パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★

2014年03月13日 | た行の映画
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ患者という難役に挑んだ。『チャプター27』などのジャレッド・レトー、『JUNO/ジュノ』などのジェニファー・ガーナーが共演。監督を『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャン=マルク・ヴァレが務める。
<感想>実話を基にした今作の舞台は、1985年のテキサス。酒、タバコ、コカインにギャンブル、そして女に溺れる自堕落な生活を送っていたロン・ウッドルーフが、ある日突然倒れ、HIV陽性で30日の余命を宣告される。

この当時は、まだエイズは同性愛者だけの病気と誤解されている時期。特効薬AZTはまだ試験中で、それに毒性も副作用も強かった。このまま死ぬしかないと、生き延びるために彼は、未承認だった治療薬を求めてメキシコへ行くが、すぐに多くのエイズ患者たちに需要があることを発見する。
その薬は効果も高く副作用も弱いが、まだアメリカでは認可されてないこれらの薬物を大量に仕入れて、“ダラス・バイヤーズクラブ”という会員制システムを作り、月400ドルの会費を取って薬をサバクことで、法の網をくぐり抜けようとする。

ゲイ・コミュニストに人脈を持つ、やはりHIV陽性のトランスセクシャルのレイヨンを仲間に引き込み、モーテルの部屋を事務所に仕立てて、顧客は増える一方だった。その内に役所に目をつけられて、薬の供給を断たれそうになれば、世界中を飛びまわって、なんとか商売の薬を確保しようとする。
ロンが、その後7年間生きるが、彼と政府、製薬会社との闘いは、弱者が大きな権力に一人で立ち向かうという昔ながらのハリウッド映画の伝統を引き継いでいる。
何よりも脚本が素晴らしい。テンポのいい展開で観客をぐいぐいとドラマの中へ引き込んで行く。これまでにもエイズ患者を描いた映画はいくつかあったが、脆弱な身体になった主人公をこんなにも力強く描いた作品はなかったと思う。だからなおさら、感動的なのだろう。

もちろんストーリーのその部分も面白いのだが、一番の見どころは、下品で、偏見に満ちたテキサス育ちの男に扮したマシューの迫真の演技といっていいだろう。
死相、それが演技と分かっていても、俳優の顔にそれが漂うのを目撃してしまった瞬間、心がざわつくただならぬ不穏さ。本作は実話に基づくが、マッチョで堕落した男がHIVに感染したことから、生きることへの異様な執着を見せる活力の物語でもある。

死相と同時に旺盛な生命への熱量を見せるマコノヒーの、一筋縄ではいかない男の歪んだ魅力。病気の末期を具現化して逆痩せしたマコノヒーの熱演が強く心に残った。俳優もここまでやれば金メダル級のアスリートだろう。
そしてレイヨン役のジャレッド・レトーの可愛く、破滅的でありつつ死を恐怖する儚い美しさの対比。変貌した身体と顔つきには、まさに明日をもしれぬ男の戦いを描き、この人たちの壮絶な死にざまを思わせるような演技が凄すぎる。
ラストカットのストップモーションなど、編集も素晴らしい。
2014年劇場鑑賞作品・・・58  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀の匙 Silver Spoon ★★★.5 | トップ | 偉大なる、しゅららぼん ★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャン=マルク・ヴァレ監督、マシュー・マコノヒー主演、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー『ダラス・バイヤーズクラブ(Dalla... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
マシュー・マコノヒーの圧倒的な存在が輝く『ダラス・バイヤーズクラブ(Dallas Buyers Club)』共演はジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー。監督は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャ
反骨〜『ダラス・バイヤーズクラブ』 (真紅のthinkingdays)
 Dallas Buyers Club  1985年。テキサス州ダラスでトレイラー暮らしをする電気技師のロン・ウッド ルーフ(マシュー・マコノヒー)は、ロデオと女を愛し、酒とドラッグ漬けのマッ チョなカウボーイ。そんな彼が、HIV陽性、余命30日を告げられる。 ...
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』 (ラムの大通り)
(原題:Dallas Buyers Clube) ----おおっ、こっちから来たか…。 これは確か今話題のマシュー・マコノヒー。 「そうだね。 マコノヒーなんて、 『評決のとき』で売り出した最初の頃はともかく、 その後は『サラマンダー』のような怪作に出たりして…。 まさか、ここま...
ショートレビュー「ダラス・バイヤーズクラブ・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
不屈のカウボーイスピリット。 1980年代、当時猛威をふるっていたAIDSに罹患し、余命30日を宣告されながら、自ら未承認治療薬を取り寄せるクラブを立ち上げ、7年もの間懸命に生き続けたロン・ウッドルーフの闘いを描く実録ヒューマンドラマ。 このところ、まるで映画...
『ダラス・バイヤーズクラブ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度...
『ダラス・バイヤーズクラブ』 2014年2月12日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダラス・バイヤーズクラブ』 を試写会で鑑賞しました。 マシュー・マコノヒーは別人だよ。 あれだけ痩せるのは正直どうやるんだろう...という位の役作り 【ストーリー】  1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性...
ダラス・バイヤーズクラブ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 余命30日と宣告された男はタダでは転ばなかった。
ダラス・バイヤーズクラブ/DALLAS BUYERS CLUB (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click このマコ様がすごい マシュー・マコノヒー&ジャレッド・レト、Wでゴールデングローブ賞ほか多数受賞 アカデミー賞でも、オスカー受賞待ち そのリアルさが大絶賛を浴びて、ここへきて近年最もノッてる俳優と....
『ダラス・バイヤーズクラブ』 (こねたみっくす)
俺は生きる。それを邪魔するヤツはくたばれ! これは生きる強さを静かに描いた作品です。マシュー・マコノヒーとジャレット・レトが誰かが死ぬとポッカリと穴が空いたようになる ...
ダラス・バイヤーズクラブ (心のままに映画の風景)
1985年、ダラス。 電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され、余命30日を言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知ったロンは、代替薬を求めメキシコへ向かい、密輸を試みる。 偶然出会った性同一性...
ダラス・バイヤーズクラブ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)今度のアカデミー賞の作品賞などにノミネートされた作品というので見に行ってきました(注1)。  本作の舞台は1985年のテキサス州ダラス。  電気技師の主人公ロン(マシュー・マコノヒー)は、ロ....
ダラス・バイヤーズクラブ (はるみのひとり言)
映画館で観ました。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認....
ダラス・バイヤーズクラブ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DALLAS BUYERS CLUB】 2014/02/22公開 アメリカ R15+ 117分監督:ジャン=マルク・ヴァレ出演:マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー 「くたばれ!」と社会は言った。「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。 [Story]1985年、...
「ダラス・バイヤーズクラブ」☆生き抜けっ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ひどく太るのとひどく痩せるのと、どちらが大変かというのは別としても、こちらに軍配が上がるのは当然のことでしょう。 ただただその人の特異な人生をたどるだけの実話モノも多い中で、お涙頂戴にならずに、じわりと感動し、じわりと胸に響く。 いつまでも余韻に浸るこ...
ダラス・バイヤーズクラブ  監督/ ジャン=マルク・ヴァレ (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・マコノヒー  ジャレッド・レトー  ジェニファー・ガーナー 【ストーリー】 1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探....
ダラス・バイヤーズ・クラブ (風に吹かれて)
死にたくない! 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/dallas 監督: ジャン・マルク=マレ  「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 実話を基にした映画 1985年、テキサス
「ダラスバイヤーズクラブ」 (Con Gas, Sin Hielo)
神が選びしカウボーイ。 この実話がおもしろいのは、偏見に満ちた主人公・ロンが一転して偏見の目にさらされる立場になる序盤の展開と、そこから懸命に這い上がる逆転の物語にある。 「懸命」と書いたが、その手法が型破りなところも魅力の一つだ。冒頭のロデオ賭博を....
ダラス・バイヤーズクラブ (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 エイズにかかった余命30日の自堕落な主
ダラス・バイヤーズクラブ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:117分 監督:ジャン=マルク・ヴァレ  1980年代には無認可だった「HIV代替治療薬」を密輸販売。藁にもすがりたいHIV患者に特効薬を提供したという、実在の不良カウボーイの半生を映画化した人間ドラマである。彼
『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! (映画のブログ)
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、...
『ダラス・バイヤーズクラブ』をHTC有楽町1で観て、ちょっと時間たっちったふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★思った方向ではなかった】    エイズを発症し、ガリガリに痩せた余命30日の男が、 アメリカ政府と戦いながら生き抜いていく話と言うのは知ってたけど、 「 ...
ダラス・バイヤーズクラブ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
今回はかなり内容に触れているのであらかじめご了承くださいまし
ダラス・バイヤーズクラブ(2013)**DALLAS BUYERS CLUB (銅版画制作の日々)
 「くたばれ!」と社会は言った。                                     「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。 遅まきながら鑑賞してきました。マシュー・マコノヒーがアカデミー賞をゲットしたということで気になっ...
「ダラス・バイヤーズクラブ」 (ここなつ映画レビュー)
マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なく...
エイズになり 輝きだす、 (笑う社会人の生活)
映画「ダラス・バイヤーズクラブ」を鑑賞しました。 1985年、電気工でロデオカウボーイのロンは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知り彼は代替薬を探し 本国へ密輸を試み国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤー....
Blu-ray:ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club 命を賭けた闘いの男儀ぶりに降参! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。 エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。 フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに? ところが主人公はロデオ乗り。 男の中の男、が売りで....
患者から救済者になっちまった男。〜「ダラス・バイヤーズ・クラブ」〜 (ペパーミントの魔術師)
ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-09-02by G-Tools GyaO鑑賞2本目。また全然ちゃうタイプの映画をセレクト。 実はアカデミー賞の主演男優賞とって気にはなってたんだけど、劇場公開見に行けなくてね〜・・・と言い訳。 HIVに感染しちまって、....
映画評「ダラス・バイヤーズクラブ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジャン=マルク・ヴァレ ネタバレあり
ダラス・バイヤーズ・クラブ (miaのmovie★DIARY)
ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray](2014/09/02)マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト 他商品詳細を見る 【DALLAS BUYERS CLUB】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 1985年電気工でカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコ ノヒー)は、賭博と酒と女の...
『ダラス・バイヤーズクラブ』('15初鑑賞21・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月7日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。