パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ラ・ラ・ランド ★★★★★

2017年02月24日 | アクション映画ーラ行
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーンをはじめ、『セッション』でチャゼル監督とタッグを組んで鬼教師を怪演したJ・K・シモンズが出演。クラシカルかつロマンチックな物語にうっとりする。

<感想>今度はジャズとミュージカルへの愛がいっぱい詰まった映画を、作り上げたデイミアン・チャゼルが、監督と脚本を務めた男女の恋物語。舞台は現在のLA。ジャズ・ミュージッシャンの男と女優志望の女が恋に落ち、夢と現実のはざまで揺れる姿を、数々のミュージカル・ナンバーと、カラフルな映像美で綴っている。

主人公のライアン・ゴズリング&エマ・ストーンが、代役なしで挑んだ歌と踊りも素晴らしく、見応え十分でした。特にライアン・ゴズリングの、ピアノ演奏が素晴らしくて、さすがにプロの俳優さんです。

冒頭部分でのハイウェイの、渋滞に業を煮やした人々が踊り出すプロローグのダイナミックなミュージカルシーンの圧巻なことといったら、それに、もう一人の主人公と呼ぶべきLAの街、ハモサビーチやグリフィス天文台などの名所でのロケを敢行している。劇中で登場するケーブルカーは、2013年に営業停止になっていたが、撮影のために特別動かしてもらったそうです。

ミュージカル作品はもちろんのこと、名作映画へのオマージュがいっぱいですから。「glee/グリー」のマンディ・ムーアの、振り付け師による華麗なダンス、ワンカット撮影のオープニングも彼女が振り付けしたそうです。
「シェルブールの雨傘」、「ミッドナイト・イン・パリ」などミュージカル以外の映画へのオマージュも。それに、「カサブランカ」が2人の恋の結末など様々な形で影響しています。

物語は、冬から始まり、最悪の出会いから運命の恋は始まった。女優を夢見て田舎からLAに出てきたミアは、ピアノの音色に誘われて入ったバーで、ピアニストのセバスチャンと出会う。店長の選曲を無視してクビになったばかりの彼は、話かけたミアを無視します。店長には、ちょっとだけれど、「セッション」のJ・K・シモンズが扮してました。

そして季節は春:偶然のイタズラで何度も再会をする二人。最初は嫌味を言い合っていたが、互いの夢を語るうちにいつしか恋に落ちる。ここでは、ロサンゼルスの夜景をバックに「バンド・ワゴン」のエレガントな公園のタップダンスから、グリフィス天文台のプラネタリウムでの、幻想的でロマンチックな飛ぶシーンが魅惑的。
全編を通してスクリーンを華やかに彩っている本作では、ミニワンピースやカラフルなドレスという心躍る衣装の数々ですね。とりわけインパクト大なのは、やはりエマ・ストーンの黄色のワンピースでした。

そして「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のセーヌ河での空中浮遊まで、新旧ミュージカル映画のエッセンスが詰め込まれているのが最高です。ミアが別の男性とデート中に、セバスチャンが弾いていた曲を耳にした途端に、彼のもとへと向かう。

季節は夏:共に暮らし始めた二人。ミアは何度も女優のオーデションを受けるも失敗ばかり、それで一人芝居を上演しようと脚本執筆を開始する。

一方、セバスチャンは、ジャズ・クラブの資金稼ぎのため友人のバンドに参加する。ジャズ以外の演奏をする日々に、夢と現実のギャップに不満を募らせる彼。

季節は秋:ミアは一人舞台を上演するが、セバスチャンは上演に間に合わずに客席はほぞ空席が目立つ。落胆したミアは、女優を諦めて田舎に帰ってしまう。ミアは、心が折れそうにもなるけど、すごく強い女性なんですね。

彼はそれに振り回される感じがあって、彼女に去られたセバスチャンは、バンドを抜けて本来の夢を追うことに。二人の夢の崩壊に、恋の行方は?・・・。

ミアの田舎まで迎えに行くセバスチャン、二人はまた一緒に住んで夢を追うのですが、セバスチャンはお金を稼ぐために友達のバンドとツアー公演に行く。そして、彼のバンドが有名になりアルバムまで発売されて、仕事で忙しく飛び回るようになる。

だが、ミアの方も一人芝居の脚本が、芝居のプロデューサーの目に止まり、パリへ行くことになり、パリで成功を収める。別々の道へと進む二人なのだが、それがラストでまた出会うのですね。何でかセバスチャンの男の未練がましさとか、弱い部分が出ていてそれが観ていてすごく辛かったです。

叶った夢なのだが、愛し合う二人と一緒ではなかった。それに男の方も叶った夢のジャズバーの店、別の男と結婚をして子供まで持ったミアがいる。誰もが経験するであろう哀しい人生の経験、そしてかけめぐる過去の幸せが走馬燈のように映し出されます。夢のシーン、ここでは二人は、結婚をして子供までもうけます。

ミュージカルというと声高らかに歌い上げる歌唱法が印象的ですが、この作品での2人は、声を張らずに優しくセリフを言っているような、そんな歌うシーンが多いですね。それがとてもこの映画には生きていて良かった。

ラストがハッピーエンドでなくても、二人の関係が余りにも切なくて、大人のラブストーリーでした。帰りの車の中で、二人のラブソング「A Lovely Night」が、いつまでも耳に残って余韻に痺れてました。

2017年劇場鑑賞作品・・・41アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一週間フレンズ。★★★・8 | トップ | ヒトラーの忘れもの ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラ・ラ・ランド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という
『ラ・ラ・ランド』 2017年1月31日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ラ・ラ・ランド』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞の本命と評判であるが如何に! 【ストーリー】  何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミ......
ラ・ラ・ランド (あーうぃ だにぇっと)
ラ・ラ・ランド@よみうりホール
『ラ・ラ・ランド』 先に何が待っていても、夢追い人はそこへ向かう (Nice One!! @goo)
原題: La La Land 監督: デイミアン・チャゼル 出演: ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン 、J・K・シモンズ 公式サイトはこちら。 オーディションに落ちて意気消沈して......
【映画】ラ・ラ・ランド (アリスのさすらい映画館)
 ラ・ラ・ランド(2016) アメリカ 原題:La La Land 監督/脚本:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼ...
『ラ・ラ・ランド(La La Land)』デミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・ス...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ラ・ラ・ランド』La La Land監督 : デミアン・チャゼル出演 : ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズ、他 ※Memo1●こちらの感想、台詞、シーン関連のブロックは追記にて後ほ
『ラ・ラ・ランド』 (こねたみっくす)
嗚呼、これが映画だ。これこそが「映画」だ。 ロマンティック、テクニカラー、ミュージカル、アメリカンドリーム、ジャズが口々に語る。これが「映画」だと。こんな恋が羨ましい ......
ラ・ラ・ランド 〜 夢みる愚か者の街 (まぜごはん)
LA LA LAND観てきました。 アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働き......
劇場鑑賞「ラ・ラ・ランド」 (日々“是”精進! ver.F)
夢を追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702240000/ ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
「ラ・ラ・ランド」 LA LA LAND (2016 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
渋滞の高速。一台一台のカーステレオが、いかにもそのドライバーが好きそうな音楽を流している。ひとりの女性が我慢できずにドアを開け、路上で踊り始める。呼応して、まわりの......
映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞史上最多の14部門のノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監......
ラ・ラ・ランド (Akira's VOICE)
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード  本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示......
映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリ......
ラ・ラ・ランド  (心のままに映画の風景)
夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指すミア(エマ・ストーン)は、オーディションに落ちてばかりで意気消沈。 ある日、ピアノの......
ラ・ラ・ランド (♪HAVE A NICE DAY♪)
泣いちゃった・・・ 私は大好き!この作品 まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて 拍手したい気分 ミュージカルだから オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、......
ラ・ラ・ランド (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィット......
「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い......
No.562 ラ・ラ・ランド (気ままな映画生活)
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望......
ラ・ラ・ランド (そーれりぽーと)
待望の『ラ・ラ・ランド』を観てきました。 ★★★★★ この映画をミュージカル映画と一括りでジャンル付けするのは間違い。 映像の作りや衣装、セットを60年代70年代に寄せて、往......
ラ・ラ・ランド/LA LA LAND (我想一個人映画美的女人blog)
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは......
[映画『ラ・ラ・ランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語......
ラ・ラ・ランド (風に吹かれて)
もう一つの物語で切なさ倍増 [E:weep] 公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland 監督: デイミアン・チャゼル  「セッション」 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス
ラ・ラ・ランド (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズ......
ラ・ラ・ランド / La La Land (勝手に映画評)
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけ......
『ラ・ラ・ランド』 (beatitude)
アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続......
ラ・ラ・ランド (セレンディピティ ダイアリー)
「セッション」のデミアン・チャゼル監督によるミュージカル、「ラ・ラ・ランド」(La La Land)を見ました。ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミア(エマ・ストーン)と、自分の店......
ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズ......
ラ・ラ・ランド (こんな映画見ました~)
『ラ・ラ・ランド』---LA LA LAND---2016年(アメリカ)監督: デイミアン・チャゼル出演: ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド 、ローズマリー・デウィット、ソ......
『ラ・ラ・ランド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、      ......
ラ・ラ・ランド (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 米国 上映時間:128分 監督:デイミアン・チャゼル  惜しくも第89回アカデミー作品賞は『ムーンライト』に譲ったが、アカデミー主演女優賞・監督賞・撮......
『ラ・ラ・ランド』('17初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 2月25日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:10の回を鑑賞。 字幕版。
「ラ・ラ・ランド」(1回目) (或る日の出来事)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
「ラ・ラ・ランド」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/サミット・エンタティンメント、他 配給:ギャガ、ポニーキャニオン 原題:La La Land 監督:デイミアン・チャゼル脚本:デイミアン・チャゼル音楽:ジャスティン・......
映画「ラ・ラ・ランド」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに映画「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。
ラ・ラ・ランド (映画好きパパの鑑賞日記)
 面白かった!! アカデミー賞受賞など大変評価が高いのもわかります。ストーリー、歌、ファッションすべてが2時間、映画の夢と魔法の国につれていってくれて、見終わった後、......
『ラ・ラ・ランド』 (sweetmagicのブログ)
ミュージカル映画だったので思わずカテゴリーをライブ♪にしてしまいました。 プレミアムフライデーとかいう日ができたそうで私も久しぶりに映画を観に行きました。 しかも初日......
ラ・ラ・ランド(2016)**LA LA LAND (銅版画制作の日々)
 夢をみていた MOVIX京都にてついに鑑賞!何と2時間越えの作品。もう何度もこの2人のダンスシーンは皆さん観ておられると思います。素晴らしいダンスでしたね。観ている私もこ......
ラ・ラ・ランド (映画と本の『たんぽぽ館』)
切なさに浸る * * * * * * * * * * 本作、「アカデミー賞、作品賞受賞おめでと~!」 というタイミングで、本日の投稿としたかったのですが、 残念でした・......
『ラ・ラ・ランド』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
予告編で音楽を聴いた瞬間に「この映画、見たい!」となったのだけれども、公開直後のネットの反響を読むと、どうも自分が望んでる方向とは違う映画みたい。ということで鑑賞予定......
ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えた......
ラ・ラ・ランド そして余韻。少し泣く。何故か笑む。切なく甘く苦く~音にて思う。 (Said q winning)
監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズストーリー オー......
ラ・ラ・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されてい......
「ラ・ラ・ランド」 (NAO日和)
~夢をみていた~2016年  アメリカ映画  (2017.02.24公開)第89回アカデミー賞6部門受賞作品(監督賞/主演女優賞/撮影賞/美術賞/作曲賞/主題歌賞)配給:ギャガ / ......
ラ・ラ・ランド (もののはじめblog)
キ・キ・キリン(樹木希林)ではなく「ラ・ラ・ランド」。 このタイトルには「現実離れした世界、おとぎの国」という意味合いが込められているという。 今年度アカデミー賞で6部......
「ラ ラ ランド」 (Con Gas, Sin Hielo)
映画のような、夢と恋。 映画の魔法にかけられるとはよく言ったもので、D.チャゼル監督は天才としか表現のしようがない。 意地悪を言えば、物語自体にそれほど新しさは感じない......
ラ・ラ・ランド (花ごよみ)
監督はデイミアン・チャゼル。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン 主演のミュージカル映画。 女優志望のミア(エマ・ストーン)と ジャズピアニスト、セバスチャン(ライア......