パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

湯を沸かすほどの熱い愛 ★★★★

2017年01月12日 | アクション映画ーヤ行
『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢中になる。
あらすじ:1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

<感想>やっと今年になってから東北でも上映されました。ネットで皆さんの高評を見て断然観たくなり、駆けつけました。死期が迫る母親が、遺される家族のために奮闘する姿を描いたヒューマンドラマです。主人公の母親に扮する宮沢りえが、人情味あふれる母親を情感豊かに演じているのが最高。それに、娘役の杉咲花と父親のオダギリジョーの飄々とした姿も完璧の演技陣に拍手を贈りたい。

とても私には、こんなにも強く優しく血のつながりもない子供たちを育てる母親像が、羨ましくもあり、いつもの余命いくばくもないという映画を観て、涙を流してきたのが1年間に数十本もあるのに、中でも死という生を軽んじる安直な映画が許せなかったが、この映画だけは違っていた。

本作は白い煙の煙突に始まり、赤い煙の煙突で終わる。立ち上る煙の様子に、生きることを象徴させて、登場人物たちの成長と共に煙突の姿もまた成長させているように見えました。
残された家族は、双葉がパートで働いて生活をしていたが、職場で急に倒れて病院へ行き、余命宣告を受けるほどの末期癌だったとは。普通は、そこで親戚とか友達に相談して、夫を探し当て、家を売ったお金を半分貰って離婚するんですけどね。この映画では、まったくもって違っていた。

夫であるオダギリジョーが、パチンコに行くといって出て行ったきり戻って来なかったことから始まり、実は浮気をしていて、子供までいて隣街のアパートで暮らしていた。探偵に依頼して探してもらったのだが、ひょうきんな顔をしてオダギリジョーが暗くなる作品を上手く笑いのとれるコメディにしてくれる。双葉が死ぬ前に生きたいと言っていたエジプト旅行。入院先の病院の庭で、家族で作る人間ピラミットで驚かすのには苦笑いでした。
それからは、一度は銭湯の風呂場で泣き明かした双葉だが、意を決してそれからは、銭湯の再建と家族の複雑なしがらみを1人で踏ん張って解決していく。

まさか、長女の安澄が先妻の子供であり、そして出て行った夫が連れてきた娘と、自分がお腹を痛めて生んだ子供がいないのが難点。それに双葉の生い立ちも詳しく描かれていない。それに長女は学校でいじめられており、登校拒否をする。そこで母親は、負けるな、強く立ち向かえとばかりに、安澄の好きな水色のブラジャーとパンツをプレゼントして、「ここぞと言うときの勝負パンツだよ」と笑って娘に言う。娘が学校で、意地悪3人娘に対して、その下着の使い方が大変気が利いて良かった。でも、これは恥ずかしさが先に出て、勇気がなければダメ。

そして、夫が戻ると銭湯を開くといい、双葉は「働かざる者食うべからず」とみんなに手伝うように仕向ける。それに、毎年のように安澄の誕生日にタカアシガニを贈ってくる、安澄の母親に会いにいくのだ。聾唖者である母親のために、安澄に手話を覚えるようにと言う双葉。会いに行き、複雑な思いの安澄の心に、双葉はお母ちゃんが2人いて良かったねと。

それに、夫の連れっ子である娘は、母親恋しさから番台からお金を盗み家出をする。双葉は、前に住んでいたアパートに行くと、そのドアの前に座っていた。母親に捨てられたのではないと、待っている。その娘も、双葉の優しと愛情で次第に懐いて来るのだった。

その旅行中に、若い青年がヒッチハイクで車に乗せてくれと言う。その男は、松坂桃李くんで、父親が再婚をしては腹違いの弟がいて、家に帰りずらいと言う。この青年も、心を病んでいるのを知って双葉が愛の手を差し伸べる。

最期には、双葉が探偵に自分の母親探しを依頼していて、見つかったというので行くと、再婚をしており大豪邸に住んでいて幸せな顔の母親が見えた。そして、一目だけでも会いたいと言うと、母親は「私には子供はいない」と、つれない返事で会ってもくれない。頭にきて、孫と遊んでいる幸せそうにしている母親に、門にあった置物を投げつけてやる双葉。

それでも最後まで、ひねりのある人情味あふれる脚本と、細部にさりげない遊びを取り入れた演出も巧いですね。確かに死に往く母親の心配りということでは、「バースデーカード」の母親に設定は似ているし、痛いエピソードもある。けれども、その痛さをしっかりと蹴とばすことになる伏線が、巧みに用意されており、気が付いたら泣き笑いしていた。
本作で思わず涙腺が緩むのは「死」が悲しいからではない。厳しい現実に直面しながらも、生きることを諦めない姿に心動かされるからであります。ラストの葬式のシーンでは、湯船に双葉の好きな赤い色を中心に花畑を作り、その中に双葉が白いワンピースを着て寝ていた。もしかして、双葉の遺体はお風呂を沸かすために焼いたのだろうか。ちょっとこれは気に入りません。
それから、家から車で出て河原にピクニックにでも行くように、みんなでお昼を食べ笑って見送る家族の姿は素敵でした。
2017年劇場鑑賞作品・・・9映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傷物語〈III 冷血篇〉★★★・5 | トップ | 世界の果てまでヒャッハー!★... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーヤ行」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『湯を沸かすほどの熱い愛』 2016年9月4日 ユーロライブ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『湯を沸かすほどの熱い愛』 を試写会で鑑賞しました。 これは今年の賞レース本命でしょ 一般試写では最速な感じだったのでアンケートもありましたが 何回泣けましたか...見たい......
湯を沸かすほどの熱い愛 (試写会) (風に吹かれて)
赤が好き 公式サイト http://atsui-ai.com10月29日公開 幸野家は銭湯「幸の湯」を営んでいたが、父一浩(オダギリジョー)が1年前に蒸発して以来、休業状態。母の双葉(宮沢りえ)は、パ
『湯を沸かすほどの熱い愛』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「湯を沸かすほどの熱い愛」 □監督・脚本 中野量太□キャスト 宮沢りえ、杉咲 花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東 蒼■鑑賞日 10月29日(土)......
湯を沸かすほどの熱い愛 (映画的・絵画的・音楽的)
 『湯を沸かすほどの熱い愛』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)宮沢りえの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、銭湯の煙突。ですが、煙が出てい......
湯を沸かすほどの熱い愛 (映画好きパパの鑑賞日記)
 どうせ難病ものかとハードルを下げていたら、お涙頂戴ではなくて必死に生きようともがく人々をちょっと抑えめなトーンで描く作品で、見る前の決めつけは良くないと反省しました......
湯を沸かすほどの熱い愛 (映画と本の『たんぽぽ館』)
母の愛とは * * * * * * * * * * 双葉(宮沢りえ)は、持ち前の強さと明るさを持つ母。 家業は銭湯なのですが、一年前から夫が“蒸発”し、今は休業中。 そ......
「湯を沸かすほどの熱い愛」☆血よりも濃い赤 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
血よりも濃い赤い情熱が、ときに熱くときに温かく周囲を包み込む。 泣いて笑って泣いて笑って泣いて泣いて泣いて・・・・・・しかし「想像つかないラストに感動」という触れ込み......
『湯を沸かすほどの熱い愛』 (こねたみっくす)
誰の心にも「お母ちゃん」が必要だ! 人生に迷った時、前に進みたくても進めない時、いつも我々の背中を押してくれるのは血の繋がりを越えた「お母ちゃん」と呼びたくなる女性。 ......
湯を沸かすほどの熱い愛 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
湯を沸かすほどの熱い愛 '16;日本 ◆監督:中野量太「チチを撮りに」 ◆主演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリ ジョー ◆STORY◆銭湯・幸の...
『湯を沸かすほどの熱い愛』('16初鑑賞101・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月4日(金) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:40の回を鑑賞。
ショートレビュー「湯を沸かすほど熱い愛・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛を、燃やし尽くす。 自主映画出身の中野量太監督による、長編商業映画デビュー作。 これは期待以上の面白さだ。
 余命宣告された主人公が、残された時間でバラバラだった家......
湯を沸かすほどの熱い愛 (あーうぃ だにぇっと)
湯を沸かすほどの熱い愛@ユーロライブ
[映画『『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・オール母親不在の中での大いなる母性!  勝負下着、「シャブシャブ」コール、手話、天国の所在、車の色・・・、絶妙の伏線を効かせつつ、フランス映画のような、とぼけ......
そのピラミッドを見て泣いた (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。 1年前、夫の一浩が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだが 双葉と娘 安澄は二人で頑張ってきた だ......
『湯を沸かすほどの熱い愛』 誰も傷つけない愛の深さ (Nice One!! @goo)
監督・脚本:中野量太 出演:宮沢りえ 、杉咲花 、オダギリジョー 、松坂桃李 試写会場:新宿バルト9 『湯を沸かすほどの熱い愛』公式サイトはこちら。 おひさしぶりです......
独断的映画感想文:湯を沸かすほどの熱い愛 (なんか飲みたい)
日記:2017年7月某日 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を見る. 監督:中野量太.出演:宮沢りえ(幸野双葉),杉咲花(幸野安澄),篠原ゆき子(酒巻君江),駿河太郎(滝本),伊東蒼(片瀬鮎......
湯を沸かすほどの熱い愛 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2016年 日本 上映時間:125分 監督:中野量太  夫の一浩(オダギリジョー)が急に蒸発し1年間、妻の双葉(宮沢りえ)は仕事に出て、娘の安澄(杉咲花)は、いじ......
湯を沸かすほどの熱い愛 (2016) 125分 (極私的映画論+α)
 4組の母と娘の映画です。