ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

映像のエグさより”あるある”感のほうが怖い。〜「渇き。」〜

2014-06-27 16:10:24 | 映画

・役所広司さんより佐々木蔵之介さんが好きで
・死んだ!と思った主要人物が実は生きてた!っていうのが好きで(ウケた(^_^;))
・血を見るのが嫌で暴力ではなく話し合いで解決したくて
・ハッピーエンドが大好きで
・中島哲也監督の作品で好きなのは
『下妻物語』か『パコと魔法の絵本』
という人にはお勧めしません。

こういうひとは「超高速!参勤交代」をおすすめします。(宣伝か?)

・・・・という、Yahooのレビューをみて

禿同〜〜(コラコラ)

ほんとそのとおりだと思うし、見るもんをマジで突き落とすので
心してご覧ください。

あともひとつ。
学生1000円キャンペーンの意味がわからない。
少なくとも推奨できる作品じゃない。娯楽ではない。


過剰なバイオレンスムービーなのに
「そのへんに転がってそうなリアルさ」があって、
実はそっちのほうがもっともっと見てて怖かったので、
良識ある大人がフォローしてやってほしいというか
これをみたあとに語り合える大人がついてないとあかんやろという・・・・。

子供達自身のキャパを超えてしまって、その映像のどぎつさだけが焼きついてしまって
心に傷を負ってしまうようなことだけはやめていただきたい。

それでも
同年代のあなたたちに問いかけたい。
加奈子をどう思うのか。
彼女がこんなふうになってしまった、その気持ちは
あなたたちなら理解できるのだろうかと。



・・・そういう意味では「見てもらいたい」という
自己矛盾も抱えてる。
「告白」のレビューを書いたときとおんなじ感想になった・・・。

「えらいもん見てしもた・・・〜「告白」〜」
前書いていたseesaablogの記事をリンクしておきます・・・。


毒をもって毒を制すではないけど、
受け止める側がしっかりしてないとなんていうかとにかくめげてしまって
ものすごく後味の悪い重たい気分になって
私自身も見終わって「すげー気分悪かった」んだけど、

それでもあえて言うなら、
最悪〜〜っていうひとことで片付けてもて映画そのものまで駄作やいわれるのは
・・・それは違うよって思ってるんである。


「告白」も大概きつかったけど
これはそれ以上に人の命が軽んじられていて、
ただただ悪人の見本市。
誰が一番ひどいのかを競うように目を覆いたくなるシーンがこれでもかと続く。




こんな奴らが警察官でございもやりきれん・・ヽ(`Д´)ノ

ワイドショーでいうような、
どうしてここまで気がつかなかったのかとか
そういうことをコメンテーターみたくいうつもりはさらさらない。

ただ、リアルタイムに”脱法ハーブ”のニュースを見ていて
子供のお小遣いでも”お香”として堂々と昼間購入できて
「売り手も買う側も暗黙の了解」で、しかも「取り締まれない、逮捕できない、
販売や所持の禁止ができない」なんてのが身近にあったら
・・・バイオレンスこそデフォルメでも(いや、裏社会はわからんからもっとひどいか?)
これは映画の中だけの話じゃないってやっぱ思うわけで


・・・・・子供のことわかってんの?!・・・・・

この一言に関しては、子を持つ親で絶対の自信をもって言えるひとが
さて”何人”いるのやらってそこはほんとにゾッとしたんである・・・。

うちはというと、一人は「自分で乗り越えていってしまった」し、
一人は「”事後報告”ではあるけども家でぼやいてた」から少なくとも私は”知っている”。
ふたりとも強かったというか、頼りない親に相談したかてどうにもなるわけちゃうしとでも
思ったのかどうにかこうにか加奈子くらいの時期の危うさを自力で克服してくれたらしく
問題らしい問題はなかった。いや、知らなかっただけで本人たちはきっと苦しんだろうけど
今無事に成人してくれていて、それはとてもありがたく幸せなことだと
変な話自分の家庭に置き換えて胸をなでおろしたというのが正直なとこ。

どんないい子でも、いつまきこまれるかわからんし、
どっから転げ落ちていってしまうのか、それもわかんない。
目の前で微笑んでいる子供たちが何の悩みもなくすくすく育ってるかどうかなんて
何の根拠があって信じられるのさって。

・・・それはあんな父親じゃなくても、夫婦仲がうまくいってたとしても
今ここにある危機。

・・・実はそこが一番この映画の怖かったとこでありました。マル・・・。

PS:

「見つけ出して×××××」・・・役所広司が演じていた父親は
加奈子に会えたとしてももう、怒りも悲しみもどこにも持ってけない・・・。
ま〜親の責任を全うするような作品にはならないとは思ってたけど、
ここまで人の醜さや残酷さばかりをこれでもかと出してくるとは思ってなくて
マジきつかったです・・・。

これほど空っぽな「アイシテル」はショックです・・・・・。
その言葉で次々と人を破滅に追いやっていく。
目の前で見せられても信じられないですよね・・・。感情なさすぎです・・・。

絵に書いたような、幸せそうな家庭のCM、松田聖子のSweet memories.
これ絶妙でした・・・。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山に行きたいと思わせたら成功か... | トップ | トグサはまだかいな。(爆)〜「... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2014-06-28 16:46:13
 でもってエンディングが
「誰かが誰かを愛してる」だもんね(笑)

 いやぁ・・・この監督の作品「告白」は比較的スローモーションを多用されてたので観やすかったけど、この映画はもう二度と観ない(爆)←褒め言葉(笑)

 どんだけ疲れるか・・・ねぇ(笑)

 私は原作を読んでから観たので、原作で寝ちゃ嫌な気分を味わったうえに、映画でもっと嫌な気分を味わえました(笑)

 しかし・・・役所もすごいけど、ブッキーもスゴイかも(笑)
Unknown (はるみん)
2014-06-28 23:45:26
一言で「凄い」映画でしたね。
この後楽しく食事する気にはなれませんよねww
終わった後の表情を顔文字表すと(--)な感じで、終始無言。
この気持ちをどこにもって行ったらいいねんって思ってしまいました。

だからと言って駄作って訳ではなく、ここまで追い込む気持ちにさせるのは作品としては凄い出来なのかも。
もう観たいとは思わないですが・・・。

究極の「そして父になる」なのかも。
Unknown (Ageha)
2014-06-29 10:14:03
しんちゃん、どうも。

> でもってエンディングが
「誰かが誰かを愛してる」だもんね(笑)
・・・だったんだ。(^_^;)究極だね〜・・・。

ブッキーにチュッパチャプス持たせるだけで
あれだけ軽薄になるとは思わなかったです(^_^;)
清須会議のバカ殿といい、最近ブッキー頑張ってるな〜。
・・・いや、いい意味で。でもファンとしてはう〜〜〜(>_
Unknown (Ageha)
2014-06-29 10:17:19
はるみんさん、どうも。

>ここまで追い込む気持ちにさせるのは作品としては凄い出来なのかも。

ですね〜・・・。
そして2度とみたくない。(爆)

でも、1度で十分人の心をえぐっていくので
忘れられない映画ですわ・・・・。決して駄作ではないと思います・・・。はぅ〜・・・

でもきつかったやっぱり。(>_
Unknown (かのん)
2014-06-29 18:10:16
決して楽しくもないし肯定もしたくないお話でしたけど、でも好きって言いたくなってしまう作品だったりするんですよね。それはある種の怖いもの見たさだったりするんでしょうけど、現実世界ではあってほしくないですよね。
こんばんは♪ (yukarin)
2014-06-29 23:29:05
ここまでバイオレンスな作品だとは思いませんでした 汗
まぁ好きですけどね、笑。
なにげにリアルな感じが怖かったりします、、、
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-06-29 23:31:57
リアルタイムというよりも個人的には20年くらい前の話でちょうどいいように思えました。
それはやはり池袋の脱法ハーブ事件を見て、加奈子みたいに道を外れた子供が30代半ばになると、ああなってしまうんだろうなと思ってしまったので。
Unknown (Ageha)
2014-06-30 09:33:58
かのんさん、どうも。

>決して楽しくもないし肯定もしたくないお話でしたけど、でも好きって言いたくなってしまう作品

・・・・ですよね〜。
人にはよう勧められへんのやけど充分訴えかけるものを
もってます。
でも二度とみたくない・・・(;´∀`)(まだ言うか〜)
Unknown (Ageha)
2014-06-30 09:36:32
yukarinさん、どうも。

>なにげにリアルな感じが怖かったりします
・・・それがないとただ気持ち悪いバイオレンスなんですが
ただ、果たして
見たひとがバイオレンスのむこうにあるものを
どんだけ感じるかな〜という。
ましてや青少年が見たら・・・ってのは
心配しちゃいます。キモイで終了だけはちょっとね・・・
Unknown (Ageha)
2014-06-30 09:42:03
にゃむばななさん、どうも。

ハーブティーとか普通に飲むし
脱法ってつくから危機感がないのよね。
インタビューに答えたひとらの何割かが
身近に感じたというのなら
裏社会(^_^;)の知らないところでは
ドラッグまでいかないまでも
「加奈子」はもっともっといるような気がしました。
ラリっててわかりませんでした〜で
人が殺されたらたまらないですよね・・・。
その辺は覚せい剤じゃなくても現実いくらでも
ありそうです・・・
Unknown (ジョニーA)
2014-07-01 03:16:16
いっそ全編、フラッシュバックの映像に脳天気ミュー
ジック、ハイテンションな役者陣の絶叫台詞、途中挿
入されるサブリミナル的な残酷カット・・・というノリで
突っ走ってほしかったカモ。3年前と現在とが並行して
進んでいって、最後はリンクして、その瞬間に意外な
る真相が明らかになる!という神がかりな展開を途中
で妄想してしまったがために、終盤のオダギリ・パート、
中谷パートが凡庸なものに見えてしまい、マイナスポイ
ントでありんしたーーーーー。ンーサーンネン
Unknown (Ageha)
2014-07-02 16:28:16
ジョニーAさん、どうも。

ホラーとかスプラッタ全然大丈夫なほうですか?
いっぱい見てると逆に
こんなふうに展開せんかい〜って
時折自分が監督になっちゃったりしますね。(^_^;)

でも、キャピキャピのアイドルソングが
あのドラッグパーティのシーンに
あんなに似合うとは思いませんでした。
こういうとこどこまでもポップで
でもそれゆえにゾッとしました。らしいっちゃらしいんだけど。
Unknown (Nakaji)
2014-09-01 21:31:24
こんにちは。

>ここまで人の醜さや残酷さばかりをこれでもかと出してくるとは思ってなくて
マジきつかったです・・・。

これ本当に思った。なんか引き込まれるんだけど、
なんかラストがぜんぜんダメだったな〜
Unknown (Ageha)
2014-09-04 17:01:01
Nakajiさん、どうも。

うん、中谷美紀VS役所広司の最後の場面は
なんかとってつけたみたいで
物足りなかったです・・・。
そんな終わらせ方をするんならやめとけば〜みたいな。
ここまでエグいよ〜でもってきてて
ラストスコップでバコーンだけ?もっとなんかないん?
・・・って私も大概残酷さにマヒしちゃったのかな・・(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
渇き。 (だらだら無気力ブログ!)
『告白』ほどの面白さは皆無。
「渇き。」事件の真相に辿り着いた先に知る無茶苦茶な環境で起きたいけない理由を知らぬ者のルールなき無差別殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「渇き。」(R15+指定)は第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作「果てしなき渇き」を映画化した作品で、ろくでなしの元刑事が行方不明になった娘を捜索するが、その先 ...
渇き。 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。元刑事の藤島に離婚した元妻から娘の加奈子が失踪したと連絡が入ります。自分せいで家族を崩壊させた藤島でしたが、思い描く家族を取り戻したいと娘を探し始めますが、娘の交友関係や足取りを辿るうちに、恐ろしい娘の正体が明らかになっていき・・・な...
『渇き。』 (2014) (相木悟の映画評)
めまいをもよおすダーク・アクション決定版! 人間の悪意が脳髄を刺激し、掻き回すクレイジーな怪作であった。 本作は、作品を発表する毎に圧倒的ビジュアル演出で観る者を飲み込む中島哲也監督作。第3回「このミステリーはすごい!」大賞に輝いた深町秋生のデビュー....
劇場鑑賞「渇き。」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、ぶっ殺す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406280000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】渇き。STORY BOOK [ 中島哲也 ]価格:1,404円(税込、送料込) 宝島社文庫 577【2500円以上送料無料】果て...
渇き。/役所広司、小松菜奈 (カノンな日々)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生さんの小説を『告白』の中島哲也監督が映画化したサスペンス・ミステリー作品です。予告編の印象からしてかなりぶっ飛んで ...
『渇き。』 2014年6月25日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『渇き。』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はどうでしょう...私は『告白』のが好きだなぁ。 【ストーリー】  品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島...
渇き。〜降る雪や昭和は遠くなりにけり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。深町秋生原作、中島哲也監督。役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、葉山奨之、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリ ...
渇き。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/06/27公開 日本 R15+ 118分監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 愛する娘は、バケモノでした。 品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が...
【渇き。】観てる途中でハードル上がっちゃった〜! (ジョニー暴れん坊デップの部屋)
eiga.com 作品情報 『渇き。』 ■解説:「告白」の中島哲也監督が同作以来4年ぶりに手がけた長編作品で、第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化。妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も失った元刑事の藤島昭和は...
渇き。 (Akira's VOICE)
鬼畜祭りだわっしょい!!  
渇き。 (そーれりぽーと)
中島哲也監督最新作!『渇き。』を観てきました。 ★★★★★ みんな痛々しい、と言うか全員イタいキャラ設定なところにグイグイ惹かれっぱなしでクライマックスへ。 『告白』までの作品に描かれていた心に抱える「闇の世界」により深く踏み込み、闇の世界全部盛り、中島...
渇き。★★★ (パピとママ映画のblog)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が実写化したサスペンスミステリー。謎の失踪(しっそう)を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり込まれていく姿を...
渇き。 (花ごよみ)
  出演は役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、 二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀等 監督は『告白』の中島哲也。 深町秋生「果てしなき渇き」 が原作。 劇薬エンターテイメント、 と銘打っています。 突然、姿を消した高校生の娘、 加奈子の行....
「渇き。」:劇薬のダメージを覚悟せよ (大江戸時夫の東京温度)
映画『渇き。』は、『下妻物語』以来2年ごとに作品を発表して来た中島哲也監督が『告
渇き。 (我想一個人映画美的女人blog)
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」 様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作 ってことで早速みてきました〜 原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」 ハイ...
「渇き。」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。怖いもの見たさで鑑賞。中島哲也監督だし、分かっちゃいたけどやっぱりキツかった〜というのが一番の感想。でもどこかクエンティン・タランティーノ監督作品を意識したようなアニメチックな演出は、作品
『渇き。』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「渇き。」□監督 中島哲也□脚本 中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子□原作 深町秋生キャスト 役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...