パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

HDDを交換したらリカバリ出来ない?!

2012-03-03 09:00:03 | ハードウェア
今週のおすすめ記事にも書きましたが、2月はトラブル対応の仕事が多かったです。
そのなかでも今回のトラブルが結構大変でした。

ある日、生徒さんの紹介でノートPCが持ち込まれました。
起動しないとの事。OSはWindows7です。

リカバリCDもあるので、最悪はリカバリかなと軽い気持ちでいました。

一通りの事をしてみましたが、直らない。
HDDの中のデータを救出してからリカバリかな。

HDDを取り外して、他のPCに接続するとHDDは認識してデータの救出もできました。
しかし、S.M.A.R.T を確認すると不良セクタが・・・
これはHDDを交換したほうがいいなぁ。

他のパーツに問題がないかの切り分けのため、会社にある古いHDD(80GB)をつけて
リカバリをしてみました。

問題なくリカバリはできたので、新しいHDDを買ってリカバリすればいいかなと。

新しいHDDを取り付けリカバリすると・・・

最後のデバイスドライバのインストールのあとに

「このコンピューターのハードウェアで動作するようにWindowsを構成できませんでした。」

と、エラーが。

再起動後にも

「もう一度Cドライブのみリカバリーしてください。」

と。

何回やってもこの繰り返し。

ネットで色々調べてみると新しいHDDは「AFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)」
HDDでした。

※AFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)とは
アドバンスト・フォーマットとは、セクタサイズを従来の512バイトよりも大きくした4,096バイト(4Kバイト)で
物理フォーマットしたHDDです。
これにより、プラッタ容量を増やし(約10%)、エラー訂正の精度を高めることができます。


ちなみにWindows上で行うフォーマットは「論理フォーマット」です。

「AFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)」のHDDではメーカー製のPCのリカバリが
できないらしい。これは結構問題ですよね。

そこで、今回はその対策です。

まずはHDDを購入する前に調べましょう。方法は、HDDメーカーのサイトのスペックシートをみないと分からないです。

今回買ったHDDは日立の「HTS547550A9E384

HDDメーカーのサイトです。
Travelstar 5K750 Hitachi Global Storage Technologies

↓の画像はそのスペックシートのキャプチャですが、セクタサイズが「512e」となっています。
これが「AFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)」のHDDです。
従来のHDDはここが「512」です。




それでは、どうやって今回のトラブルを解決したかを書きますね。

会社の古いHDDでリカバリしてあったので、「Acronis True Image Home 2012」を使って
新しいHDDにクローンを作成しました。

これで新しいHDDから Windows が起動しました。

しかし、ここで問題が・・・

Windows Update をしようとすると下記のエラーが

「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。
このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。」


また、Windows Live メールがエラーで起動できません。

ネットで調べてみると下記のサイトがありました。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 と Advanced Format Disk の互換性を向上させる更新プログラムを入手できます

早速「更新プログラム」をダウンロードしてインストールしたけど、症状は変わりません。

う〜ん・・・

更にネットで調べると「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」をインストールしてから
クローンを作成して新しいHDDに移行すればいいらしい。
これのドライバがセクタサイズ4,096バイト(4Kバイト)のHDDに対応しているみたいです。

「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」をダウンロードしてインストールしてから、
「Acronis True Image Home 2012」で、クローンを作成して新しいHDDに移行させると・・・


上記の不具合がなくなりました。やったね!!!\(^o^)/


ここまでたどり着くのにかなり苦労しましたが、何とか解決できました。
ただし、今回のPCはインテルのチップセットを使っていたので成功しましたが、AMDのチップセットの
場合はこの方法は使えません。

今後はHDDを買うときにはHDDメーカーのスペックシートまで調べないと安易に買えませんね。

それに、PCメーカーも対応してもらわないと・・・



(ケン)
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Excel2010でExcel2007のような印... | トップ | 今週のおすすめ記事 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オホーツクのリンゴ屋)
2012-03-04 19:31:09
最近はHDDも気軽に交換できないのですね。私も交換することがあったら気を付けます。技術の進歩は有難いけれど、これではありがた迷惑ですね。
今晩は (モコ)
2012-03-04 20:33:15
私も去年からパソコンで悩みを抱えています
スタートアップの起動が出来ません
ので長押しで電源を切り再度修正起動で立ち上がる毎日です
が・・
ある方のコメントで
この様な回答がありましたが・・
良く分かりません
忙しいでしょうが・・
何卒
ブログで内容を書いてありますのでご助言お願いします
オホーツクのリンゴ屋さんへ (ケン)
2012-03-05 12:20:26
コメントありがとうございます。

本当にこれはありがた迷惑ですよね。
これからはHDDの交換も結構気をつけないと。
モコさんへ (ケン)
2012-03-05 12:20:56
ブログに伺ってコメントさせていただきました。
ご質問 (しぶ)
2012-03-21 18:03:25
こんにちは、記事拝見させていただきました。
私も先日windows7 vaio VPCEB29FJの非ATAのHDDからATAのHDDにリカバリディスクを使って復旧させようとしたのですが、エラーがでました。
そして非ATAのHDDを買い直したところうまくいきました。
そこでご質問なのですが、ATAのHDDをいったん外付けにしてソフトなどを使って引っ越ししてから、交換すればATAのHDDでもエラーが出ずに復旧できるということなのでしょうか?
しぶさんへ (ケン)
2012-03-22 13:29:30
コメントありがとうございます。

記事にも書きましたが、ソフトを使って移行は出来ますが「Windows Update」や
「Windows Live メール」などでエラーがでます。

今回は↓の更新プログラムを当てても駄目でした。
http://support.microsoft.com/kb/982018/ja

PCの環境によっては上手くいくかもしれませんが。

「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」をインストールしてから移行したら
上手くいきましたが、これも環境によっては使えません。

非AFTのHDDを使うのが一番確実ですね。
ケンさんへ (しぶ)
2012-03-22 18:42:47
ご返答ありがとうございました!
やはり環境によって異なるのですね。
今はAFTのHDDが主流になっているので、ある意味私のPCの寿命が縮んだようで残念です。
HDDのトラブルの対策としては安い時に非AFTのHDDを購入しておくのが無難ということですかね?
しぶさんへ (ケン)
2012-03-23 21:01:01
そうですね。
今のうちに非AFTのHDDをストックしておくのが賢明ですね。
こんばんは (出張人)
2012-09-18 23:57:15
こんばんは。記事を拝見させていただきました
この件で悩んでいましたが、おかげでHDDの移行が上手く行きました。ありがとうございます
しかし、この件に関する情報の少なさって何なんでしょうね
出張人さんへ (ケン)
2012-09-20 08:38:17
コメントありがとうございます。
お役にたててなりよりです。

本当に情報は少ないですね。
PCメーカーのサポートでさえもAFTの事はよく知らないみたいでした。
Unknown (なう困り者)
2013-11-30 02:32:44
記事読ませていただきました。
今ボクのメインPCがまさしくこれと同じ状況で
upadateもできず
再インストールしようとしても失敗続きで
この記事を読んで納得出来ました!

さっそくやってみます。
なう困り者さんへ (ケン)
2013-12-09 08:54:19
コメントありがとうございます。
レスが遅くなりすみません。

再インストールが上手くいけば良いですね。
一つ疑問が。。。 (響)
2014-10-03 17:39:46
本記事拝見させて頂きました。

AFTのHDDにクローン後、OSの稼働は問題なくなると思います。
ですがこの環境でリカバリを行おうとすると躓くと思うのですが
検証実績や対策方法をご存じでしたらご教授頂けませんでしょうか。
響さんへ (ケン)
2014-10-10 11:24:16
レスが遅くなりすみません。

この環境ではリカバリは出来ませんね。(メーカーのリカバリソフトがAFTに対応していないと)
対策としてはHDDを交換した後の環境をバックアップしておいて、何かあった時に戻すしかないかと思いますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。