我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

アーティスト/ THE ARTIST

2012-03-27 00:24:47 | 劇場&試写★6以上

 

 


第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞


試写にて鑑賞。

監督はミシェル・アザナヴィシウス


サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳優、ジャン・デュジャルダン。

ワンちゃん、アギーも立派な演技を見せて動物界のアカデミー賞で賞受賞

「風と共に去りぬ」のレッドバトラー、クラーク・ゲーブルを思わせるちょびひげ+タレ目

とにかくカッコイイし素晴らしかった~

 


そして新人女優からトップスターへ。天真爛漫なペピーを演じたのはベレニス・ベジョ。

 


お母さんか?ってくらいなんか老けてるジョージの古女房。

あっさりポイ。


フランス映画だけどハリウッドの名優達も出演。

ちょい役だけど「時計じかけのオレンジ」のアレックス、マルコム・マクダウェル。


メタボ止まらずのジョン・グッドマン。


 

優しい運転手兼お手伝いのジェームズ・クロムウェル。



1927年のハリウッド。映画界屈指の大スター、ジョージ・バレンティンは新人女優ベビーを見初め、人気女優へと導いていく。惹かれあっていく二人・・・。しかし、折りしも映画産業はサイレントからトーキーへの移行期。サイレントに固執するジョージが没落していく一方で、ベビーはスターの座を駆け上がってい くことになり・・・。



7/10(78点)



無駄が一切ない、シンプルでストレートすぎるくらいわかり易いストーリー。

ラブストーリーとしてとるもよし、

コメディとしてみるもよし。


サイレント映画は20年くらい前にキートンやチャップリンなどたくさん観たので

今観ると懐かしい感じ。

今年のオスカーで、「ヒューゴの不思議な発明」と一騎打ちと言われた本作。

だから余計に期待のほうがやや高まりすぎてたかな。わたしはヒューゴの方が好き。


両作品とも映画業界にまつわる話で、こちらは昨今の3DやCG映画全盛期の中で

音も色もない世界、シンプルだけど映画本来の、というか

映画を娯楽として人が楽しみ始めた頃の映画。全てを表情や動作、音楽、テンポから

くみとり、それぞれ観る側が想像力を働かせ受け止める。

そんな当時の映画の存在が、知らずしても蘇ってくるような感覚。


主役の二人は役者という設定もあって、「電撃的な恋」といっても

スター俳優と、もともと想い寄せてたそのファンの子が、という図式にも思えてしまう。

ジョージは独身ではなく いつも自分の載った雑誌や新聞の写真の顔にイタズラ書きをする古女房がいる。

そこに愛はないらしい。

どういうきっかけで結婚したのかはもちろん描かれないけど

単にひと目惚れして出会った若い子に惹かれ始めるという安易な感じがしちゃって

あまり二人の恋を応援したくなるというものではなかった。(いやだからって古女房の肩持つわけじゃないけど)

そこがちょっとひっかかってしまって最高にロマンティックな物語

と絶賛するまでには至らず。

あと、単純な内容のせいかちょっとテンポが悪いかな。101分というのは

ギリギリの長さでこれ以上長かったら飽きがくるように思う。無声映画だし。



有名になるには特徴がないとダメ。とアドバイスして書いてあげた付けぼくろ。

サイレント映画はやがて飽きられて、ジョージは仕事がなくなり落ちぶれて行く一方で

新しい物を求める人たちに受け、ペピーの人気に火がつく。

取材を受けているそのちょうど後にいて

「古いのは新しいものに道を譲るべき」などというセリフを自分のことだととり

自らの企画主演監督作は失敗、妻からも追い出され、

家財道具を全てオークションにかけて売ってしまい、途方にくれる。

そんな時も愛犬の存在は唯一無二。

ワンちゃんがとにかく演技達者で可愛い


火災事故があったあと、力になりたいと引き取ってくれたのは

ペピー。そこである部屋で目にしたのは、自分の家財道具一式で。

ファンが買ったのではなく彼女のお情けにあやかってたと知ったジョージは絶望する。


ストーリー的には本当にシンプル。先も読めるし。

アカデミー賞作品賞だけどわたしの中では思った程というか、そんなにハマらなかったかな~。


ただラストの、共演を提案したペピーがジョージと踊る軽快なタップダンス

ここがもっとみていたいくらい最高でした~。


昔のサイレントムービー、また観直したくなったな★


あと、ペピーの主演した「付けボクロ」って映画いったいどんな内容なんだか

それ観てみたいな~って思っちゃった。



THE ARTIST    2011年  フランス  101min


4月7日より、ロードショー


きっかけはこのカンヌ映画祭。





かわゆい


 

 

 

ボタンおしてね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (52)   Trackbacks (87)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テイク・シェルター / TAKE S... | TOP | ロボット / ENDHIRAN THE ROB... »

52 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロッキン)
2012-03-27 01:14:28
いつもだけど、migさんの俳優さんたちへのコメがほんとどきゅーんとど真ん中に当てはまって最高! 

フランス映画ってあまり見てなかったけど、これ、いいかも。

>絵文字・・・うん、気をつける! 教えてくれてありがとうー!

おうえん
ロッキンさん★ (mig)
2012-03-27 01:21:02
アハハ、そう???
さっきポチいってきたよ~

これ、ぜんぜんフランス映画っぽくないのでぜひ♪
フランス映画もいいんだけどね
ありがとう
Unknown (KLY)
2012-03-27 01:57:50
今日は東商ホールだったのかな?
私も観に行く予定だったんだけど、見事に仕事ふられていけなかったのです。仕方ないから公開したらまた行ってくるつもり。

頂いたコメントのレスにも書いたけど、行けなかったのが悔しかったんで『お熱いのがお好き』借りてきて観ました。タイトル違いなんでここで詳しくは書かないけど一言でいうなら「スゲー面白かった!マリリンほんと可愛い!」だったよ!
KLYさん★ (mig)
2012-03-27 09:29:59
そうそう、kLYさんいるかもって話してたんだけど、まっつあんには会った

わー、KLYさんにもマリリンの可愛さわかってもらえたしかも
一番好きなお熱いのがお好き。
最高でしょ♡それにマリリン可愛いの~
あと前に話した百万長者と結婚する方法とかね、どれも面白いからどんどん観てハマってね
ポチ (まっつぁんこ)
2012-03-27 12:02:20
ポチしといたけど犬の名前はアギーだったのね。(笑)
☆8つとは高得点でびっくりですなあ。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-03-27 12:53:05
migさんの評価も良いし期待しても良さそうだね~。
わんちゃん可愛いしね。
サイレント映画は興味あるから楽しみ♪
まっつぁんさん (mig)
2012-03-27 12:58:51
私サイレント映画好きだから。
でも妻は捨てあっさり若いコへ。2人の愛には共感できずー。ねないけど寝る気持ちわかる、★は7と迷ったけど下げてもいいかもー。(笑)
アカデミー好みの作品
yukarin (mig)
2012-03-27 13:01:00
ゆかりん好きだとおもうよー★
わんちゃんめちゃ可愛いU+2661よ
やっと書いたよ~ (ノルウェーまだ~む)
2012-03-27 16:24:41
migちゃん☆
「ロボット」どうだった?3時間出なくて良かったね。

「アーティスト」ラストの部分は書いていくうちに段々感動が蘇ってきたよ。
最初キレギレだったのが、ちょっとだけ残念。
あれぇええええー?飛行機乗ってたりした?
こんばんは (dai)
2012-03-28 00:00:19
migさんはヒューゴの方が良かったんですね。
話はシンプルですが、シンプルだからこそ
このサイレントを楽しむには調度いんでしょうね。
まだーむ★ (mig)
2012-03-28 09:37:21
おはよ♪
うん、ツイッターで横に出しといたけど面白かった!!でかける前にupするよー★
飛行機のシーンはないよ
☆daiさん (mig)
2012-03-28 09:38:31
うん、もちろんサイレント映画はそういうものですしね~。
ただヒューゴのあの鮮やかな後半の展開がやっぱり私好き。
こちらは最後が良かったな。
こんばんは~ (マリー)
2012-03-28 23:27:46
もう観たんだね~

サイレント映画…実は途中眠くなってしまって(子供かっ?)寝ないで最後まで観れたら、高評価という単純な基準(笑)

でもmigさんは、ヒューゴに軍配なのね~
私もそうかもしれないな…
けどワンコの演技はこちらが凄そう!それだけでも観たい~

フランス映画お得意のひねりはないのかな…サイレントだから、シンプルさを追求か~
マリーさん★ (mig)
2012-03-29 09:03:24
おはよぅ♪
マリーさん熱もうだいぶ良くなったみたいで良かった、ムリしないでね。疲れがきっとたまってるンだよ~
こっちも8つけたくらいだからいいんだけど7でも良かったかな、アカデミー賞の爺さんウケしそうなタイプ。
ヒューゴは後半と雰囲気が好きで♡
うん、おひねりはないストレートなストーリーだよ
Unknown (kanako)
2012-03-30 04:43:42
そっかヒューゴはそんなにいいんですね><見たかった。。。DVDまでお預けです。。
けどこのアーティストのわんちゃんurgieは名演技ですよね!とてつもなく可愛い!

そしてアーティストは音楽も私的に素晴らしかったんです。オペラのようにストーリに沿って盛り上がって行くところ。感動しました♡
migさん (xtc4241 )
2012-03-30 06:04:29
おはようございます(いま4月30日5:55頃です)

ストーリーはチャップリンの「ライムライト」に近い?
自分が見いだした若い女優が、ビッグになっていく、
反比例のように、ビッグスターが落ちぶれていく・・・

そんな古典的なストーリーに古典的映像が実に新鮮に見えるということでしょうか。懐古趣味ともいえるけれど、それもまた、素敵なことのように、思えます。
前売り券を買いました。すぐ、観に行きます。
それにしても、migさんの情報は早いですね(笑)

☆kanakoちゃん (mig)
2012-03-31 11:27:32
うーん、そんなにいいってほどでもないんだけど後半にかけてがいいんだよね~あと3Dがすごくあってたから。
こちらはやっぱり古典的だしいまみても昔のサイエンス映画の良さがっていう作品だね、だから新鮮味が私はなかったかな、ラストがとにかく良かったけどね★
kanakoちゃんもいってたけどジャンさんほんとカッコ良かったよね~
xtc4241 さん☆ (mig)
2012-03-31 11:29:39
そうありきたりというかありがちなストーリーだけど、古典的クラッシックの古き良き映画。
きっとお好きだと思いますよ、
楽しんで下さいね。
軽い感じ (rose_chocolat)
2012-04-04 14:38:52
思ってたよりもふんわりしてた感じですね。
もっとジュディ・ガーランドの『スタア誕生』みたいなのを予想してたんだけど・・・。
意外と寝なかったよ。 音声がないんで逆に集中できちゃった(笑)
roseさん☆ (mig)
2012-04-05 22:43:18
ふんわりしてました?(笑)
そうか、濃い感じじゃないという意味ね。
やっぱり無声映画だからわかり易いなぁって。
良かったケド、比べるのもヘンだけど
チャップリンの街の灯の方が名作だしずっと好きだなぁ。
これはなんか愛ないからって奥さん勝手に捨ててってなんか納得いかない独身でよかったのに。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-04-07 20:12:35
アギーがあまりにも可愛すぎます♪
あぁ~、私も一度でいいから「バン!」ってやってみたい!

サイレント映画でありながら、最後にトーキーを入れるこのセンスに脱帽するしかありませんでした。
こんなにも映画愛に溢れた作品を、この時代に見れるなんて。
いやぁ映画って本当にいいものですね。
Unknown (風情♪)
2012-04-08 11:39:15
 こんにちは♪

ボクも一時期、migさん同様にキートンやチャッ
プリンを観まくってサイレントの良さを学び感
じたりしたけど、本作を観てサイレントだから
こその演出や作品の持つ感情と言うものを強烈
に感じられいろいろと再認識させられる素晴ら
しい作品でした。
役者陣ももちろん素晴らしかったけど、ここは
どうしてもJRTのアギーになってしまいますよね。
もうあの愛くるしさと健気さ、そして芸達者ぶり
にKO!っすよ♪ (゜▽゜)v
こんにちは♪ (yukarin)
2012-04-08 15:37:50
好みで言うと私もヒューゴのほうが好きかな。
んもーアギーが可愛すぎっ。
思ってた以上の演技力でメロメロ~♪

サイレント映画だからこれくらいのわかりやすさが良いかも。
自然と頭の中でセリフが出てくる感じ。
ラストのタップダンスは良かったね~。
根底に映画愛 (クラム)
2012-04-08 18:00:53
「ヒューゴ」はそれほどに良かったんですね。
3Dだし優先度下げちゃって、結局観られていません。

「街の灯」は名作ですよね。
お腹を抱えるほど笑ったと思えば、どうにも切ないラスト。
あれはサイレントならではなんでしょうね。
Unknown (えふ)
2012-04-08 20:21:46
私も風と共に去りぬのレッド・バトラーを思い出しました!
なかなか渋い俳優さんでしたね。
ストーリーはシンプルだったけど、
サイレントだからシンプルでかえって良かったのかも!?
にゃむばななさん☆ (mig)
2012-04-08 22:07:07
アギーちゃんほんと可愛かったですね☆
そうですね、ほんとラストが良かった、
それがなきゃ意外と普通にいいサイレント映画かなぁ。
とにかくラスト、でした♪
風情さん☆ (mig)
2012-04-08 22:09:38
そうですね~、いかにもアカデミー賞会員たちがまいるような作品だとも思いました、
私の好みとはちょっと違うんだけど、フツウに良かったかな。作品賞にすごい信頼してるわけじゃないけどどうしても期待値あがりますしね。
だけどリメイクやシリーズモノ、3D映画全盛で今の時代だからこそ評価されたともいえますね。

yukarin★ (mig)
2012-04-08 22:10:50
お☆yukarinもそうなのね!
そうね~
やっぱりあのラストがいいんだと思う、
2人の恋愛にはそんなにいいと思わなかったの~。
なにしろあのラストがいいよね♪
クラムさん★ (mig)
2012-04-08 22:12:55
そこまでいいかというとそんなことないんだけど(笑)比べるとってことです☆
あちらの世界観、駅の中で立体的に繰り広げられるのがなんというかすごい好きなんですよ、あとは後半が素晴らしかったの。
無駄も多いし完全に素晴らしい!とは思わないんだけど、、、、

「街の灯」は最高のサイレント映画ですね☆
えふさん★ (mig)
2012-04-08 22:13:54
レッドバトラー、もっと渋いけどこのちょびひげもね(笑)
主演のこの方、良かったですね~
日本でも人気でるのかな?
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-04-10 00:01:50
migさんは、ヒューゴのほうが好きって言われてたから、この映画の☆の数が気になりましたが、8なら、合格ですかね(笑)
migさんにケンカ売ってませんが(笑)私は、ヒューゴよりアーティストのほうが好きです。

ジャン・デュジャルダン、アカデミー賞の時はそんなに素敵に見えなかったのですが、映画観たら、クラークゲーブルみたいで素敵~と思ってしまいました。

ですが、なんと言っても、やはりアギー、
ジャックラッセルテリアのワンちゃんです!
バン!で倒れたり、ご主人の変わりに謝ったり
の仕草、かわいくて~。そして、一目散に走る姿には涙しちゃいました(T^T)

派手な映画が好きな私ですが、たまにはこういう作品もいいもんですね(^_-)-☆
ひろちゃん☆ (mig)
2012-04-10 10:20:05
いえいえ、8点は合格どころかかなり良かったオススメ域ですよ~!あまり8以上つけませんから(笑

そういわれると喧嘩売られてるみたい(笑)、ヒューゴかこちらかで競っただけあって、ブロガーさんでも分かれてますよね☆まぁ比べるものじゃないから。

そうそう、私も記事内に書きましたけどクラークゲーブル風。ちょびひげがとくにかな。
ステキでしたね☆
アカデミー会員 (sakurai)
2012-04-11 07:27:10
好きそうですよねえ、いかにも。
私も好き!
こんだけストレートに、人をやさしく思いやる気持ちと、きちんと人間を撮ってた!という気概が内臓に来ました。
私の映画の採点基準は、内臓にくるか!なんですが、ここはほにゃららあっと、内臓にじわじわ来てますわ。

やっぱ皆さん、レッド・バトラーっぽく見えたのねえ。
ちょっとシンメトリーずれてて、ひげが似合って、存在感あるひと、よくいたなあ~と思いました。大正の人?
ワンコ~! (マリー)
2012-04-11 21:13:00
こんばんは~♪
また来たよ~(笑)

うん、本当にストレートに響いてくるお話でした。
なんといてもワンコ、アギーが最高!!!
飼いたい~~~!!!
めっちゃ欲しい~。

ラストの2人のタップがよかったね♪
こんばんはー☆ (kira)
2012-04-12 00:19:58
普通に美味しいけど、
味は薄味~という感じだったかな
100点満点だと75点ぐらいかな

心配するアギーが超上手い♪
sakuraiさん☆ (mig)
2012-04-12 10:10:24
うん、私レッドバトラー大好きなんですよ。
風と共に去りぬがバイブルですから♪
歳取った日本人が、喋らない映画だなんてとかって悪く言う人がいるとかなんなんでしょうね

内臓にくるか?ですかー?
じゃあぜひ「マーターズ」観て下さいな!!
違った意味で来ますよ(笑
マリーさん☆ (mig)
2012-04-12 10:11:34
うん、私もラストと、ジャンデュジャルダンと、アギーちゃん♥

kiraさん☆ (mig)
2012-04-12 10:12:28
うん、わかる~
なんかそこまでかなぁっていうのは。
ただこれはもうアカデミー賞会員の爺様の好物ってまるわかり納得でした!
こんばんは (ノラネコ)
2012-04-15 00:35:55
私もどちらかといえば「ヒューゴ」の方が好きですが、こちらにはハリウッド映画への熱烈な愛を感じました。
アメリカの映画人からしたら、フランス人からラブレターをもらった様な感覚で、嬉しくなっちゃったのかも知れないですね。
犬のアギーがとにかく可愛くて、猫派の私も浮気してしまいそうです(笑
ノラネコさん★ (mig)
2012-04-16 01:34:40
こんばんは、
そうですね~。なんか、良かったんですが
作品賞=トップになるのが最近の作品賞ってちょっとかたよりすぎかなぁって
私もネコ派ですが最近ワンちゃんがたまらなくカワイイときあります。
おはよ~☆ (tomoco)
2012-04-20 10:19:51
作品賞だもの、これはハナから期待しちゃうよね。
素敵な映画だけど、
migちゃんから聞いてた「ほんとの無声映画と比べちゃうと、、」っていうのよくわかったわ~
ラストのタップダンス、犬のアギーは文句なしによかったわ

症状、少しずつ落ち着いてきてるようでよかった!
☆tomocoさん (mig)
2012-04-21 12:42:01

おはよ☆
そうなんだよね~。
やっぱりそれ感じた?
アギーちゃん可愛かったネ♥

うん、御陰さまでしばらくかかるようだけどね。
楽しい週末にしてね!
おおー! (latifa)
2012-04-26 18:42:57
migさん、やっと今日見て来れました。
凄く面白かったんだけど、私的に満点ではなかったの。ラストが、えっ?これだけ?
って思っちゃって・・・
みなさん、5つ★だったり、満点あげてる人も多い中、migさんの「ヒューゴの方が」発言が!
ヒューゴ、すごく気になる~~^^
娘は友達と見てきたんだけど、普通って言ってて、私は、まだ見てないんだー。
レンタルになったら、絶対見てみますね。
latifaさん☆ (mig)
2012-04-26 22:41:17
こんばんは☆
アハハ、これ以外と賛否というか
そうでもないって意見も多かったですね~わかります。
ヒューゴはそうだな~あちらも意見分かれてるけど、個人的にあの世界観、3Dの映像がとくに素晴らしかったんですよ~
DVDでお家鑑賞だったらもしかしてフツウになっちゃうかも、、、。
だから期待せずみてね!笑

つけぼくろ (maru♪)
2012-04-27 00:46:57
来たよーヽ(・∀・)ノ
『つけぼくろ』気になるよね(笑) どんな映画?!

同じく何となくハマらず・・・
楽しかったし、よく出来てると思うんだけどねー
ラストのタップは好き★

「メタボ止まらずのジョン・グッドマン」笑った!
おはよう^^ (みすず)
2012-04-27 08:54:03
とっても面白かった^^
台詞と想像するのも楽しいね!
アギーは最高だったわ、賢いし♪
ジャンさんも良かったし^^

わたしもつけぼくろ気になる^^
どんな内容なのかしらね^^
maruちゃん☆ (mig)
2012-04-30 23:00:58
お疲れ~!
つけぼくろ の方が観たいよ★
どんな映画さね?笑
ジョングッドマンほんとにみるたび太って行くんだよ~ヤバいよ?

良かったけどアカデミー賞おやじ好き系だよね(笑
みすずさん☆ (mig)
2012-04-30 23:01:46
つけぼくろってタイトルがまた凄いよね(笑)
つけぼくろ、で1時間半とかもつのか?笑
Unknown (オスカー屋伍一)
2012-05-06 21:45:15
昨日はお疲れ様~ 体がまだ…重い…
わたしもこちらよりもヒューゴの方が好き。というのは、大人の男性の話よりガキんちょの話方が感情移入しやすいしひきこまれるから(笑) いい加減大人にならねばだなあ…

ぺピー役のベレニス・べジョさんはヒラリー・スワンクに似てると思う
あといくら可愛くてもワンコを食卓の上にあげてはいけないよね~ 映画館につれてくるのはおとなしくしてればあり…かな
オスカー伍一★ (mig)
2012-05-07 00:08:12
お疲れサマ!
身体重い?私は足以外は元気だわ☆

あ、ヒラリースワンクに確かにちょっと似てるかも。
あと私は最初書いて削除したけど日本のお笑いのあの人に似てるよね
出っ歯(笑)
サイレント初見の視点 (メビウス)
2012-10-17 23:04:20
migさんこんばんわ♪遅ればせながら自分も作品賞鑑賞です。

migさんとは逆で自分はサイレント作品がほぼ初見といってもいいくらいだったので、眠気~とか飽き~とかやたらネガティブなものを連想していたのですが、実際観てみたら結構引き付けられるものはありましたねぇ。主演の2人や脇を固める面々、それにワンコも含めて皆イイ演技をしていたように思えますし、先読みしやすいシンプルさも見易さの理由の1つだったかも?・・・でもシンプルというか、オーソドックスなストーリーでもあっただけに、『普通』という結論にもなってしまい、映画史に触れている部分なども『ヒューゴ~』の時と同様オマージュとか何も分からなかったのも痛い・・(汗
でも極彩色な煌やかさがあった分では、自分もヒューゴの方が好きかもしれません^^;
メビウスさん☆ (mig)
2012-10-20 00:13:40
こんばんは♪
お久し振りにコメありがとうです、そうですねー。
話はふつうだったように思うケド、これって批評家や映画人たちがいかにも好きそうですよね。
アメリカンビューティーが作品賞とったり、
いまではありえない感じですね 笑
ホラーとか昔はアカデミー賞作品対象になったりもしたのに。
ヒューゴの方が私は好きです、あ、DVD買わなくちゃ♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

87 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アーティスト/The Artist (LOVE Cinemas 調布)
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、...
映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ~(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
「アーティスト」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
『アーティスト』 (ラムの大通り)
(英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあんて、最初は思ったけど、 なるほど、この映画はサイレントだから どう転んでも“外...
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
アカデミー賞 5部門獲得の映画「アーティスト」日本版 予告編が、最悪にダメダメな件について(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
既に、2回この予告編を観ているが、なぜか「とても嫌い」(笑) 一度観た時に「なぜだろう!」と感じた理由を検証するつもりで、2度めに向かいあった瞬間に即そういうモードに切り替えた。 にもかかわらず、不快感が先に立ちすぎて結局、判断できず! 当ブログでは...
アーティスト (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
『アーティスト』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当選....
アーティスト (Akira's VOICE)
人生は悲しいが美しい。  
ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント
『アーティスト』 (こねたみっくす)
どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
映画レビュー「アーティスト」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ...
アーティスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう。...
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
あの仕草、あの表情。『アーティスト』 (水曜日のシネマ日記)
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
映画「アーティスト」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
サイレント映画というのは、テレビでも多分観たことがない。いや、正確にいえば小学校へあがる前だから、5、6才の頃、祖父に連れられて1度か2度、観に行ったような記憶があるが、もちろん内容も配役もからっきし
アーティスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
アーティスト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント...
「アーティスト」 (Con Gas, Sin Hielo)
すぐれた企画、さりげない味付け。 サイレントからトーキーへという変遷は、まさにモノクロからカラーへ移行したのと同じくらい、いやむしろそれ以上の革命的な出来事だったように想像する。 もちろん新しく便利な技術へと世の中が進むのは当たり前の話である。 しか....
アーティスト (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優 の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。 フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみ ならずアメ...
アーティスト (心のままに映画の風景)
1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア...
「アーティスト」  (首都クロム)
 みんなが生きていました。ぺピーにしても、ジョージにしても、好きなことに全力で取り組んでいる人は本当に綺麗で羨ましい。チャーミングの塊みたいな、いつまで踊っても疲れないような…これがショービジネスやエンターテインメントの世界でなくても、彼らの姿はきっと...
アーティスト (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・・・サイレント映画って・・・まるで魔法だわ!
アーティスト (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・・・サイレント映画って・・・まるで魔法だわ!
『アーティスト』 2012年3月26日 東商ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アーティスト』 を試写会で鑑賞しました。 話題のアギー(犬)は名演技で可愛かった 【ストーリー】  1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー...
「アーティスト」声なき憧れの演技俳優スターの窮地を救った女優の憧れの人との声なき夢の共演 (オールマイティにコメンテート)
「アーティスト」は1920年代のサイレント映画を舞台にサイレント映画のスター俳優に憧れた女優が女優として駆け上がる途中でスター俳優が挫折し絶望に追い込まれたスター俳優を救う ...
★アーティスト(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ...
アーティスト (映画のメモ帳+α)
アーティスト(2011 フランス) 原題   THE ARTIST 監督   ミシェル・アザナヴィシウス 脚本   ミシェル・アザナヴィシウス 撮影   ギョーム・シフマン 音楽   ルドヴィック・ブールス 出演   ジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ    ...
映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならでは...
「アーティスト」 (NAOのピアノレッスン日記)
~君と出会って、世界は再び色づきはじめる~ 2011年   フランス映画  (2012.04.07公開)第84回アカデミー賞5部門受賞作品(作品賞・監督賞・主演男優賞・作曲賞・衣装デザイン賞)配給:GAGA    上映時間:101分監督:ミシェル・アザナビシウ...
アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST (銅版画制作の日々)
 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 好き度:=80点 すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。 サイレント映画って多分初めてだと思う...
アーティスト (♪HAVE A NICE DAY♪)
と~~~っても良かった~~! こういう感動もあるのだなぁと アカデミー賞受賞に私は納得!満足!の作品だった! なんとも、あたたかで愛があって良かったなぁ~~ 最初、当たり前だけどサイレント・・・音楽だけ 劇場内もいつもとちょっと違った感じがした。 どう....
アーティスト (佐藤秀の徒然幻視録)
もしヴァレンティノが若死せずに生き続けていたら 公式サイト。原題:The Artist。ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、 ...
映画『アーティスト』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
予告を観る度に、ウルッ~ ずっと楽しみに待っていた映画が いよいよ公開になりました。   モノクロそしてサイレント映画と
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
[映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...
アーティスト (迷宮映画館)
文句なし!こういう映画が見たかった。
劇場鑑賞「アーティスト」 (日々“是”精進! ver.A)
この世は、音で溢れている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/ アーティスト オリジナル・サウンドトラック サントラ ローズ・マーフィー SMJ 2012-04-11 売り上げランキング : 58450...
『アーティスト』 (pure breath★マリーの映画館)
君と出会って、世界は再び色づきはじめる。 『アーティスト』 監督・脚本・編集・・・ミシェル・アザナヴィシウス 出演・・・ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロー....
アーティスト      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
1920年代、映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を情感豊かに描くモノクロサイレント映画。出演は、本作でカンヌ国際映画祭男優賞受賞のジャン・デュジャルダン(「ブルー・レクイエム」...
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
*アーティスト 感想* (★ Shaberiba )
全編がモノクロ&サイレントで贈る第84回アカデミー作品賞受賞作品。
アーティスト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月13日(金) 20:30~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『アーティスト』公式サイト サイレントのスターが、トーキーとともに凋落。 一方トーキーの幕開けでスーパースターになった娘。 この娘は、何故かサイレントの...
アーティスト (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『アーティスト』  (2011) 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 その後オーディシ...
アーティスト / The Artist (勝手に映画評)
2012年の第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞。映画がサイレントからトーキーに移り変わる頃を舞台に没落するサイレント時代のスター俳優と、トーキーの隆盛とともに...
アーティスト/ジャン・デュジャルダン (カノンな日々)
第84回アカデミー賞を席巻したモノクロ・サイレント・ムービーのフランス映画です。でも物語の舞台はパリではなく映画の都ハリウッドです。サイレントだから外国語映画部門にはな ...
アーティスト  The Artist (映画の話でコーヒーブレイク)
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2~3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポ...
アーティスト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920~30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...
アーティスト (食はすべての源なり。)
アーティスト(4/7公開) ★★★★★(★満点!) よかったです!! 初めてのサイレント映画で寝ちゃうかも?とか心配してたけど、そんなことは全くなく引き込まれました。 切ないんです。純愛? サイレント映画の大スターだったジョージは、トーキー映画の到来と共...
アーティスト (そーれりぽーと)
本年度、噂だけで大本命。 『アーティスト』を観てきました。 ★★★★★ こんなに直接心に響いてくるなんて、魔法にかかったような時間でした。 言葉と周囲の音という余計な情報をシャットアウトし、役者の表情と演技に集中して観られるサイレント映画ならではの効果な...
「アーティスト」みた。 (たいむのひとりごと)
第84回アカデミー賞の作品賞ほか5部門を受賞したモノクロサイレント映画。話題性は抜群だし良質な映画であることも確信できるのだけど、慣れない形式に心配があり、とりあえず信頼している方の感想待ちからようや
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
アーティスト (悠雅的生活)
映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
芸術家は死なず~『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
映画・アーティスト (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス原題 The Artist モノクロのサイレント映画ですつまらなかったらどうしよう、退屈で寝てしまったらどうしよう、と心配でしたが、そんな心配は杞憂に終わり、良い意味で大きく裏切られました 1927年ハリウッドサイレント映画の人気者、ジョ....
アーティスト/THE ARTIST (いい加減社長の映画日記)
地味っぽくて、どうしようかと思ったけど、やっぱりアカデミー賞だしなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで彼のファンで女優志願のペピー・ミラーと出会....
『アーティスト』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
 『アーティスト/ The Artist 』 今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。 オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、 期待は高まる。     1927年のハリウッドで、サイレ
アーティスト/THE ARTIST (いい加減社長の映画日記)
地味っぽくて、どうしようかと思ったけど、やっぱりアカデミー賞だしなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで彼のファンで女優志願のペピー・ミラーと出会....
アーティスト (風に吹かれて)
映画って楽しいんですよバン!公式サイト http://artist.gaga.ne.jpモノクロ映像で、無声映画の手法の作品。監督: ミシェル・アザナヴィシウス1927年のハリウッド。サイレント映画の
『アーティスト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
「アーティスト」:久々スタンダード・サイズ (大江戸時夫の東京温度)
映画『アーティスト』は、今モノクロ&サイレントの映画を、昔のまんまのスタイルで作
「アーティスト」 (てんびんthe LIFE)
「アーティスト」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2012-038 春だから?というわけではありませんが、あまりにも心地よく眠くなりました。 つまらないわけではないんです。 無声映画なので話は単純。 無声映画の人気俳優と恋をした女優は無声映画の衰退とともに名声...
アーティスト  監督/ミシェル・アザナヴィシウス (西京極 紫の館)
【出演】  ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで女優志願のペピー・ミラーと出会う。やがてジョージは、オーディションを...
「アーティスト」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・フランス/配給:ギャガ 原題:The Artist 監督:ミシェル・アザナビシウス 脚本:ミシェル・アザナビシウス 撮影:ギョーム・シフマン 音楽:ルドビック・ブールス 製作:トマ・ラング
アーティスト/さよならサイレント (映画感想 * FRAGILE)
アーティストThe Artist/監督:ミシェル・アザナヴィシウス/2011年/フランス 表現方法としてのサイレント映画と、その最期。 サイレント時代のスターがおちぶれてさあ大変、ていう映画だとやはり「サンセット大通り」ですね、これと「ヴァレンティノ」が好きです、...
今、白黒サイレント映画を! (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した....
アーティスト (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞アーティスト/THE ARTIST 2011年/フランス/101分 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン...
[STPBX][★★★★][映画感想]アーティスト (マサオブザデッドのかゆうまシネマ powered by Studio puzzle box)
★★★★ YoutubeにUPした動画「妖怪ポスト」が累計10000ヒットしました。観てくれた人、ありがとう。外国の方からコメントやメッセージ(罵倒)を頂きましたがなんでしょうか。遠く海の向こうからありがとう。「妖怪ポスト」、僕はiPhoneに入れて会う人会う人みんなに見...
アーティスト (とりあえず、コメントです)
昨年の賞レースを席巻したモノクロ&サイレントのドラマです。 本当はすぐに観に行きたかったのですけど、サイレントで美しい音楽が流れている作品なので 疲れている時に観に行ったら、きっと夢の国に行ってしまうだろうと復活するまで待っていました。 ちょっと面白い手...
「アーティスト」 (或る日の出来事)
このくらいの話って「並」じゃないですか?
「アーティスト」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄く面白かったのだけれど、予告や宣伝で2人のタップのシーンを見せてしまってるせいで・・・
『アーティスト』 (・*・ etoile ・*・)
'12.04.11 『アーティスト』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ アカデミー賞取る前から見たかったコレ! 試写会応募しまくったけどハズレ レディース・デイに行ってきたー☆ *ネタバレありです! 「サイレント映画のスター ジョージ・ヴァレンティンは、オーディションに向か...
アーティスト (みすずりんりん放送局)
 『アーティスト』を観た。  【あらすじ】  1927年、ハリウッド。  トーキー映画の登場により、サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は落ちぶれ、エキストラだったペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)が人気女優に。 ....
アーティスト (こんな映画見ました~)
『アーティスト』---THE ARTIST---2011年(フランス)監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミ....
アーティスト THE ARTIST (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞受賞作は、サイレント&モノクロで話題をさらったこの映画でした。 サイレント映画のスター、ジョージ(ジャン・デュジャルダン)が、ちょっとしたアクシデントで彼の大ファンで女優志望のペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。ペピーはエキストラか....
芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』 (SGA屋物語紹介所)
気がつけば約10日ぶりの更新です。はっはっは… 本日はフランス映画でモノクロサイ
アーティスト (Said the one winning)
サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤 (かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリ カの映画賞をも席巻。芸術家...
アーティスト (pure\'s movie review)
2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル劇場で観れてよかった。サイレント映画を知らない20代である私が、サイ....
「アーティスト」 (みんなシネマいいのに!)
 21世紀になってサイレント映画がアカデミー賞作品賞をもらうとは!! いや21世
「アーティスト」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Artist」 2011 フランス/ベルギー ジョージ・ヴァレンティンにジャン・デュジャルダン。 ペピー・ミラーにベレニス・ベジョ。 アル・ジマーに「お買いもの中毒な私!/2009」のジョン・グッドマン。 クリフトンに「クィーン/2006」「ブッシュ/2008」のジェ...
映画『アーティスト』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)...
「アーティスト」 白黒無音でよくぞここまで(>_<) (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
2012年のアカデミー賞作品賞に輝いた  異色のロマンティック・ストーリー[E:
【DVD】アーティスト (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ミシェル・アザナビシウス 【出演】ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー/マルコム・マクダウェル/他 【公開日】2...