パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

Windows 8 レビュー Part-1

2012-10-29 21:18:27 | Windows 8 ・ Windows 8.1
今回からは、「Windows 8」の正式版のレビューです。
先週末に届いた「Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版」を早速インストールしました。

しかし、インストール後にトラブルが。
「Windows 8 Release Preview」でのDVDドライブが認識しないと言うトラブルです。

「Windows 8 RTM」で、直ったかと思ったのですが、直っていない。
実は「Windows 8 RTM」の時はソフトとかは引き継ぎできなくて、ユーザーアカウントの情報だけ引き継いだから
トラブルがでなかったんですね。

今回は「Windows 8 Release Preview」と同じくソフトもすべて引き継いだので、同じトラブルがでました。

さて、どうやって解決しようか?

今回は「Windows 8」の目玉の一つでもある「PCをリフレッシュする」と言う機能を使ってみました。

「チャーム」の「設定」→「PC設定の変更」の「全般」→「「PCをリフレッシュする」の「開始」をクリックします。



これでDVDドライブが認識しないと言うトラブルは解決されましたが、ソフトがすべて削除されます。
一部のドライバは「Windows 8」標準ドライバに置き換わっていました。

必要なソフトはまたインストールし直しです。
しかし、データやアカウント情報、IEで保存したパスワードなどは残っていました。

どうやら、ドライバかソフトに問題があったみたいです。
「Windows 7」の時には問題なかったんですがね。


さて、「Windows 8 RTM」と正式版でどこが変わったのか?

一番変わったと思われるのは、「スタート画面」の「Internet Explorer」をクリックしたときに



「Windows 8 RTM」では、↓のような画面でしたが



普通の「Internet Explorer」になっていました。




さて、今回はここまで。

次回からは使い難い「Windows 8」を使い易くするツールなどの紹介も交えて書きたいと思います。


それでは、また。



(ケン)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Internet Explorer」で、日本語入力が変?

2012-10-25 09:10:25 | ソフトウェア
先日、お客さんのところへメンテナンスに伺った時にお客さんが、
「Internet Explorer」で、日本語入力しようとすると変なんですとのこと。

見てみると、どうもキーボードの配列が英語キーボードになっているみたい。

メモ帳などの他のソフトでは問題なく、「Internet Explorer」だけがおかしい。

早速ネットで調べると解決方法がありました。

どうもレジストリが書き換えられているみたいです。原因は不明ですが。


それでは直し方です。

「スタート」ボタンをクリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックして
「regedit」と入力して「OK」をクリックしてレジストリエディタを起動します。



「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts\00000411」を
開きます。



右ペインの「Layout file」を確認します。



お客さんのPCではここが「KBDUS.DLL」になっていました。
「Layout file」をダブルクリックして「KBDJPN.DLL」と書き換え「OK」をクリックします。



レジストリエディタを終了してPCを再起動します。


これで、「Internet Explorer」で日本語入力が正常にできるようになりました。

今回のキャプチャは「Vista」で説明していますが、「XP」も「7」も同じです。


※レジストリに不正な値を書き込んでしまうとシステムに重大な障害を及ぼし、
最悪の場合システムの再インストールを余儀なくされることもあります。
レジストリエディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで
設定を行って下さい。




(ケン)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 8 RTM レビュー Part-5

2012-10-23 19:32:47 | Windows 8 RTM
今週の26日には、「Windows 8」が発売されますね。
私はすでに「Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版」を頼みました。

かなりお買い得だったので。それと仕事柄1台は「Windows 8」のPCがないとね。


さて、今回は「Windows 8」の「IME」について書こうと思います。
これも「Windows 8」にするとちょっと戸惑うところだと思います。
しかし、今までの「IME」よりお利口にはなっていますよ。

↓のやじるしのところが「IME」です。この状態では「IME」は無効になっています。



しかし、入力する時にはちゃんと有効になりますよ。



それにしても、今までの「IME」に比べてずいぶんシンプルですね。
右クリックすると「オプション」が表示されます。




先ほど「IME」がお利口になったと書きましたが、「予測変換」に対応しています。
携帯やスマートフォンでは当たり前の機能ですが、結構便利です。




と、今回は簡単ですがここまで。


今週末には26日に届く「Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版」をインストールしてみるので
またレビューなど書きますね。

それでは、また。


最近、更新が少なくてスミマセン。



(ケン)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【おすすめ】

パソコン買ったらまず入れる10のアプリ