パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

「Windows アップデート」の不具合 (XP)

2013-12-13 12:32:24 | WindowsXP・Vista・Windows7
お客さんから電話があり、PCがもの凄く遅いとの事。

伺って見てみると確かに遅い。

タスクマネージャーで見ると「Svchost.exe」のCPU 使用率が100 %になっています。
これはWindowsアップデートで使われるプログラムなんですが。

ネットで調べるとMicrosoftのブログが最初にヒットしました。

Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する - Japan WSUS Support Team Blog - Site Home - TechNet Blogs

以下、抜粋。

12/11/2013 更新
~~~~~~~~~
本事象が、12 月公開分の IE の累積更新プログラム(KB2898785)の検出時においても発生す
るとの報告がございました。
なお、KB2898785 をインストール完了して頂く事によって事象が改善する事も確認されており
ます。(※こちらは暫定対処策 1 に該当します。)
この事象につきましては、情報に更新があり次第、随時当該ブログでご案内させて頂きます。
~~~~~~~~~


CPUの性能が低いPCで起きている症状みたいです。

この不具合はWindowsアップデートをしたら直りましたが。

それにしても、XPの「Windows アップデート」に関しての不具合は数か月前から起きているんですが、
改善されませんねぇ。

ショボイPCは早く買い替えろという嫌がらせに思えてしまうのは私だけでしょうか?



(ケン)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【おすすめ】

パソコン買ったらまず入れる10のアプリ