ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で・・
カタリナと歩いた街、優しい人々との折々の出会い・・・ それは、想い出という名の心の糧 

続々・レンブラント ‐ 美術史美術館(34)

2016年10月19日 |  ∟オーストリアの美術館

 ※ オーストリア/ウィーン美術史美術館編 ‐ 中欧美術館絵画名作選(52)

 初期ネーデルランド絵画の巨匠ブリューゲル(1525-1569)とともに、美術史美術館が誇る北方の名画三作品から出発した今回の旅。

 その初回は、オランダ絵画黄金期をフェルメール(1632-1675)とともに担い、光と影の魔術師とも称されたレンブラント・ファン・レイン(1606-1669)の 「<自画像 ‐ 職人の装い>」だった。

 このウィーン美術史美術館編を締め括るのは、やはり、そのレンブラントこそ相応しいと思う。

 ところで、母というのは、何時まで経っても忘れられないもの。
 むくつけき男(お)の子にしても、母は優しく甘酸っぱく、幾つになっても甘えたいと思う存在でもある。
 それは、この巨匠にしても同じだったよう、母を度々描いている。

 老人の顔が描けてこそ一人前、との信念を持っていたともされるレンブラント、傑作 「<ゼウクシスとしての自画像 - 笑う自画像>」(ケルン/ヴァルラフ=リヒャルツ美術館蔵)をはじめ自画像や宗教画に多くの老いたる容姿を描いている。

 話しはそれたが、彼は幼い頃、母の膝で母の語る聖書物語を子守唄として育ったとされ、母を描いた場合の多くに宗教的意味合を持たせたともされている。

 そんな篤信の母が、彼にして描かせたのが 「母の像」(上/1639年)。

 本作は、ヨセフとマリアが<キリストの神殿奉献>のためエルサレムの神殿に行ったとき、“ 近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に、幼子のことを語りきかせたアンナという年老いた女預言者 ” (ルカ2章) の姿だとされている。

 レンブラント、八年ほども前にも初期の傑作のひとつとされる 「母の像」(下/1631年/アムステルダム国立美術館蔵)を描いてい、これらの作品からも母への深い情愛が見て取れるのである。

 花の終わる頃から半年、34回に綴った美術史美術館編、厭きずお付き合いを頂いたこと感謝いたします。
 ドレスデン、ウィーンと巡った中欧美術館の旅、また何処かの美術館であなたと会えるのを楽しみに・・・。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1201

 ※ 「美術史美術館(33) ‐ ブリューゲル(14)」へは<コチラ>から入れます。 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ブリューゲル(14) ‐ 美術史... | トップ | 続・また最近、ブログ考 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほどね (旅人)
2016-10-20 01:05:51
てっきりブリューゲルで終わると思ったウィーン美術史美術館、レンブラントで閉めるとはちょっと意表を突かれたなあ。
次は何所の美術館で会えるのか?それも意表を突かれるのかな、楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。