パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

IF関数であいまい検索しましょう(Excel)

2009-05-15 12:06:15 | エクセル
今日は生徒さんからの質問をとりあげたいと思います。

「IF関数の論理式に文字の検索、"〜を含む"を指定したいのですが・・」

「ということはこんなイメージですかね。↓
商品コードに"PA"という文字を含むセルのお隣のセルに目印として"含む"と
表示させてみましょうか」



「はい、まさにそんなイメージです。やってみましょうよ」


まずは、IF関数の論理式にワイルドカードが使えるかですが・・実は使えません。

ワイルドカードとは文字のあいまい検索をするための"*"や"?"の記号です。

数式に「=IF(B4="*PA*","含む","")」のように入れると、"*"を文字として検索してしますのです。なので、
「セルB4の値が"*PA*"だったら」という論理式になってしまいます。

というわけで、論理式にCOUNTIF関数ををからませます。

COUNTIF関数は、指定した範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を教えてくれる関数ですが、
この関数の検索条件にはワイルドカードが使えるのです。

では、C4のセルの数式に「=IF(COUNTIF(B4,"*PA*")>0,"含む","")」と入れてみます。



「ほら出来ました。(*^_^*)こんな感じでよいですかねぇ」

「なるほど!」

mihoりん
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ワイルドカード
コメント (6) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« アップデートでPC(パソコン)は... | トップ | マウスを使わずにソフトを起動す... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
含まない (愚石)
2009-05-15 21:15:40
「<0」にしてみたらなにも変わりませんが、
「=0」にすると「含まない」ものを抽出できるんですねぇ。
なるほどねぇ、驚き!
こんばんは! (赤面獣)
2009-05-15 23:08:01
まるでパズルですね(^^)
こういうの閃いた時って気持ちいいですよね!
なるほど! (yukitada)
2009-05-17 09:12:31
いい思い付きですよね。

頭が固いと、そこまで
思いつきませんでした。(^^ゞ

参考になります(^_^)
愚石さんへ (mihoりん)
2009-05-17 23:49:43
すばらしい。

Count関数は、見つからない時は、0が返ってきますからね。(*^_^*)
赤面獣さんへ (mihoりん)
2009-05-17 23:50:51
そうなんですよ。

出来た時はガッツポーズです。(*^_^*)
yukitadaさんへ (mihoりん)
2009-05-17 23:54:02
発想を変えるよう意識をしています。

だいたい新しい発見がありますね。(*^_^*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。