メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『図解雑学 イヌの心理』(ナツメ社)

2016-10-29 11:57:11 | 
『図解雑学 イヌの心理』(ナツメ社)
武内ゆかり/監修 初版2001年 1300円

※2002.5~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト」カテゴリーに追加しました。

写真とイラストで分かりやすく、かつ日常的な仕草に隠れた意外な犬の一面が覗けてイイ


【内容抜粋メモ】

犬=オオカミ から、無邪気で従順な性格をのばし、人のパートナーになった

口元をなめる
子犬時代、母犬から食べ物をもらっていた頃の記憶からの「甘え」


服従サイン
しり込み、伏せ、お腹を見せる、尿を漏らす、口元をなめる


マウンティング
序列社会の犬は、相手に乗る、なめる、首を噛むことで優位をアピール 性的興奮もある


会話を通じて、飼い主の性格に影響されるため、愚痴ってばかりいると暗い犬になる

犬に善悪の区別はできないが、失敗、イタズラした時に、飼い主に叱られる、動揺されることでルールを覚えていく

犬には、赤ちゃんが人間ではなく新しい動物に見える(!)
子ども向きの性格の種類もいるが、小さいうちに近づけないで慣れさせる

寂しさ、嫉妬からの「分離不安」で、わざとおもらしや、部屋を荒らす、吠える
カウンセラーへ 飼い主の規則正しい生活、散歩時間を守ると安心する

例:「子犬のしつけ教室」「パピークラス」「ドッグラン」「ペット同伴ホテル」等の施設の利用も効果的


乳離れしたら「社会期」
他人、ほかのペット、外界(車、ほかの犬)、人間社会での様々な刺激に触れさせることで恐怖心をなくす


発情期
生後6ヶ月、メスは年2回 散歩中にリードを放したり、庭飼いの場合は注意が必要


シャンプー
月1回がいい 汚れは落ちて、自分の匂いは残る 毎日のブラッシングは大切


ストレス行動
同じ所をグルグル歩き回る、あちこち掘り続ける、自分の体を舐めつづける、やたら噛んだり、体をかきむしる=「転移行為」


犬に塩辛さは分からない
人の食べ物は塩分が強すぎるので
味、食感よりも「香り」重視

注意:
タマネギ、ネギは中毒になる!
タコ、イカは消化に悪い
レモンやタバスコはニオイが嫌い



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『こんな飼い主と暮らしたい... | トップ | 女のニュース 怖くない!?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。