パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI ★★★.5

2014年02月21日 | アクション映画ーマ行
高橋のぼるの人気コミックを、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化したアクションコメディー。交番勤務の巡査が暴力団組織を壊滅させるべく潜入捜査を命じられ、さまざまなピンチを乗り越え任務を果たそうとする姿を描く。主演は、三池組初となる生田斗真。彼を取り巻くキャラクターには堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔らがふんし、原作の世界観そのままの強烈なインパクトを放つ。
あらすじ:正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(生田斗真)は、上司からクビと言われてしまう。しかし、内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝(岩城滉一)を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・日浦匡也(堤真一)と親交を深めた玲二は、数々の試練に見舞われながら轟に近づいていく。
<感想>今年一発目の三池崇史監督の新作は、Vシネマ時代の復活を思わせる快作。コテコテすぎて映像化は不可能と思われていた、現在38巻まで刊行中の高橋のぼるの同名原作(小学館「週刊ビッグコミックススピリッツ」連載中)を、宮藤官九郎の脚本で映画化した本作。

正義感は人一倍強いがスケベで破天荒な警官が、クビと引き換えに潜入捜査官となって、合成麻薬の密売ルートを暴くために、広域指定暴力団に潜入し、幹部へ接近するために組織内で出世していくという物語。
まぁ、これだけならよくある潜入捜査ものにすぎないが、ヤクザ、歌舞伎町は新宿黒社会、チャイナ、マフィア戦争を初めとする数々の作品で描いてきた三池監督だけに、メジャー映画でおなじネタを拡大映画化するだけでは終わらないはず。まったく異なる表現で描かれるのに注目ですね。

街並みの背景はCGで作り込まれ、虚構の世界であることが強調されている。こうした虚構性の強調が、生田斗真と義兄弟の契りを交わすクレイジーパピヨン役の堤真一や、凝ったメイクで派手なアクションを見せる猫沢の岡村隆史という、浮いてしまいそうなキャラをハマリ役にしている。
それと、忘れてならないのが、数奇矢会の月原を演じているキレキレの頭脳を持つエリートヤクザの山田孝之、全身豹がら入れ墨男の上地雄輔や、組長の大杉漣など迫力ある演技合戦で白熱している。

冒頭で原作通りの、菊川玲二が素っ裸で車のボンネットに縛りつけられて、市街地を走り回るシーンがあるが、ジャニーズきっての美形キャラでもある生田斗真主演で、きっちり実写化して見せているのはお見事と言って過言ではない。
日本最大の暴力団、数奇矢会に潜入するも、「面白くなけりゃ、ヤクザじゃない」が持論の若頭日浦に気に入られ、武闘派ヤクザとして鳴らしていく。

見どころは、生田の常識破りの馬鹿っぷりと、それに負けじとド派手さを競う会う堤真一、山田孝之、チビハゲこと岡村隆史らの役作り。パピヨンというだけあって、衣装に蝶々の刺繍がほどこされている派手さ。数寄矢会の轟周宝を演じている岩城滉一の貫ろくには、惚れ惚れしますから。
闇カジノに潜入した彼は、対立している蜂乃巣会の猫沢を相手に暴れまわり、日浦に気に入られ義兄弟の杯を呑み干して、あろうことかその杯をバリバリと噛み砕いて食べてしまった。

数奇矢会と蜂乃巣会の抗争がいよいよ激化し、猫沢は玲二を付け狙う。玲二をかばい両脚に銃弾を浴びせられ重傷。日浦がヤクザとして再起不能に、と思っていたら、両脚に機械仕掛けの義足をつけて不死鳥のように甦る。
さらには、生田斗真と仲里依紗との濃厚なベッドシーンは、童貞キャラとしておおいに笑わせる。コメディタッチで脱力系ギャグシーンに仕上げてあるので、笑いが込み上げてきます。
中でも、遠藤憲一と、吹越満、皆川猿時の上司の3人が歌う「モグラの掟」は強烈すぎて観終わってからもうなされそうです。
2014年劇場鑑賞作品・・・42 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑定士と顔のない依頼人 ★★★★.5 | トップ | 麦子さんと ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『土竜の唄 -潜入捜査官 REIJI-』 2014年2月2日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『土竜の唄 -潜入捜査官 REIJI-』 を試写会で鑑賞しました。 今日はツィンテールの日らしいです。(映画とは無関係でした) 三池監督作品は、今回外れの番ですね。 次回に期待です 【ストーリー】  正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(...
劇場鑑賞「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 (日々“是”精進! ver.F)
根性決めれば、怖くない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402190001/ 【送料無料】映画「土竜の唄」オリジナルサウンドトラック/遠藤浩二[CD]【返品種別A】価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】キング ...
映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目の映画です。 娘と観てきました。 原作コミックは未読。 面白かったわ~~(*´∀`*) 予告編をごらんになった方は、 おわかりかと思いますが、 三池崇史監督と宮藤官九郎脚本でハチャメチャにやってくれてます。 ここまでやるの!!!っていうぐら...
『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』('14初鑑賞19・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 16:10の回を鑑賞。
『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」□監督 三池崇史□脚本 宮藤官九郎□キャスト 生田斗真、堤 真一、仲 里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔、       的場浩司、吹越 満、遠藤憲一、皆川猿時、大杉 漣、岩城滉一■鑑賞日 2月1...
『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 (こねたみっくす)
三池作品ならではの気だるさ、クドカン作品ならではの豪華な薄っぺらさ、まとめてバッチ来~い! これぞ三池崇史監督作品。これぞ脚本家・宮藤官九郎作品。豪華なキャストを揃え ...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (花ごよみ)
監督は三池崇史 脚本、宮藤官九郎 主演は生田斗真。 高橋のぼる作のコミック 「土竜(モグラ)の唄」を映画化。 警察学校では最低の成績の巡査・菊川玲二。 潜入捜査官「モグラ」になるようミッションを受け、 幹部逮捕のため暴力団内部に潜り込みます。 生田斗真が潜...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (はるみのひとり言)
試写会で観ました。交番勤務の巡査 菊川玲二が、合成麻薬MDMAの密売ルートを探るため犯罪組織に潜入する「モグラ」となり、ターゲットである暴力団組織・数寄矢会に潜入、任務を果たせるかみたいなお話です。もういきなり裸でボンネットに度胆を抜かれました。よく斗真君....
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI/生田斗真 (カノンな日々)
高橋のぼるさんの人気コミックを脚本・宮藤官九郎さん、監督・三池崇史さんのコンビで生田斗真さんの主演で映画化したアクション・コメディ・ムービーです。劇場予告編の印象では ...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かったけど、一週間もしないうちに内容忘れてしまいそう。
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (映画好きパパの鑑賞日記)
 潜入映画シリーズ3本目。三池崇史×宮藤官九郎という油のコッテリした料理は、序盤はおいしくいただけたけど、後半はちょっともてあまし気味に。クライマックス直前で、もう少し編集をうまくやっていれば面白かったのに。  作品情報 2014年日本映画 監督:三池...
土竜の唄 (もののはじめblog)
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI 潜入捜査という点では見香港映画「インタナル・アフェア」を頭に浮かべたが、原作は現在も連載が続いている長編人気コミック。 潜入捜査を土竜モグラに擬すとは巧い発想だ。 兎も角、強烈なキャラクターがたくさん登場して、おおいに....
「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 根性決め~れば~ (はらやんの映画徒然草)
冒頭からインパクトあるシーンでスタートしましたね(予告でも映っていたシーン)。
土竜の唄 (映画的・絵画的・音楽的)
 『土竜の唄 潜入捜査官Reiji』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)本作は、脚本・宮藤官九郎+監督・三池崇史で漫画を映画化したものながら(注1)、映画評論家の評価はあまり高くなく、それなら自分で確かめてみようと映画館に行ってきました。  確かに、本作は、....
『土竜の唄/潜入捜査官REIJI』 2014年13本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『土竜の唄/潜入捜査官REIJI』 2014年本目 ☆☆☆☆ チネ・ラヴィータ 暴力団に潜入捜査官として潜入した元警察官の話。 てな書き方だと、『インファナルアフェア』を想像するん ...
「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」:メジャー作のオブラート (大江戸時夫の東京温度)
映画『土竜(もぐら)の唄 潜入捜査官REIJI』は、宮藤官九郎×三池崇史というこ
「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 (ここなつ映画レビュー)
「潜入捜査官」繋がりという事で(笑)。小雨の難波で新幹線までの時間を持て余し、TOHOシネマズなんば2で鑑賞。昔「敷島シネマ」だったらしいね。オリエンタルホテルの間近。なんばグランド花月といい、大阪に来たらここのエリアから抜け出せない私。作品は楽しいけどお...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI (銀幕大帝α)
2014年 日本 130分 アクション/コメディ/任侠・ヤクザ 劇場公開(2014/02/15) 監督: 三池崇史 『藁の楯 わらのたて』 原作: 高橋のぼる『土竜の唄』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: 関ジャニ∞『キング オブ 男!』 出演: 生田斗真:菊川玲二 仲里依紗:若...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (のほほん便り)
原作は、高橋のぼるによる日本のコミックだったのですね。ひたすら、生田斗真、身体を張って頑張っちゃいました作品 (^^;)噂の、ほとんど全裸で車に張り付いて… 部分や、そのまま洗車されちゃったシーンが序盤にあったので、驚いてしまったのでした。かなりオゲレツだ...
映画評「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり