ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

さむっ! ‐ 1月がゆく

2017年01月30日 | 季節/暦

 一月、嫌になるほど<長く>感じたものだったが歳を重ねた所為か、他の月と同じ早さで過ぎてゆく。
 一番寒さが厳しい時季とされる大寒(1/20)を挟んで、暦通り日本列島を雪まみれにさせていたかと思ったら、週末にはもう<節分>、そして<立春>である。

 さて、聊か芸がないが前回に続いて今回もこの方、米国第一主義を主軸とする大統領が就任、17年1月は後世に語り継がれる月になるかも知れない、賞賛か批判かは別にして。

 就任式を終えて最初の日曜(1/22)の朝日紙 「日曜に想う」で編集委員氏、“ 政治家を 「考える」タイプと 「思う」タイプに分けるなら、政権を去ったオバマ氏は前者であろう ” という。

 それは、“ 挑発より説得を、対立より協調を擁護する手法は、ときに非力に見え、優柔不断と批判も浴びた。だがそれも(中略)民主主義に内在する危うさを深く認識すればこその 「考え」であったと推察する ” と続ける。

 そして、“ トランプ氏は後者だろう。好き嫌いを軸にものごとを判断し、保水力のない心は思いを衝動的に吐き出してしまう。往々にしてこのタイプの方が決断力に富み英雄的で、強く見えるのが厄介だ ” と。

 これを読んで、安倍さんそっくり>じゃないかと改めて思う。

 通常国会冒頭の施政方針演説、土佐のハマグリ養殖まで引き合いにして、持論をだらだらと並べた安倍さん、同紙(1/21)は “ 改憲意欲を強調したもの ” と大きなキャプションをつけた。

 これまで数を頼んで遣りたい放題、今の憲法で 「なんの不都合や有り」、と思うのだが、さて?
 そんな有象無象を残し、おさむい睦月・一月はゆくけれど、「プリムラ・ドリーミー」は悲しくも無邪気に咲く。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1251

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 甘ちゃん | トップ | 梅 ‐ 2月がきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節/暦」カテゴリの最新記事