちました。

1局目、M田さんと。白番(黒2目コミ出し)。
序盤に優勢になり、地で粘られましたが、薄みを突いて大石を仕留めました。白中押し勝ち。

2局目は、棋譜参照。

3局目は、Wさんと。2子(白2目コミ出し)。
序盤でポイントを上げましたが、中盤でもたついたので、逆転までいけてない碁でした。
しかし、終盤で黒にミスが出て、白中押し勝ち(時間も切れてました)。





2局目の碁です。

K畑さんと打ちました。第1期の研究会で打って以来ですから、1年以上打っていません。

幽玄でも、僕が日本サーバー、K畑さんは韓国サーバーで住み分けています。

お互い、参加人数の少ない呉地区の予選で5本の指には入ってますが、アマ大会においても、ここ2年くらい対戦がありません。

身近なのに、中々対局がない。不思議なものです。

恐れ多くも、ルールなので僕の白番(黒4目コミ出し)。

黒に布石で走られて、白の非力さが露呈される序盤中盤となりました。

I城先生には、検討で黒75までを「難しい碁」だと言われましたが、僕は「白が悪い碁」だと思っていました。

ネガティブが酷く、白76から動くのは、明らかにやりすぎ。

やりすぎ以前に、芸がない。

ここからは、フルボッコです。

Aや、Bや、Cなど、いろいろなことを考えて、手をつけていかないといけないようです。

「白が悪い碁」というより、「白の左辺への手の付け方が難しい碁」という感じだろうか。

どちらにせよ、黒のほうが気楽か。

白中押し負け><


GWは、今日で終わり。

もっとも、明日から1週間は夜勤なので、明日の夕方まではフリーですがね。

今年のGWは、中身の濃い10連休だった気がします。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半目勝負で冷や汗

2016年05月07日 10時21分28秒 | 囲碁
先日書きましたが、朝日の準々決勝は半目勝ちでした。

ただ、碁の内容だけでなく、終局時にも冷や汗をかきました。

黒が最後にダメを詰めて、白の半目負けはまずありません。

負けるなら1目半になりますが、そんなに負けてるはずがない。

だから、半目勝ちを確信していました。

しかし、最初に並べ終えたら、盤面7目。

正直、頭の中が真っ白になりました。

席亭のT屋さん「半目足りないか。惜しかったね。」

sssuuu「あ、いや.....え!?黒が最後にダメ詰めたんで、僕が半目負けるはずがないんですけど.....え、何で!?」

ギャラリーのおじさん「そこ(碁笥)に1つ残ってるよ。」

sssuuu「あ!すみません!」(安堵しました)

対戦相手のA富さんを、がっかりさせてしまった。そんなつもりなかったのですが、申し訳ない。


以前、全国大会を決めた宝酒造の六段戦でも、違うケースで冷や汗をかきました。

そのときは、相手の作る整地が、僕の1目の地を覆いかぶせるように埋められて、0目になっていたのを発見して、指摘して半目勝ちになりました。

そのときの宝酒造杯は、相手に非があり、今回の朝日アマは、僕に非があるという差はありますが、やはり、細かい碁のときは、ダメを交互に詰めて、どちらが最後にダメを詰めたかを確認するのは、かなり大事なことだと思いました。

あと、今回は、前回の経験から、盤上のズレばかりを確認しようとしましたが、まずはアゲハマを入れ終えたかを確認することから開始しないといけませんね。

反省です!!

僕の碁は、棋風上、半目勝負が多いタイプなので、こういうことには特に気をつけねばなりません。

ところで、知ってる人に質問ですが、もし半目負けを同意して、石を片付けた後に、「あ、碁笥に1目残ってました!!」といっても、もう手遅れですか?

多分、手遅れなのだろうけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コレクション

2016年05月06日 18時57分58秒 | 囲碁
前回記事の続きになりますが、朝日アマの県大会は、僕に勝ったK賀君と、Y本君が決勝に進み、Y本君が勝利しました。

やはり、元学生チャンピオンは強い。明らかに抜けている。

I黒さん、S水さん、K賀君、3つの地区のエース級をぶつけても、しっかり勝ち上がりますか。


あと、今回の県大会で、備後地区の代表で来た因島のZ間君と知り合いました。

どうやら、僕がニコ生やってたときのリスナーだったようで、これはちょっと照れますね><

ブログ効果や、ニコ生やってたときの効果もあり、実力と実績の割に、僕は顔が広いんだよな(笑)。




一応、3位入賞(3位決定戦はしていませんが)ということで、盾をいただきました。

本棚の上の、sssuuuコレクションが、そろそろ落ちてしまいそうです。


ふと思うのだけど、僕とは比にならないほど実績がある方々は、トロフィーや賞状や盾は、どうしているのだろう?

重要なやつだけ置いておいて、後は捨てるのだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/5/5 朝日アマ県大会準決勝

2016年05月06日 14時51分55秒 | 棋譜
さあ、いよいよ準決勝です。

広島、備後、呉で、4:2:2でスタートして、丁度半分ずつ敗退して、2:1:1になりました。

僕の対戦相手は、広島地区代表のK賀君。

同い年ということもあり、恐れ多くも、ライバル意識しています^^

中国新聞のときに、K賀君が新聞に地区代表で載ってるときに、母に彼の簡単なプロフィールを言うと......

母「イケメンじゃん。あんたと同い年で、医者で、結婚もしてる?ふ〜ん。あんたとは、えらい違いじゃね。」

sssuuu「><」

むぅ......囲碁くらいは勝たねばなるまい!





僕の黒番です。

準々決勝の碁に比べれば、マシな内容の碁かもしれませんが、ところどころでミスが出てしまいます。

布石に関しては、まあまあと思いましたが、左下を白に頑張られているので、右辺で厳しくいきたいが、何せ非力な碁なので、うまいこといきません。

I城先生に、黒23、24の交換は悪手だと言われました。

黒47は、125とトビで打ちたいと言われました。

左辺に白が守れば、次にCと膨らむ感じが良いようです。

黒51は、後悔しました。Aのほうが、しっかりしていた。

隅を取りつつ、下辺にも援軍になると判断したのですが、白52を喰らいます。

I城先生によると、ここまで来たら、もうBとオサエるしかないみたい。

黒65のケイマは、Cとマガる一手だった。断点ばかり作ってしまう(笑)。

このままでは、地合いで苦しい展開ですが、黒117からチャンス到来!

これは寄り付いたと思います。

白134で、僕の悲観が始まります。

泣く泣く黒4子を見捨てました。

でも、白Dだってデカいのだから、黒131だって立派なヨセでした。

持ち時間が、もう数分しかなかったとはいえ、投げやりになったのはマズかった。

これ、まだまだ細かい碁だったみたい。

あっさりと、白142、144を許しては、今度こそゲームセット。

時間も残り1分しかないのもあって、右辺で発狂してしまったのもあり、潔く投げました。

黒中押し負け><


I城先生「何で、ブツからなかったの?(白142に対して、黒E)

sssuuu「立たれて(白F)、結局、断点が残ると思いまして。」

I城先生「どこに断点があるんですか?」

sssuuu「?.....あ!!」

切る手がない(笑)。

なるほど。
勝手ヨセだけど、黒G、白H、黒I、白144、黒Jくらいで、結構細かくないですか?

どのみち、時間がないけど、投げやりになるのは早かったな。

でも仕方がない。これが実力。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/5/5 朝日アマ県大会準々決勝

2016年05月06日 12時09分08秒 | 棋譜
県大会前日の話(4日のフラワーフェスティバルの後の懇親会)ですが。

A富さん「あんたと当たりそうな気がするな(笑)。」
sssuuu「僕も、A富さんと当たりそうな気がします(笑)。」

Y本君、K賀君とは、なんとなく初戦では当たらない気がしていました。
H田さんは、備後に取られるような気がしていました。

僕の感は鋭い(笑)。

まさに、そういうトーナメントとなりました。

初戦(準々決勝)は、A富さんとです。





僕の白番です。

序盤早々、中々見ない黒15に惑わされて、右下が変なワカレになりました。

変なこと考えず、単に白18アテだったようです。

結果的に、白は両方打ったけど、あまり良くないのかな?悪くないつもりではあったのだけど。

白24は、あわよくば壁攻めをというトビだけど、逆のトビ(A)が普通でした。

黒27で、悩んだ末、実戦の28を選びましたが、右辺に大した手もないし、29でしっかり打つべきだったような気がする。

この碁で、特に反省しないといけないのは、白30と打ち、31、33を許してしまったこと。

どう考えても、黒29に対しては、白31と押し上げていくところなのにな><

考えてはいるのだけど、考えすぎて悪い方を選んでしまいます。

白は34から重たくなってしまいました。

黒49で悩みました。

白50を選び、切ってくるなら......なんとかしようと思っていました(笑)。

呉から観戦に来てくださった、I城先生によると、50では70みたい。

僕は、フクラミを誘発するから嫌だったんだけど、白50とオサエて、黒が切ったら二線アテてノビて打ち。
単に51に戻れば、やはり、フクラミの後の二線をアテるのが素晴らしいみたいだ。

僕とは、碁の感覚が全然違う><

黒55は、なんとなくやりすぎにも見えるけど、左下の断点も気になるし、白は難しそう。

白56から、早治まりを意識して打ちました。

感覚的には、56では白Bを考えてはいたのですが、中央にも上辺にも、黒に援軍がいるので、自重しました。

でも、検討したら、白Bで打てるようです><

白64は、兄弟喧嘩を承知で打った、苦心の一手です。

ここでは、白82から行きたかったようです。そりゃあ、そうだわな(笑)。

変な反撃ばかり読んでて、手が縮こまっています。

黒69で、左下切られたら、どうしようかなと思っていました。

白78に、黒79と受けたところを見ると、黒は優勢を意識しているようでした。

ところが、僕自身は、右辺が広くて、上辺は小さいつもりだったので、白が打てるつもりでした。

上辺は、最終的に28目も地が付きましたから、僕の形勢判断には問題があるようです。

あと、大きさが測りきれんが、右下の白90は微妙だったか。

白Cと悩みました。あるいは、右上コスミや、ツケ(危険かな)が大きいか?

上辺を間に合わせた後に、2の石を動いて、2子を取るのだけど、下辺が痛んだし、良くなかったかな。

終盤でも黒の勝負手に屈して、もうダメかなと思ったけど、意外に細かい勝負でした。

意外に細かいというか、半目勝負。

最後に、黒がダメを詰めたのを見て、勝利を確信。

いくらなんでも、1目半も負けていないだろうから。

白半目勝ちで、準決勝進出です。

この1局を、こうやって棋譜作成して、ブログに載せてるわけだけど。

白、物凄いヘボ碁だな(笑)。

なんで、この碁勝ててるんだろうか。今にして思うと、不思議で仕方がありません。

とても、県代表になろうという人間の碁じゃないな><


とはいえ、1勝は1勝。
地区代表制の県大会では、初勝利。

あと、A富さんには、宮島本因坊戦で去年と一昨年、共に敗れました。

同じ人に3タテされるのは、今年の2月で懲りましたので、今回は勝てて良かったです^^


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地区代表制では初勝利

2016年05月06日 00時40分26秒 | 囲碁
囲碁クラブ千代田で行われた、朝日アマ名人戦の広島県大会に、呉地区代表として出場してきました。

結果は、準々決勝でA富さんとの接戦を制して、準決勝でK賀君に敗れました。

決勝に進みたかったけど、地区代表制の県大会では初勝利なので、とりあえず進歩したということにしましょう^^

棋譜等は、次回に。


多少話が逸れますが、今の呉地区予選は、広島や備後に比べ、異常に参加人数が少ないです。

16人制の県大会だったアマ十傑戦のときは、県北地区の予選がありました。

席亭のT屋さんの話だと、そのときの県北地区が、今の呉地区予選みたいだったらしい。

このままでは、広島地区と合併になって、広島と備後で、6:2か、5:3になる可能性があります。

参加人数が少ないことに加え、代表2人が揃って1回戦ボーイ、これでは更に現実味が出てきます。

今回の1勝は、自分自身の戦績の進歩だけでなく、呉地区に対して貢献できたような気がします。

ちゃんと他地区の代表にも勝つところ見せないと、「呉だから勝てる」「広島や備後で出れば予選落ち」だなんて思われますからね。(既に思われてるでしょうが)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/5/1 碁会所

2016年05月01日 19時41分41秒 | 棋譜
GWも3日目。
仕事の疲労も、だいぶ回復してきました。

大型連休ということもあり、暴食には注意しないといけませんな。





と言いつつも、やめられません><

濃厚なとんこつラーメン大好きです!

ピザも食べるし、モスでも豪快に買うし。


漫画ワンピースで、誰か言ったけど、食いてぇもん食って体に悪いわけないですよ^^


今日も、呉支部へ行き、M上さんと2局打ちました。



1局目は、僕の黒番。

左辺は、白20では、21からアテで、別に何ということはなかったが、勝敗にこだわらないM上さんらしい打ち方です。

白40のキリに、逃げ出すか、捨てるか、悩みました。

実戦は、逃げることに。

ただ、局後にI城先生に、何で逃げ出すのか理解できないと言われちゃった><

まあ、逃げても1局打てるけど、難しくしちゃうよね。

碁は、細かい勝負になりましたが、ヨセで白がコウを仕掛けて、損をして差がつき、黒5目半勝ちとなりました。





2局目は、僕の白番。

白20では、Aもしくは、Bだったようだ。
Bは、個人的には怖いから、2択ならAを選びそうだ。

たしかに、20は変だったな。いろいろと中途半端で。

26から、反撃開始だと思ったら、無警戒の生ノゾキ(黒27)を喰らい、仕方なくCと受けて、反撃は空振り><





序盤で失敗したので、フルボッコが続き、右辺中央が、黒のとても厚くなりました。

形勢は、絶望的なのですが、白1と挑発。

別に、黒6とツケれば、何ということはない。

この挑発自体が、賭けなのだ。

黒2から反撃してくれたので、悪あがきを続けることに。

たかが練習試合ではありますし、相手も勝負にこだわらないM上さんではありますが、黒16の敗着を導くことが出来ました。

白中押し勝ち。


昨日と合わせて、3連勝ではありますが、全部喜べない内容ですね。

勝負は年々強くなっているけど、碁が強くならない。

理想としている、序盤中盤で優勢を築いて、無理をせず地合いでスマートに勝ち切る碁が中々打てません><

アマの癖に、高望みしすぎですか?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/4/30 碁会所

2016年04月30日 21時29分56秒 | 棋譜
今日は、呉支部へ行きました。

支部の大会や、アマの予選や、研究会を除けば、かなり久しぶりに「普通の日」に行きます。

アポなしで行きましたが、運良く、I城先生やM上さんが来られていたので、教えていただきました。



I城先生には、研究会では置き石が3子に増えましたが、今回は2子で挑みました。

白61により、62、63の交換を誘発し、黒の雲行きが怪しくなってきました。

左下は、I城先生のミスで、黒が安心しました。

白69は、78に打たれると、黒ヤバかったようです。


下辺白を追求する前に、白107を許してしまい、碁の雰囲気が重くなってきました。

しかも、黒108という小さい手を打ってしまった。

右下一体が黒地のつもりで打ったけど、後のヨセで、白A、黒B、白C、黒D、白Eと打たれてしまったときは、笑ったよ^^

白109に打たれては、とてもマズイ。

あとは、黒122も、とてもマズかった。

もはや、左上黒は何をやってるのか、わからない。

結局、終わってみると、白9目勝ち。

左下で楽をさせてもらったのに、大差での敗北となりました><


2局目は、M上さんと互先。

結果は、M上さんが下辺の手のつけ具合で、無理難題なことをしてきたので、僕の黒番中押し勝ちとなりました。

しかし、碁の内容は、非常にマズかった。





何気なく打った黒3がよろしくないようです。

4の付近に黒石があるときに打つ手のようだ。

それに、右辺の三間に打ち込んだときも、黒3の石が働かない可能性があるとのこと。
働かせるつもりで黒3を打ったのだが、レベルが違いすぎて、感覚が違うようです。





何気なく、この一手だと思って打った、黒1の打ち込みが不評でした。

I城先生に、「sssuuu君に、この手は打ってほしくない」と言われたくらいです。

打ち込んだ後、あとは逃げるだけ、しかもモタレられて、苦戦は必至。

納得しました。





右下で、白の打ち方に問題があり、黒が楽をさせてもらいました。

ここでも何気なく、この流れだと思って打った、黒1、白2、黒3が不評。

後の黒Aの打ち込みに感激がなくなるとのこと。

黒1なんて打たず、すぐに黒Aに打ちたいようです。

たしかに、黒Bだってあるのだから、恐れることはないですね。


短手数で終わった碁なのに、指摘だらけで、笑えません><





もう1局、先生に見ていただきました。

といっても、僕の碁じゃなく、昨日見学に行った、朝日アマの広島地区予選3回戦の碁。

S田さん対K西君。両者とも研究会メンバーです。

昨日は、「黒4以降の白の打ち方に問題があったね」って感じで、K西君と一緒に検討してたのだけど.....。

今日、I城先生に見せたら、見てる箇所が違う(笑)。

sssuuu「白のここからの打ち方で(黒4以降を並べる)...問題があって、黒が打ちやすくなりましたね。」

先生「ちょっと待って!!何ですかこれは!?」(白1〜黒4の流れ)

sssuuu「?」

先生「白1は、急がなきゃいけないんですか?」

sssuuu(え?あ!!言われてみれば!!)

先生「白石(△印)は弱くなる。三々は残っとる。良いことなんてないですよ。」

sssuuu「たしかに。」

先生「黒にカカられて(A)、受けて(B)、白は何か嫌なんですか?」

sssuuu「いえ、全然そんなことないです!」

先生「更に言うとね、このツメ(白1)が素晴らしい手になるというのなら、黒はここ(CではなくD)に打つものなんです。」

sssuuu「なるほど!」

先生「私には、こういう手(白1)を何気なく打つのが、信じられないんですよ。」

sssuuu「><」


僕は、白1を特に疑問に思わず検討していたので、同類です><

今日は、良い勉強になりました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敵情視察

2016年04月29日 23時59分42秒 | 棋譜
今日は、朝日アマの広島地区予選に、敵情視察をしてきました。

呉地区と違って、活気があって、若手多くて、羨ましいです。

予選のほうは、元全日本学生王座のY本君と、ライバルS茂君がいきなり1回戦で激突していました。

同じブロックに、Y中さん、T峰さん、N浜さん、K西君と、強豪が束になっていて、なんだか勿体無いブロックでしたね。

1人だけ、知らない人が代表になりましたが、あとの3人は、予想通りの結果となりました。

全然情報の入らなかった備後地区も、初めて聞く人が代表になっている。

そういう僕も、まだまだ無名ですがね><


県大会ですが、呉と備後は、必ず広島の4人と初戦で対戦します。

県代表大本命のY本君とだけは、最後まで当たりたくないものだ。
2年前の県大会では、序盤で崩されてフルボッコ、格の違いを見せつけられたトラウマがありますからね><

K賀君か、福山のS水さんあたりが、なんとかしてくれたら、僕にも僅かなチャンスが出てくると思っている。

ああ、いかんいかん。完全に他力本願だ(笑)。

倉敷のF井さんが言われたように、相手を見て打つのではなく、碁盤を見て最善だと思う手を打つ。

これを意識しないことには、僕は前に進めないだろう。





夜に打った、幽玄での碁です。

僕の白番。

相手の三々の絡んだ布石に、少々やられている気がする。

白20は、気が進まないのだけど、仕方がない。長期戦を目指しましょう。

正直、この碁は失敗作です。

県大会で、この内容の碁を打てば、手厚く逃げ切られると思われます。

こんな碁でも、ネチネチしたヨセ勝負に持っていき、最後は白1目半勝ちでした。

多分、相手は負けた気がしなかったんじゃないでしょうか。

僕は、持久戦の碁なので、こういう碁は結構しぶといのです。


この対局に勝利して、幽玄8段に再昇段しました。

7段上位〜中位あたりを相手に15勝5敗とか16勝4敗くらいのペースですから、8段の資格ありますよね?^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 GW

2016年04月27日 11時42分12秒 | その他
まだ、今日と明日の2日間仕事がありますが、29日よりGWが始まります。

10連休ということになりますね。
今まで勤めてきた3社の中では、多分最長だと思います。

自動車関係の会社に合わせていますので、祝日は出勤で、大型連休は世間の平均よりは少し長いという感じです。

自動車関係となりますと、世間では、例の件で大問題になっておりますが、こちらもその影響を受けています。

生産予定表がガラガラ。
その分、仕事が楽になるのか?といいますと、意外とそうでもないんだよな><

年収は確実に落ちるでしょう。

まあ、健康で平穏に仕事が出来るのなら、僕はそれで構いません。

健康第一です。


GWの予定は......

29日.....広島へ敵情視察、囲碁仲間の応援(特にK西君)、気が変わって行かない可能性もあるけどw
30日.....未定
1日......未定
2日......未定
3日......FFに行くかどうか未定
4日......FFに多分行くと思う
5日......朝日アマの県大会
6日......未定
7日......未定
8日......研究会


動くのもたいぎぃけど、家でダラダラとネット碁をするのも、たいぎぃな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年ぶり3度目

2016年04月24日 21時06分25秒 | 囲碁
今日は、朝日アマの呉地区予選でした。

結果は、2枠入りして、2年ぶり3度目の県大会進出(次点繰り上げ1回を含む)です。

夢の県代表まで、あと3勝なわけですが、ここからの3勝は、とてつもなく険しい道なのです。

以前の僕は、枠抜けしたら、その日は代表の余韻に浸ってたけど、今回は既に県大会のことばかり考えております。

棋力的は、雀の涙程度しか強くなれないけど、精神的には、明らかに貪欲さが増してるので、良い傾向だと思う。





今日の初戦は、O崎さんと。

参加者の中では、K畑さんの次に苦手にしてる相手ですが、乗り越えねばなりません。

僕の黒番でした。

黒は、下辺で屈服してしまい、右辺に希望があるとはいえ、とても苦しい形勢。

黒1が勝負手です。

何気なく打った白2のノゾキが悪手。
中央黒が安心しました。それでも、まだ黒が苦しいでしょうが。

16〜32まで、右上と上辺を固め合いました。

ただ、ここで黒33は、形勢的に4線で守ってる場合じゃなく、39の一発で守ってることにしたいようです。

右辺で、白に単独で生きられることを、ビビってしまいました><

白34はとても大きいけど、白39のケシなら、もっと勝つ自信がありませんでした。

僕は、負けだと思ってて打ったのですが、終盤に目算してみると、勝ってることに気づきました(笑)。

形勢良しと見た白が、右辺に全然触らなかったのがマズかったのかもしれません。

黒4目半勝ち。





早くも、代表決定戦です。

東広島のF島さんと。久しぶりの対戦です。

僕の白番。

この碁は、F島さんにしては珍しく、黒がご乱心で、白1を見て投了。

早くも、白中押し勝ちとなり、枠抜けが決まってしまいました。

黒A、白B、黒C、白Dという感じで、しぶとく長期戦を目指せないこともなさそうですが、打つ気を無くしてしまったようです。





というわけで、僕とI黒さんが代表になりました。

県代表10回以上を誇る呉のエースと、呉の若手のホープ。

自分で言うのも何ですが、I城先生が喜びそうな代表2人じゃないでしょうか。


ただ、参加者9人は深刻です。
少ないながらも二桁をキープしてた呉地区予選ですが、ついに初の一桁になってしまいました。

9名のうち、呉5人、東広島2人、広島(呉出身)1人、海田1人。

これは、本格的にヤバイです。

近い将来、代表枠が1に減枠で済めばマシだけど、廃止になって、広島地区と合併になってもおかしくありません。

K畑さん「合併になったら、I黒さんも行くかどうかわからんで。」
sssuuu「M上さんは、絶対行かんでしょうね。」
K畑さん「じゃろうな(笑)。」
sssuuu「K畑さんは?」
K畑さん「う〜ん...たいぎぃな(笑)。」

呉市民でやる気があるのは、今回の2代表だけだと思われます><


さて、県大会は5月5日に囲碁クラブ千代田であります。

フラワーフェスティバル最終日と重なる。

車で行くべきかどうか、悩むところ。面倒だな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄くて忙しい

2016年04月17日 22時20分30秒 | 棋譜
今日は、広島アマ棋聖戦に出場するため、かなやま囲碁サロンへ行きました。

アマ棋聖戦といっても、全国などに繋がらない大会なので、選手層はアマ三大棋戦の予選に比べれば、かなり薄いです。

ちなみに、以前優勝したことがあります^^
3年ぶりの優勝を狙いたいところです。

今回は、参加者がここ数年の中では、最も少なかったです。
Aクラスは、約16人くらいでしたので、優勝まで4勝です。

クジ運のほうは、有力選手がほぼ均等に別れて、どこが楽で、どこが厳しいという山がありませんでした。

僕の初戦は、T尻さんという方。
白番で、序盤だけ失敗しましたが、その後は楽させてもらいすぎて、戦うことなく19目半勝ちでした。

2回戦となる準々決勝は、広島のY岡さん。

去年の赤旗の県大会は、スイス方式のリーグで共に3勝1敗で、Y岡さんが準優勝で、僕が3位。

戦ってもないのに、僕が順位下ということに納得していなかったため、対戦することになれば必ず勝たねばと思っていました(笑)。

それにしても、久しぶりの対戦です。
3年ぶりくらいでしょうか。





僕の黒番です。

22〜34の競り合いは、どうなんでしょう?
僕は、左辺白を自然と消して、白34がつまらない方向(黒固い方向)の打ちおろしに見えるので、黒まずまずだと思うのですが。

白40は無理気味のように思うのですが、僕が下手糞なため、白56で手が止まりました。

黒51に、白52ハネ出しが来ないとばかり思っていました。

大きな誤算で苦しい碁になりましたが、その後は粘って逆転。

逆転した後は、時計が落ちそうなため、色々と損しましたが、黒3目半で逃げ切りました。

しぶといところは見せましたが、思うようにはいきませんね。





準決勝は、広島のN浜さん。

優勝した3年前は、1回戦で逆転半目勝ちをした良い思い出がありますが、簡単に勝てる相手ではありません。

年配の知り合いは、みんな「昔は強かった」というけど、今でも普通に強豪だと思います。本大会の優勝候補です。

僕の白番でした。

白20、黒21の交換は、碁が決まるほどじゃないと思うけど、マイナスポイントだった。

黒23のカカリで、長考しました。

ケイマに受ける.....右上黒がコンクリートなので、気が進まない。でも、それが普通なのかもしれないけどね。

ハサミで戦う.....下辺は黒の勢力圏ですし、右上に黒の援軍もいるし、やはり気が進まない。

この際なので、白24、26で打ってみることに。

右下の選択はともかく、下辺を動いてしまい、責任が出てきてしまったのは、今日一番の後悔です><

薄くて忙しい碁になってしまいました。

白42にしても、白48にしても、自分で棋譜を再現してて、形勢の悲観っぷりに笑ってしまいます(笑)。

上辺で黒に簡単に生きられては、ジリ貧なので、白84から必死に喰らい付きました。

しかし、結局は思うような成果が出ず、最後は時間切れ負け。

下辺を重くしたのが敗着のようなものでしょう。

強いて言えば、しつこいとも思える黒71のときに、上辺に一手入れて勝負に出るしかなかったかもしれません。下辺怖いけど......。


決勝は、N浜さんと、東広島のK西君になりました。

K西君は、去年、一昨年と準優勝。

今回の碁は優勢で、3度目の正直になりそうだったのですが......残念><

準優勝って悔しいよね。
今年の僕には、その気持ちが痛いほどわかるよ><

大会後は、K西君と夕食を食べに行きました。

僕のした質問は、「1回の優勝」と「3年連続準優勝」のどちらが良いか。

「1回の優勝」が良いと答えました。

うん......まあ、僕も他人事なら、そう答えるかも。

前者が僕で、後者がK西君になるわけですが、僕の場合は、その1回の優勝以降、鳴かず飛ばずなのが悲しいです。

たくさん準優勝するってことは、実力があることの裏返しだと思いますので、彼はもっと自信を持ったほうが良いと思います。

普通は、弱けりゃ決勝にも行けないのだから。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加