メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『ショトル・ミュージアム チベット―マンダラの国』(小学館)

2016-10-16 11:22:51 | 
『ショトル・ミュージアム チベット―マンダラの国』(小学館)
奥山直司/文 松本栄一/写真
初版1996年 1500円

※2001.8~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト」カテゴリーに追加しました。


【内容抜粋メモ】

ダライ・ラマ
ゲルク派の活仏 観音の化身 17Cから300年間、聖俗両界に君臨した法王
チベット仏教最高権威 チベット民族指導者 転生者のみに継承される
5世が最も有名 摂政サンギェによる天空の宮殿「ポタラ宮」はラサにある
現在の14世は1935年生まれ 中国侵攻によりインドへ亡命 1989 ノーベル平和賞受賞


チベット仏教
インド大乗仏教の発展したもの


密教
日本とチベットに色濃く残る秘密仏教 ヨーガの修行
本尊と明妃(配偶女神)の交合像がおもしろい


チベット死者の書
葬儀に読まれる解脱の経典


マンダラ
宇宙の縮図 砂、壁画、タンカ、立体型などあり




チベット史
ガムポ王のチベット統一
東西文化の交流(インド仏教)
民族教団の台頭
サキャ、パクモトゥ

ダライ・ラマ政権(チベット文明最盛期)彼の死後、清朝の介入と鎖国
ダライ・ラマ13世時:中国、イギリスの侵攻を受け、独立に失敗
ダライ・ラマ14世:世界大戦時は中立を守る ともに亡命、世界に散った難民の悲しみは今も続いている


五体投地
一切衆生、来世の幸せのため 聖地巡礼


葬礼
鳥葬:巨岩の上で解体し、ハゲワシに布施!
土葬:伝染病人、罪人、赤子
水葬:バラバラにして流す 乞食、貧民、赤子
火葬:高僧のみ
塔葬:ラマを塩漬けにしミイラ化、金箔して祀る


ボン教
土着信仰 さまざまな神霊を供養 仏教と混合
太古からの精霊信仰がもと 神仏習合は日本と似ている


生活:半牧半農
移動しつづける民族は少ない

ヤクは肉、血、フン、乳、革すべて使われる半家畜
食事はツァンパ(大麦粉)とバター茶

一妻多夫も残る(兄弟全員と結婚する
女性は自由闊達、男以上の働き手
15歳で成人 既婚女性はパンデン(前かけ)をする


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『世界の子どもたち 14 ... | トップ | 映画『ミザリー』(1990)挿入歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。