パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ブラック・スキャンダル ★★★.5

2016年02月02日 | アクション映画ーハ行
ジョニー・デップが主演を務めた実録クライムドラマ。実在するアイリッシュ・マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが裏社会でのし上がっていく姿を追う。メガホンを取るのは、『ファーナス/訣別の朝』などのスコット・クーパー。『エクソダス:神と王』などのジョエル・エドガートン、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのベネディクト・カンバーバッチらが共演する。さまざまな思惑が渦を巻く人間模様に加え、圧倒的存在感を放ちながらホワイティを演じるジョニーにも目を奪われる。
あらすじ:1970年代、サウスボストン。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)に、FBI捜査官のジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)が接触を図ってくる。彼はFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとホワイティに持ち掛け、密約を交わすことに成功。両者の連携によってイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でホワイティは絶大な権力を持つようになる。

<感想>善と悪、追う者と追われる者。FBIと大物ギャング、利害の一致が生んだ大悪人とFBIの密約。1970年~90年代のボストンの裏社会を支配した男、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー。「ディパーテッド」でジャック・ニコルソンが演じたアイリッシュ・ギャングのボスのモデルにもなった実在の犯罪王である。

その伝説のギャング、ホワイティ・バルジャー役をジョニー・デップが渾身の役作りで成りきり、表情一つ変えることなく邪魔者を抹殺していく冷酷な男を、オールバック・スタイルにまとめたハゲズラメイクと、猛菌類さながらの鋭い目付き、残忍さを漂わせる低い声のトーンなど、とんでもなく怖いイメージで演じているのだ。あのオサマ・ビン・ラディンの次に名を連ねた史上最悪の犯罪者。ボストン南部の犯罪組織のトップにして、19人を殺害したばかりか、16年間も逃亡を続け、2011年にようやく逮捕された実在の人物であります。

FBIの情報屋という保険を掛けた上で、好き勝手に犯罪を繰り返す。イタリアン・マフィアと自動販売機の利権を巡り争っていたジミー。当初はFBIのコノリーの情報源となることを断るのだが、自分の身を守りイタリアン・マフイアを潰すため情報提供を約束する。ライバルの情報を密告して消し去る。

だが、FBIへの情報提供は、ジラせるだけジラす。ジミーは、FBIのコノリーが責任を問われて切羽詰まるまでイタリアン・マフイアの隠れ家を教えず、信頼を得ると同時に自分の価値を知らしめるわけ。
それに、情報提供だけでなく、コノリーらを金で抱き込んだジミーは、どっちの立場が上か叩き込むのだ。自分を軽く見るFBI捜査官や、夫とギャングの付き合いをよく思わないコノリーの妻に対して、彼は真の顔を覗かせて脅す。ジミーは文字どうりやりたい放題を繰り広げていた。

ですが、何の迷いもなく人を殺す残酷さを備えたジミーは、その一方で妻と息子、それに年老いた母親を愛し優しかった。妻が息子が熱があるのに病院へ連れて行かないし、アスピリンを過剰に飲ませすぎて死に追いやる妻を許せないのだ。母親とのポーカーでも、わざと負けてやる優しさなど。ジミーの妻役をあの「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソンが演じている。その他、FBIの捜査官にケヴィン・ベーコンや、コリー・ストールら男臭い顔ぶれが揃う。

だが、ジミーの性格は異常なまでに潔癖症で、子分が店でピーナッツボールに指を舐めながら指を突っ込み、殻が皿に散らばっているのを嫌い、その子分を殺す。1日に何度も手を洗ったりといった人間臭い癖も持っている。

実弟は上院議員で、ボストン政界を代表する大物政治家。ベネディクト・カンバーバッチが演じているが、兄とFBIのコノリーの間を取り持つこともある。

FBIのコノリーには、ジョエル・エドガートンが扮して、バルジャー兄弟と同じ地域で育ち、捜査の情報源として、ジミーと密約を交わすと、彼が暴走し殺人を重ねても、あくまで庇おうをする。ですが、コノリーよりも一枚上手なジミー、その極悪ぶりは背筋が凍りつくほどで、邪魔者は容赦なく殺して行く様には、ジョニーの怪演ぶりが恐怖を増幅させている。
本来なら相容れないはずの両者が、秘密裏に結託をして互いの利益のために動いているとしたら?・・・。悪が自由に罪を重ねて、捕まることすらないのだ。FBIがギャングのために罪を黙認し、ギャングは邪魔な同業者を密告してFBIの逮捕させる。

幼馴染であった2人は、あっという間に使える密告屋と結びつき、自分専属にすることでそのFBI捜査官は出世が約束されたも同然で、だからこそコナリーは喉から手がでるほどにジミーを取り込みたかったのだ。
コノリーの欲望とジミーの野心の融合によって、2人とも引き返せない悪の泥沼に落ちてゆくのだ。最後では、コノリーからのリークによって、ジミーは逃亡生活に入るわけだが、もはやどちらが密告屋か分からない立場の逆転劇も興味深いですね。
汚職の横行した当時のアメリカの病んだ空気感を、徹底的なリサーチの基に再現した、細部にこだわった演出と類まれなる映像センスにも、スコット・クーパー監督の手腕こそが、何よりも見事だと言わざるを得ない。

2016年劇場鑑賞作品・・・23映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CODE46 ★★★ | トップ | 残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ブラック・スキャンダル』 2016年1月22日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ブラック・スキャンダル』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、2日続けての よみうりホール でした。 でも、来月からよみうりホールは改修するらしく使えなくなるみたいです。 ますます、大きな試写会場が減りますね。 【ストーリー】  1970年代、サウスボストン。...
【映画】ブラック・スキャンダル (アリスのさすらい映画館)
ブラック・スキャンダル(2015)アメリカ原題:Black Mass監督:スコット・クーパー出演:ジョニー・デップ / ジョエル・エドガートン / ベネディクト・カンバーバッチ / ケヴィン・ベーコン/ ジェシー・プレモンス / ピーター・サ...
劇場鑑賞「ブラック・スキャンダル」 (日々“是”精進! ver.F)
生粋の犯罪者… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601310000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ブラック・スキャンダル [ ディック・レイア ]価格:1,209円(税込、送料込) PORSCHE DESIGN/ポルシェデザイ...
ブラック・スキャンダル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) ジョニー・デップの普通の人間役でやっとまともな
ブラック・スキャンダル (だらだら無気力ブログ!)
見応えはあったけど何となく思ってたのと違ってた。
ブラック・スキャンダル / Black Mass (勝手に映画評)
実話を下にした映画。FBI史上最悪の汚職事件を描いている。 ネタバレあり(?) アメリカの映画で、ギャングと警察(この作品では、FBIだけど)が癒着しているという話はよくある。そう言う設定の映画が数多く描かれるというのは、実際にそう言う事が少なからずあると言う....
「ブラック・スキャンダル」☆主人公は誰? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
久しぶりにジョニーの怪演が好評のようなので、楽しみにしていた作品。 たとえハゲでもカッコイイよ♪ というよりも、「パブリックエネミーズ」の時のような爽快なワル役でないかぎり、ジョニーに悪役はムリ! だっていい人が滲み出ちゃうよ、どうしても。
ブラック・スキャンダル<日本語吹替版> (そーれりぽーと)
2016年の一本目は正月旅行の機内上映で『ブラック・スキャンダル』を観てきました。 ★★★ 他に上映されていた映画の中で、観たかった映画は既に日本で上映されており、ジョニー・デップのキャスティングでこの映画を選んで観たもので、どんな内容なのかは全く知らず。 ...
ブラック・スキャンダル (こんな映画見ました~)
『ブラック・スキャンダル』---BLACK MASS---2015年(アメリカ)監督: スコット・クーパー出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン 、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン 、ジェシー・プレモンス 、ケヴィン・ベーコン 「パイレーツ・オブ・カリ....
『ブラック・スキャンダル』 (こねたみっくす)
ギャング、FBI、政治家。アメリカ史上最悪のスキャンダルのはずが、盛り上がらない。 明らかに予告編詐欺です。これはギャングとFBIと政治家が結託した黒い闇ではなく、FBIがギャン ...
ブラック・スキャンダル (風に吹かれて)
なぜこの道へ 公式サイト https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass 実話の映画化 原作: ブラック・スキャンダル (ディック・レイア, ジェラード・オニー
映画『ブラック・スキャンダル』 怖いわ (よくばりアンテナ)
これはジョニーデップの怖すぎる演技を堪能するための映画です。 史上最強の悪党・ジェームズ”ホワイティ”バルジャーの実話。 ギャングのジミー(ジョニー・デップ)と 弟で政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッジ)と FBI捜査官のジョン(ジョエル・...
ブラック・スキャンダル/BLACK MASS (我想一個人映画美的女人blog)
ジョニー・デップがFBIの最重要指名手配犯となった実在する伝説のギャング、 ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じた実録犯罪ドラマ。  この人。 ケヴィンが出てるので早速鑑賞。 マフィアの話なにげに好きだし実在の犯罪者の話だし...
【cinema】『ブラック・スキャンダル』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
2016.01.25 『ブラック・スキャンダル』試写会@ワーナー・ブラザース試写室 Yahoo!で当選。いつもありがとうございます大好きなベネディクト・カンバーバッチと、大好きだったジョニー・デップ共演ということで、とっても見たかった作品。最近のジョニデ作品のトホホ....
ブラック・スキャンダル  (心のままに映画の風景)
1970年代、サウスボストン。 アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)は、イタリア系マフィアと激しい抗争を繰り広げていた。 一方、弟のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)は、州の有力政...
ブラック・スキャンダル  監督/スコット・クーパー (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  ジョエル・エドガートン  ロリー・コクレイン  ベネディクト・カンバーバッチ  【ストーリー】 1970年代、サウスボストン。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーに、FBI捜査官の...
ブラック・スキャンダル (あーうぃ だにぇっと)
ブラック・スキャンダル@ワーナーブラザース映画試写室
「ブラック・スキャンダル」 (ここなつ映画レビュー)
地縁・血縁とはかように濃いものなのか。アメリカで1975年~1990年代にかけて実際にあった物語。南ボストンの「サウシー」で生まれ育った3人が…一組の兄弟とその弟の友人とが…、兄は裏社会のボス、弟は議員、弟の友人はFBI局員へと成長し、綾なす関係性の中で生きて...
ブラック・スキャンダル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BLACK MASS】 2016/01/30公開 アメリカ R15+ 123分監督:スコット・クーパー出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス、ケヴィン・ベーコン、ピーター・サースガード、ダコタ・ジョン....
「ブラック・スキャンダル」@新宿明治安田生命ホール (新・辛口映画館)
 ブラモさん主催の試写会に参加した。客入りは8~9割位。
ハゲ面でもキャージョニーだったよ。(*^_^*)・・・・・怖かったけどね。~「ブラック・スキャンダル」~ (ペパーミントの魔術師)
仲良しが全く別々の職業について、誰かが誰かを助けるってのは 「スリーパーズ」だったかな?昔みたことがあって、 勝手ながらそういうのを想像して見に行ったんですが。 あちゃ~やっぱりブラックな話でしたね。 これが伊坂幸太郎×中村監督だったら最後までジョニデ...
ハゲ面でもキャージョニーだったよ。(*^_^*)・・・・・怖かったけどね。~「ブラック・スキャンダル」~ (ペパーミントの魔術師)
仲良しが全く別々の職業について、誰かが誰かを助けるってのは 「スリーパーズ」だったかな?昔みたことがあって、 勝手ながらそういうのを想像して見に行ったんですが。 あちゃ~やっぱりブラックな話でしたね。 これが伊坂幸太郎×中村監督だったら最後までジョニデ...
映画「ブラック・スキャンダル」 (FREE TIME)
映画「ブラック・スキャンダル」を鑑賞しました。
ブラック・スキャンダル (♪HAVE A NICE DAY♪)
マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーにジョニー 弟・ビリー議員がベネディクト・カンバーバッチ 幼馴染のジョン・コノリーFBI捜査官がジョエル・エドガートン カンバーバッチが弟なんだけど 驚いた事に二人に間には、特別仲がいいって訳でもない...
ブラック・スキャンダル (映画好きパパの鑑賞日記)
 ジョニー・デップがハゲメイクして、アメリカ犯罪史上に残る凶悪ギャングになりきった作品。派手なアクションはない地味目の作風でしたが、世の中の裏ってこんなふうになってるんだろうなと思わせてくれました。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:スコット・クー...
ブラック・スキャンダル (セレンディピティ ダイアリー)
ジョニー・デップ主演の実話に基づく犯罪ドラマ、「ブラック・スキャンダル」(Bla
ブラック・スキャンダル (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スキャンダル』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ジョニー・デップの久しぶりの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、米国麻薬取締局(DEA)のオルセンがウィークス〔バルジャー(ジョニー・デップ)の部下だった男:ジェ....
ブラック・スキャンダル (とりあえず、コメントです)
実話をもとにギャングのボスとFBI捜査官との史上最悪の汚職事件を描いたサスペンスです。 予告編を観て、ジョニー・デップが怖そうだなあと気になっていました。 人を恐怖と策略で服従させていく主人公の生き様に、予想以上に迫力のある怖さを感じる作品でした。
FBIとギャングの密約の果て・・・ (笑う社会人の生活)
30日のことですが、映画「ブラック・スキャンダル」を鑑賞しました。 1970年代、サウス・ボストン FBIのコナリーはアイルランド系マフィアのボス ホワイティに手を組みイタリア系マフィアを排除しようと持ちかける。 両者の連携によりイタリア系マフィアの勢力は弱まる....