パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

猿の惑星:新世紀(ライジング)★★★.5

2014年09月16日 | アクション映画ーサ行
名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアンディ・サーキスがモーションキャプチャーを駆使し、猿のリーダーとなるシーザーを熱演。その脇を『ホワイトハウス・ダウン』などのジェイソン・クラークや『裏切りのサーカス』などのゲイリー・オールドマンが固める。人類が衰退した世界の衝撃的なビジュアルに言葉を失う。
あらすじ:自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考えに従って動き出す。一方、猿たちを率いるシーザー(アンディ・サーキス)は、人類と接触しようとせずに文明を構築していた。

<感想>人間との生活を完全に諦め、仲間のサルを率いて逃亡したシーザーは、どんな運命を辿ったのか?・・・。この続篇では、シーザーをリーダーにした猿たちが、さらに知性を進化させ、人類との激戦に突入することになる。
人間と同じ言葉を話し、馬や銃も使う猿たち。一方、ウイルスによって人間は絶滅の危機に。あらゆる要素がショキングな上に、猿と人間、それぞれの熱いドラマがアクションと絶妙に絡み、怒涛の感動も約束されます。

人間のキャストや監督は一新されたが、前作の意志は確実に受け継がれたと言って良い。そしてビジュアルの進歩には驚くばかりだ。2000頭もの猿の群れが襲ってくるバトルシーンを始め、前作とは比較にならないほどハード。
なす術もない人間の姿に目を覆うばかり。さらに猿の世界も内部分裂し、猿同士のバトルも壮絶を極める。それは、一瞬たりとも息つく暇のない展開に目を見張ること請け合いですぞ。
舞台は前作から10年後の地球。猿たちはサンフランシスコ近くの森で社会を形成。地球上では猿インフルエンザというウイルスが蔓延し、生き残ったのはわずかな人間たち。通信網や電気も途絶える。

猿と人類はそれぞれ社会を形成していた。ある日のこと、資源を求めてマルコムら人間が森の中へと侵入する。そこで、猿と人間が遭遇するわけ。
シーザーは人間に森に来ないように警告するが、森の中にある水力発電所の修復こそ人間の生きる術。マルコムは交渉の末、シーザーの協力を得るのだが。人間を受け入れ、共存の道を探っていたシーザーだったが、猿のコバは人間への増悪を募らせていた。そしてある事件が起こり、・・・。

コバ一派が暴走し、猿と人間の社会はパニック状態になる。そして、コバの銃撃で瀕死の重傷を負っていたシーザーは、運よくマルコムたちに助けられ、仲間を守るために、苦渋の決断を迫られるのだった。
その時に避難した家が、あの「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」で、射殺されたチンパンジーの赤ん坊シーザーを、こっそり自宅へ連れ帰って育てる科学者のジェームズ・ブランコ。二人の写真があり、ジェームズの愛情を受けて成長した思い出の家だった。
本作の特徴をわしづかみするならば、それは家族の問題に尽きると思う。前作が猿の知能増進や人類絶滅ウイルス開発など、SF的アイデアが溢れていたのに、今回は、どちらかというと異種族間闘争の色が強いかもしれない。だが、あらゆる国家、あらゆる民族の基本となる家族の問題を回避しては、民族間、国家間の戦争が相次ぐゆえんを理解するのが不可能であると思われます。

例えば、人間側の主人公となるマルコムは、妻に先立たれ今は恋人のエリーがいて、息子のアレキサンダーを溺愛している。一方では、猿の指導者シーザーの方も、妻のコーネリアスとの間の息子ブルーアイズを可愛がり次期指導者として育てている。双方の家族は平和を愛するも、その近辺には闘争を好む存在がいるのだ。

マルコムの傍らには猿の殲滅をもくろむドレファス(ゲーリー・オールドマン)がおり、シーザーの腹心には人類との正面衝突を望み指導者の地位を奪うべく謀略をめぐらすコバがいる。必然的に巻き起こった激戦なる闘争の果てに、人類と猿の未来に対して深い洞察がなされていく。
いや、ドレイファスのタワーに猿たちを集め、そこをダイナマイトで爆発するという計画には、驚きとともに、シーザーがコバが自分を殺してまで指導者になろうとする野心に、死闘を繰り返す様は圧巻であった。

猿と人間、どちらが地球の支配者として神に選ばれているのかという問いには、人類は同類殺しをするので「核戦争で地球を終わらせてしまう」という不安感ゆえの問いであろう。しかし、生存のため、無意味な衝突は、「戦争をやめられない人間の業」への問いかけには、そこにあるのは理念や正義のためではなく、「生き残りのための戦いでしかない」それは、これからも続くのであろうと考えられる。
人類滅亡への着実なカウントダウンは始まったのだが、・・・しかし、まだ最終局面には至らないところで、さらなる続篇への、・・・おそらくは前日譚三部作完結編への期待を高めつつ、ドラマは終わるのでしょう。
2014年劇場鑑賞作品・・・290 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« るろうに剣心 伝説の最期編 ★★★★★ | トップ | 2つ目の窓 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』観たよ (よくばりアンテナ)
3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブ...
劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」 (日々“是”精進! ver.F)
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスな...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (心のままに映画の風景)
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅...
猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes (勝手に映画評)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 2014年9月14日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 を鑑賞しました。 先行公開で急遽3連休に飛び入り参戦した猿は如何に... 【ストーリー】  自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(11) 終始、緊張感に包まれた展開にぐいぐい惹き込まれた。
猿の惑星 新世紀 ライジング(2D字幕)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が、...
『猿の惑星:新世記』 (こねたみっくす)
猿が主役になっちゃった。 人類目線で描いてきたシリーズの流れからいうと、これは本筋からちょっと寄り道したようにも思える前日譚。なんせストーリーテラーからEDクレジット順ま ...
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿た...
猿の惑星 新世紀ライジング (はるみのひとり言)
先行上映で観ました。前作から10年後の話。森の奥で文明を築き進化を遂げた猿たち。一方、自らが生み出したウィルスによって絶滅の危機に瀕した人類。ゴールデンゲイトブリッジを挟んで、接触せず過ごしていたようだけど、人類が生き残るために必要な電気を再開させるた...
猿の惑星 新世紀 (映画好きパパの鑑賞日記)
 猿の惑星シリーズのリブート版第二弾。もともと原作は有色人種の台頭を猿に見立てたそうですが、本作でも人間とまったく異なる生物との対立というよりも、明らかに文明が違う人間同士が対立する現実のメタファーであり、よく考えられていると思いました。  作品情報 ...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (Akira's VOICE)
シーザーの男前のみを観るべき映画。  
猿の惑星:新世紀(ライジング) (そーれりぽーと)
別に続けなくても良いのにと思いながら『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観てきました。 ★★ うん、別に続けなくても良かった。 前作のラストで、人類にとっては有害な猿の脳を活性化させるウィルスが世界中にパンデミックしていく様子が描かれていましたが、本作...
猿の惑星:新世紀(ライジング)/アンディ・サーキス (カノンな日々)
SF映画の金字塔『猿の惑星』の新たにリブートしエピソード0的位置づけのストーリーを描いた前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にした続編です。 出演はその ...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:マット・リーブス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、ドビー・ケベル
猿の惑星:新世紀(ライジング)・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“星を継ぐもの”は誰だ? 2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。 ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (2014) (相木悟の映画評)
示唆に富む、猿VS人間の哀しき戦争! SFエンタメでありながら、身につまされる優れた教訓映画であった。 映画史に燦然と輝きながら、1作目を頂点に回を重ねる毎にB級へと下降線をたどったためか、どこか一段低い娯楽作とみられていた『猿の惑星』シリーズ(68〜73...
『猿の惑星/新世紀(ライジング)』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
前作『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』から10年、人類は猿インフルエンザの影響で絶滅の危機に瀕し、免疫を持つ一部の人々だけが細々と生き延びており、一方で蜂起した猿たちは、シーザーの指導の下で一大コミューンを築き上げていた。新たなエネルギー源を求めてダム...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (風に吹かれて)
恐れや憎しみは戦争を生む 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「モールス」
『 猿の惑星:新世紀(ライジング) 』APE SHALL NEVER KILL APE (映画@見取り八段)
猿の惑星:新世紀(ライジング)〜 DAWN OF THE PLANET OF THE APES 〜     監督: マット・リーヴス    キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カー...
『猿の惑星:新世紀<ライジング>』 (ラムの大通り)
(原題:Dawn of the Planet of the Apes) ----これって、フォーンも こそっと隠れて一緒に観た映画。 ニャんだか、スゴく評判いいよね。 「そうだね。 個人的には前作『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』の方が好きだけど、 今回の作品は、 堂々たる風格を備えた 文句....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (本と映画、ときどき日常)
監督 マット・リーヴス 出演 アンディ・サーキス     ジェイソン・クラーク     ゲイリー・オールドマン 前作から10年後ー。 わずかに生き残った人類が電気の供給を求めダムへ。 しかしそこは進化した猿たちの領域だった。 人間も猿も卑怯なヤツはいる....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (miaのmovie★DIARY)
ポスター A4 パターンC 猿の惑星 新世紀 (ライジング) 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Dawn of the Planet of the Apes】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した 2020年代...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 Dawn of the Planet of the Apes (2014 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
前作は、思えば革命の話だった。アルツハイマー治療薬によって“覚醒”した猿シーザー(この名前はいろいろなことを象徴している)は、群れのリーダーとして森に君臨している。妻帯し(奥さんの名前がコーネリウス!)、子がふたり(じゃないか)生まれ...
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
「猿の惑星:新世紀」激減した人類と猿の戦いを続けた先にみた戦うしか生き残れない弱肉強食の世界 #猿の惑星 (オールマイティにコメンテート)
「猿の惑星:新世紀」は2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編で、猿ウイルスによって人類が激減した世界で10年ぶりに人間と邂逅した猿たちが、共存を選ぶのか?そ ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DAWN OF THE PLANET OF THE APES】 2014/09/19公開 アメリカ 131分監督:マット・リーヴス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マク...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (だらだら無気力ブログ!)
前作同様、大変面白かった。
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 (或る日の出来事)
クオリティ高いなあ。
『猿の惑星・新世紀(ライジング)』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「猿の惑星」って、むか〜し、観ましたよ。 あれの続編なのかと思いながら観てきたのですが、ちょっと違ったみたいです。 第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編という事でした。 知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程なのか。 猿のシー...
映画『猿の惑星 新世紀』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
前作ですっかりシーザーに 魅了されてしまったワタクシ。   また、会いに行って参りました! 『猿の惑星 新世紀』 (公式
【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング) (R.U.K.A.R.I.R.I)
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (Some Like It Hot)
■「猿の惑星:新世紀(ライジング)/Dawn Of The Planet Of The Apes」(2014年・アメリカ) 監督=マット・リーヴス 主演=アンディ・サーキス ジェイソン・クラーク ゲイリー・オールドマン ケリー・ラッセル  前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が、...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する (はらやんの映画徒然草)
前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心
猿の惑星:新世紀(ライジング) (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」監督:マット・リーヴス(『クローバーフィールド』)出演:アンディ・サーキス(『ホビット 思いがけない冒険』『タンタンの冒険/ユニコー ...
猿の惑星 新世紀 (ライジング) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
猿の惑星のリブート作で2011年に公開され好評だった 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編で、監督は 『クローバー・フィールド』のマット・リーヴスに バトンタッチされたSF映画『猿の惑星:新世紀 (ライジング)』が公開、3Dで観るか2Dのアトモスで 観るか迷いました...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィ...
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-74.猿の惑星:新世紀(ライジング)3D■原題:Dawn Of The Planet Of The Apes■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:130分■料金:300円(ポイント使用)■鑑賞日:9月20日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:マット・リーヴス◆ジェイソン・ク...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (銀幕大帝α)
DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (いやいやえん)
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行く...
ここから終わる・・・ (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を鑑賞しました。 勢力を拡大し手話や言語を操るようになった猿たちは森の奥深くに、人類はわずかな生存者たちが荒廃した都市の一角に そんなある日、資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したこと....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ケヴィン・ランキン、テリー・ノタリ...
映画評「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督マット・リーヴズ ネタバレあり