パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

美女と野獣IMAX ★★★★★★

2017年04月22日 | アクション映画ーハ行
ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化したファンタジー・ラブ・ロマンス。魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を、アニメ版の名曲の数々に加え、新たに書き下ろされた新曲とともに絢爛豪華なヴィジュアルで描き出す。共演はダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン。監督は「ドリームガールズ」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」のビル・コンドン。

あらすじ:美しいが傲慢だった王子が魔女の呪いによって醜い野獣に変えられてしまう。呪いを解くためには、魔女が残したバラの花びらがすべて散る前に、誰かと心から愛し合わなければならなかった。以来、王子は城に籠り、絶望の中で心を閉ざして時を過ごしていた。一方、田舎の小さな村で父モーリスと暮らす美しい女性ベル。

読書家で進歩的な考えを持ち、広い世界を見たいと願う彼女は、周囲から変わり者と見られてしまう。そんなある日、モーリスが森で遭難し、迷い込んだ城で野獣に捕らえられてしまう。モーリスを探して城までやってきたベルは、野獣の姿におののきながらも、父の身代わりとなり城に留まることを決意する。そんなベルを、呪いで家財道具に変えられてしまった城の住人たちが優しくもてなすのだったが…。

<感想>2014年フランス版のバンサン・カッセルとレア・セドゥの美女と野獣は、イマイチでしたが、今回のは実写ならではの魅力も盛り込んでいて、IMAXで鑑賞したので素晴らしかった。愛情深い女性ベルが、魔女の呪いで野獣となってしまった王子の心を溶かしていく様をファンタジックに描くラブストーリー。

何といっても主人公ベル役のエマ・ワトソンのハマリ度には驚いたわ。ベルの“変わり者”と村の人に言われてもブレない芯の強さや、美しさがエマにぴったりで、ダンスのシーンでは野獣を見つめながら『美女と野獣』の曲と共に踊るところは、2人が恋に落ちて、恋愛関係が始まるシーン、二人の踊る姿が美しすぎて、いつの間にかスクリーンに吸いつけられていました。主演のエマ・ワトソンの、優しさや芯の強さがベル役にぴったりでしたね。

野獣役のザ・ゲストのダン・スティーヴンスは、野獣の王子の心の変化や感情はアニメより深く描かれており、村人たちが城へ押し寄せて来る時にダンが歌う『ひそかな夢』まさに現代版『美女と野獣』でした。野獣を演じるダンが、鋼鉄の高い靴を履き演技する中で、ダンスが一番難しかったそうです。それに、ラストで魔女の呪いがとけて王子になるダンのハンサムぶりも良かった。ですが、イケメンの王子に戻ったのに何故か、ベルが「髭をはやしたら」何て王子に言うのです。きっと野獣の王子に惚れたのが良かったのでしょうかね。

そして、城の使用人たちは魔女の呪いで家具や調度品に姿を変えられており、しょく台のルミエール(マクレガー)、置き時計のコグスワース(マッケラン)、ティーポットのポット夫人(トンプソン)の姿が描かれていた。ポスターでは羽ぼうきのプリュメット(ググ・バサ=ロー)、洋服ダンスのマダム・ド・ガルドローブ(オードラ・マクドナルド)、ハープシコードのカデンツァ(スタンリー・トゥッチ)も登場しており、ベルと野獣の恋路を見守る屋敷の住人たちが勢ぞろいしている。

脇を固める芸達者な名優たちもまた 歌や会話のやり取りを楽しませるなかでも、野獣の城の給仕頭ルミエールは、魔法でろうそくの燭台にされてしまったものの色男ぶりは健在で、アニメーション版でも「ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest)」を魅力たっぷりに歌い上げたユアン・マクレガーが、野獣の城で心細く思っていたベルを豪華なディナーでもてなし勇気づけていた。

ところが、実写版でも同じように、魔法で燭台にされたルミエールをユアンくんが歌ってくれてやっぱり巧いと頷き、他の野獣に仕える城の住人たちも、イアン・マッケランの(置時計の執事コグスワース役)、エマ・トンプソンの(ポット夫人役)ポット夫人役のエマ・トンプソンが歌う主題歌「美女と野獣」は優しく響いて格別ですね。それに驚いたのが、オペラ歌手と思えるほどの歌唱力で歌う、オードラ・マクドナルドの素晴らしさにうっとり。

村娘のベルに言い寄るイケメンの青年役のルーク・エヴァンスが、ベルにフラれてしまうも、何度もベルにアタックするところとか、それに、野獣の城の中の図書室で、ベルがパリの写真を見てベルの母親と、彼女が亡くなってしまった理由の部分を知る辺りとか、アニメーションでは、字も読めなかった野獣が、実写版では教養があり読書好きな男に変更され、彼が我儘ほうだいに育った背景にも触れられます。特に、野獣とベルが城の庭で雪合戦をするシーンとかは微笑ましかった。

新たな魔法の道具には、望んだものが見られる鏡や、野獣のバラのほか、行きたいところへ連れて行ってくれる魔法の道具が登場します。

18世紀のフランスと言う設定をベースにセットや豪華絢爛の衣装、ダンス・シーンのボールルームは、人工大理石を敷き詰めた巨大セットが組まれ、ベルの黄色いドレスには、2160個のスワロフスキーが施されているというから、来年のアカデミー賞では、何部門かノミネートされ、エマが主演女優賞を獲得するのは間違いないでしょうね。
2017年劇場鑑賞作品・・・88アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレンチ・ラン★★★★ | トップ | バーニング・オーシャン ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
美女と野獣 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 対象年齢が小学低学年とかなり低いように感じたが(笑)
映画「美女と野獣(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『美女と野獣(字幕版)』(公式)を公開初日4/21に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら79点にします。 ざっくりストーリー 1......
美女と野獣/BEAUTY AND THE BEAST (我想一個人映画美的女人blog)
好きなディズニー映画3位 ラプンツェル、2位 アラジン 1位 美女と野獣 一番好きな美女と野獣の実写化 (レア・セドゥとヴァンサン・カッセルのは監督が❌なので観る気が......
『美女と野獣』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニーアニメの実写化シリーズの最新作。もちろんアニメ版は何度も見てるし、劇団四季の舞台版も何度も見てるので、もう見る前から「面白いんだろうな」と期待度MAXで劇場へ足......
美女と野獣 (いやいやえん)
【概略】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル。ある日、彼女は野獣と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置い......
劇場鑑賞「美女と野獣」 (日々“是”精進! ver.F)
愛を、知る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201704210001/ 美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション (日本語版) [ (オリ......
美女と野獣 (あーうぃ だにぇっと)
美女と野獣@ユナイテッドシネマ豊洲
美女と野獣 字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
大感動した!素晴らしかったです。。。 やっぱり歌や曲が素晴らしい。。。 アニメ版は娘が小さい頃 リトル・マーメイドやシンデレラに比べたら観てる回数は少ないけど 美女と野......
「美女と野獣(2017年版)」 (或る日の出来事)
けっこう重たくない?
美女と野獣 (Akira's VOICE)
問答無用のハッピーエンドが胸を打つ。
『美女と野獣』 (こねたみっくす)
これぞディズニーの語り継がれるラブロマンス映画だ。贅沢なまでに楽しませてくれる愛のエンターテイメントだ。 何と満足度の高い映画なんだろうか。1991年のアニメ版の完全実写化......
「美女と野獣」Beauty and The Beast (2017 ディズニー) (事務職員へのこの1冊)
うちの娘が卒論に選んだのは“異種婚姻譚”というジャンルらしい。人間以外の異性と結婚する物語。日本でいえば「鶴の恩返し」や「雪女」がそれにあたるとか。西洋で代表さ...
美女と野獣 (ただの映画好き日記)
ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。
『美女と野獣』 (beatitude)
ある時、ひとりの美しい王子(ダン・スティーヴンス)が、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し......
美女と野獣(日本語版) (映画好きパパの鑑賞日記)
 ディズニーの名作アニメをエマ・ワトソン主演で実写化。オリジナルが90年代制作なので、「モアナ」「ズートピア」など近年の女性が大活躍するディズニー作品を見た後だと、主人......
「美女と野獣」 (ここなつ映画レビュー)
よく考えてみたら、私は「美女と野獣」の正しいストーリーをこれまで知らなかった。「美女と野獣」ってこういうお話だったのね。もうもう、目一杯、「女の子」させてもらえる時間......
美女と野獣 (風に吹かれて)
期待通りのエマちゃん 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast 監督: ビル・コンドン  「ドリームガールズ」 「トワイライト・サーガ/ブレ
美女と野獣 (とりあえず、コメントです)
ディズニーの大ヒットアニメを実写化したファンタジーです。 オリジナルのアニメも楽しかったので、実写も楽しそう!と期待していました。 期待通りのワクワクする映像と音楽に、......
「美女と野獣」 (Con Gas, Sin Hielo)
巨大な鉱脈を掘り尽くせ。 昨年の「シンデレラ」が大ヒットしたことを受けてか、ディズニーは往年の名作を実写化する企画をしばらく続けるようだ。 その中でも今回の「美女と野......
美女と野獣 (2017) 字幕版 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BEAUTY AND THE BEAST】 2017/04/21公開 アメリカ 130分監督:ビル・コンドン出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド、......
映画「美女と野獣」 (FREE TIME)
GW中に映画「美女と野獣」を鑑賞しました。
美女と野獣 (セレンディピティ ダイアリー)
ディズニーアニメーションの「美女と野獣」(1991) をエマ・ワトソン主演で実写映画化。「ドリームガールズ」のビル・コンドンが監督し、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス......
「美女と野獣」☆忠実が成功のもと (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
女の子の憧れの物語と思っていたら、男性からもすこぶる評判の良い本作。 成功のカギは何だったのか?
『美女と野獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「美女と野獣」□監督 ビル・コンドン□脚本 スティーブン・チョボウスキー、エバン・スピリオトポウロス□キャスト エマ・ワトソン、ダン・ステ......
『美女と野獣』 (sweetmagicのブログ)
観たかったよ~。(^○^) ベルはハリーポッターのハーマイオニー役の女優さんエマ・ワトソンさんなんだって。 へ~、知らなかったわ~。 きれいでしたね。 アニメの『美女と野獣』(19......
美女と野獣 (心のままに映画の風景)
魔女の呪いで醜い野獣になってしまった傲慢な王子(ダン・スティーヴンス)は、家財道具に変えられた召使たちと人知れず城でひっそりと暮らしていた。 呪いを解くには、魔女が......
美女と野獣 (もののはじめblog)
  BEAUTY AND THE BEAST   iinaが中学生の時の英語は、リーダー(読本)とグラマー(文法)があり、READERSの教科書にこの「美女と野獣」が載っていたので、あらすじは識......
ストーリーがわかってても泣ける。~「美女と野獣」~ (ペバーミントの魔術師)
やっぱりミュージカルは苦手だ。なんかこうすんごい大げさになってしまって。といいながら、最終的にはすっかりその世界にのめりこんでるから不思議だ。 実はディズニーの元ネタ ......
『美女と野獣(2017/米・ディズニー実写版)』('17初鑑賞40・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 4月21日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。2D:字幕版。 4月27日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリー......
美女と野獣(2017) (映画的・絵画的・音楽的)
 『美女と野獣』(2017年)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に足を運びました。  本作(注1)の冒頭は、舞踏会のシーン。  ナレーションが「昔、フ......
映画「美女と野獣」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/5/6、109シネマズ木場。 全米で4億8千万ドル超を売り上げ歴代9位、 世界全体では11億ドルを超えて歴代13位、 日本では4/21の公開から10日間で36億円と......