メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

搾取のない“エシカル”な起業を決意@ビッグイシュー

2017-08-13 13:59:38 | 
【THE BIG ISSUE JAPAN312号】



【内容抜粋メモ】

<私の分岐点 白木夏子さん>

「貧しさの中、幼い子も朝から晩まではタララク南インド・鉱山の現場に大きなショック
 搾取のない“エシカル”な起業を決意」

【エシカル】
倫理的に正しい、環境や社会に配慮した


子どもの頃から手作りが大好きでした
でも「ファッション業界は華やかに見えるけれど、現実はとても過酷な世界だから勧めない」と両親から強く反対されてしまった

ファッション以外でやりたいのは、世界中を飛び回って仕事をすることで
短大で英語を勉強し、留学を目標にした

写真家・桃井一馬さん(和馬さんのことかな?)の講演会で、
環境汚染などで犠牲になる子どもたちのことを知り、衝撃を受けて、イギリスの大学に留学した

フィールドワークで南インドの「ダリット」(不可植民)の住む村に2ヶ月滞在した
鉱山労働者が多く、幼い子どもたちも朝から晩まで働いていた
健康状態も悪く、学校に通えず、鉱山で働き、鉱山で死ぬしかない

鉱山で採取された鉱物は、カメラ、パソコンなどの電化製品
化粧品の原材料、ジュエリーなどにも使われると知り、とてもショックを受けた
私たちの便利で、豊かで、美しい生活の背後に、こんな過酷な現実があるとは・・・

卒業後、国連機関でのインターンを経て、「投資ファンド」に就職した
NGOでなく、資本主義の仕組みを変えるのも重要だと感じた

インドの労働者に富が届かないのは、中間に複数の企業が搾取しているから
ビジネスの仕組みそのものを変える必要がある

リーマンショックで、会社が倒産し
以前から考えていた「起業」の決意を固め
考えた末に行き着いたのが、子どもの頃から大好きだった「ものづくり」

2009年 材料の調達、デザイン、販売まで行うジュエリーブランド「HASUNA」を立ち上げた

2年前からは、ジュエリー以外にも拡大
エシカルジュエリーを求める人は、衣食住にも高いポリシーをもっていて
「オーガニックフード」や、海外の「ビオホテル」(環境や健康に配慮した施設)を周るツアーの提供などを準備している

エシカルな価値観を広げ、この世界を少しでも良くしていきたいと思っている


***


「ビッグイシュー日本版 BIGISSUE JAPAN」

“1冊350円で販売。180円が販売者の収入になります。”

[ホームレスの仕事をつくり自立を応援する]
「ビッグイシュー」は、ホームレスの人々に収入を得る機会を提供する事業として
1991年、ロンドンで始まった 創設者はジョン・バード氏
住まいを得ることは、単にホームレス状態から抜け出す第一歩に過ぎない


[仕組み]
1.販売者は、この雑誌10冊を無料で受け取る
2.売り上げ3500円を元手に、以後は170円で仕入れ、350円で販売 180円を収入にする


[条件]
顔写真つきの販売者番号の入った身分証明書を身につけて売る
このほか「8つの行動規範」に基づいて販売している


【ブログ内関連記事】

震災・原発事故6年 本音で向き合う“フクシマ”@週刊ニュース深読み

「わが家電力」、自立電源生活レシピ

『児童労働 働かされる子どもたち』(リブリオ出版)

シリーズ格差を考える『教育格差』(ほるぷ出版)

『みんなのチャンス ぼくと路上の4億人の子どもたち』


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ『Woman』(2013 全1... | トップ | アメリカ、乱射事件の銃をモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。