パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ハクソー・リッジ★★★★★

2017年06月27日 | アクション映画ーハ行
「ブレイブハート」「アポカリプト」のメル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で75人もの命を救い、終戦後、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めての名誉勲章を授与された実在の衛生兵デズモンド・ドスの不屈の人生を、臨場感あふれる迫力の戦闘シーンとともに描き出す。主演は「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールド、共演にサム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング。

あらすじ:アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。

<感想>この作品は、第二次世界大戦末期の沖縄線であり、地獄の最前線で、武器を持たずに、たった一人で75人の命を救った衛生兵の物語でもある。
実話をベースにした映画でもあり、戦後、“良心的兵役拒否者”として、初めて名誉勲章を授与された、アメリカの隠れた英雄なのです。

世界一の臆病者が、英雄になった理由とは、幼い頃に兄弟げんかをして、兄を気絶させたことと、父親が母親と喧嘩をして拳銃を持ち出し、それを止めるために父親から奪った拳銃を父親に向ける悍ましさ。それから彼は、決して銃は持たないと神に誓った。

主人公のドスを演じたのは、「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールド。以前は「アメイジング・スパイダーマン」シリーズで活躍したイケメン青年である。弱弱しい体だが、今回では筋肉をつけたと見え、裸になる場面では立派な筋肉美を見せてくれる。
宗教上の理由で銃を手にしない若者が、良心的兵役拒否の資格があり、軍需工場でも働いているので兵士になる必要はないのだ。だが、兵隊検査で不合格となった若者2人が、自殺した。日本軍による真珠湾攻撃のこともあり、銃を手にしなくても戦争に参加したい。

だが、兵士たちも上官も、こんなデズモンドを理解できない。臆病者かと思えばそうでもない。訓練は人一倍熱心で、虐めて除隊させようとする仲間たちに乱暴されても本人は諦めないのだ。

しかし、射撃訓練は拒否する。だから命令違反で軍法会議にかけられ、有罪になる土壇場で、父親が上層部に懇願し、そのはからいで、衛生兵として勤務できることとなる。
良心的兵役拒否とは何か?・・・反戦とも、徴兵拒否とも違う。確たる信仰にもとづく行動なのだ。だが、この戦争では、暴力と無縁ではいられるだろうか。

映画の前半では、看護婦の恋人、テレサ・パーマーもでき、幸せに田舎町で、平和に暮らしているようにみえる。彼女は「X-ミッション」(15)の時も美しかったが、今回はひと際眩しく輝いていた。結婚式でも、ドスは刑務所の中で軍法会議にかけられ、ドロシーは一人取り残されるも、彼を信じて待つのだ。

映画の後半では、その反対に、暴力の支配する世界。画面では男性の兵士で埋め尽くされ、女性は出てこない。女性や家族を守ろうと、男性だけが戦場にやって来ているからだ。

一番の見どころは、地獄の最前線の描写だろう。容赦なく飛び来る銃弾、それに砲弾。一瞬にして兵士が肉片と化す理屈抜きの恐怖。ノルマンジー上陸作戦を描いた98年の「プライベート・ライアン」に、勝るとも劣らず“地獄”を映している。
監督のメル・ギブソンは、「ブレイブハート」でも、中世の血肉飛び散る肉弾戦と接近戦を激烈に描いていた。が、今回ではそれ以上であり、特に、死体にウジが湧いたり、半白骨化した死骸も余すところなく映し出す徹底ぶり。放たれる腐臭、転がっている肢体の死臭が画面から伝わり、実際に観ていて想像を絶する。

あんなに、デズモンドを嫌っていた上官のヴィンス・ヴォーンを助ける場面も、迫りくる敵兵をかわし、丸腰で負傷兵を抱え、断崖から“もやい結び”(ブラジャーかと笑われた結び方)という特殊な結び方で負傷兵を降ろす下りのスリルさは、自分の目で見なければ分からないと思う。それでも、彼は軍法会議で言った名ゼリフ「皆は殺すが、僕は助けたい」と宣言する。
しかし、戦場で綺麗ごとは言ってられない。目の前で敵の銃で撃たれる仲間、まだ生きているなら絶対に助けたいと、一人一人屍に声をかけて、うめき声がすればモルヒネをうち、絶対に助けるからとズルズルと引っ張り、崖の下へと落としてあげるのだ。中でも、日本軍の負傷兵も助けて挙げるシーンもある。

太平洋戦争末期の沖縄戦での最大級の激戦地、前田高地の戦いが背景になっている。150メートルの断崖絶壁の崖は、ノコギリのように険しく、苦戦を強いられた米軍が“ハクソー・リッジ”(ノコギリの崖)と名付けたのだ。上官のサム・ワーシントンが、次々と負傷兵が運び込まれるのを見て、誰がいったい助けたのかと聞くと、「あの弱虫のドスです」たった一人で、断崖絶壁の上に残り、まだ命がある兵士たちを一人づつ崖から落としてやるという勇気あるデズモンドだ。
バンザイ突撃、降伏に見せかけてのダーティなる奇襲。洞窟で日本軍の将校の切腹、と日本軍は単に不気味な敵兵としか描かれていないのが少々不満である。

しかしながら、主人公デズモンドの「敵は殺さない、人を救う」という常識外の行動を徹することで、戦争という人間の愚かな行為への静かな、痛烈な批判を浴びせたかったのだろう。「真の英雄は大地に眠る人たちだ」というデズモンド、だが、武器も持たずに戦場では命がいくつあっても足らないはず。劇中で、「あと、一人助けたい」と、何度も戦地へ戻ってゆく彼の姿に、戦場のイエス・キリストとも言うべき神々しさを見る思いだった。
彼が過酷な戦場で、奇跡的に命が助かったのは、“神に選ばれし者”だったからだろう。決して、目を背けないで観て欲しいですね。戦争とは、人殺しの戦いであることを。

2017年劇場鑑賞作品・・・144映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジーサンズ はじめての強盗★★★★ | トップ | 君と ~何日君再来(ホーリー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハクソー・リッジ〜専守救命 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。オーストラリア=アメリカ。原題:Hacksaw Ridge。メル・ギブソン監督。アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、テリーサ・パーマー、ヴィンス・ヴォーン、ル ......
ハクソー・リッジ (Akira's VOICE)
あとひとり助けさせて下さい!(ドスのきいた声で)  
ハクソー・リッジ (あーうぃ だにぇっと)
ハクソー・リッジ@よみうりホール
劇場鑑賞「ハクソー・リッジ」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、助ける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706240001/ 【輸入盤】Hacksaw Ridge [ ハクソー・リッジ (原題) ]
ハクソー・リッジ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(00) メリハリあるドラマと音楽の使い方で人は簡単に泣ける。
優しい人間が一番強い。『ハクソー・リッジ』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りしたアメリカ兵の実話物語です。
『ハクソー・リッジ』 2017年6月15日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ハクソー・リッジ』 を試写会で鑑賞しました。 メル・ギブソンは監督に転向した方がいいね 【ストーリー】  第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は......
『ハクソー・リッジ』 (こねたみっくす)
武器を持たずに英雄になった兵士がいた。 これが信仰の為せる業なのか。これが実話だというのか。 沖縄戦終結から72年。衛生兵としてハクソー・リッジこと前田高地にて75人の兵士 ......
映画:ハクソーリッジ HACKSAW RIDGE 1.はじめに信念があり、2.試練があって、3.ヒトは大きな...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
メル・ギブソンと言えば… 演技は勿論、監督になっても「やや?かなり?エキセントリック」 なので、気になっちゃう点が、× 3つ も!(笑) その1. 監督が「エキセ...
「ハクソー・リッジ」 (或る日の出来事)
銃を持たずに、人を助けることで、彼は戦った。
映画「ハクソー・リッジ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ハクソー・リッジ(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。 ざっくりストーリー 田舎......
ハクソー・リッジ / Hacksaw Ridge (勝手に映画評)
沖縄戦の「前田高地」での戦いに際し、その思想信条的理由から、兵器を持たずに活動して多数の兵士を救ったことにより、名誉勲章が与えられた実在の人物、デズモンド・T・ドスの......
「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられ......
ハクソー・リッジ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HACKSAW RIDGE】 2017/06/24公開 アメリカ PG12 139分監督:メル・ギブソン出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ......
ハクソー・リッジ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神さま、あと一人だけ。 「アポカリプト」以来、10年ぶりとなるメル・ギブソン監督作品。
 第二次世界大戦下の沖縄で、信仰ゆえに不殺の誓いをたて、一切の武器を持たずに、......
ハクソー・リッジ(2016)**HACKSAW RIDGE (銅版画制作の日々)
 世界一の臆病者が、英雄になった理由とは―― MOVIX京都にて鑑賞。いやあなかなか面白かったです。武器も待たずよくもまあ生き延びれたものだと感心。しかもこれ実話だというの......
85『ハクソー・リッジ』グゥの音も出ない正しさ (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
メル・ギブソン監督最新作は、戦争映画の新たな鉄板! 『ハクソー・リッジ』 ~あらすじ~ 第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺しては......
映画「ハクソー・リッジ」 (FREE TIME)
7月1日のファーストデーに映画「ハクソー・リッジ」を鑑賞しました。
ハクソー・リッジ (風に吹かれて)
もやい結びで もうひとり あともうひとり 公式サイト http://hacksawridge.jp 実話を基にした映画 監督: メル・ギブソン バージニア州で育ったデズモンド(アンドリュー・ガーフィー
ハクソー・リッジ (ネタバレ映画館)
 金〇男にヒヤヒヤしたんじゃなーい?
ハクソー・リッジ (ネタバレ映画館)
 金〇男にヒヤヒヤしたんじゃなーい?
『ハクソー・リッジ』のウソとマコト (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映......
ハクソー・リッジ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハクソー・リッジ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞や主演男優賞などにノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)......
ハクソー・リッジ (映画と本の『たんぽぽ館』)
非武装の勇気 * * * * * * * * * * 第二次世界大戦、沖縄戦で 75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話です。 デズモンドは宗教的信念から、 人......
ハクソー・リッジ (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦中に衛生兵として戦争に志願した青年の姿を描いたメル・ギブソン監督作品です。 予告編を観て、戦場のシーンの激しさにどうしようかと思いましたけど、やっぱりチ......
ハクソー・リッジ (セレンディピティ ダイアリー)
メル・ギブソン監督、アンドリュー・ガーフィールド主演。第2次世界大戦の沖縄戦で、武器を持たずに75人もの命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマで......
『ハクソー・リッジ』 地獄で見つけた奇跡 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ブレイブハート』『パッション』などのメル・ギブソンの久しぶりの監督作品。  アメリカで良心的兵役拒否者として初めて名誉勲章が与えられたデズモンド・ドスという人物の......
「ハクソー・リッジ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ・オーストラリア合作 配給:キノフィルムズ 原題:Hacksaw Ridge 監督:メル・ギブソン脚本:ロバート・シェンカン、アンドリュー・ナイト製作:デヴィッド・パーマッ......
ハクソー・リッジ (だらだら無気力ブログ!)
後半の戦闘シーンの描写が凄い。
『ハクソー・リッジ』をトーホーシネマズスカラ座で見て、事実以上に地獄になってない...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲ひょろ長 五つ星評価で【★★★★作りはルサンチマンものだと思う】 「戦場には出るけど戦いません」 こんな事言いだす奴がいたら、そら虐められるだろ。 それでもどうにか......
[映画『ハクソー・リッジ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・イーストウッドにアフレック、スタローンと、俳優でありつつ監督として傑出した作品を残している才人は多い。  メル・ギブソンもその1人。  鑑賞前、とても高......
ハクソー・リッジ (映画好きパパの鑑賞日記)
 第二次大戦中の沖縄戦を舞台に、武器を持たず衛生兵として活躍した実在の軍人の物語。メル・ギブソン監督らしい手足がふっとぶ残虐なシーンが多いですが、戦争映画やホラー映画......
ハクソー・リッジ (そーれりぽーと)
『ハクソー・リッジ』を観てきました。 ★★★★★ 第二次大戦中に、非暴力を訴えながら軍に入隊し、あらゆる武器を手にする事すら拒否しながら訓練を全うし、衛生兵として沖縄戦......