パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ウォールフラワー ★★★

2013年12月29日 | あ行の映画
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで映し出す。困難を乗り越え成長する少年の心象風景が観る者の心を強く揺さぶる。
あらすじ:1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが……。

<感想>原作は読んでません。もともとはティーンの聖典として親しまれていた作品だそうで、内容は何だか懐かしい作風なんですね。28日から地方でも上映された。いつの間にか23歳になっていたエマ・ワトソン。
舞台となる1991年のピッツバーグの郊外。ハイスクールに入学したばかりの成績優秀なチャーリーに、最近映画で見る顔になったローガン・ラーマンが扮している。ニューシネマ世代の私には、ついダスティン・ホフマンを想いだすような感じ。中二病真っ盛りの自閉症気味のオーラが災いしてか、いつも壁の花的存在のチャーリー。小説家希望なので、よく本を読んでいるので国語の先生に一目置かれる。

友達はもちゼロ。お先真っ暗の学園生活が始まったのだ。ところが、意外に早く希望の光が差してきて、自由奔放なイケメンのパトリック、すなわちあの話題作で一躍有名になったエズラ・ミラーが、義妹のサムという美女を紹介してくれる。その二人は上級生の兄妹で、彼らを中心とするサブカルクラスタの連中に迎え入れられたのだ。
当然のごとく、サム、つまりエマ・ワトソンに胸をときめかせるチャーリー。そうだよね、自閉症気味のネクラだったのが、急に目の前に年上の美人が現れるんだもの、有頂天になるのはわかる。

それが、彼らの会話が強力なフックとなるわけ。「好きなバンドはザ・スミス」なんだと言うし、「マジそれって、私もよ」これは、「(500)日のサマー」の出会いシーンの再演か?と思ってしまうかもしれない。
原作でも作品の世界観を支えるものとして音楽ネタが多数入れ込まれてはいるが、映画の中ではいろいろと選曲が変更されている。

そして、決定的なシーンにチャーリーたち3人がトラックの荷台に乗ってトンネルを抜けるところでしょう。ここで、カーラジオから流れる完璧な曲が、デイヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」なんだから。そして、トラックの上でサムが風に体をまかせるポーズ、レオ様がローズを抱いてやった「タイタニック」でのポーズ、チャーリーが「無限を感じる」とばかりに、ここが一番高揚感のあるシーンだと思う。最後にもう一度3人でトラックに乗ってトンネル越えする時は、チャーリーが上で風を体全体に感じていた。幼いころの、叔母さんとの幼児体験がトラウマとなり、その叔母さんも事故で死んでしまった。その死は自分のセイだと長いこと思っていたのだ。
「ロッキー・ホラー・ショー」のコスプレ上映会も見ものだし、国語教師がチャーリーに勧める「路上」や「華麗なるギャツビー」「アラバマ物語」など、ちょっと古いんじゃないかと思う。まさか、パトリックがゲイだったとは意外だった。確かにエズラ・ミラーの綺麗な顔立ちは、そうにも取れるから不思議だ。
だが、奥手のチャーリーの初恋は、だんだんと美女のサムから、メアリーというパンク女子に傾いて、あろうことか彼女相手に童貞喪失へとなるところには、何だかあせって「ヤリたいだけじゃん」と思ってしまった。しかし、メアリーって頭いいんだね、ハーバード大学受かってたって。若いっていいよね、落ち込んでなんかいられないよ。
エマ・ワトソンが「ブリングリング」で頭からっぽなヴァリーガールを演じていたが、こちらはずいぶんと古風な感じで大変よかった。
2013年劇場鑑賞作品・・・352 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナタリー ★★ | トップ | ハンガー・ゲーム2 ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ウォールフラワー」 深い友達 (はらやんの映画徒然草)
昨日の「ブリングリング」に続き、偶然にもエマ・ワトソンの出演作を二日連続して観賞
映画・ウォールフラワー (読書と映画とガーデニング)
2012年 アメリカ原題 The Perks of Being a Wallflower 時代背景は1980年代後半から90年代初頭高校に入学したばかりのチャーリー(ローガン・ラーマン)友だちはゼロ、誰も挨拶してくれない、ランチも独りぼっち誰かが声をかけてくれるとしてもイジメか悪口唯一....
ウォールフラワー (風に吹かれて)
誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス
『ウォールフラワー』 2013年12月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォールフラワー』 を鑑賞しました。 今日は映画の日なので梯子の1本目 【ストーリー】  1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリッ...
ウォールフラワー/ローガン・ラーマン (カノンな日々)
『RENT レント』の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが自身の小説「ウォールフラワー」を基に自らメガホンをとり映画化。『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 ...
映画:ブリングリング THE BLING RING FBでリア充を追求し過ぎた結果、犯罪に染まる若者たち。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
現在、ロサンゼルス。 キラキラのハリウッド・セレブと、フツーの人たちが共存する街。 こんな街、他にはない。 その街の罠にすっぽり落ちる若者たち。 最初はちょっとしたいたずら心からセレブな家に入り込んで、少々失敬するところから始まる。 ところが21世紀...
あの頃/壁の花~『ウォールフラワー』 (真紅のthinkingdays)
 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER  アメリカのある街。ウェブの世界がリアルを凌駕する、少し前の時代。心に 傷を抱えた内気な少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校に入学する。 孤独な日々の中、エキセントリックで独特な雰囲気を醸すパ...
「ウォールフラワー」 (Con Gas, Sin Hielo)
「無」の自分が「無限」の一部になるとき。 言うまでもないことだが、世の中は不公平だ。 神様は乗り越えられる人に試練を与えると言うが、それは得てして慰みに近く、克服できずに終わる者も多い。 本作の主人公・チャーリーは、幼くして負った心の傷に苦しみ続けて....
ウォールフラワー (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2012年 米国 上映時間:103分 監督:スティーヴン・チョボスキー  スクールカーストを描き、米国で社会現象を起こした青春映画。思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで追及し、困難を乗り越え成長する少年の心象風景を描き、観客の心を強く揺
「ウォールフラワー」 (ここなつ映画レビュー)
観て良かった。心の中に満ちて行くこの想い。 単なる青春映画ではないし、単なる初恋映画でもない。普通なら、本人はそうとは気づかず、宝物のようなきらめく日々を過ごすティーンエイジャー。中学・高校・そして大学へと、一歩一歩階段を駆け上がって行く。時には苦し...
ウォールフラワー (映画好きパパの鑑賞日記)
 「ライムギ畑でつかまえて」の再来、というキャッチフレーズにひかれていったら、これ何てラノベ?という感じ。原作者が監督・脚本を担当しているだけあって、思い切った改変もできなかったと推察されます。  作品情報 2012年アメリカ映画 監督:スティーヴン・...
ウォールフラワー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「エンダーのゲーム」を観た後は同じシネコン で上映していた映画「ウォールフラワー」を続けて 鑑賞です。 ウォールフラワー 原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作:2012アメリカ 作品紹介 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の ローガン・ラーマン、『...
[洋画] 日本の青春ドラマとはだいぶ違う。「ウォールフラワー」 (窓の向こうに)
観ようかと思っていて観そびれた映画。観る機会は何度かあったのだが、プライオリティを考慮して切り捨てた作品、と言った方が適当か。その後、青春映画の傑作の呼び声高く、気になっていたところ、下高井戸で上映していることがわかったため、駆け付けた。 題名ウォール...
「ウォールフラワー」 (或る日の出来事)
主人公たちと同じ高校生に近かったら、もっと同感したかもですが、わりと好きではあります。
「ウォールフラワー」(2012年、アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「ウォールフラワー」(原題:ThePerksofBeingaWallflower)は、2012年公開のアメリカ映画です。スティーブン・チョボスキー著「ウォールフラワー」を原作とし、著者自身が監督を務め、周囲に...