パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

怒り ★★★★

2016年09月19日 | アクション映画ーア行
「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い男3人が、やがてその土地で新たな愛を育んでいく中、真犯人を巡る謎と犯人ではとの疑念が思わぬ波紋を周囲に広げることで生じるそれぞれの葛藤のドラマを描き出す。出演は渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡。

<感想>「悪人」で多くの賞を総なめした李相日監督が、再び吉田修一の小説を、更に力を込めた作品であります。殺人現場には被害者の血で殴り書かれた“怒り”の文字が、凶々しい夫婦惨殺の未解決事件の真相が、東京、千葉、沖縄の3地点の“身元不明の”男たちとの恋、人間模様を通じて明らかになってゆく物語。

まずは、千葉から家出をして東京で風俗店で働いている娘の愛子、人生を放棄してただ、毎日男にいいようにされてだらしなく生きている娘。父親が迎えに来るも、愛らしい顔の愛子を演じた宮崎あおい。どんな役にでも徹して、こなしていく上手い女優さん。
どこか頭が弱い女を演じていて、父親のところで働いている身元不明の男、松山ケンイチを好きになり一緒にアパートで同棲することに。心配する父親、東京で自堕落な生活をしていても、顔を叩くわけでもなく怒鳴るわけでもなく、ただ娘のことが心配で怒らないだけ。

この父親も娘のことを溺愛するばかりに、警察の指名手配写真を見て愛子が好きになった男,田代がその殺人犯だと思い込み、娘もじっとその写真を見て警察に通報するのだ。ですが、その田代は、殺人犯ではなく、その写真の男によく似た別人だったということ。失ってから信じてやれなかったことを悔やみ、しかし、娘が彼を探し出して迎えに行くと言うのを、許してあげ父親として暖かく迎えてあげようと思う親心。父親の渡辺謙さんは、現実でも実際に子供を叱れない優しい父親なのでしょう。

そして、東京の会社員のゲイの優馬に妻夫木聡が演じていて、相手はどこか女性らしい身元不明の直人役の綾野剛。優馬の母親が死の床につき、見舞いについていく直人に、母親は自分の息子のことを何処まで知っているのか、連れてきた直人が親切にも最後を見届け、母親のお墓のことで「お前も一緒に墓に入るか」という優馬の言葉に嬉しそうに頷く。

だが、悲しいのは愛してたのに最後まで信じきれなかった妻夫木聡と綾野剛の関係。TVの指名手配写真を見て、直人と似ているような、そんなことから彼を信じられなくなり辛く当たり散らす。そのために、直人は家を出てゆく、その後に聞いたのが直人は重い病気だったということ。その後、公園で亡くなっていたという。今更悔やんでも悔やみきれない同性愛の恋人同士。

そして、沖縄では離島に引っ越してきた東京の高校生の泉は、無人島に1人で住みついている謎めいたバックパッカーの田中に心惹かれていくが…。その沖縄の無人島の空を爆音を立てながら戦闘機が飛んでいるシーンと、青い海の色に白い砂浜の美しさ。泉役の広瀬すずのアメリカ兵のレイプシーンは、観ていて余りにも酷い衝撃を受け、今まで高校生の純真な役どころばっかりだったけれど、今回の役は汚れ役で女優さんには嫌な役だと思う。

しかし、その汚れ役を必死で演じていた広瀬すずが、海辺で叫ぶ“怒り“の魂の叫びには感動しつつ、今後の作品で女優として大いに役立ったと思う。
そして、犯人の動機という意味ではあやふやな描き方で、夏の暑い日に仕事先に出向いて行った犯人が、そこには誰もいないし電話をすれば全然違う場所であって、結局は仕事はもらえなかったという。イライラする話であり、若者がキレる状態、つまり太陽が照り付ける熱い夏で、休んでいた家の奥さんが親切に麦茶を出してくれた。
それなのに、その男は何を思ったのか、その家にそのまま強盗に入って、奥さんを殺して冷蔵庫の中の物を食べ、そこへ旦那が帰ってきて殺して、朝方までそこにのんびりと居たという。そして、壁に被害者の血で“怒り”と殴り書きする。朝になりそこの自転車で平然とした顔で帰るという、その犯人の神経は尋常じゃない。

冒頭から、3人の男が別々のパターンで描かれており、3つの場所で生まれる人々の疑心暗鬼。人間の奥底に潜むこの感情はいったいどこへ向かうのか。そのうちの誰が犯人なのかと想像をしてしまう。指名手配の写真は整形もしており、3人とも良く似ているのだ。だから、疑うのも無理はない。
しかし、沖縄の田中だけは異常に違って見えた。それは世田谷一家殺人事件や、市橋達也の事件を思い出し、沖縄の無人島に逃げた市橋達也のことを。そこへいた男は、森山未來が演じており、民宿を手伝ったりして温厚そうな性格だが、何かがキレ始めると壊れだして暴れ始める。
この作品では、誰かを信じることの難しさ、あるいは人を疑ってしまうことの闇。誰かを、何かを永遠に信じ続けることは不可能かもしれません。他人を信じないことと、信じてしまった理由を積み重ねていくと、結局は自分自身を信じ切れるのかということに繋がっていくような気がする。この映画は、深遠にして鮮やかであり、過酷にして堂々たる第一級の人間ドラマとなっていた。

2016年劇場鑑賞作品・・・194映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BFG:ビッグ・フレンドリ... | トップ | めぐりあう日 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
怒り (Akira's VOICE)
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!
怒り (あーうぃ だにぇっと)
怒り@一ツ橋ホール
劇場鑑賞「怒り」 (日々“是”精進! ver.F)
“信じる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609180000/ 「怒り」オリジナル・サウンドトラック [ 坂本龍一 ]
収まらない感情。『怒り』 (水曜日のシネマ日記)
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。
「怒り」:高密度重量級力作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『怒り』は、本年度ベストテン上位を争うであろうヘヴィーな力作。2時間22分が
「怒り」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が......
『怒り』 2016年9月6日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『怒り』 を試写会で鑑賞しました。 このキャストであれば納得の出来栄えです。 【ストーリー】  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され......
『怒り』 (こねたみっくす)
彷徨い続けるこの怒りをどこへ向ければいいのだろうか。 2007年に起きたリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を基軸に、感情の中でもっともエネルギーを要する「怒り」に焦点を当......
怒り (映画好きパパの鑑賞日記)
 愛とは人を信じることとは何かを問う内容といい豪華出演者の素晴らしい演技といい、さまざまな意味で、今年一番、重い映画でした。李相日監督は現在の日本で最も重たい映画を楽......
映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ......
「怒り」 (ここなつ映画レビュー)
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身......
怒り (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/09/17公開 日本 PG12 141分監督:李相日出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、......
「怒り」涙さえ出てこなかった…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[怒り] ブログ村キーワード  日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。  東京・八王子で夫婦......
「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑...... (オールマイティにコメンテート)
「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1......
怒り (花ごよみ)
原作は吉田修一の小説。 李相日監督が映画化。 渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、 綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡等が出演。 犯人未逮捕の凶悪事件が東京で発生。 現場......
怒り ★★★*☆ (センタのダイアリー)
整形して逃亡した殺人犯の話を軸に3つのエピソードが語られる。 今の日本の主役級トップ俳優陣が集結しているだけあって出演者を見ているだけで引き込まれるが、3つのエピソード......
映画「怒り」 (FREE TIME)
映画「怒り」を鑑賞しました。
怒り・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛した人のことを、本当に知っていますか? 「悪人」の、李相日と吉田修一のタッグ再び。 一件の殺人事件から始まる物語は、一年後に三つに枝分かれ。 東京、千葉、沖縄に忽然......
怒り (映画的・絵画的・音楽的)
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注......
怒り (そーれりぽーと)
有名原作は読んだことがありませんが、予告編が興味を引いた『怒り』を観てきました。 ★★★★★ 東京、神奈川、沖縄に現れた三人の謎の男…。 予告編の段階から想像が膨らみ、......
「怒り」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本 配給:東宝 監督:李 相日原作:吉田修一脚本:李 相日製作:市川 南企画・プロデュース:川村元気撮影:笠松則通 吉田修一の原作を映画化した群像ミステリードラマ。......
怒り  監督/李相日 (西京極 紫の館)
【出演】  渡辺 謙  宮﨑 あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず 【ストーリー】 八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され......
怒り (映画と本の『たんぽぽ館』)
信じないことの痛み、信じてしまったことの痛み * * * * * * * * * * 吉田修一さん原作の本作。 吉田修一作品は、見る前に多少の覚悟が必要ですね。 寝ぼけ......
「怒り」 (Con Gas, Sin Hielo)
ひとり、ひとりの、怒りと、涙。 この映画は重い。並行して描かれる3本の群像劇は、いずれも人間の弱い部分を深くえぐる。 おもしろいのは、この3本が直接繋がることはないと......
怒り (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(F) 第三者から聞かされる真実ほど胸を突くものはない。
疑い、そして・・・ (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と......