パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

麦子さんと ★★★.5

2014年02月22日 | ま行の映画
『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。納骨のため亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。声優を夢見るオタク女子の主人公に、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」が好評だった堀北真希がふんし、兄役に『探偵はBARにいる』シリーズの松田龍平、二人の母をベテラン余貴美子が演じる。
あらすじ:声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、帰らぬ人となる。麦子は、納骨のため母がかつて青春を謳歌(おうか)した田舎を訪れると、町の人気者だった彩子に似ている麦子の登場に町の人々は活気づく。そんな彼らと交流するうちに、麦子は自分の知らない母の一面を垣間見ることになり……。

<感想>格別に何がどうした、というのではないけれども、吉田作品の人物たちは、みなどこか“やましげ”である。「机のなかみ」「純喫茶磯辺」「ばしゃ馬さんとビッグマウス」の彼や彼女たち。誰もが小さなズルしたり、隠しごとで話が転がって、亡き母の若き日と出会うことになる。
だが、日常的なディテールの達者さに比べ、ドラマの核となる部分は今回も曖昧で、それが物足りなく感じた。ズルズルと話が進んで、何となく収まって、日本人的なのだが。

この作品では、堀北が娘と若き日の母親の一人二役を演じていて、だから「同じ」ではなく「似ている」だけのはずだが、画面では過剰なまでに同一感を強調しているのだ。また、部分的ながらオリジナルのアニメを作っちゃう、という発想も楽しい。アニヲタと田舎町のアイドルを演じる堀北真希の魅力満載だが、この女優さんの素の部分が前者のキャラに近いんじゃないかと思わせてくれるところもいい。
長年音信不通だったは母親が、突然現れてからの騒動を始め、しかし不仲のままで母親は死んでしまう。だから、一緒に数日間過ごした日々は、母親に対して毒舌を吐き捨て、なんて乱暴な娘、感じの悪い教養のない娘だと思ってしまった。そう感じたのは、娘もそうだが、松田龍平演じる義理の兄である憲男も口が悪いのだ。ババァと吐き捨てるように言う。

母親は、自分たち子供を捨てて出て行ってしまい10年間音信不通だというのだが、毎月生活費を15万円も仕送りしてもらっているのに、なんて礼儀の知らない親不孝ものの子供たち。女が一人でラブホテルの掃除婦、スナックでのアルバイトなど、かけもちで働き子供たちにお金を送金する。体を悪くするのは当たり前だ。きっと病院へは行っていないのだろう。自分の死期が迫っているのを感じ取り、我が子の傍で幾日かでも一緒に過ごしたいと思ったに違いない。亡き母親の遺骨を持って、故郷まで納骨に行く娘。その若き母を知る故郷の人々を通して、母を描く間接話法が効果的で良かったですね。
80年代のアイドルに田舎町とくれば、朝ドラと比較する声もあろうが、本作の方が圧倒的に素晴らしい。これは堀北真希の代表作になると思う。生き別れの母との再会、死という王道の母子ものを、吉田監督が撮れば、安易な母子の和解を拒否して、母親の死も感傷が入り込む隙を与えないほど呆気なく描かれている。
若き母とうり二つだと故郷の人々が言う。母は歌手になりたくて親の反対を押し切って上京。だが、世間は甘くなかった。子供のいる男と結婚をして、娘の麦子を産む。その後、結婚生活はうまくいかなくて離婚してしまう。

母親の余貴美子、田舎町の麻生祐未ほか女優陣が総じていいです。故郷の同級生でタクシーの運転手の温水さん、そしてとどめの聖子ちゃんメロディ、最後まで引っ張る「赤いスイートピー」が流れる瞬間に、思わず涙がじんわりと滲みます。
2014年劇場鑑賞作品・・・43 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官... | トップ | キック・アス/ジャスティス・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『麦子さんと』 2013年10月24日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『麦子さんと』 を試写会で鑑賞しました。 堀北真希を堪能できる良い映画でした 【ストーリー】  声優を目指して奮闘中の麦子(堀北真希)が、兄・憲男(松田龍平)と暮らすところに、かつて二人を捨てた母・彩子(余貴美子)が戻ってくるが、間もなく病のために、帰...
映画・麦子さんと (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 声優を目指すアニオタ女子・麦子(堀北真希)23歳母は幼い頃家を出ており、父が亡くなってからは兄・憲男(松田龍平)と二人暮らしをしているそこへ突然、母・彩子(余貴美子)が現れ一緒に暮らしたいという3人で暮らし始めてすぐ、憲男が彼女と同棲....
『麦子さんと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「麦子さんと」 □監督 吉田恵輔□脚本 吉田恵輔、仁志原了□キャスト 堀北真希、松田龍平、余 貴美子、温水洋一、麻生祐未■鑑賞日 1月4日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感...
『麦子さんと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「麦子さんと」 □監督 吉田恵輔□脚本 吉田恵輔、仁志原了□キャスト 堀北真希、松田龍平、余 貴美子、温水洋一、麻生祐未■鑑賞日 1月4日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感...
麦子さんと (映画的・絵画的・音楽的)
 『麦子さんと』をテアトル新宿で見ました。 (1)昨年11月に見た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督の続けての作品ということで見に行ってきました。  物語は、主人公の小岩麦子(堀北真希)が、兄の憲男(松田龍平)と二人で一緒に住んでいるところに(父....
『麦子さんと』を試写で観て、やはり断腸の思いで星三つだ★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★これも素晴らしい事は重々承知】 いい映画だ。 そして、ちょっとあざとい。 世の中のほとんどの誰もが親ってうざったいという「麦子さんと」の時期を通り ...
麦子さんと/堀北真希、松田龍平 (カノンな日々)
『純喫茶磯辺』『さんかく』の吉田恵輔さんが監督・脚本を手がけ堀北真希さんを主演に町の人々との交流を経て亡き母の知られざる思いを知るというヒロインの姿を描いたヒューマン ...
『麦子さんと』 (ラムの大通り)
----『麦子さんと』って、 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の 吉田恵輔監督の作品だよね。 「そう。 『ばしゃ馬さん~』も “夢をあきらめること”を題材としたユニークな作品で 嫌いじゃないんだけど、 ぼくは、こちらを推したいな」 ----“麦子さん”を演じているのが堀...
麦子さんと (映画好きパパの鑑賞日記)
 堀北真希という女優の実力を過小評価していました。吉田恵輔監督独特の日常を柔らかい雰囲気で撮る作風とマッチしており、小品ながら彼女の代表作となるのではないでしょうか。  作品情報 2013年日本映画 監督:吉田恵輔 出演: 堀北真希、松田龍平、余貴美子...
麦子さんと (のほほん便り)
吉田監督が、構想に7年をかけたオリジナル作品なのに、偶然、某大ヒット朝ドラと勘所がダブってしまったのが、ちょっと (^^;)ゞ堀北真希・好きさんは、大いに評価すべき作品。キャスティングも渋いです。週刊誌で偶然、このエピソードを知り、観てみたくなりました。地味...
映画評「麦子さんと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・吉田恵輔 ネタバレあり