パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

偉大なる、しゅららぼん ★★.5

2014年03月14日 | アクション映画ーア行
「鴨川ホルモー」「プリンセス トヨトミ」などの人気作家、万城目学の小説を原作にした異色作。琵琶湖周辺を舞台に、不思議な力を持つ一族の跡取り息子と彼のお供をする分家の息子が世界滅亡につながる大事件に挑んでいく。万城目原作の映画化作品に出演経験のある濱田岳と岡田将生がダブル主演を務め、主人公コンビを快演。摩訶(まか)不思議な物語に加えて、深田恭子、貫地谷しほり、佐野史郎ら、奇怪なキャラクターにふんした豪華共演陣が繰り出す怪演も見もの。
あらすじ:琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。淡十郎と同じ高校に通うものの、彼とおそろいの真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように扱われる涼介。そんな中、日出一族と対立する棗一族の広海(渡辺大)とのトラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する。

<感想>物語は、日出一族と千三百年にわたる対立が続く棗(なつめ)一族の跡取りが同じ高校へ入学する。俗世の目には映らない普通ではない能力の争いに、両者を追放せんとする校長の謀略が加わり、龍神の怒りも招いての一族存亡の危機へと発展していく。
まるで漫画のような、万城目学の奇想天外青春ファンタジー・コメディである。現存の日常風景に、神話的要素が紛れ込み、巧妙な伏線と絡み合って、非日常のスペクタクルを現出させる、万城目学テイストが炸裂しているではないか!

この原作者の面白いところは、信じざるを得ない嘘で固められた独特のテイスト。周りには見えてないだけで、実は鬼を操っている人がいるんじゃないか、「プリンセス トヨトミ」では、大阪には今でも議事堂があるんじゃないか。なんてね、そう思えてしまう緻密な外堀の埋め方が魅力ですね。
主人公である、琵琶湖の湖東を統べる日出一族のお世継ぎにして、生まれながらの殿様気質、一族に伝わる不思議な力の最強伝承者でありながら、街を出て自分の人生を見つけたいと願う高校生の役に挑んでいるのが、濱田岳。赤い学ランを着て小舟で学校へ通うという、劇中でも際立つ個性を持つ淡十郎を演じている。

そして、修行するために来た分家の涼介に岡田将生くん、本家の淡十郎の姉には深田恭子が、本家に修行中の従妹の貴地谷しほり、父親に佐野史郎、彼らを学校へ行くための小舟の船頭に笹野高史、校長に村上弘明、他にも祖父の津川雅彦、棗一族の息子、広海に渡辺大などが共演している。広海の渡辺大くん、高校生には見えなかったけれど、私的には印象的でした。

高校で、校長の村上弘明が、なぜか日出一族に城の明け渡しを要求。さらに校長は、日出一族と棗一族だけが使える力を保持しており、彼らを翻弄するのである。しかし、跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎には力がない。何故って、パワーの源である御神水を飲んでないから。そこで姉の深田恭子が協力なパワーで、琵琶湖の水を真っ二つにして、これはまるで「十戒」のモーゼのような、恐るべし姉の深田恭子の力。他にも、人の考えていることを読み取る能力もある。

その琵琶湖の底の奥にあるご神水を、涼介と広海が取って来て、淡十郎に呑ませる。すると、琵琶湖の龍神様が雷神を轟かせながら現れるではないか。実は、校長は、船頭の源治郎に操られていて、源治郎は秋田の八郎潟の守り神だったというわけ。今は開拓され姿を消した八郎潟、源冶郎が記憶を消されて琵琶湖の日出一族に入って、淡十郎が飲むべき御神水を飲んで記憶が甦り、何時の日かこの琵琶湖を牛耳ろうとしたようなお話。

ケレン味だけで出来ているような映画ながらも、熱き友情や青春の張り合う戦いが等身大で迫ってくる面白不思議な作品であります。なるほど、この主人公は、濱田岳にしかできなかったように思える。しかし、日出一族と対立する棗一族の争いが、二人の若者の戦いの場面がないのでつまらなかった。
エンドロールの最後に、濱田岳とお供の岡田将生くんが出て来て、タイトルの「しゅららぼん」とは、龍神様のげっぷとおならの音だと教える。なるほどね、それにしてもあり得ないような、洗面器の中の水を回して、中のあひるちゃんを吹っ飛ばす修行とか、彼らの念力を使う時の音響の凄まじさには煩くて参った。
2014年劇場鑑賞作品・・・59  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★ | トップ | バーニー みんなが愛した殺... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
偉大なる、しゅららぼん/濱田岳、岡田将生 (カノンな日々)
独特の世界観で読者を魅了する作家・万城目学さんの同名小説を『犬とあなたの物語 いぬのえいが』の水落豊監督が濱田岳さん、岡田将生さんを主演に映画化した作品です。万城目学さ ...
『偉大なる、しゅららぼん』 2014年2月28日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『偉大なる、しゅららぼん』 を試写会で鑑賞しました。 しゅららぼんの意味はエンドロールの後に明かされる 【ストーリー】  琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校...
『偉大なる、しゅららぼん』 (こねたみっくす)
偉大なる、ゲップとオナラ。 万城目学ワールド全開。琵琶湖ならではの日向ぼっこをしているかのような「ゆったり」と、関西ならではの人情味溢れる「ほんわか」ストーリー。 見終 ...
偉大なる、しゅららぼん (だらだら無気力ブログ!)
エンディング、ももクロが歌ってたんだ。気付かなかった。
【 偉大なる、しゅららぼん 】しゅららららぼーーーんの意味 (映画@見取り八段)
偉大なる、しゅららぼん      監督: 水落豊    出演: 濱田岳、岡田将生、深田恭子、渡辺大、貫地谷しほり、佐野史郎、高田延彦、田口浩正、大野いと、笹野高史、村上弘明、柏木ひなた、小柳友、津川雅彦 公開: 2014年3月8日 2014年3月12日。劇場観賞 原作...
劇場鑑賞「偉大なる、しゅららぼん」 (日々“是”精進! ver.F)
“しゅらら”と、“ぼん”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403090001/ 【送料無料】【緊急追加キャンペーン ポイント最大4倍!】偉大なる、しゅららぼん [ 万城目学 ]価格:798円(税5%込、送料込) 【送料無...
映画『偉大なるしゅららぼん』観てきたよ~ (よくばりアンテナ)
楽しかったわぁ~~ 予告編で観て期待していましたけれど、期待を裏切らない楽しさでした(*´∀`*) まず、まだ観ていない方には1つアドバイスを! エンドロール中に席を立たれませんように。 ももクロの曲の途中で劇場を出られた方がいらっしゃいましたが、 ...
偉大なる、しゅららぼん (はるみのひとり言)
試写会で観ました。琵琶湖湖畔の街・石走で1300年にわたり琵琶湖の神より賜る不思議な力を伝承する日出家。江戸時代から現存する石走城に住む一家。そんな日出家に高校入学を機に、力の修行のため分家からやって来た涼介は、キングオブで生きる伝説とされる本家の跡取り・...
『偉大なる、しゅららぼん』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「偉大なる、しゅららぼん」□監督 水落 豊□脚本 ふじきみつ彦□原作 万城目 学□キャスト 濱田 岳、岡田将生、深田恭子、渡辺 大、貫地谷しほり■鑑賞日 3月9日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...
偉大なる、しゅららぼん (映画好きパパの鑑賞日記)
 奇想天外なエンタメ小説を書き続ける万城目学は、小説の発想があまりにも豊かなため、実写化はことごとく外している気がします。本作にしても、「鴨川ホルモー」にしろ、そこそこの出来になるのがやっと。やはりハリウッド級の予算がないと無理なんでしょうかね。  作...
偉大なる、しゅららぼん (花ごよみ)
万城目学の同名小説を映画化。 濱田岳、岡田将生が主演。 琵琶湖畔の町 石走のお城に暮らす日出一族。 彼等は先祖代々受け継いだ、 不思議な力を持っていた。 分家の息子の涼介は 力の修行をするため石走に… 日出家の城から高校へ通うことになる。 日出家の跡取り...
「偉大なる、しゅららぼん」:赤いガクランを見る映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『偉大なる、しゅららぼん』は万城目学原作の関西歴史大ぼらファンタジー。でも、
「偉大なる、しゅららぼん」1300年の和解を経て共闘した先にみた偉大な力の果てに知った己の力の使い方と自らの存在意義 (オールマイティにコメンテート)
「偉大なる、しゅららぼん」は琵琶湖の近くに住む事で偉大な力を発揮できる一族がある日対立する一族との争いの中で突如争いに割って入ってきた人物により両家の存続が危ぶまれ共 ...
映画「偉大なる、しゅららぼん」 (FREE TIME)
映画「偉大なる、しゅららぼん」を鑑賞しました。
偉大なる、しゅららぼん (心のままに映画の風景)
琵琶湖畔の街、石走。 先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族の跡取りで、最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)が住む城へ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。 淡十郎と同じ高校に通うものの、真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように...
偉大なる、しゅららぼん (映画的・絵画的・音楽的)
 『偉大なる、しゅららぼん』を渋谷TOEIで見ました。 (1)本作は万城目学氏の原作(注1)を映画化したものながら、クマネズミの生まれ故郷に近い滋賀県の彦根や長浜などがロケ地に選ばれていると聞いて(注2)、映画館に出かけました。  ところで、クマネズミの家から....
偉大なる、しゅららぼん (とりあえず、コメントです)
万城目学著の不思議な力を巡る物語を映画化したエンターテイメント作品です。 万城目さん原作の映画は面白いので、この作品も公開を楽しみにしていました。 琵琶湖を巡る2つの名家の争いと共に始まる事件がダイナミックに展開されていて 謎の切なさと共にワクワク楽しめる...
「偉大なる、しゅららぼん」 (ここなつ映画レビュー)
万城目小説が好きなのか、万城目映画が好きなのか、を問われると、殆どが原作に接する事なく映画を鑑賞する私にとっては、「万城目作品が好きだ」と言う他はない。「鴨川ホルモー」がこれまで観た邦画の中でも最高傑作の内の一つだった私にとって、この「偉大なる、しゅら...
偉大なる、しゅららぼん (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
偉大なる、しゅららぼん '13:日本 ◆監督:水落豊「犬とあなたの物語 いぬのえいが」 ◆主演:濱田岳、岡田将生、深田恭子、渡辺大、貫地谷しほり、佐野史郎、高田延彦、森若香織、田口浩正、大野いと、柏木ひなた、小柳友、津川雅彦、笹野高史、村上弘明 ◆STOR...
偉大なる、しゅららぼん (銀幕大帝α)
2013年 日本 114分 青春/ファンタジー/コメディ 劇場公開(2014/03/08) 監督: 水落豊 原作: 万城目学『偉大なる、しゅららぼん』 主題歌: ももいろクローバーZ『堂々平和宣言』 出演: 濱田岳:日出淡十郎 岡田将生:日出涼介 深田恭子:日出清子 渡辺....
映画評「偉大なる、しゅららぼん」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・水落豊 ネタバレあり