パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★

2014年12月14日 | アクション映画ーハ行
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた竜の怪物や最大の敵サウロンとの死闘を繰り広げるさまを描く。イアン・マッケランやマーティン・フリーマン、オーランド・ブルームなど豪華キャストが再集結。壮大な世界観やクリーチャーなどのビジュアル、最後を締めくくる大スケールのバトルは必見。
あらすじ:ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。

<感想>龍に奪われた王国を取り戻す、長く厳しい冒険が最終局面を迎える。ドワーフたちの旅も「LOTR」同様に、ホビット庄からスタートした小さな英雄ビルボ・バギンスと13人のドワーフによる、ドワーフの祖国を取り戻す冒険は、巨大な竜や冥王サウロンの復活によって信じがたい大決戦に突入する。
映画史上でも最高レベルの製作費がかけられた本シリーズ。本作には、類をみない大スケールのバトルに期待が高まります。

途中で「LOTR」に登場したあの懐かしい場所をいくつか通り抜けて、旅は続きます。エルフの王エルロンドの住む裂け谷、霧ふり山脈など、まるでかつて旅したことのある場所を訪れたような感慨深い想いが込み上げる。中つ国、そしてあの“指輪”の運命を巡っては悲劇を迎えるキャラクターもいるうえ、仲間との絆や裏切り、自己犠牲のドラマに感涙も必至ですね。
これも「LOTR」に続く本シリーズの醍醐味だろう。

邪悪な竜スマウグと対面したエルポールでは、内部に入ったビルボが秘宝の番人・竜のスマウグを目覚めさせてしまう。宝を奪還しに来たことに憤慨した竜は人間の街へと、・・・。そこで壮絶なバトルが展開される。竜・スマウグVS.バルドの決戦が最初の見せ場になっています。家族のため子供たちのために、あの「ドラキュラZERO」で活躍したルーク・エヴァンスが、弓の達人で炎で街が全焼する中、スマウグをドワーフの大弓の矢で射る瞬間もお見逃しなく。

それに、旅の途中で怪しい存在をちらつかせた死人占い師ネクロマンサーは、前作でサウロンだと発覚する。冥王の復活によって、中つ国の危機が高まり、その緊迫感が各キャラをドラマチックな運命へ導いてしまうのだ。

やはり、この映画での一番のクライマックスは、かつてない強大な軍を率いるサウロンに、これまで対立していたドワーフの王トーリンが、はなれ山で取り戻した財宝の山を見て欲を出し、邪悪な心が露わになってしまう。どうみても勝ち目のない戦いなのだが、灰色の魔法使いガンダルフや、森のラダガストが大鷲を引き連れて戦い、エルフ族、人間が集結して総力戦に挑むシーンが最高の見せ場です。

適うはずもない敵の冥王サウロン軍のオーク(モンスター)とワーグ(狼)に、ゴブリン軍にトロールまでもが、対して、エルフ族の王、スランドゥイルと王子レゴラス、そして美女戦士のタウリエルと金ぴか鎧軍団に、ドワーフ族の親戚の助っ人たち。

そして、人間のバルドと民間人である。なんと、同じ最終章とはいえ「王の帰還」とは違って、もっと骨太で容赦のない残忍な戦いであります。オークが繰り出す岩穴から出てくる大ミミズとはなんぞや?・・・。

それに、エルフの美女戦士のタウリエルと、ドワーフ族のキーリの種族を超えた恋のゆくえも気になりますよね。ロマンスの結果は、戦いでキーリが戦死という可哀相なことになってしまいます。中でも彼女に恋をしていた、エルフ族のレドラス王子を演じたオーランド・ブルーム。彼の魅力が最大に発揮されて、「LOTR」でイケメン王子で弓の使い手として、名を轟かせたことは有名である。

そして主人公のビルボは、ドワーフとエルフ&人間の手を組ませるべく、黄金の中から見つけたドワーフの財宝“白い宝石・アーケン石”を利用して、ドワーフ王トーリンを説得するのです。あの、スマウグが目を覚まして大きな目をぎらつかせるシーン。指輪を使って姿を消して逃げる時に、アーケン石を見つけてポケットにしまうんですよね。
やはり完結編である今作では、「ロード~」へと物語をつなぐ最後のピースでもあります。ですから、邪悪な冥王サウロンとどう戦い、オークの大群を従わせて中つ国を制圧するのか、ビルボたちがどうやって立ち向かうのかが、そして、「LOTR」へと物語を紡いでいくのかも見どころの一つでもあります。
ホビット 思いがけない冒険ホビット竜に奪われた王国
2014年劇場鑑賞作品・・・365 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーン・ガール ★★★.5 | トップ | アオハライド ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」 (日々“是”精進! ver.F)
旅が、終わる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412130000/ 送料無料!!【予約要確認】【CD】映画 ホビット 決戦のゆくえ オリジナル・サウンドトラック/サ...価格:3,240円(税込、送料込)
ホビット決戦のゆくえ (Break Time)
今日は、冷え込みましたが・・・
『 ホビット 決戦のゆくえ 』愛だけが真実のものだから (映画@見取り八段)
ホビット 決戦のゆくえ~ THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES ~     監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、ルーク・エヴァンス、エイダン・タ...
『ホビット -決戦のゆくえ-』 2014年12月3日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ホビット -決戦のゆくえ-』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 マスコミ向けも込みの試写会だったのでプレスもらえると思ったが甘かった。 最後くらいは振舞って欲しいものだ(笑) 【ストーリー】  ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・...
ホビット 決戦のゆくえ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) こういうファンタジー・アドベンチャーは
『ホビット 決戦のゆくえ』 (こねたみっくす)
旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ...
物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』 (水曜日のシネマ日記)
『ホビット』3部作の最終章です。
ホビット 決戦のゆくえ (だらだら無気力ブログ!)
結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。
ホビット 決戦のゆくえ (試写会) (風に吹かれて)
金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ
ホビット 決戦のゆくえ/イアン・マッケラン (カノンな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚でフロドの父ビルボと仲間たちの冒険の旅を描くホビットシリーズの第3章完結編です。この長編大作もついに終わってしまうんですね。前作『ホ ...
ホビット 決戦のゆくえ (そーれりぽーと)
遂に最終回! 『ロード・オブ・ザ・リング』に続く、前日譚『ホビット』映画三部作のラスト『ホビット 決戦のゆくえ』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ 怒りに震えるドラゴンがエスガロスの街を急襲する前作のラストシーンに直接繋がって始まる本作は、最初から...
『ホビット 決戦のゆくえ』 (2014) (相木悟の映画評)
名作ファンタジーの前日譚、感無量の完結編! 壮大なシリーズの幕引きと前シリーズへのブリッジという意味では、文句のない豪勢な一本ではあるのだが…。 J・R・R・トールキン著のファンタジー小説の古典の映画化として、歴史に残る傑作となった『ロード・オブ・ザ・リ...
映画「ホビット 決戦のゆくえ(3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ビルボの冒険が終わる サウロンが復活を遂げ、世界が最後の光を失い始める予兆の中で。 壮大な「指輪物語」の前日譚という事で、軽く見られる傾向があるけれど、私はビルボと彼と出会う人々(正確には人でない者も多いのですが)の物語が好きです。トールキンに...
『ホビット/決戦のゆくえ』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
映画版『ホビット』、ここに完結。そして物語は『ロード・オブ・ザ・リング』へ――。色々な意味で感慨深いですね。先ずは映画化が頓挫せず、無事ゴールまでたどり着いたことを。もし全てが順調に行っていたならば、もう5年くらい早くこの日が迎えられていたかも知れませ...
イケメン特盛祭りの最終章(ヾ(・∀・;)オイオイ~「ホビット 決戦のゆくえ」~ (ペパーミントの魔術師)
正直一番怖かったのはケイト・ブランシェットがやってたガラドリエルだったと思うんだが いかが? 北斗晶がネッシーを一括して「かよわいのよ」って言うてるCMあるじゃないですか あれとおんなじくらいビフォーアフターが違うんで ほんまに同一人物かってくらい顔かわっ...
映画「ホビット 決戦のゆくえ」 (FREE TIME)
映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞しました。
「ホビット 決戦のゆくえ」 (或る日の出来事)
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。
ホビット 決戦のゆくえ (心のままに映画の風景)
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、“湖の町”のバルド(ルーク・エヴァンス)が竜のスマウグ(声ベネディクト・カンバーバッチ)を倒したこと...
ホビット 決戦のゆくえ (Akira's VOICE)
戦うしかないのであります!  
ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス 【ストーリー】 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリン...
ホビット 決戦のゆくえ (もののはじめblog)
ことし映画55本目に、「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章を観た。 邪龍スマウグは、怒りに燃え町を襲う・・・。 3Dは疲れるので、2Dで観たクライマックスの戦闘シーンは、一同が恰好よく暴れまわる。すごいシーンをよく撮るも...
ホビット 決戦のゆくえ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
時の輪が、遂に閉じる。 2001年の「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」以来、J・R・R・トールキンが創造した“中つ国”を舞台に、13年に渡って繰り広げられた壮大な冒険譚がいよいよ完結。 本来、「ホビットの冒険」「指輪物語」の順に書かれた原作は、映画化にあた...
No.468 ホビット 決戦のゆくえ (気ままな映画生活)
J・R・R・トールキンの名作小説を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章。ビルボ・バギンズ、トーリン・オーケンシールドら旅の一行は ...
『ホビット 決戦のゆくえ』 (beatitude)
はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な...
「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armies (2014 WB) (事務職員へのこの1冊)
前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。指輪が象徴するものって、葉っぱ系?(笑)原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志です...
ホビット~決戦のゆくえ 渋谷の映画館で見てきました!面白かった!  (50代ベテランママの節約と稼ぎ方(100万円稼ぎ突破中))
ホビット~決戦のゆくえ 渋谷の映画館で見てきました!面白かった! 2014年は、少ししか映画館に行かなかったので、今年はもう少し、見てきたいな~って思ってます  2015 ...
ホビット~決戦のゆくえ 渋谷の映画館で見てきました!面白かった!  (50代ベテランママの節約と稼ぎ方(100万円稼ぎ突破中))
ホビット~決戦のゆくえ 渋谷の映画館で見てきました!面白かった! 2014年は、少ししか映画館に行かなかったので、今年はもう少し、見てきたいな~って思ってます  2015 ...
「ホビット 決戦のゆくえ」 竜の病 (はらやんの映画徒然草)
ピーター・ジャクソンの「ホビット」3部作の完結編です。 前作ではビルボやドワーフ
ホビット 決戦のゆくえ (迷宮映画館)
ここはきちんと決まりをつける。大納得。
ホビット 決戦のゆくえ (いやいやえん)
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦い...
ホビット 決戦のゆくえ (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 2014年 アメリカ/ニュージーランド 144分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/12/13) 監督: ピーター・ジャクソン 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン 脚本: ピータ...
映画評「ホビット 決戦のゆくえ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ=ニュージーランド合作映画 監督ピーター・ジャクスン ネタバレあり