パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

バーニング・オーシャン ★★★★

2017年04月23日 | アクション映画ーハ行
2010年4月、メキシコ湾で作業中だったBP社の石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンで起こった大事故を映画化したスペクタクルドラマ。施設内に閉じ込められた作業員たちの決死の脱出、救出活動の行方が描かれる。命の危険を顧みずに救出作業に挑む主人公マイクをマーク・ウォールバーグが演じる。
あらすじ:2010年4月。チーフ技師マイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)はメキシコ湾沖80キロの海上に浮かぶ石油採掘施設ディープウォーター・ホライゾンに向かう。安全テストが終わっていないにも関わらず、石油会社の幹部ヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)はスケジュールの遅れを理由に掘削再開を迫った。突如警報音が鳴りだし、採掘口につながったバルブから濁った海水と原油が噴出。さらに海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発し、作業員126名がいるディープウォーター・ホライゾンはたちまち炎に包まれてしまう。閉じ込められた作業員たちは被害拡大を食い止めようとするが……。

<感想>未曽有の“人災”事故の裏側と決死のサバイバルを完全映画化している。凄まじい爆発と大火災によって、周辺の自然環境や住民の生活に甚大な被害を与えたこの事故は、市場最悪の“人災”事故でもあった。その知られざる真実と作業員たちのサバイバルを実話をモチーフの「ローン・サバイバー」を成功させたピーター・バーグ監督だからこそ、その事故発生の原因と具体的に経過を劇化することにあると思いましたね。

ですが、事故が起きるまでのシークエンスが異様に長いので、いざ事故が起きると、待たされただけのことはある猛烈なスペクタクルが、これでもかとスクリーンに釘付けにされてしまうのだ。
ですが、正直、どこで誰が、何とやっているのかが分からないショットも多いのだが、巨大セットを実際に建設した迫力あるは相当なもので、闇を引き裂いて次々とほとばしる炎のエネルギーを鑑賞しているかのようだった。
個々のエピソードに重点を置いているので、ドキュメンタリーの映画時間とは一致していないと思うが、美術スタッフが造形したディープウォーター・ホライゾンが緻密なので、観ている方にしては、火災の現場を観ている気分になる。

金のために作業する人間を追い詰め、人災事故をつくる資本家側の代表者を演じたジョン・マルコヴィッチが悪夢のように怖かった。
それに、マーク・ウォールバーグが電気系の技師を演じており、工期の遅れを取り戻そうとする雇い主、BP社の幹部ヴィドリンが、重要な安全確認テストを省略し、強制的に稼働を指示する。掘削作業の最終段階を迎えたその夜、大量の原油が逆流し引火、取り返しのつかない事態になってしまう。

もしも自分が極限状況下に置かれたら?・・・突然の大惨事に襲われ、人間性が試される126名の作業員たちの姿が生々しく、自らを重ねずにはいられない。彼らの前に立ちはだかる“権限”という名の壁、無事を祈る家族の苦悩や生存者のトラウマにも目くばせしたい問題作であります。

主人公のマーク・ウォールバーグの妻には、ケイト・ハドソンが扮して、夫が常に危険と隣り合わせの仕事にも心配し、経済的に収入がいいためなのだが、それにしても、何か月間も海の上にある石油掘削施設で暮らすわけで、何が起こるか分からない不安はある。

チーフ技師マイク・ウィリアムズの上司には、カート・ラッセルが扮していて、安全管理を何よりも重んじ、責任感も人一倍のためジョン・マルコヴィッチ扮するBP社の幹部ヴィドリンと衝突する。爆発が起こった時に、シャワー室におり、ガラスが砕けて裸の身体全身に刺さる。マイクが助けに来てくれるので、助かり、救命ボートに乗ることが出来た。

他にも、マイクが助けた作業員たちはたくさんおり、最後に残った女性技士と一緒に石油掘削施設の上まで登り、下の海面は油が燃えている中に飛び込むということになるも、女性が飛び込むのは嫌だというのだが、一刻を争う事態の中で、マイクが女性を海へ落としすかさず自分もダイブするシーンが、圧巻でした。

あくまでも実録ドラマに徹しており、それゆえに嫌な奴が無残な死に様を見せるみたいな、因果応報な盛り付けはしていない。そうかと言って、事故を起こした企業を強く批判するわけでもないのに不満。
その不満を吹っ飛ばすのが、事故描写の数々であり、泥水、原油、火災、爆風が一緒くたになった果てに、石油掘削施設が崩落するさまは、実際の事故映像よりもエグ目になっていたと言う点は、良かったのではないかと。

2017年劇場鑑賞作品・・・89アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美女と野獣IMAX ★★★★★★ | トップ | たかが世界の終わり ★★★・5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バーニング・オーシャン / Deepwater Horizon (勝手に映画評)
実話。2010年にメキシコ湾の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」で発生した、原油流出事故の映画化。湾岸戦争(1991年)を除けば、原油の流出としては史上最大。 原因......
『バーニング・オーシャン』 2017年4月7日 神楽座 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『バーニング・オーシャン』 を試写会で鑑賞しました。 昔、海猿でレガリアの事故があったな...全然映像も迫力も桁違いでハリウッドのが凄い。 【ストーリー】  メキシコ湾沖80......
バーニング・オーシャン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 実録災害映画としての再現力がすごい!
バーニング・オーシャン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DEEPWATER HORIZON】 2017/04/21公開 アメリカ 107分監督:ピーター・バーグ出演:マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オ......
劇場鑑賞「バーニング・オーシャン」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、戻る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201704250000/ 【映画ポスター】 バーニング・オーシャン Deepwater Horizon マーク・ウォールバーグ /イン......
映画「バーニング・オーシャン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『バーニング・オーシャン(字幕版)』(公式)を、劇場鑑賞。採点は、★★★☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー メキ......
映画 『バーニング・オーシャン』 (こみち)
              JUGEMテーマ:映画館で観た映画        2010年メキシコ湾原油流出事故をモチ......
バーニング・オーシャン (だらだら無気力ブログ!)
火災描写の迫力が圧巻。
バーニング・オーシャン (風に吹かれて)
安全点検はケチるな 公式サイト http://burningocean.jp 実話の映画化 監督: ピーター・バーグ  「バトルシップ」  「ローン・サバイバー」 2010年4月20日。電気技師のマイ
「バーニング・オーシャン」 (ここなつ映画レビュー)
2010年に起こったメキシコ湾油田流出事故。まだ記憶に残っている出来事であるが、遠く日本にいる私には、テレビの報道の仕方も手伝ってからか、羽根を油で固められて身動きが取れ......
「バーニング・オーシャン」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:DEEPWATER HORIZON )実話を基にしており、その題材は深刻な問題を内包しているとは思うのだが、出来上がった作品は昔懐かしい“パニック映画”のスタイルを踏襲していて、......
17-151「バーニング・オーシャン」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
我々はただの雇われ者にすぎない  2010年4月20日。電気技師のマイクは、愛する妻子に後ろ髪を引かれつつ、メキシコ湾沖に浮かぶ石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンへと向......
『バーニング・オーシャン』('17初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月21日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:05の回を鑑賞。2D:字幕版。
『バーニング・オーシャン』をユナイテッドシネマ豊洲9で観て、ただただ圧倒されるふ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲これ、モノクロ写真にしたら、秦始皇帝陵の兵馬俑みたいだと思う。 五つ星評価で【★★★★バンボロは出ないぜ】 圧倒された。 理屈として何が起こってるのか全く分からな......
映画「バーニング・オーシャン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/4/23、109シネマズ木場。 5番スクリーン。 中央通路前のD列を選択。 * マーク・ウォルバーグ、カート・ラッセル、ケイト・ハドソン、ジョン・マルコビッチ。 ......
バーニング・オーシャン (映画好きパパの鑑賞日記)
 2010年にメキシコ湾で起きた海上石油採掘基地の爆発事故を実写映画化。経費節減のために安全を軽視し、ささいな判断ミスが重なって大きな事故に結びつく経過を再現しています。......