ふれあいの森自然学校 活動報告

ふれあいの森自然学校が活動している内容を紹介しています。
このブログをご覧の皆さんも気軽に参加してみましょう!

ワンコイン散策会「居る、見る、探る、目を凝らす」

2018-02-15 21:37:09 | ワンコイン散策

昨日までの天気が嘘のような穏やかな好天に恵まれました。気温も上昇して心地いい散策会になりました。

                      「第一旅人発見」


「ルリビタキのメスが現れました」「どこどこ」「右の木の枝」「ホントだ」「真ん丸な目ね」「可愛いね」「尾っぽの所が少し青いね」

                「ルリビタキ」


割と近くまで来てくれましたメス、冬になると里山に降りてきます、

                「ルリビタキ」


「オスです」「綺麗な色!!」「初めて見た」「美しい!!」「幸せの青い鳥?」背中が瑠璃色の鳥は「コルリ」「オオルリ」「ルリビタキ」の3種類が知られています

                 「コゲラ」


うしろ姿です、ゼブラ模様が美しいキツツキの仲間で、大きさはスズメくらいの可愛い姿を見せてくれました

                      「シロハラ」


「どこが白いの?」「お腹のあたりが白っぽいでしょ」「だからシロハラ?」「そーです」「アカハラはいるの?」「はい、います」「人間界には、ハラグロがいますよ~」「わッハハッハア~」皆さん大爆笑

                          「メジロ」


「あっ、メジロ」「え、メジロ」「メジロね」「なんともかわいい~!」ナンキンハゼの実をクワえています、目の周りが白いのが名前の由来です。殆どの方がグルリと目の周りが白いと思って見えますが、ランドルト菅(視力検査の黒いマーク)の様に目頭の方は切れています。今度出会ったらお確かめください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森のようちえん in ふれあいの森 11月26日(日)

2017-11-28 21:29:14 | 森のようちえん

先月は台風のため中止となった森のようちえんでしたが、今月は秋らしい爽やかな1日を過ごすことができました。木々の葉の色が赤や黄色でとてもきれいです。子供たちも朝からテンションが高く、落ち葉をかけあう楽し気な声がたくさん聞こえていました。

                   落ち葉

いつもの小川は、落ち葉に埋もれてどこに水が流れているのかわからないくらいです。「前に来たときはこのあたりでカニを見つけたんだけどな」「こんなにたくさんの葉っぱ、どこにいっちゃうんだろう」子供なりに季節を感じているようです。

                   ハンモック


今日は遊具としてハンモックを木に取り付けました。これは小学生組の様子です。何人の子供がハンモックに乗っているんでしょうか。外にいる子供は揺らし役です。ゆらゆらと揺らしているまではよかったのですが、どんどん激しく揺らすので見ている大人はひやひやです。子供たちはスリルがある遊びが好きですね。大人はゆっくり昼寝でもしたいところですが(^_-)-

                     ジャム作り

寒さ対策で炉に火を起こしました。定番の焼き芋のほかに、今日はジャム作りに挑戦しました。ジャムの材料は森から調達!アキグミやフユイチゴを採ってきて、砂糖と一緒に煮詰めます。うまくできた子、火の加減が強くてちょっと焦げ付いてしまった子、様々でしたが、なかなかおいしいジャムができました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「クリスマス/正月リース作り」  in 岐阜メモリアルセンター

2017-11-27 07:45:21 | 出前講座&特別講座

このメモリアルセンターでの特別講座も4年目に入り、今回は例年より1時間早い9時スタートの講座となりました。講座に先立ちメモリアルセンターからの注意事項と我々講師の紹介があった後、開講しました。

            どれにしようかな・・・


 午前中は、クリスマスリース作りです。再度、グルーガンの扱いなどを説明したのち、材料選びです。小さなお子さんも一緒に、思い思いに選んでいきます。

                 これをこうして? ん? こっちかな?


 材料を選んだら、皆さん黙々と組み立て作業に没頭です!!だんだんとグルーガンの扱いにも慣れて作業も進みます。お子さんも一緒になってお手伝い、大きな戦力ですね!!!

                 やったね!!


さぁ出来上がりました。皆さん順番に作品を提示して一言づつ感想を述べてもらい、記念の集合写真です。作品も素敵!皆さんの笑顔も素敵でした。

 

午後1時からは正月リース作りです。まず最初に「しめ縄」を作ってからベースのリース作りへと進みます。しめ縄作りは勿論、稲わらに触るのは初めての人がほとんどです。これがなかなか難しい作業でありながら、この講座の最大イベントなのです。

                縄 now

 お父さん頑張って!!お子さんも一生懸命に応援です。

ママこっちが良いんじゃない?

どうにかしめ縄も出来て、リースの土台作りに入ります。材料を並べ、眺めては入れ替えて、うぅ~ん?でも少しづつ形が出来て行きます。もうすぐ完成かな!!

                  イェー!!完成!!

 

正月リースも出来上がりました!!午前と同じ様に作品発表してから皆さんで集合写真です。

 今年も多くの方がお子さんと一緒に参加されました。「一緒に作業出来て楽しかった。」「つい子供を忘れて夢中になった。」などの感想も・・本当にお子さんの独創的な感覚には毎回、刺激をもらいます。ともかく、今年も楽しく、無事に終了して良かったです。次回は、お子さんを対象にした作品作りと大人のリース作りを合体した様な講座を考えても良いかなと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月22日 ふれあいの森散策会    「紅葉の古津谷を散策しよう!」

2017-11-23 13:28:26 | ふれあいの森散策会

同じ百々ケ峰の山麓に、こんなに素晴らしい森があることを皆さんに知っていただくために、今回初めて古津谷の散策会を開催しました。

                                          どんな栗?

 

金華山のツブラジイは有名ですが、このふれあいの森でもツブラジイとスダジイを見ることができます。シイの実という名前は聞いても、どんな実なのか見たことがないという人のためにまずシイの実を拾っていただきました。

                                         スダジイとツブラジイの違い

 

スダジイの実は長細くて先端がちょこっと傾いています。ツブラジイはつぶらな瞳のように小さくてかわいらしい実です。実を比べれば一目瞭然ですが、実がないときは区別がつきません。葉の鋸歯の違いや木肌を見ただけでは素人にはなかなか分かりません。そんな時は、葉っぱを1枚ちぎって触ってみてください。スダジイは厚くて腰がありますが、ツブラジイはペラペラして薄い感触です。この感触をしっかり覚えておけば、次回から同定の参考になりますよ^^

                                  この赤い実なんだろう?

 

地面にいっぱい落ちていたこの毛の生えた赤い実のようなものはなんでしょう?以前散策会で紹介したクヌギハマルタマフシは表面がテカテカ光っていましたが、こちらは毛むくじゃらです。クヌギやアベマキの葉裏(表の時もあり)にできるこの毛むくじゃらの球形はクヌギハケタマフシといって虫コブですね。犯人はクヌギハケタマバチ。このタマバチがクヌギ(又はアベマキ)の葉に卵をうみつけるとその部分が異常発達して球形の虫コブができます。この虫コブ内で一匹が成虫越冬すると、早春にクヌギ(又はアベマキ)の雄花序に卵を産み付け、クヌギハナカイメンフシという別名の虫コブを形成します。これから羽化したクヌギハナカイメンタマバチは、今度は葉の裏に卵を産み付けて今日拾ったクヌギハケタマフシを形成するのです。つまり1年に2回別名の虫コブが発生するのですから自然界は面白いですね~

                                       黄葉のシャワー浴びて

 

古津谷は、コシアブラ、タカノツメ、アオハダの黄葉やコナラ・アベマキのオレンジの黄葉が深まりゆく秋の森を美しく彩り、深呼吸をしたくなるほど空気がおいしく感じられました。沢沿いに水の音を聞きながら歩くのはなんとも心地よいものですー☆

 今回で今年のふれあいの森の散策会は終了です。来年321日の百々ケ峰ハイキングでまたお会いしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「絶景!百々ケ峰南尾根を歩こう!」 in 百々ヶ峰 11月9日

2017-11-14 09:53:10 | みのまるかじり講座

今日は、いつもの百々が峰登山と異なり南尾根コースからの登頂に挑戦です!天気は秋晴れ!肌寒いくらいの出足、絶好の登山日になりました。

               大丈夫かな?結構な岩場ですよ!!


松尾池の手前にある岩舟緑地の駐車場に集合し、軽く手足のストレッチを行ってから出発です!40M位、車道を歩き小さな橋を渡ってすぐ左手の山道に入りました。そして、いきなり結構な岩場が続く登りです。

                     小休止!!

岩場を登りきって少しお休み!眼下には松尾池の岩舟山荘が・・・向かいには松尾池からの岩場ルートが望めます。山道にはドングリや松ぼっくりが転がり、道脇にはミヤマママコナの花やネズミサシの実、ナツハゼの実をちょいとつまみ食い!!ぬける様な青空と緑の中に赤・黄がチラホラと紅()葉の妙がたまりません。

                   山頂でお昼!


岩場や松葉の道をぬけてやっと頂上に到着。皆さん場所を探してお待ちかね、お昼の腹ごしらえです。百々が峰の山頂からは金華山と長良川、遠くツインタワーの奥、光に眩しい伊勢湾まで望めて流石です!!

                    ()葉を下から覗き見る!


腹ごしらえも終わり下山開始です。管理道を外れ雑木に囲まれた山道を白山展望台まで進みます。途中で紅()葉した木を真下から見上げます。陽の光に照らされた葉を透かして見るのも綺麗ですね!これは絶対にお勧めです!!

                     白山展望台にて


白山展望台にて小休止、名前と異なり白山は見られませんが、眺望は良く少し白くなった御岳、乗鞍岳が望めました。ここから萩の滝を経由して松尾池に下ります。

                   水音を聞きながら・・


下山する山道は足も軽やかですが、気を抜くと滑って一番危ないのです。皆さん声をかけながら降りましょう。このルートは水音を聞きながら下るので気持ちの良い道ですね!萩の滝も堂々たるものコチャルメルソウ、サンショソウ、シシラン、マメヅタなどこの環境に適した植物が見られました。

 松尾池には、マガモやカルガモの他、オシドリが来ていました。本当に絵になる鳥です。そして池の下ではサネカズラやカラスウリの実が存在感をアピールしていました。今日歩いた南尾根ルートは変化に富んだ山道で、どこを見ても、いろいろな秋がいっぱいで楽しい登山が出来るコースだと思いました。皆さんも是非、歩いてみてください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加