パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ジェイソン・ボーン ★★★★

2016年10月09日 | アクション映画ーサ行
マット・デイモンが記憶を失った最強の暗殺者“ジェイソン・ボーン”を演じる大ヒット・シリーズの第5弾にして、マット・デイモンが第3弾「ボーン・アルティメイタム」以来のシリーズ復帰を果たしたサスペンス・アクション。共演はアリシア・ヴィカンダー、トミー・リー・ジョーンズ、ヴァンサン・カッセル。監督もマット・デイモンと同じくシリーズ復帰となったポール・グリーングラス。
あらすじ:全ての記憶を取り戻したジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が消息を絶ってから何年もの月日が経ったある日、元同僚のニッキー(ジュリア・スタイルズ)はギリシャに潜伏している彼との接触を試みる。ニッキーはハッカーグループと手を組み、CIAのサーバーから極秘情報を盗み出していた。その中には“トレッドストーン計画”の全貌とそれに関わったボーンの父親の情報も含まれていた。しかしCIA長官のデューイ(トミー・リー・ジョーンズ)はニッキーの足取りを追跡し、ギリシャに凄腕暗殺者アセットを送り込む。そんな中、野心を秘めたCAIの若手エージェント、ヘザー・リー(アリシア・ヴィキャンデル)は、強引なデューイとは距離を置き、ボーンを再びCIAに引き戻そうと画策するのだったが…。

<感想>マット・デイモン主演の“ジェイソン・ボーン”シリーズ「ボーン・アルティメイタム」(07)から9年、ポール・グリーングラス監督とデイモンの名タッグが第2作、第3作に続いて復活します。記憶を失ったCIA工作員ジェイソン・ボーンの物語は、シリーズ3作目で決着がついたかに思われたのに。しかしながら、まだ彼が取り戻していない記憶があったのだ。それは、CIA分析官だった父親の死に関する謎である。

本作ではボーンを工作員に仕立てたCIAのトレッドストーン計画に、彼の父親が関わっていたことが発覚する。計画の機密に触れたボーンは、恐ろしい極秘計画を進めるCIAと彼に恨みを持つ殺し屋との命がけの攻防戦を繰り広げるのがこの映画の内容であります。
さすがにマット・デイモンも40代半ばであり、役作りのために鍛え上げた体を作り上げたというから、冒頭でのギリシャの辺境で地下格闘技みたいなことをやってるのが観られますから。

それに、ギリシャ、ベルリン、ラスベガスといった、今回のアクションもまた長帳場で、大勢の群衆がいる観光地が舞台で、臨場感たっぷりのカーチェイスがあって、手持ちカメラの映像で、やたらカット数が多いということ。だからこそ、ボーンのルーツに切り込んだスピーディなアクションと、P・O・V・の手法を用いた臨場感はさすがでした。

ですが、難を言えば手ぶれカメラによる画面の揺れが余りにも凄くて酔ってしまった。これでは折角のアクションシーンでの、主人公のマット・デイモンの姿を追いかけ、尚のことジュリア・スタイルズのニッキーを目で追い、それから殺し屋のヴァンサン・カッセルを追うという、スクリーンを見つめていると、目が老いたのか付いていけずに酔ってしまった。
これをIMAXで鑑賞した娘も、目を白黒させて酔ってしまったと言っていた。それで、2Dにて鑑賞したものの、この監督のパラレル編集手法なのか、画面が変わる度に揺れが酷いのだ。
とは言え、「ボーン・アイデンティティー」(02)では自分がCIAの殺し屋だったことを知り、「ボーン・スプレマシー」(04)では、トレッドストーン計画の黒幕を追い詰める。そして、「ボーン・アルティメイタム」(07)で、“ボーン”誕生の秘密に迫る。ここでは、自分が工作員になった経緯を調べるうちに、CIAが邪魔者を自由に排除する“ブラックブライアー計画”に行き当たる。彼は計画の密告者と接触するが、CIAから襲撃されてしまう。

そして、CIAの新たな長官として、トミー・リー・ジョーンズが扮しており、CIAがネットワークを完全に監視するプロジェクトを計画。父親の死因を追う中でこの計画の機密情報に触れたボーンを消そうと躍起になる長官。

CIA長官が送る刺客は、世界で闇の任務を行うブラックブライアー計画に参加していた殺し屋で、白髪雑じりで老人になったという感じがするでもないが、ヴァンサン・カッセルが扮して得意のスパイナーとしての腕を披露するなど、ボーンが計画を暴露したため敵に捕まった過去があり、ボーンを憎んでいるらしく、二人の一騎打ちは格闘技もあり見応えがあった。しかし、ベガスでのカーチェイスでの、軍の装甲車に乗って車を何台も壊して走行するのには、ゲンナリしてしまった。

だが、時代の電脳ネットワーク化と歩調を合わせているのは、主にCIA本部の作戦コントロールの側であり、ボーン自身はむしろそんな時代の態勢に背を向けているのだ。彼はCIAの電脳インテリジェンスに対して、徒手空拳の諜報員のインテリジェンスで立ち向かうのだ。街に溢れる手元のスマホに没頭した人々とはおよそ対照的に、ボーンは常に上下左右に目を配り、辺りに注意を怠らない。システムの末端から自分を切り離して、ただ一人自由にゲームメイクをしている。
そして、プリペイドの端末とか小型の録音機とか、オモチャのようなガジェットをくすねては思いがけない使用法で、CIAの水も漏らさぬ監視網をかいくぐりぬけ、裏をかいて、いつの間にか彼らを見下ろす超越者の立場へとなっているのだ。

今回は、もう一人CIAの作戦担当の女性局員で、ボーンといわばネットワーク越しに激しいせめぎ合いを演じる敵役のヘザーに、「リリーのすべて」「U.N.C.L.E.」「エクス・マキナ」のアリシア・ヴィカンダーが演じていて、ラストシーンでついにボーンと同じ空間に立って初めて向かい会う。まさしくパラレル編集であり、ボーンにCIAに戻って来いと言い、味方のような振る舞いをする。

今回のCIAの陰謀だって、ハイテク企業のCEOを脅して最新ソフトに手を加え、全世界の人々の個人情報を監視しようというもの。CIAというかアメリカの倫理とは、「危険な存在は何時自分たちに害を及ぼすか分からない。だから攻撃をして壊滅するのだ」というものだから。ボーン自身は静かに暮らしたいだけなのに、いつもCIAの内部事情に引っ張られる形で戦わざるを得なくなるのだろう。

2016年劇場鑑賞作品・・・211映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界一キライなあなたに ★★★ | トップ | グッドモーニングショー ★★★... »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

ジェイソン・ボーン (あーうぃ だにぇっと)
ジェイソン・ボーン@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
ジェイソン・ボーン (Akira's VOICE)
目標、見失いました!  
ジェイソン・ボーン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 名匠ポール・グリーングラスだから当然期待値上がってしまう。
ジェイソン・ボーン (試写会) (風に吹かれて)
CIA vs ボーン 公式サイト http://bourne.jp10月7日公開 監督: ポール・グリーングラス  「ボーン・アルティメイタム」 「グリーン・ゾーン」 「キャプテン・フィリップス......
映画:ジェイソン・ボーン Jason Bourne あの男が完全復活。だけでなく 共演陣・カースタン...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
一旦引いたはずの マット・ディモン が復活。 当ブログの感覚では… このシリーズは名門老舗シリーズ 007の方向性を歪めるほどの影響力を発したと考えている。 結果 下手...
ジェイソン・ボーン / Jason Bourne (勝手に映画評)
ジェイソン・ボーンが帰ってきました! 前作『ボーン・レガシー』は、“ボーン”の名が付くものの、ジェイソン・ボーンは出てこず、ジェイソン・ボーン外伝の様なものだったので......
硬派なスマートさは健在!『ジェイソン・ボーン 』 (水曜日のシネマ日記)
記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンのシリーズ最新作です。
ジェイソン・ボーン (だらだら無気力ブログ!)
期待通りの面白さ。
『ジェイソン・ボーン』 2016年8月18日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ジェイソン・ボーン』 をジャパン・プレミアで鑑賞しました。 チケットは買えなかったんですが、運よく2枚獲った方に1枚譲ってもらえました。 マット・デイモンの舞台挨拶があ......
映画「ジェイソン・ボーン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ジェイソン・ボーン(字幕版)』(公式)を 10/7 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストー......
『ジェイソン・ボーン』 (時間の無駄と言わないで)
普通に良く出来たアクション映画でした。 アクションにもキャストもお金のかかった豪華な作りだし。 とはいえ、その後のアクション映画に影響を与えちゃうようなエポックな要素......
ジェイソン・ボーン (ただの映画好き日記)
ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーンの前に、CIAの同僚だったニッキーが姿を現す。
「ジェイソン・ボーン」を観てきました♪ (森の中の一本の木)
このブログは2006年から始めたので、これの前作である 「ボーン・アルティメイタム」の感想は書いてありました。 ←リンクしています。 ボーンシリーズは本当にかっこ良い...
『ジェイソン・ボーン』 (こねたみっくす)
ストーリーはシンプル、映像は複雑。だから見終わる前から疲れる疲れる。 元々ストーリーに伏線があってないようなシリーズだったとはいえ、ここまで編集過多になってしまうと、 ......
ジェイソン・ボーン (こんな映画見ました~)
『ジェイソン・ボーン』---JASON BOURNE---2016年(アメリカ)監督:ポール・グリーングラス出演: マット・デイモン 、ジュリア・スタイルズ 、アリシア・ヴィカンダー 、ヴァンサン・カ......
ジェイソン・ボーン (そーれりぽーと)
まさかのジェイソン・ボーン復活。 そして、タイトルも『ジェイソン・ボーン』を観てきました。 ★★★ 『ボーン・アイデンティティ』、『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・ア......
「ジェイソン・ボーン」☆ジェイソン・boring (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ボーンシリーズは大好きなので、待ち望んでいたしとっても楽しみにしていた作品。 007のアクションが派手になっていったのも、街中を縦横無尽に走り回るこのボーンシリーズが......
ジェイソン・ボーン (みすずりんりん放送局)
 『ジェイソン・ボーン』を観た。  【あらすじ】  ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)......
ジェイソン・ボーン (みすずりんりん放送局)
 『ジェイソン・ボーン』を観た。  【あらすじ】  ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)......
ジェイソン・ボーン (映画好きパパの鑑賞日記)
 マット・デイモンが人気シリーズに9年ぶりに復帰。カーアクションは相変わらず見事だけど、ボーンがあまりにも超人すぎるのと、相手の配役がクエスチョンで、ちょっと微妙な感......
ジェイソン・ボーン (セレンディピティ ダイアリー)
マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督のスパイアクション、「ボーン」シ
ジェイソン・ボーン (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:アクション映画全般     「ジェイソン・ボーン」 原題:Jason Bourne 監督:ポール・グリーングラス 2016年 アメリカ映画 123分 キャスト:......
ジェイソン・ボーン (花ごよみ)
主演はマット・デイモン。 記憶を取り戻した ジェイソン・ボーンの孤独な戦い。 監督はポール・グリーングラス。 トミー・リー・ジョーンズ、 アリシア・ヴィキャンデル、 ヴァン......
ジェイソン・ボーン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JASON BOURNE】 2016/10/07公開 アメリカ 123分監督:ポール・グリーングラス出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィカンダー、ヴァンサン・カッセル、トミー・......
『Jason Bourne』 ジェイソン・ボーン (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
しばらくブログサボっていたのはこの映画のためと言っても過言ではなく、(言い訳?) 3週間前からチケットを買って楽しみにしておりました。前作から9年 (ジェレミーレナーの分はな......
『高慢と偏見とゾンビ』『少女』『ジェイソン・ボーン』『貞子vs伽椰子』をまとめてレビ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
トーホーシネマズデー+1(山本美月繋がりで巻き込み)をまとめて駆け足で。 ◆『高慢と偏見とゾンビ』トーホーシネマズシャンテ1 ▲「キッコーマンとハイネケンとゾンビ」 ......
ジェイソン・ボーン (もののはじめblog)
記憶を失い、愛する者を奪われた孤高の暗殺者ジェイソン・ボーンの戦いを描いた人気シリーズは、2002年の「ボーン・アイデンティティー」でスタート。 2作目「ボーン・スプレマシー......
「ジェイソン・ボーン」JASON BOURNE(2016 ユニバーサル) (事務職員へのこの1冊)
ボーン三部作(だから彼が出ない「ボーン・レガシー」はわたしのなかではなかったことになっています)にはひたすら熱狂した。スパイ映画の、そしてアクション映画のレベルを確......
ジェイソン・ボーン(Jason Bourne) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 マット・デイモンが、記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する人気アクションサスペンスのシリーズ第5作。「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー......
映画「ジェイソン・ボーン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/10/8、109シネマズ木場。 8番スクリーン。 C列を選択。 * マット・デーモン、トミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ビカンダー、 バンサン・カッスル、ジュリア......
ジェイソン・ボーン (銀幕大帝α)
JASON BOURNE 2016年 アメリカ 123分 アクション/サスペンス 劇場公開(2016/10/07) 監督: ポール・グリーングラス 『キャプテン・フィリップス』 製作: フランク・マーシャル ......
独断的映画感想文:ジェイソン・ボーン (なんか飲みたい)
日記:2017年8月某日 映画「ジェイソン・ボーン」を見る. 2016年.監督:ポール・グリーングラス. 出演:マット・デイモン(ジェイソン・ボーン),トミー・リー・ジョーンズ(ロバード......