さくらの個別指導(さくら教育研究所)(SKREDU)

無料体験授業をスカイプで実施中! 
メールでお気軽にお問い合わせ下さい。( info@skredu.mods.jp )

早稲田大学と慶應義塾大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の7大学の出願状況

2017-01-19 | ブログ

 私立大学入試の出願受付けが1月初旬より始まり、大学のWebサイトでは出願状況を掲載している。ここでは、早稲田大学と慶應義塾大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の7大学の出願状況を紹介する。

 早稲田大学は1月5日より出願を受け付け、センター利用入試と一般入試(英語4技能テスト利用型)は1月17日、一般入試は1月26日に締め切る(いずれも締切日消印有効)。1月18日現在の出願状況は、法学部が一般4.4倍、センター8.1倍、商学部が一般10.3倍、センター11.7倍、先進理工学部が5.7倍、国際教養学部が一般5.6倍、センター8.8倍など。

 慶應義塾大学は1月6日より出願を受け付け、1月20日に締め切る(締切り日消印有効)。1月18日現在の出願状況は、法学部が法律学科2.1倍、政治学科1.7倍、医学部が6.9倍、総合政策学部が2.8倍など。

 明治大学は1月4日より出願を受け付け、センター利用入試は1月13日、全学部統一入試は1月20日、一般入試は2月2日に締め切る。センター利用入試の1月19日現在の出願状況は、法学部(3科目方式)が8.4倍、情報コミュニケーション学部(3科目方式)が10.8倍、総合数理学部先端メディアサイエンス学科が10.1倍など。

 青山学院大学は1月4日より出願を受け付け、センター利用入試は1月14日に締め切った。一般入試(個別学部日程)は出願方法や学部により出願締切日が異なる。1月19日現在の出願状況は、法学部が一般8.0倍、センター34.0倍、理工学部が一般9.8倍、センター50.2倍、社会情報学部が一般7.1倍、センター50.5倍など。

 立教大学は1月5日より出願を受け付け、センター利用入試は1月13日、一般入試(個別学部日程)は1月24日に締め切る(いずれも締切日消印有効)。1月18日現在の出願状況は、法学部が一般8.2倍、センター3教科方式47.9倍、異文化コミュニケーション学部が一般16.8倍、センター3教科方式82.4倍、理学部が一般9.4倍、センター3教科方式83.5倍など。

 中央大学は1月5日より出願を受け付け、センター利用入試(法学部・5教科型以外)は1月13日、一般入試とセンター利用入試(法学部・5教科型)は1月24日に締め切る(締切日消印有効)。1月16日現在の出願状況は、法学部が一般6.4倍、センター単独方式25.1倍、理工学部が一般11.2倍、センター単独方式57.2倍、総合政策学部が一般8.5倍、センター30.0倍など。

 法政大学は1月5日より出願を受け付け、センター利用入試(B方式・C方式)と理工学部機械工学科航空操縦学専修(一般入試)は1月13日、T日程入試と英語外部利用入試は1月20日に出願を締め切る。A方式入試(個別日程)は学部・学科により締切日が異なる。T日程を実施する学部の1月19日現在の出願状況は、法学部が7.7倍、国際文化学部が12.5倍、情報科学学部が13.8倍などとなっている。

 各大学の出願状況は日々更新されており、最新情報は各大学のWebサイトで確認できる。


この記事をはてなブックマークに追加

大学入試センター試験の平均点等一覧(中間集計)

2017-01-19 | ブログ

 大学入試センターは1月18日、平成29年度(2017年度)大学入試センター試験の平均点等一覧(中間集計)を発表した。1月21日・22日に一部会場で実施される追試験・再試験実施に関する情報も公開されている。

 平成29年度(2017年度)大学入試センターの平均点等一覧は、1月14日・15日に行われたセンター試験における平均点や受験者数などのデーターを中間集計したもの。平均点を算出するために中間集計の対象とした受験者数は、26万2,031人。

 大学入試センターの中間集計によると、平均点はそれぞれ「国語」103.45点、「世界史B」67.24点、「日本史B」60.92点、「地理B」63.84点、「現代社会」60.01点、「倫理」55.00点、「政治・経済」65.23点、「倫理、政治・経済」66.56点、「数学I・数学A(数IA)」62.74点、「数学II・数学B(数IIB)」55.10点、「物理基礎」30.57点、「化学基礎」29.33点、「生物基礎」39.88点、「地学基礎」33.68点、「物理」63.26点、「化学」53.17点、「生物」69.64点、「地学」54.81点。外国語は、英語の筆記が125.29点、リスニングは28.41点だった。

 大学入試センターはこのあと、1月20日に得点調整の有無を公開予定。2月2日には最終集計の結果を発表する。なお、1月21日・22日には追試験・再試験を実施予定。試験会場はそれぞれ、東日本が東京芸術大学、西日本が京都大学。受験許可者数は東日本が263人、西日本が160人、合計423人。



この記事をはてなブックマークに追加

代表からのメッセージ

2017-01-19 | ブログ

例えば数学を例に取ったとき、むかしは、難問といわれる数学の問題を入試に出題するのは一部の大学で、入試問題を見ただけで大学のランクが察しられるほどでしたが、この頃は大多数の大学の入試問題が難しくなって、むしろ難問が一般化してきました。それとともに、教科書と入試問題とのギャップがひどくなってきているようです。

そのようなギャップを生じる責任の大半は、もちろん入試問題側にあるのですが、選抜試験という性格上ある程度やむ終えない事情もありましょう。そこで、どうやってこのギャップを埋めていくかが入試を控えている人にとっての当面の課題になります。

難しい問題を扱いながらも、教科書程度の知識や解法で理解でき、しかも確実に数学にたいする目を開かせてくれるような教育機関をという要望に応えたいとおもって設立されたのが「さくら教育研究所」です。

当研究所では、より多くの人に、より効率的に学習を進めてもらうようにインターネットを活用していきます。少しでも学習を進めていけば、教科書と入試問題とのギャップが次第に埋められていくことが実感できるでしょう。

SAKURAを卒業していく頃には、入試問題も難解どころではなく、むしろやさしいと感じるはずです。より効率的かつ先鋭的な学習に興味のある生徒諸君が、私達の輪に加われることを熱望しています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

2017年・大学入試センター試験の問題と解答

2017-01-19 | ブログ
試験日試験教科・科目問題解答
1月14日(土)
第1日
地理歴史 表紙 世界史A 問題を見る 解答を見る
世界史B 問題を見る 解答を見る
日本史A 問題を見る 解答を見る
日本史B 問題を見る 解答を見る
地理A 問題を見る 解答を見る
地理B 問題を見る 解答を見る
公民 表紙 現代社会 問題を見る 解答を見る
倫理 問題を見る 解答を見る
政治・経済 問題を見る 解答を見る
倫理,政治・経済 問題を見る 解答を見る
国語 表紙 国語 問題を見る 解答を見る
外国語 表紙 英語(筆記) 問題を見る 解答を見る
表紙 英語(リスニング) 問題を見る 解答を見る
音声を再生する
音量調整用音声
スクリプト
表紙(別冊) ドイツ語 問題を見る 解答を見る
フランス語 問題を見る 解答を見る
中国語 問題を見る 解答を見る
韓国語 問題を見る 解答を見る
1月15日(日)
第2日
理科(1) 表紙 物理基礎 問題を見る 解答を見る
化学基礎 問題を見る 解答を見る
生物基礎 問題を見る 解答を見る
地学基礎 問題を見る 解答を見る
数学(1) 表紙 数学Ⅰ 問題を見る 解答を見る
数学Ⅰ・数学A 問題を見る 解答を見る
数学(2) 表紙 数学Ⅱ 問題を見る 解答を見る
数学Ⅱ・数学B 問題を見る 解答を見る
表紙(別冊) 簿記・会計 問題を見る 解答を見る
情報関係基礎 問題を見る 解答を見る
理科(2) 表紙 物理 問題を見る 解答を見る
化学 問題を見る 解答を見る
生物 問題を見る 解答を見る
地学 問題を見る 解答を見る

この記事をはてなブックマークに追加

大学入試・英語/英文法・語法・表現・読解

2017-01-19 | ブログ

累計150万ダウンロードを超えた英語テキスト


英語/英文法・語法・表現・読解 

http://skredu.mods.jp/et/nyeibun.pdf

http://skredu.mods.jp/et/nyeibunans.pdf 

http://skredu.mods.jp/et/nyeihy.pdf

http://skredu.mods.jp/et/nyeihyans.pdf
 

http://skredu.mods.jp/et/nyeido.pdf

http://skredu.mods.jp/et/nyeidoans.pdf

 

 

英作文 1 2 3 4 

口語表現 1 2 3 

英単語・発音・アクセント 1 2 3 4

すべて教える英文法 1 2 3 4 5 6 7 8

すべて教える英文読解 1 2 3 4 5 6 7 8

語句整序問題 1 2 


この記事をはてなブックマークに追加

中学数学:無料体験授業をスカイプで実施中(入試頻出問題)

2017-01-19 | ブログ

Strike while the iron is hot.(鉄は熱いうちに打て)

鉄は熱いうちに打てとは、人は柔軟性のある若いうちに鍛えることが大事だという教え。

また、物事は時期を逃さないうちに実行しないと成功しにくいという教え。

将来、有名大学に楽々合格できる人材を早くから育成していきます。

62 147

中学数学の復習と基礎力確認:テスト演習

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


この記事をはてなブックマークに追加

3人の科学者について

2017-01-18 | ブログ

 3人の科学者について、こんな昔話があります。

 あるとき、生物学者と物理学者、それに数学者の三人が、偶然同じ電車に乗り合わせました。そのとき、車窓から、丘の上に一匹の黒い羊がいるのが見えました。しかし、その3人は、それまで羊というものを見たことがありませんでした。

 そこで3人は、車窓から見えたことから、羊についてどんなことが結論付けられるか話し合いました。

 はじめに、生物学者は、「羊は黒い」と言いました。
 次に、物理学者はもう少し注意深く、「黒い羊もいるようだ」と言いました。
 そして、最後に理屈っぽい数学者は、「羊というものは少なくとも一匹は存在して、体の半分は黒い」と言いました。

 羊というものを知っている私たちにとっては、三人の科学者の話はなんともおかしく聞こえます。しかし、私たちが宇宙を見せられて、どのようなことが結論づけられるかと聞かれたら、結局のところ、この三人のおかしな議論と同じになってしまうのかもしれません。

 しかし、同じものを見ていても、どれだけ注意深く観察するかということで、見えてくるものがだいぶ違ってきます。



この記事をはてなブックマークに追加

講師陣からのメッセージ

2017-01-18 | ブログ

『水槽は水を湛え、泉は湧き出す』 
the cistern contains : the fountain overflows.

これは18世紀の英国の詩人 William Blake による詩集「地獄の格言」の中にある詩の一節です。人生や人の世のいろいろな想いがこの一節には込められているに違いないのですが、詩心を持たぬ私は、これこそ教育の理想を述べていると勝手に解釈しています。

すなわち、「天下り的に詰め込まれた知識は、あたかも水槽に湛えられた水の如く、時の経過とともにいつかは蒸発して消え失せてしまう。それよりも、たとえ知識は乏しくとも、永遠にアイディアが湧き出す「発想の泉」を彼らの頭に掘り起こすことの方がはるかに大切である」と。

この理想を実現させるために、さくら教育研究所では、1994年より受験一辺倒の知識詰め込み型教育を改め、考える楽しさを存分に味わいながら真の学力が身につく数多くのプログラムを開発してきました。

この開発によって得られた成果を、広く全国の小中高校生、大学受験生にも伝え、勉強嫌いを減らし、考える楽しさ、思考力や創造性に富む若者を育てようという目的で日夜生徒さんと奮闘しております。



この記事をはてなブックマークに追加

塾・予備校では…

2017-01-18 | ブログ

黒板の字も見えない大教室。
次々と進む、講義。
書かれては消えていく板書きの文字。
あっという間に終わってしまう授業。
キミに残るものは何だ?
焦りだけではどうにもならない。
もう一度中味を確かめよう。
さくらの個別指導なら、自分のペース。
わからなければ質問!
目と手と頭を使って、キミの全身にたたき込め。

 


この記事をはてなブックマークに追加

高1・2年生の英語(テスト演習100回):無料体験授業をスカイプで実施中

2017-01-18 | ブログ


この記事をはてなブックマークに追加

勉強用ノート・数学

2017-01-18 | ブログ

 

いかにたくさん覚えるかではなく、
いかに覚えることを減らすかという発想は、
「勉強ができる人=記憶力が良い」というふうに考えていた自分には思いつかないものであった。

 


この記事をはてなブックマークに追加

スカイプの個別指導で勉強中

2017-01-18 | ブログ


この記事をはてなブックマークに追加

早稲田・慶応・難関大に合格:無料体験授業をスカイプで実施中 2

2017-01-18 | ブログ


この記事をはてなブックマークに追加

さくらの合格実績(さくら教育研究所)

2017-01-18 | ブログ


大学受験/高校生・高校卒業生

毎年、東大・京大・早慶・医学部等の有名大学に2500人以上の合格者。



高校受験/中学生  

毎年、各地区トップ高に3500人以上の合格者。



中学受験/小学生

毎年、全国有名中学に500人以上の合格者。


 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一人ひとりにあった指導/さくらの個別指導

2017-01-17 | ブログ

■一人ひとりにあった指導

子どもに最適な学習環境を選ぶために、具体的にはどのようにしたらいいのでしょうか。

学校や塾は、地域や私立・公立などによって、レベルや質もさまざまな集団指導なので、一人ひとりにあった指導を行いにくい状況にあります。学校や塾だけでは、子どもの学力がしっかりつくかどうか、不安を感じる方も多いようです。

通信教育などを用いた自主学習はどうでしょうか。まだきちんとした学習習慣が身についていない段階で始めてしまうと、うまくいかないことが多いようです。わからないことがあると放置してしまいがちで、下手をすると勉強嫌いになってしまうという危険性もあります。

学校や塾での勉強や自主学習が不安な方には、個別指導という選択があります。指導のプロが、おもしろい授業を展開して、一人ひとりに丁寧な指導を行ってくれます。しっかりした学力を確実につけるのに、適した手段の1つといえるでしょう。

 


この記事をはてなブックマークに追加