我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris

2012-05-18 11:54:52 | 劇場&試写★6以上

 

 

   ランキングクリックしてね
←please click

 

去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、

今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本

アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞!

2004年、NYから舞台をヨーロッパに変えての数本目、ウディ・アレンの新作

タランティーノは本作を去年のベスト1に選出。

これはもう、ほんとに楽しみにしてました〜

 

試写にて鑑賞。

 

本当は小説家になりたいが実際はハリウッドでどうでもいい映画の脚本を書いている

主演のギルにはオーウェン・ウィルソン。

1920年代のパリに憧れるロマンティストで雨のパリは特に好き。

アレン爺は今回出演なし。オーウェンの役に自分を投影といった感じで、

喋り方やキャラクターまでまるでアレンが演じてるよう(笑)

 

ギルの婚約者には、レイチェル・マクアダムス。

パリへ来ても、街を楽しむというよりショッピングで頭いっぱい

ハリウッドに住んでリッチな生活をしたいお嬢様。

性格的にもかみ合ってるとはいえない2人のやりとりがまたおかしい。

 

 

ある夜、ひとりで夜のパリを歩いていたギルの目の前にとまった1台のクラッシックプジョー。

「パーティに行くから乗りなよ!」の声に車に乗り込む。

実は誘ってくれたのは、グレート・ギャツビーを書いたフィッツジェラルドたち。

 

「マイティ・ソー」のロキ!トム・ヒドルストン。

向かった邸宅にはヘミングウェイやギルの憧れる大物作家が

そしてなんとガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)は、

ギルの処女小説を読んで批評をしてくれることに!

 

 

 

ピカソの愛人、モドリアナ演じるのは、マリオン・コティヤール!

クラッシックスタイルが見事マッチして素敵


大物たちを虜にする彼女に強力な魅力を感じ恋心を抱いてゆく。



さらにピカソやダリ、マティス、ロートレック、ドガなどのアーティスト達も出てきて…

って、ダリはエイドリアン・ブロディかい!

「ダリだ」と「サイ」好きをアピールしてるのが笑える


街のアンティークショップの店員に「ミッション・イン・ポッシブル ゴーストプロトコル」で

殺し屋を演じたのも記憶に新しい、レア・セドゥー。


フランス大統領サルコジ夫人のカーラ・ブルーニはロダン美術館員で登場


 

ファンタスティックストーリーと、美しいパリ

一緒に当時へタイムスリップ


お嬢様育ちの婚約者とともに憧れのパリを訪れたハリウッドの売れっ子脚本家ギルは、まさに人生の絶頂期を迎えていた。それなのにどこか満たされない彼は、 作家への転身を夢見、この街の黄金時代に想いを馳せている。そんなギルが0時を告げる時計台の鐘の音に導かれるようにさまよい込んだのは、活気漲る、文 化・芸術が花開いた1920年代パリのサロンだった。そこで美しく官能的なアドリアナに出会い…。



9/10(92点)



アレン爺、御歳76歳!

今なおバリバリ現役で素晴らしい作品をコンスタントに世に送り出す。

そのユーモアセンスと、愛する街の切りとり方が最高なのはいまをもって健在で嬉しくなる。

面白いっていうより、パリの素敵な街。大物たちがいる大昔へのタイムスリップが楽しいチャーミングな映画

相変わらず、蘊蓄セリフ満載でちょこちょこと笑わせてくれる。

彼女のいいなりで夢見がちなロマンティストにオーウェンはぴったり。

レイチェル・マクアダムスは最後まで性格悪い自己中役で少々可哀想な気もしたけど

これまたわがままお嬢さんはハマり役だし、

キャシー・ベイツおばさんは貫禄あるけど優しい雰囲気が特有の存在感。

マリオン・コティヤールの美しさは、絵画に出てくるモダンガールそのものの雰囲気を醸し出す

最近は自分の作品に顔を出さないアレン、出てると色が濃過ぎて雰囲気崩れちゃうから

ここ近年のには出てなくて正解だし、その方が個人的に好み(笑)


なんといってもこの映画の魅力はパリと、そこに居合わせる芸術家たちとの楽しい出逢い

そしていつものアレン作品ながらに美しい音楽が、パリの街を彩る


パリは高校3年の時に父や妹と行って以来。

それから再び行きたいと思いつつも行けてなかったんだけど、これみたらきっと誰もがパリに行きたくなる

当時から印象派、モネとルノアールが好きでパリ旅行では

お買い物も堪能したけどそれよりもやっぱり美術館巡り。沢山の本物の芸術に触れた。

この作品で出会う芸術家や作家は大物で、アートに興味がなくても知ってるような人たちばかり。

そんなキャラクターたちを、名優たちがユーモラスに演じてちょこちょこと

入れ替り立ち代わり出て来るんだから面白くないはずはない☆

正直、タランティーノが1位にしたのはとっても意外だけど私もこの作品はオスカーノミニーの中でいちばん好み


面白かった部分は細かくいろいろあるけど、

自分の恋人とは、重要なことでは意見があわないけど、

些細なことでは合う、例えばインド料理のナンが好きとか。

なんて えー、それでいいの?笑。と思う感性だし、

物知り顔で解説の彼女の先輩もうざったくて笑える

彼女ときたら彼の肩もってばかりだし。なんでー?笑

 

恋しちゃったアドリアナ含め、憧れの時代にいって会った人たちが皆

 

自分が生きている時代には魅力を感じていなく、それぞれにとってのゴールデンエイジ

(輝く時代)があって

アドリアナには世紀末のベル・エポックであり、
ドガやゴーギャンたち芸術家にとっては究極の時代はルネッサンス、ロートレックだ

なんて言ってる皮肉。 

現実というのは、常にいつの時代でも味気ないもの、過去への憧れはないものねだり。

そう気が付いたギルは直視するのを避けていた現代に戻り、自分のいちばん好きな場所に住む事にするという

いつものアレン流、シニカルジョーク。

そこに、

夜のパリ、1920年代のレトロなパリ、雨のパリ、

芸術家の住むパリ、そして恋人達のパリ,の風景をファンタジックに切りとった、愛すべき作品



 公式サイト

Midnight In Paris   2011年  スペイン=アメリカ   94min

5月26日より、全国ロードショー



2011年、5月。カンヌ国際映画祭にて。

             レイチェル可愛い♥

オーウェン色々あったけどこんな大役もらえてよかったね♥

どうみてもエイドリアン浮いてる 笑。



これで今年のアカデミー賞作品賞ノミネート作9本を全部観たので、

恒例のランキング発表〜


1位  ミッドナイト・イン・パリ

2位  ヒューゴの不思議な発明

3位  ツリー・オブ・ライフ

4位  ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

5位  アーティスト

6位  ヘルプ こころがつなぐストーリー

7位  ファミリー・ツリー 

8位  戦火の馬

9位  マネーボール

 

以上でした☆皆さま、楽しい週末を

 

 



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (52)   Trackbacks (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダーク・シャドウ / Dark Shadows | TOP | バッド・ティーチャー / BAD TEA... »

52 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2012-05-18 12:48:24
おおー高評価!!
めずらしくこっちでも上映されるので観に行こう♪
観たらまたくるね♪
やったね! (ノルウェーまだ〜む)
2012-05-18 13:34:58
migちゃん☆大ヒットでよかったね。
素敵な大人の雰囲気の映画なのかな。
パリには2度行ったけど、又行きたくなっちゃうかしら・・・
パリは大人の街だからねぇ。
子連れの旅行者には冷たかったよ。
映画たのしみ〜待ち遠しいわ。
yukarin★こんばんは (mig)
2012-05-19 00:22:09
いつも観る前にもありがとね♪
これ、yukarinも好きそうよ☆
音楽もいいしー!すぐ公開だから
楽しんでね!
まだーむ☆ (mig)
2012-05-19 00:24:40
オトナな雰囲気だけどアレンのだからちょこちょこ笑えるヨ♥
ぜったいまた行きたくなるよ♡
アレン映画好きじゃない人にはダメかも。
そうそう、高校生にも冷たかったよ(笑)
だからフランス人のイメージは高飛車。
凱旋門の近くで、チャイルドプレイ1を観たんだよ〜♪懐かしい!
おもしろかったね〜〜 (minkよ♪)
2012-05-19 03:52:57
そうそう!私にもパリでは生意気なタクシーの運転手や安〜いカフェの店員が意地悪だった(笑)日本語でふざけないで!と言ってやった(笑)

お店の人にお客が高飛車に振舞うのって私は大嫌いだけど、なぜかパリではギャルソンに高飛車にツンとして接したほうが相手が下手に出てくるような気がした・・・(笑)

あとハイクラスな人ほどカンジよかったように思う(偏見かな!?)

ま、それはいいとしてこの映画高得点だね!!

こんな風に自分の憧れの歴史の偉人たちがいる時代にタイムスリップできるなんて、マジで夢のようだよね!!私ならどの時代に戻りたいかな〜って結構真剣に考えちゃった!!(笑)

この映画、音楽もとってもよかったね〜〜!爺のニューヨークの映画の音楽素敵だけど、今回の音楽もすごくよかったよね!!
あのギターの音色がすごくすごく好きなの!!あんなギター弾いてみたいわ♪

そしてアドリアナのファションやあの時代の踊り子のファッションまさに私好み!!
あんなヘッドドレスほしいわ♡もちろん普段使い(笑)
チャールストンのダンスもやってみたい!

アドリアナ、アーティストのミューズなんていいね(笑)コケティッシュで魅力的だったよね。

あとレイチェルが例の知識人ぶった人の肩ばかり持ってオーウェンかわいそうだったね(笑)ウケたけど!
ほんと、オーウェンが喋り方とかキャラおか爺みたいだった(笑)

カーラ・ブルーニやっぱりmigちゃんも気づいてたか(笑)

私もパリに住みたくなっちゃった〜!(笑)
パリにいたら私もカフェで勉強や読書するよ〜♪

サンキューmigちゃん!!





minkたん☆ (mig)
2012-05-19 10:48:44
おはよ〜
コメントもすごいミッドナイトだね(笑)
観た後あんなに話してもまだまだ話せるね♪
うんうん、パリは高飛車!
だけどこうやって改めて夜の街とか、歩きたいなぁ
って思えたよね☆
やっぱりさ、この20年代の世界へタイムスリップや、音楽の(ギターの)最高の雰囲気。
爺の「ギター弾きの恋」もよいけど
今回さらに磨きがかかって洗練されてたよね〜
過去のアーティストたちに会いにいけるなんて最高!
そう自分だったらって考えちゃうよ。ほんと。
私だったらね〜、もちろんマリリンでしょ、あとはクラークゲーブルやチャップリン、当時のクラッシックな大物女優たちは勿論、
クレオパトラとか聖徳太子やその時代の豪族とか、卑弥呼とか
画家だったらやっぱりピカソやモネに会ってみたいし、悩みっぱなしの太宰治に会うのも面白そうだし、
我が輩は猫であるを書いてる頃の漱石とかあともう会えないミュージシャンもいいよね!シドビシャスとかジャニスジョップリンとかカートコバーンもいいね☆考えるの楽しいー♪

じゃ、将来はminkちゃんがパリ、私はNYに住むってことで♡
お互い行き来しようよ(笑)


こんばんは (dai)
2012-05-19 19:01:20
migさんかなりの高評価ですね。

シニカルさを含めてウディ・アレンらしい映画かなと思いましたし、オーウェンはウディ・アレンでしたね。こういう映画はパリへ行きたくなります。
paris (yue)
2012-05-19 23:34:54
ボンソワ〜♪

キャー!mig姉もゆえと同じ☆9?!!
やっぱいいよね〜
このファンタジー最高☆夢のあるコメディ。
めっきりゆえもぺぺもパリに住みたくなってしまったよ。
でも、実際はアパートがどこも古くてお水がでないとか
色々ノルウェーの生活よりも不自由あるから
短期間で住みたい!!^^

ところで、パパ帰る前というのに、風邪引いちゃったよ〜><
☆daiさん (mig)
2012-05-20 10:07:20
うん、そう〜
なにがいいって雰囲気も。
オスカー作品賞候補中ではヒューゴと同じくらいだけどややこっちが勝ち(笑
パリまたいきたくなったな〜★
yue☆ (mig)
2012-05-20 10:10:05
yueも9だったとは!
過去の憧れの偉人達と理由もなく車に乗ったら会えるっていうのが斬新だし
夢のあるストーリーだよね☆
そうそう、アレン爺もインタビューで
昔に憧れるけど抗生物質やエアコンないからムリ、ってそのままオーウェンに喋らせてた事言ってたよ。笑
migはパリは住みたいとはまったく思わないけどネ。

パパ、熱下がったようで良かったけど
のんびりして気がゆるんだからだね〜
それに写真で寒そうだった!!
大変申し訳ありませんでした。 (ラウ・チェン)
2012-05-20 16:11:44
ご訪問して下さってありがとうございました。
コメント返信でお名前を間違えるという失礼な大失態をしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
ミッドナイトインパリはタラちゃんも一位で、色んなメディアでここ数年来のアレン作品の大傑作として評価が高いので、私もかなり期待しています。
migさんの9点はスゴいですね、更に期待に拍手がかかります!
個人的にツリーオブライフがまさかのオールタイムベスト10入りの大好きな作品でしたので、これを超えるのは難しいかもですが、ノミネート作品ではかなり上位ではないかと思います。
最初にゴッホ的なポスター見た瞬間ヤラレましたので。
でもアレンて本当にアカデミー嫌いですよね、カンヌには出てるのに、何となく分からないでもないですが。
お名前本当に申し訳ありませんでした。
これからもよろしくお願いします。
http://ruworld.blog106.fc2.com/
ラウチェンさん☆ (mig)
2012-05-21 10:46:46
こんにちは。
いつもコメありがとうございます、
いえいえ、そんなに気にしないでくださいね〜私自分の記事更新さえ時間なくてなかなか皆さんのところへいけない状況なので、、、
これは個人的に好きですが期待しすぎないで下さいね(笑)
内容が面白いってよりアイディアや雰囲気とか好みなので。
ツリーオブライフ、賛否あったけど私も好きです。

あ、blogのアドレスはお名前コメのとこにいれると名前からリンクでとぶようになるので張っていただかなくて大丈夫ですよ〜☆
Unknown (hino)
2012-05-23 08:19:42
migちゃん
素敵な作品なんだねー。
これ観たくて今日まだやってないんだねー。残念。
みぐちゃんパリいいねえ。
私の苦肉の発言だけど 苦笑
フランス領のタヒチ行ったときゴーギャン美術館見たよ。日本でもゴーギャン展観にいったし。ピカソも好き。
アールヌーヴォー時代にも惹かれるー。ティファニーランプとかさあ。

この作品。観たいぞよーー。
☆ゆきえちゃん (mig)
2012-05-23 10:45:43
こっちにもありがとー☆
これ今週末からだよ♪ゆきえちゃんも好きだと思うケドそこまで期待はしないでね、
いまだにゆきえちゃんのツボは難しい(笑)

苦肉の発言!?なにが?

ゴーギャン好きなのかな?
アールヌーボーいいよね、インテリア好きなゆきえちゃん、この1920年代の雰囲気きっと気に入るはず
感想楽しみだな。観てね♪
というか私もまた観たいの、一緒にみたいねー
Unknown (かのん)
2012-05-26 22:53:07
ウディ・アレンがギルに自身を投影している。言われてみればたしかにそうだったかもしれませんね。そう考えるとより奥深いものが感じられてきますね。

登場する文化人はだいたい把握出来たんですけど、ラストのオチにもなってた肝心の歌手を全く知らなかったのがおっても残念でした。
Unknown (風情♪)
2012-05-27 15:20:51
こんにちは♪

旅先で雨に降られるとガッカリするところだけど、
本作を観て気持ちを変えればまた違った魅力がで
て来るんだなぁと。

それはそれとして、知的好奇心もくすぐられるし、
W・アレン監督の黄金時代に対する想いも十分以
上に理解できるだけにとても楽しかったです。
と言うより最高に上質で素敵な映画した。
ボクもパリは15年ほど前に行ったきりで、しかも
2日間しか滞在してないんで、また行きたいとこ
ろです。
そんなワケで取り合えず駅前のルノアールに行っ
て来ます。
こんばんは♪ (yukarin)
2012-05-27 22:10:27
観てきたよ〜良かった♪
たまにはこういう洒落た作品もいいな。
気分が落ちてるトコだったので、ファンタジックなお話に音楽...癒されましたわ。
残念ながら芸術的な見方してないので、ダリがサイサイ言ってて笑えたとか、ヘミングウェイがいいなとか(笑)
ごめんなさい、、、
無知を恥じつつ (クラム)
2012-05-27 22:18:10
パリは行ったことありません。
国内の美術館ですら学生時代以来ごぶさたしてます。
昔にもあまり憧れたり懐かしんだりすることはないのですが、
「抗生物質やエアコンないからムリ」
という下りはハマりました。
・・・こんなコメントしか書けず恐縮です。
Unknown (KLY)
2012-05-28 01:18:27
基本的にウディ・アレン嫌いなんですけど、この作品は彼の作品の中では凄く良かったです。
ただ、残念ながら人の名前聞いても聞いたことない人が多くて知識がないのが痛かった。フィッツジェラルド夫妻、コール・ポーター、ガートルード・スタイン辺りは初めて聞く名前だし、他の有名人もその作品は殆ど知らないに等しいので、何処がネタになってるのか全くと言っていいほど判らなかったの。
ただ、タイムスリップして昔はイイってのは違うよという部分に主人公が気付くって話はとてもわかり易いんで、このあたりはさすが語り部やなぁと思ったデス。
かのんさん☆ (mig)
2012-05-28 09:06:15
ギルは完全アレン爺でした(笑)
よく自分が出てない時は憧れや、自分自身投影するんですよね、
それにしても初めから彼女とは合ってなかったですね。

自分が誰に会いたいかって思わず考えちゃう作品でした〜♡
風情♪さん☆ (mig)
2012-05-28 09:08:38
おはようございます☆
アハハ、ルノアール(笑)

アレン爺らしいところに素敵な魔法=ファンタジーがかかってノスタルジックで素敵な作品でした〜♪
そうそう、雨は私も大キライなんだけど、
次にパリいったときは夜とか、雨ももっと楽しんでみようって思いました、
それだけでも新しい収穫で嬉しい思いです☆
yukarin★ (mig)
2012-05-28 09:10:35
おはよう〜
yukarin気分落ちてるの?
実は私もなの、、、、

こういう風に映画で癒されたりするのいいよね〜
憧れてる作家、とくに相当な過去に行って、仲良くしちゃうところが素敵。
映画ならではの魔法だよね!

サイサイ言ってるエイドリアン、ウケたわ〜♪
クラムさん☆ (mig)
2012-05-28 09:12:46
おはようございます。
いやいや恥じることなんてちっともありませんよ!
楽しめたらそれでいいんですよね
映画なんて。
こんなマジックで相当な過去にいってみたいです〜
キャストたちも有名な偉人たちになるのは楽しかったろうな〜って想像とかも楽しい。
KLYさん★ (mig)
2012-05-28 09:15:47
おはよう☆
アレン作品好きじゃなかったんだ?
それは知らなかった〜

確かに偉人たちの作品みたり読んだりして思い入れあると一層楽しめるよね、
私もたまたま好きな印象派時代だったりロダン美術館も行った所だったりってあるけど、名前を知ってるだけの作家とかでもこういう感じの人だったんだぁって楽しめた♪
なにより自分の憧れのひとたちと仲良くなっちゃうってドリーミーで素敵なマジックストーリーなのがお気に入り
素敵! (AKIRA)
2012-05-28 17:39:37
魅力溢れる秀作でした!
めっちゃ好き!

ウディ・アレンに感謝したいくらい気に入りました。


あぁ,パリに行ってみたい。
読みふけった作家達 (q 観まくってた絵画)
2012-05-28 22:22:36
あぁ・・・パリは遠い地
大人のマジシャンasアレンにより
魔法のスパイスを調合して頂き
心が潤ったわ。
豊かな気持ちになっちゃった
暫しの夢に浸って ほよ〜んと癒し
素敵に女優さんと俳優さんが演じたし
セリフも上手い
ウディ・アレンが贈る
「パリへの熱烈なラブレター」だねぇ
そして。愛しい音楽
これまたセレナーデが素敵
んまっ!ポスターの背景は流石ね
「The Starry Night」だもの

こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-28 23:09:42
よく日本のドラマを映画化した作品で安易にパリが舞台になったりしてますけど、あんな映画よりもこの映画の方が何百倍もパリの魅力を描いていたと思いますよ。
あぁ〜パリに一度行ってみたいですわ。
でもフランス語は苦手ですからにゃ〜。
☆AKIRAさん (mig)
2012-05-29 19:56:00
パリいいですよ〜
アメリカとは違う良さがヨーロッパにはある、やっぱり芸術の街です。
いつも理屈っぽいアレン爺だけど、
今回思い切り夢のあるストーリーに魅了されましたね☆
qちゃん☆ (mig)
2012-05-29 19:57:09
良かったよね。
アレン爺がこんな素敵な映画御歳79で撮ってくれるとは!
オーウェンとか、キャストも豪華で皆ハマってるし。
お気に入りの1本♪
☆にゃむばななさん (mig)
2012-05-29 19:59:35
こんばんは、全くその通りですよね。
パリ、行ってからは随分経つのでまた行きたい衝動にかられちゃうけど
実際は、フランス人お高くとまってるし夏は犬のうんちや悪臭すごかったりするんですよね(夢壊してごめんなさい 笑!)
でも過去の偉人に会うなんてほんとに夢のような話♪
Unknown (hino)
2012-05-31 09:00:39
観てきたよー!!
とーっても素敵だった。うっとり癒しの映画だねえ。音楽も映像も。ホテルやお金持ち一家の持ちものファッションもみーんな楽しめた。
これはまた観てみたい。
あんなに素敵な街で文化の歴史もあるのに、私がパリに縁を感じないのは何故だろうと思ってしまった。前世かかわりなかったのか。
スペイン、イタリア、ドイツには惹かれるのだけどねー。

あの最後の女の子ってミッション3のあの子だったんだーー!?びっくりびっくり。
あのラストがパリ的で、初めてウッディアレンいいなと思ったよ。

サルコジ元大統領夫人も何気に出番多かったねー。

レイチェル可愛かったー。意外に肉感的だったね。
今週、君に読む物語をみなおしてたんだけど、あれもレイチェルだったんだね。気づかずにみてたよ。
今日もDVD何か観ようっと!!マザーズ面白そうだー。
ゆきえちゃん☆ (mig)
2012-05-31 09:54:25
おはよう♪さっそく感想聞けて嬉しいな♪
わーよかった、そうだね〜ゆきえちゃんは
すっかりもうアジア圏のバックパッカーのイメージついちゃったよー。
見た目はぜんぜんそんな感じじゃなく
そうだな〜ゆきえちゃんはどこの国があうかな?もうすっかりインドのイメージが(笑)
まだーむはそこまでハマらなかったんだって、ちょっとザンネン。

そうそう、アレン爺は理屈っぽいけど今回は素敵な魔法をかけてくれたよね♪
君読むでもレイチェルよかったし、うまいよね。あ、今日もお休みだもんね。
楽しく過ごしてね☆
私、まだーむとも時間つくってね〜
さすが! (ノルウェーまだ〜む)
2012-05-31 15:40:12
migちゃん☆感想書いたよー
上手く表現できないと思ったら、migちゃんがチャーミングな映画って。そうだ!その通り〜さすがmigちゃん。
アカデミー賞もので1位なんだね。

私はキライじゃないけど、特別好きな映画でもないかな。
この10作品ではや1位はっぱりヘルプになるかなぁー
こんばんは (ノラネコ)
2012-05-31 23:23:28
90年前の有名人の現代のスターたちのそっくりショーが楽しかった。
エイドリアン・ブロディのダリには笑わされました。
まあお話としては軽い喜劇ですけど、気持ちよく映画の夢に浸れました。
まだーむ☆ (mig)
2012-06-01 13:04:50
今日は気持ちイイ映画の日だね〜
もうこんな時間だ〜
今回も観たいのいくつかあるけど控えようかなぁ、、、

うふふ、ありがとう♪意外にもまゆみさんはそこまでハマらなかったのね、ちょっと残念。
そっか〜まだーむはヘルプなんだぁ。
今度全部の順位教えてね♪
ノラネコさん★ (mig)
2012-06-01 13:06:00
こんにちは。

TBがまた届いてないようです、
あとで伺いますネ☆
皆楽しそうに偉人演じてましたね〜。
こんな夢のようなお話、ステキにみせてくれたアレン爺に感謝したいです♪
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-06-01 14:00:14
今月migさんが一押ししてくれたロボットとこの作品両方観ましたよん♪
両方とも好きですが、エンタメ派手好きが好きな私なのに(笑)比較したら、よりこの作品のほうが好みでした!

とにかく可笑しかった!面白かった!
なんて言う事では言い表せないんですが、そう!migさんが言われているようにチャーミングな映画
でした♪

観た後に、心地良い余韻が残る映画っていいですよね(^^)

タランティーノが1位にしたって私も意外
です(笑)
作品賞のランキングで1位なんですね。
う〜ん、私だったら・・・難しいなあ。。。

1位は、この作品かヘルプかものすごく〜の3作品のうちどれかにします(笑)
ひろちゃん★ (mig)
2012-06-01 20:50:02
こんばんは☆
良かったです〜
楽しめたみたいで。
タラの1位ってすごい意外ですよねー。

作品賞の中では私一番だな〜ヒューゴもおなじくらい好きなんですけどネ★
夢ある話って大好きなの♪

ひろちゃん、ヘルプ高いんですね!
ブロガーさんのアンケートとったら面白そう。
やっと書いた。 (rose_chocolat)
2012-06-03 09:17:41
いっぱい観た映画溜まっててなかなかこれが書けなくて〜
苦手アレン作品でもここまで素敵に思えたのはすごく私も嬉しいかな。
観終わった後のhappyな気持ちですよね。
オシャレ〜 (NAO)
2012-06-03 15:19:04
こんにちはmigさん♪
TBだけ先に入れちゃって、コメントなかなか入れずにいました><

ほんと、キュートでチャーミングな映画でしたね。
ポスターからしてオシャレ♪
ウディ・アレン監督の作品はどちらかというと食わず嫌いの感があったので
これを機会に過去の作品をもう1度じっくり観ようかな?と思いました。

それにしてもマリオンはキュートで色香もあって
こんな女性になりたいです♪♪
roseさん☆ (mig)
2012-06-03 22:17:33
ちょっと観過ぎじゃなくて?笑
立て続けにみてたら記事かけないよね、、、
たいへんだー
rose
さんアレン爺作品苦手だったの?!
それはちょっと意外かも。
これ大好き♪アレン出て来なくて正解★
NAOさん☆ (mig)
2012-06-03 22:19:21
こちらにもありがとです。
アレン爺作品は食わず嫌いですか〜
そういう方多いのかも。
昔の映画からして皮肉満載だけど毎度コメディだからわかりやすいし面白いんですよ〜☆
爺が出てない方がけっこう好きだったりするけど。
スカちゃん出演作とかみやすいからぜひ♪
これ良かったー! (562_1992)
2012-06-08 00:36:41
migちゃん、お久し振りー!
ひと月半振りに映画館いってきて、
この日は『君への誓い』『ミッドナイト・イン・パリ』とレイチェル祭りだったよw

この映画あたしも好き♪
軽妙で皮肉もきいてて夢があって…古き良き時代への憧れを描きつつも
今の時代もいいもんなんだよ、きちんと今を生きようよって言ってるみたいで…

出演者も地味だけど(失礼)なにげに豪華だった。
'20年代の芸術家達はイメージ通りだし、ファッションや小物も素敵だったわ〜
あと、レア・セドゥーが今まで見た彼女の作品の中で一番可愛く感じたよ。
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2012-06-09 01:22:09
tamaちゃんおひさしぶ!
こっちでは♪嬉しいな♪
やっと観れたのね!
君への誓いはチャニングテイタムね。
そっかあっちもレイチェルだよね☆
うんうん、好き好き〜
そこまでじゃないって人もいるけど子の雰囲気がたまらないよね〜
過去に車ひとつでタイムスリップなんてファンタジックな魔法だし。
レアセドゥーって決して美人じゃないんだけどね(笑)ケイトモス系 笑
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-06-17 20:59:43
TBありがとうございます。

スパイスが甘辛く利いた、味わいある作品でした。
高評価ですね☆
yutake☆イヴさん★ (mig)
2012-06-18 09:11:10
はじめまして
コメありがとうございます♪

アレン作品は元々好きですがこれはお気に入りでした〜♪アレンマジック。
恐縮です。 (sakurai)
2012-06-23 08:52:03
TBいただいたのに、放置プレー状態ですいませんでした。
一応、母の役目が忙しく。。。ぐちぐちといいわけ。

で、映画。
ウッディ爺さん、76歳ですか!そっか、そんな年になったのねぇ。
やっぱり出てこない方が、いいですよね。
NYの最後の方は、もう駄目かなあと思うくらいのつまんなさでしたが、ヨーロッパに行ってからは、佳作連発ですわ。
まだまだ行けそうですね。

浮いてるエイドリアンの写真が、笑えます!
sakuraiさん☆ (mig)
2012-06-24 00:04:05
こんばんは☆

気にしないで下さいね〜
もうすごい歳ですよね、
それでも年に2本づつ撮るんだからすごいです、既にあと2本日本でやってないのあって秋にも公開しますしね♪

これ気に入ったからまた観たいな★
スキスキ♡ (tomoco)
2012-09-07 13:09:11
ヒューマントラストの最終日にやーっと観たよ
もうアカデミーの作品賞にノミネートされてたことも、
タラちゃんが去年のベストにしてたこともすっかり忘れてたわん

オープニングからもう幸せ気分
大人のおとぎ話っていうかステキなお話だった
映像にも音楽にもうっとり♪
パリ行きたくなっちゃうね〜
まさかモネの睡蓮の池を映像で見れるとは!

migちゃん、風邪こじらせないようお大事にね☆
tomocoさん☆おはよ (mig)
2012-09-08 08:05:50
昨日は舞台にいったのねー
突然?
これよかったでしょ、アレン特有の感じも
本人が役者としてでてないからうまく消えてて
オーウェンのキャラがたってるからいいのよね☆
昔の有名人と会うって、面白い発想だし
自分だったら誰に会いたいか考えちゃうよね
tomocoさんならいつの時代にいって誰に会いたいかこんど聞くわ♪
遅くなってごめーん (maru♪)
2013-01-07 01:54:32
来たよー★
これホントよくて絶対BEST10に入れたくて、あわてて感想書いたんだよー(笑)

ギルと一緒にあの時代の芸術家たちに会えて幸せだったよ!
もちろんベル・エポックの時代もね★
見せ方上手いからホントに一緒にあの場にいる気になれるんだよねー♪
ダリが笑えたわ(笑) ロキもいたしね♪
maruちゃん☆ (mig)
2013-01-08 11:17:56
待ってたぞぃ!
お疲れさま!

そうだよね、ほんと洒落てていいし
自分だったらいつの時代にいって誰に会いたいかなぁとか夢があるよね
私は聖徳太子とか卑弥呼とかに会いたいわ。
外国だったら誰だろ,,,ピカソとかモネとか
興味あるけど話たいとは思わないかも

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

50 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...
ミッドナイト・イン・パリ (Memoirs_of_dai)
ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (ラムの大通り)
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ...
ミッドナイト・イン・パリ (悠雅的生活)
午前零時。憧れの時代。雨の中の散歩。
ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS (いい加減社長の映画日記)
「」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。 そん....
ミッドナイト・イン・パリ (佐藤秀の徒然幻視録)
パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ...
ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作
ミッドナイト・イン・パリ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...
「ミッドナイトインパリ」 (Con Gas, Sin Hielo)
夢は夢のままで。 80歳を目前にして、これまでで最高の興行収入を記録したというW.アレン監督作品。 それだけでも驚きだが、この年齢になってNY以外の都市を舞台に新作を作り続ける彼の意欲にも脱帽する。 パリに行ったことはないが、本作で描かれる現代そして1920年....
ミッドナイト・イン・パリ (KATHURA WEST)
こんな絵見せつけられたら、行かないわけにはいかないでしょう。 《時空が歪んでいる》 《ゴッホが呼んでいる》 公開初日観てきた。(公開初日に劇場にのこのこ出かける映画ってあったけ) 12時過ぎ、鐘が鳴ると、《プジョークラシックカー》のお迎えがあり、1...
ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris (LOVE Cinemas 調布)
語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・...
ミッドナイト・イン・パリ (ここなつ映画レビュー)
真夜中の12時の鐘が鳴ったら魔法が解け、馬車はカボチャに戻り、身に纏った美しい衣装もボロボロに戻る。シンデレラのお話しは確かにそうだけれど、この「ミッドナイト・イン・パリ」では、12時の鐘がパリの街角で鳴ったその時が、夢の始まり。 少しネタバレ...
ミッドナイト・イン・パリ (Akira's VOICE)
パリふれあい街歩き。  
『ミッドナイト・イン・パリ』 (こねたみっくす)
これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 12時のプジョー (Days of Books, Films )
Midnight in Paris(film review) シンデレラは深夜1
『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう (映画のブログ)
 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
迷子の旅人〜『ミッドナイト・イン・パリ』 (真紅のthinkingdays)
 MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...
「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。
「ミッドナイト・イン・パリ」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜真夜中のパリに魔法がかかる〜 本年度アカデミー賞脚本賞受賞作品2011年   スペイン・アメリカ合作映画   (2012.05.26公開)配給:ロングライド      上映時間:94分監督:ウディ・アレン脚本:ウディ・アレン衣装:ソニア・グランデ出演:オーウ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (My Pace, My Self)
『ミッドナイト・イン・パリ』観てきました〜もう、パリってだけでウチてきには惹かれすぎるのに、そこにアレン節が加わってどうなることやらと期待大!さらにレビューを検索しているとかなりの高評価なのでもっと期待大!!札幌駅の映画館ではいつも予告編が流れているの...
★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★ (Cinema Collection 2)
MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャンル コメディ/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 人気ブログランキングへ 【解説】 本国アメリカではウ...
「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン
ミッドナイト・イン・パリ (そーれりぽーと)
ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイムスリップものでもVFXとは対極にあるようなウディ・アレンのヒューマ...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris (勝手に映画評)
酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人...
ミッドナイト・イン・パリ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『ミッドナイト・イン・パリ』  (2011) ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。 彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン (Nice One!! @goo)
原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、 レイチェル・マクアダムス 、マイケル・シーン 公式サイトはこちら。 苦手な...
ミッドナイト・イン・パリ (心のままに映画の風景)
ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ...
ミッドナイト・イン・パリ (だらだら無気力ブログ!)
当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
ミッドナイト・イン・パリ (こんな映画見ました〜)
『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェ....
アレン流 タイムスリップ! (笑う社会人の生活)
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや〜...
ミッドナイト・イン・パリ (映画の話でコーヒーブレイク)
ベトナムに行く飛行機の中で見た1本です。 ウディ・アレンが脚本と監督を務め、アカデミー脚本賞を受賞。 公開になったら映画館に見にいこうと思っていたので、飛行機の中で見れてラッキーでした。       *************************  ...
映画・ミッドナイト・イン・パリ (読書と映画とガーデニング)
2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる パリの屋根裏部屋での暮らしを....
「ミッドナイト・イン・パリ」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・スペイン・アメリカ/配給:ロングライド 原題:Midnight in Paris 監督:ウッディ・アレン 脚本:ウッディ・アレン 撮影:ダリウス・コンジ 製作:レッティ・アロンソン、スティ
ミッドナイト・イン・パリ      評価★★★★92点 (パピとママ映画のblog)
午前0時の時計台の鐘に導かれ、芸術家たちとの夢の一夜へ 第84回アカデミー賞脚本賞を受賞し、ウディ・アレン作品としては全米で最大のヒットを記録した、ファンタジック・コメディ。 あらすじ:ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)....
「ミッドナイト・イン・パリ」  (首都クロム)
 絵葉書のように切り取られた幾つものパリの風景が少しずつ暮れ、街灯の艶かしい反映の中に沈んでゆく。冒頭の数分間だけで、芸術と恋と歴史の街にぐっと引き込まれました。日本では古都へでも行かない限り、過ぎ去った時代の人々が踏んだ道とか、文化的遺産に触れること...
「ミッドナイト・イン・パリ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Midnight in Paris」 2011 スペイン/USA ギルに「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/2006」「ダージリン急行/2007」のオーウェン・ウイルソン。 イネスに「幸せのポートレート/2005」「あぁ、結婚生活/2007」「消されたヘッドライン/2009」「き...
ミッドナイト・イン・パリ (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督&脚本のコメディ最新作です。 夜中のパリにタイムスリップするって面白そうだなと公開を楽しみにしていました。 芸術家たちが華やかに集う様子にワクワクしながら主人公と共にパリをさまよえるような物語でした。
ミッドナイト・イン・パリ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 小説家志望で、社交性のない主人公ギルをオーウェン・ウィルソンが熱演し、その婚約者イネズをレイチェル・マクアダムスが演じているのだが、なぜかネットでのキャスト紹介では、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニなどの名が先行して...
ミッドナイト・イン・パリ(2011)☆彡MIDNIGHT IN PARIS (銅版画制作の日々)
 真夜中のパリに魔法がかかる 好き度:=90点 MOVIX京都にて鑑賞。 ロマンチック☆★な大人の絵本って感じでお洒落。アレンおじさん傑作作品ですね。 オーエン・ウィルソンはどちらかというとちょっと苦手なのですが。この作品ではとてもハマり役でなかなか良かっ...
映画『ミッドナイト・イン・パリ』★真夜中のパリの夢が覚めてないアレンだから (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158560/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id341568/r...
「ミッドナイト・イン・パリ」 (みんなシネマいいのに!)
  いや、マジでネタじゃないんだけど、「ラストタンゴ・イン・パリ」だと思いこんで
「ミッドナイト・イン・パリ」 (或る日の出来事)
パリの真夜中、過去へタイムスリップ!?
ミッド・ナイト・イン・パリ (迷宮映画館)
素敵な時間、夢の時間、魔の時間?
「ミッドナイト・イン・パリ」:若きアレンが演じたらなぁ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ミッドナイト・イン・パリ』は、初めてパリを舞台としながらも、まさにウディ・
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
『ミッドナイト・イン・パリ』 (Cinema+Sweets=∞)
この間の休みに、やっとのことでウディ・アレン監督の最新作『ミッドナイト・イン・パリ』を映画館に観に行ってきました。 こういう小粋な作品は素敵ですね、映画を観て気持ちがリフレッシュ出来ました。 ...
ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (・*・ etoile ・*・)
'12.12.02 『ミッドナイト・イン・パリ』DVD鑑賞 公開時とっても気になってたんだけど、単館系ってどうしても見逃しちゃうこと多い・・・ もともと出不精だから(o´ェ`o)ゞエヘヘ ということでDVDにて鑑賞♪ もう、とにかく空がゴッホの「星月夜」になってるチラシのセ...