パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ヘイトフル・エイト★★★★★

2016年02月29日 | アクション映画ーハ行
クエンティン・タランティーノが放つ、ウエスタン仕立てのミステリー。男女8人が閉じ込められた、雪嵐の山小屋で起きた殺人事件の意外な真相を映し出す。ベテランのサミュエル・L・ジャクソンをはじめ、『デス・プルーフ in グラインドハウス』などのカート・ラッセル、『ミセス・パーカー/ジャズエイジの華』などのジェニファー・ジェイソン・リーらが顔をそろえる。彼らが織り成すストーリー展開はもちろん、タランティーノ監督が仕掛ける謎と伏線が張り巡らされた物語にくぎ付け。

<感想>クエンティン・タランティーノの8本目となる監督作には、タイトルにも数字の8を入れ込んだこだわりの渾身作であります。性格最悪、ウソ上等、欲得尽くめの“8人の嫌われ者”が、密室となった雪山ロッジで、仁義なき生死の駆け引きを繰り広げる異色の西部劇のような、実際は犯人探しの密室ミステリーになっていた。

第一章は「レッドロックの駅馬車」ワイオミングの雪深い山中を、レッドロックの街に向けて走る駅馬車に助けを求めてきた男ウォーレンが、サミュエル・L・ジャクソンであり、3人の賞金首の死体を運んでいる途中、寒さで馬を失ったというのだ。駅馬車に乗っていたのは同じく賞金稼ぎのルース(カート・ラッセル)で、極悪犯のディジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)を護送するために駅馬車を借り切っていた彼は、ウォーレンの同乗を渋るのだが、・・・。

第二章「ロクデナシ野郎」さらに駅馬車が進むと、今度は悪名高い略奪団の一員でありマニックス(ウォルトン・ゴギンズ)と遭遇。ディジーの賞金1万ドルの横取りを狙っているのではと疑うルースは置き去りにしようとするが、マニックスは自分こそがレッドロックの新任保安官だと主張。半信半疑ながらも馬車に乗せ、吹雪を避けるために「ミニーの紳士服飾店」に向かう。

第三章「ミニーの紳士服飾店」女主人が取り仕切る山中のロッジ「ミニーの紳士服飾店」に到着した一行。出迎えたのはミニーではなく、見知らぬメキシコ人のボブ(デミアン・ビチル)だった。ロッジの先客は自称死刑執行人のオズワルド(ティム・ロス)や黒人嫌いで有名な南軍の元将軍シミザーズ(ブルース・ダーン)ら、ひと癖もふた癖もある連中たち。吹雪が収まるまでの数日間、総勢8人はロッジで過ごすことに。

第四章「ディジーには秘密がある」ルースはディジーの賞金を奪われないように全員の銃を取りあげて回り、黒人のウォーレンは南北戦争で同胞を虐殺した元将軍シミザーズに怒りを燃やすなど、一触即発の緊張が漂うロッジ。そんな中で何者かが珈琲のポットに毒を入れ、コーヒーを飲んだ者たち、ルースと駅馬車の御者の2人が血反吐を吐いて息絶える。それを見てほくそえむディジーだが。

第五章「4人の乗客」時間は少々遡り、ミニーが切り盛りするロッジに駅馬車が到着し、4人の乗客たちが休憩することに。「紳士服飾店」と銘打ちながら服飾類は一切置いてはいないが、ミニーは十八番の絶品コーヒーで客たちを歓待するのだ。外の極寒も忘れる陽気なおもてないしのはずだったが、突如として銃声が響き店内は一気に地獄絵図と化す。

最終章「黒い男白い地獄」再び時間は戻って、毒殺された男たちの死体が転がるロッジ。消去法で違うと判断した自称保安官のクリスを味方に付けて、ウォーレンは拳銃を手に犯人探しに躍起となる。果たしてコーヒーに毒を盛った犯人=ディジーとグルなのは生存者の中の誰なのか?・・・。さらには、思いがけず9人目まで登場して、血で血を洗う凄惨なサバイバル・バトルに突入するのである。

さて、明確な6つのチャプターに章立てされている本作。168分という長尺にリズムを付ける上でも有効に機能しているのだ。いかにもな肝っ玉母さんなミニーが切り盛りしているロッジには、本来いるべきミニーと夫が不在。しかも常連のウォーレンすら知らない男のボブが留守番役とは何だか不自然だと、疑い始めるウォーレン。それに、ミニーが命よりも大事にしているロッジのドアは、カギが壊され板とクギで打ち付けないと閉められない。ウォーレンたちが来る前に、どんな事態が起きていたのか?・・・。
そして絶品コーヒーがじまんのロッジなのに、置かれていたコーヒーは吹き出すほど激マズのしろもの。それにシチューは中々いける味だが、コーヒーも淹れられないボブには作れないのでは。ウォーレンに扮するサミュエル・L・ジャクソンが、この密室での謎解きをするのだが、9人目の人物が床下から彼の股間目がけて銃を発射し、ウォーレンが重症を負う後半からが俄然面白くなってくるのだ。

だが、よくよく見れば、後半では過去作品の密室劇の「レザボア・ドッグス」的でもあるし、「イングロリアス・バスターズ」を彷彿させてるし。誰と誰がどう繋がるという心理戦やいろんなキーアイテムが象徴的に出てきたりする。
黒人ガンマンや銃撃戦は「ジャンゴ」それにお得意の時系列を入れ替えるのは「パルプ・フィクション」とか、重要人物たちが簡単に死んでいくから、その緊張感もすごくて、もう、観ているだけでゾッとしてくる。

一瞬で殺されたり状況が一変するていうのが、タランティーノらしさと言うか、観客はそこにリアルを感じるのだと思う。つまりは有りネタ満載であり、良く言えば集大成の必殺技の連続投球といった方がいいでしょうね。
大画面を埋め尽くすのは、タランティーノ映画の常連が多いので嬉しいです。だから、クセのありすぎる強烈キャラクターがズラリと8人。サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、そして、本作でアカデミー賞候補となったジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンス、ティム・ロス、ブルース・ダン等の超豪華な怪優陣が結集しているのだ。

さらには登場人物が8人ではなくて、「マジック・マイク」のチャニング・テイタムが突然と現れて、それであっけなく死んでしまう。どんな役だったのかというと、結構大事な役割だったのにね、ウォーレンの股間をブッ飛ばしても頭を撃たれて死んでしまうとは。
さすがにタランティーノ映画、役者が出たいから成立するのだろう。3時間弱と長いのだが、飽きずに観れる一触即発の緊張感が持続する、裏切りのアンサンブルを得とご覧あれ。
それに、音楽がいい、誰もが聞き惚れる巨匠のエンニオ・モリコーネなのだ。
そして、クライマックスでは二転三転して、敵が味方になったり、仲間だと思っていたら裏切ったりするんですから。始めはお互いに憎みあっているのに、いろいろあって協力する。それぞれの行動を見て判断して動くのだから、だからこそ恩を返すというか、仁義を通すとか、まるで時代劇に出てくる価値観と同じじゃないかと思えてくる。
2016年劇場鑑賞作品・・・45映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イット・フォローズ ★★★ | トップ | 愛犬コロンの病気、膝蓋骨脱臼症... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ヘイトフル・エイト」 (日々“是”精進! ver.F)
8人の極悪人… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602270000/ ヘイトフル・エイト オリジナル・サウンドトラック [ エンニオ・モリコーネ ]価格:2700円(税込、送料込) 【在庫品】【送料無料】ヘイトフル・エイ...
ヘイトフル・エイト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(11) 序盤から伏線が散りばめられ最後に回収する手腕は見事!
『ヘイトフル・エイト(THE HATEFUL EIGHT)』クエンティン・タランティーノ監督、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、重要登場人物、オチなどに触れています。『ヘイトフル・エイト』THE HATEFUL EIGHT監督・脚本 : クエンティン・タランティーノ出演 : サミュエル・L・ジャクソンカート・ラ
ヘイトフル・エイト (あーうぃ だにぇっと)
ヘイトフル・エイト@アキバシアター
『ヘイトフル・エイト』 2016年2月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヘイトフル・エイト』 を鑑賞しました。 久しぶりな気もする六本木ヒルズであるが、続くときは続くので 明日はアカデミー賞のパブリックビューイングを見に行く予定です。 それでもって、同じスクリーンで同じ席になってしまった。 やっぱり好きな席はその辺なんだろ...
『ヘイトフル・エイト』 (こねたみっくす)
密室ミステリー要素ゼロ! これぞQT要素はたくさんあって面白いのに、見終わった後の満足度が低いのはなぜか。それは8人のクセ者だけではない、この映画も嘘つきだったからだ ...
ヘイトフル・エイト (心のままに映画の風景)
南北戦争後のワイオミング。 雪が降りしきる中、賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。 レッドロックを目指す一行は、途...
『ヘイトフル・エイト』 (時間の無駄と言わないで)
2時間48分もある。 起承が物凄〜く長い。 ストーリーが何処に向かっているのかよく判らないし、何も起きないし、ずっと話が前に進まない会話をしているし。 それがタランティーノ ...
「ヘイトフル・エイト8」タランティーノ☆極上爆音試写会 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
立川にあるシネシティ2で極上爆音試写会があるというので、ちょっと遠いけど出掛けてきたyo このモヤモヤした気分を、なんとか爆音で吹き飛ばさねばっ!!
ヘイトフル・エイト (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE HATEFUL EIGHT】 2016/02/27公開 アメリカ R18+ 168分監督:クエンティン・タランティーノ出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブル...
ヘイトフル・エイト/THE HATEFUL EIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
やっときました今年のわたしの一番のお楽しみ、タランティーノ最新作 アカデミー賞にて、助演女優賞、作曲賞、撮影賞ノミネート 仕事帰りに夜中に終わる最終にて無事初日に鑑賞してきた ハイ、今回も、期待裏ぎりません 舞台は南北戦争から約10年後...
ヘイトフル・エイト (Akira's VOICE)
憎み合いは不毛!  
ヘイトフル・エイト  監督/クエンティン・タランティーノ (西京極 紫の館)
【出演】  サミュエル・L・ジャクソン  カート・ラッセル  ジェニファー・ジェイソン・リー  ウォルトン・ゴギンズ  ティム・ロス 【ストーリー】 雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキスは、同じ稼業であるジョンと彼が捕らえたデイジーを乗せた駅馬車に同...
QT,No.8〜『ヘイトフル・エイト』 (真紅のthinkingdays)
 THE HATEFUL EIGHT  This is the eighth film by Quentin Tarantino.  南北戦争後、雪のワイオミング。賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル) は、1万ドルの賞金がかかった女ギャング、デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジ ェイソン・リ...
ヘイトフル・エイト (そーれりぽーと)
クエンティン・タランティーノのウェスタン・ミステリー群像劇『ヘイトフル・エイト』を観てきました。 ★★★★★ またまた濃い映画を撮ってくれて楽しませてくれました。 猛吹雪でロッジに閉じ込められた8人(と言いながら御者も入れると9人居るのでややこしい)を演...
ヘイトフル・エイト (映画好きパパの鑑賞日記)
 タランティーノ監督による閉ざされた雪山を舞台にした連続密室殺人、といっても相変わらず、饒舌でアクション満載の作品。3時間近い上映時間も苦になりませんでした。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:クエンティン・タランティーノ 出演:サミュエル・L・ジ...
『ヘイトフル・エイト』('16初鑑賞19・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 16:30の回を鑑賞。
ヘイトフル・エイト (♪HAVE A NICE DAY♪)
雪山の吹雪の中、洋品店で 密室事件が起きるミステリー〜〜 これは面白そう!! R18+だったから、ちょっと覚悟して観ました。 ん〜〜〜ちょっとやっぱりひぇ!っとなりましたね〜 血しぶき・・・暴力もあるし・・・これでもかってくらい ちょっと苦手ですが 「ほぉ〜....
「ヘイトフル・エイト」 (ここなつ映画レビュー)
クエンティン・タランティーノは近々にもう一作繋がれる面々の作品を作って、「繋がれし」三部作展開をすればいいと思う。「ジャンゴー繋がれし者ー」でもそうだったのだが、上映時間の長さに観る前は鑑賞を躊躇したものの、観終わった後には上映時間の長さを全く感じなか...
「ヘイトフル・エイト」:好きな人は好きなんでしょうが・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ヘイトフル・エイト』は、タランティーノらしさたっぷりの西部劇。だけど、序盤
ヘイトフル・エイト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヘイトフル・エイト』を渋谷シネクインで見てきました。 (1)タランティーノ監督の作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪をいただくワイオミングの山々が聳えていて、雪雲が横に大きくなり、鳥が群れをなして飛んでいます。  雪野原....
ヘイトフル・エイト THE HATEFUL EIGHT (まてぃの徒然映画+雑記)
クエンティン・タランティーノ監督の新作は『ジャンゴ 繋がれざる者』に続きウエスタン物。実は『ジャンゴ』の続編として企画されたんだそう。公開館が少ないからか、結構お客さんが入ってました。 南北戦争が終わって10年くらいか、ワイオミングの雪原を馬車で進む賞....
「ヘイトフル・エイト」 The Hateful Eight (2015 ワインスタイン・カンパニー) (事務職員へのこの1冊)
くそ、転勤もあって忙しくて映画館に行けてないぞ。だんだんいらついてくる。さあ休みだ映画だ何を見よう。これはもう、最初から決めてました。ミステリとタランティーノが好きな人間にとって「ヘイトフル・エイト」は絶対に見逃せない。なにしろ・雪の山荘における密室...
「ヘイトフルエイト」 (Con Gas, Sin Hielo)
丁寧な仕事、贅沢な時間。 上映時間が長い。このように書くと批判的に聞こえるが、そうではない。 ただ、表現として必要なものを残して削り取っても3時間近くになるほど、中身がぱんぱんに詰まった映画というわけでもない。 冒頭のワンカット。一見不可解な構図から....