パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ワンダーウーマンIMAX3D★★★・5

2017年08月27日 | アクション映画ーワ行
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクションに期待。

<感想>DC初の女性ヒーロー誕生。確か「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で衝撃的なデビューを飾った彼女が、ここでは、いかにして本物のヒーローへと覚醒したのかが語られる。
舞台は第一次世界大戦下、世界から隔絶した女性だけの島に生まれ育ったワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナが、ドイツ軍基地に乗り込んで敵を倒す姿は痛快そのものですから。

人間社会から隔離された島セミッシラで、戦士として特訓を受けていたダイアナ。ある日、彼女は毒ガス兵器の製造法が記されているノートを盗み、ドイツ軍に追われていたスティーブを海で救助する。

アマゾン族は島に上陸したドイツ軍と戦うことに。戦争の背後に軍神アレスの存在を感じたダイアナは、世界を救うためにスティーブと共に島を出る。アマゾン族が繰り出すアクロバティックな攻撃は、迫力十分でした。特にアマゾン族の軍隊を率いる女王の妹アンティオペの、ロビン・ライトの最強の戦士としてが凄かった。

ロンドンへ辿り着いたダイアナとスティーブは、彼が軍の上層部にドイツ軍の大量虐殺計画の阻止を訴えるも、休戦協定を優先とする政府は提案を却下する。ロンドンでのダイアナが洋服を買うために、「動きにくい」と226回もドレスを試着して、秘書のエッタを困らせる場面もある。

当時は女性は窮屈なコルセットを付けてドレスを着て、女性が政治に参加できない社会の風潮に疑問を抱くのだが、この当時はまだまだ、男尊女卑の世界ですからね。このブルーのドレスは、パーティ会場へ行く途中で、ある女性が着ていたのを貰ったもの。
そして、ホテルの回転ドアの通り方(ダイアナが持参している剣と盾が邪魔)に戸惑うダイアナ、でも、裏道でスティーブが襲われると、彼のボディガードのように活躍するダイアナにびっくりですから。

それじゃぁ、独断で敵と戦うことになったスティーブとダイアナ、しかし仲間ははみだし者ばかり。ダイアナは、裏でドイツ軍を操るアレスを倒せば戦争は終わると信じ込み、戦場へと向かうわけ。

ベルギーの前線でダイアナが観たのは、負傷した兵士や住む家を失った村人たち。「全ての人は救えない」と話すスティーブの言葉を無視して、ダイアナは一人ドイツ軍に立ち向かうのです。スティーブたちも彼女を援護し、小さな村を奪還し、一時の安らぎを得るも、ドイツ軍が毒ガス兵器を村に投下して、村人たちは死亡する。怒りに燃えるダイアナ、虐殺計画の首謀者ローデンドルフ総監こそが、軍神アレスだと確信するダイアナ、敵地へと一人で向かう。

ですが、毒ガスを積んだ戦闘機が、今にも飛び立とうとしているところへ、スティーブが乗り込んで飛行機を奪い自分がその飛行機で飛び立ち、飛行機が爆破して悲惨な死に方をする。

ダイアナが超人的な跳躍力で、敵のアジトに殴り込みをかけるシーンでは、スピード感あふれる攻撃で敵を一掃するわけ。ダイアナを演じたガドットは、次女を妊娠中で、ツワリに耐えながらアクションをこなし、妊娠5ケ月後での追加撮影では、CGでお腹のふくらみを隠すために緑の布を巻いて撮影したとそうです。

それに戦争の中、戦いを通して絆を深めてゆく米国軍人スティーブとの淡い恋も、ヒーローになるための重要なポイントなんですね。主人公のダイアナが初めて出会った男性(スティーブ)が入浴中の身体を凝視したり、コミカルな掛け合いも楽しいです。そして、彼が街角で買ってくれたアイスクリームの美味しさに感激したりと、笑いの要素も随所に散りばめて、暗くてシリアスなイメージが強かったDCUFに新たな風を吹き込んでいた。

とにかく強くて、綺麗でかっこいいと来てる。まさに完璧な美女戦士が彼女だが、ただそれだけでは、ここまで愛されることは決してなかっただろう。強さと美しさと、愛きょうまで感じさせる人間性がそろっている「これまでにないキャラクター」だからこそ、見る者に新鮮な驚きを与えてくれる

神々しくてりりしい! 戦車を軽く持ち上げるほどのスーパーパワー!圧倒的なスピードで戦場を駆け抜け、銃弾をはじき飛ばしたかと思ったら、華麗な剣さばきで群がる敵を完全一掃! 戦車まで投げ飛ばすほどのスーパーパワーを持つ彼女のことを、あのバットマンは「地球上で最強」と表している。剣と盾のアクションに加え、華麗なる投げ縄さばきも見よ!

ワンダーウーマンの武器」として、光り輝く縄のラッソー オブ トゥルース。そして、どんな攻撃も跳ね返す破壊不可能なブレッツ アンド ブレスレッツブレスレット。前作「ジャスティスの誕生」でもビルを吹き飛ばすほどの攻撃を

完全に防ぎきっているのだから。それに、「ティアラ」、ブーメランとして使用するだけではなく斬撃にも使用が可能。その威力はクリプト人の皮膚を切り裂くほど(今回は使用してません)。

ですが、この映画最大の見どころは、主人公「ワンダーウーマン」を演じた“ガル・ガドット”です。とにかく美しく、ミス・イスラエルに輝いただけあるスタイルの良さに「ワンダーウーマン」の衣装を着て違和感がありません。私生活でも2児の母親であり、美貌とたくましさ、そして母性を併せ持つ彼女は、まさにリアル・ワンダーウーマンでしょう。
2017年劇場鑑賞作品・・・192アクション・アドベンチャーランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 打ち上げ花火、下から見るか... | トップ | ビニー/信じる男★★★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーワ行」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ワンダーウーマン (ネタバレ映画館)
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
ワンダーウーマン (あーうぃ だにぇっと)
ワンダーウーマン@スペースFS汐留
『ワンダーウーマン』 2017年8月25日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ワンダーウーマン』 を鑑賞しました。 やっぱりガル・ガドット綺麗ではまり役だね 【ストーリー】  人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
ワンダーウーマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 遂にアメリカン・ドリームを手に入れたガル・ガドット。
劇場鑑賞「ワンダーウーマン」 (日々“是”精進! ver.F)
信じるは、愛の力… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250000/ 『ワンダーウーマン』オリジナル・サウンドトラック [ ルパート・グレグソン=ウィリ......
「ワンダーウーマン」 (或る日の出来事)
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。
『ワンダーウーマン』 (こねたみっくす)
やっぱり彼女の前ではどんな男も霞んでしまう。ただしスティーヴだけは…違った! マーベルに押されまくりのDCコミックに救世主現る!もはや男性ヒーローなんて、特にマザコンヒ......
ワンダーウーマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を......
ワンダーウーマン (風に吹かれて)
愛が女を覚醒させる 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman 監督: パティ・ジェンキンス  「モンスター」 ゼウスが創った女性だけが暮らす島に生ま
「ワンダーウーマン」 (ここなつ映画レビュー)
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっか......
『ワンダーウーマン』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
<DCフィルムズ>という日本独自の呼び名は一向に定着しないようなので、改めて<DCEU>と呼びますが、それの第三弾!「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」で鮮烈なデ......
「ワンダーウーマン」☆アクションの優雅さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣は......
ワンダーウーマン (だらだら無気力ブログ!)
ガル・ガドット、かっけー。
映画:ワンダーウーマン Wonder Woman DCコミックス物第三のスーパーキャラが登場!(なの...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。 というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。 「バットマン vs スーパーマ......
ワンダーウーマン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WONDER WOMAN】 2017/08/25公開 アメリカ 141分監督:パティ・ジェンキンス出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コ......
ワンダーウーマン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛で、世界を救う。 6月の米国公開時の絶賛の嵐も納得、これは期待に違わぬ面白さ。 「マン・オブ・スティール」から始まる、同一世界観のDCエクステンデット・ユニバース(DCEU)は......
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......
17-262「ワンダーウーマン」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
僕は今日を救う、君は世界を救え  女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育ったプリセンスのダイアナ。最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。  そんなある......
80『ワンダーウーマン』これがやりたかったのね! (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
女神の降臨!DCの逆襲! DCエクステンデッド・ユニバース3作目 『ワンダーウーマン』 ~あらすじ~ 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
80『ワンダーウーマン』これがやりたかったのね! (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
女神の降臨!DCの逆襲! DCエクステンデッド・ユニバース3作目 『ワンダーウーマン』 ~あらすじ~ 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
「ワンダーウーマン」Wonder Woman (2017 WB) (事務職員へのこの1冊)
とにかく、ほとんど何の事前情報もなしに観た。 もちろんDCコミックスの世界観のなかでのお話で、「ジャスティスの誕生」に登場した魅力的なワンダーウーマン(ガル・ガドット)......
タイトルデザイン_53 Greenhaus GFX『ワンダーウーマン(Wonder Woman)』パティ・ジェンキンス監督...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ワンダーウーマン』Wonder Woman監督 : パティ・ジェンキンス出演 : ガル・ガドットクリス・パインロビン・ライトコニー・ニールセンダニー・ヒューストンデヴィッド・シューリスエレ......
ワンダーウーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)......
「ワンダーウーマン」 (Con Gas, Sin Hielo)
結局最後はビーム合戦。 「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」で唯一の救いと言っても過言ではなかったワンダーウーマンの登場場面。 その彼女の誕生を描いた作品が......