パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ライフ ★★★★

2017年07月12日 | アクション映画ーラ行
『デンジャラス・ラン』『チャイルド44 森に消えた子供たち』などのダニエル・エスピノーサがメガホンを取ったSFスリラー。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を追う。『ナイトクローラー』などのジェイク・ギレンホール、エスピノーサ監督作『デンジャラス・ラン』にも出演したライアン・レイノルズ、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などのレベッカ・ファーガソンらが出演。宇宙船内での手に汗握る展開に息をのむ。

あらすじ:世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。
<感想>宇宙環境でさまざまな観測や実験を行なうため、日本を含む世界各国が共同で運用している国際宇宙ステーション(ISS)。本作ではその実在する巨大研究施設を舞台に、科学の歴史上はじめて地球外生命体を発見した宇宙飛行士6人が、想像を絶する悪夢に見舞われていくSFホラーになっていた。

実際にISSで働く宇宙飛行士たちが国際色豊かであることを反映し、アメリカ人、ロシア人、イギリス人などの多国籍キャストが集結している。主人公のジェイク・ギレンホール、すぐに死んでしまうライアン・レイノルズ、黒人のアリヨン・バカレに、日本からはクルー最年長のシステム・エンジニアとして、ムラカミ役で真田広之が登場し、妻のお産でその出産シーンを衛星テレビで映すシーンもあります。あいにく、真田さんはカルビンと名前が付けられた未知の生命体に襲われて死亡ということに。

無人探査機が火星で採取した土壌から見つかったアメーバー状の微生物が驚くべき成長と変化を遂げて行く過程を映像化。やがて人類を敵とみなした未知の生命体と、その凄まじい暴走を阻止しようとする宇宙飛行士たちとの攻防が、息が詰まるようなスリルたっぷりで展開します。

つまり、その小さな火星の未知な生命体を可愛いなんて言って、アリヨン・バカレがゴム手袋をして触っている。油断大敵であり、そのカルビンは知能を持っておりアリヨンの右手に絡みつき絞りあげて筋肉、骨を破壊してしまう力を持っていた。その次の捕食される乗組員は、ライアン・レイノルズで口から体内に入り込み内臓を破壊するなど凶暴化・巨大化していく。それは背筋も凍るほどのショッキングさですから。

そして、密閉されたラボの外へと逃げだしていく。ここまでくると、もう「エイリアン」と同じだなんて思ってしまう。そしてISSの燃料が欠乏し、ISSは地球へと近づいていくというわけ。

宇宙飛行士たちが過ごすISS内部の居住設備や事件スペース、複雑に入り組んだ通路などを大掛かりなセットで再現し、さらには、ISS内の無重力状態をリアルに映像化して、その巨大な密室の浮遊感や臨場感がひしひしと伝わってくるのも凄い。まるでその場にいるような体感をするからだ。

生命体の凶暴性を目の当たりにしたクルーは、この緊急事態を地上の管制塔へ報告しようとするが、通信システムが故障して、底知れぬ本能をむき出しにした生命体は、人間をエサにするかのように、一人また一人と乗組員たちを葬っていく。これは、乗組員たちの弱さ、未知なる生命体に対する武器とか毒液とか、戦うための戦略がまったくないということが命取りになったということ。

細胞分裂を繰り返して成長し、まるでヒトデ型の透明な生命体は、ブヨブヨした伸縮自在で、ゴムのようだ。それが電気ショックを受けた途端に暴走。その未知なる生命体は、すべての細胞に脳や筋肉や眼などの機能を備え、あらゆる環境への順応に優れているカルビンこと、火星の生命体も、機能性を極めすぎて誰も観たことのないエイリアンの誕生という、恐怖感も倍増してしまった。

ISSがコントロール不能に陥り、崩壊へと向かうクライマックスも目が離せません。何しろ、いっさい音を立てないで静かに獲物狩る姿に、音響がオドロオドロしくない無音に近い。

そして、ラストのトラウマ級のエンディングです。2つの脱出ポットがあると、ミランダを地球へ帰してあげよう。ジェイク・ギレンホールが、「自分はカルビンと一緒に宇宙の果てまで飛んでいくよ」なんて言っていたのに、火星の生命体“カルビン”は実に頭が良くて、ジェイクを操り地球まで操縦させていたのですね。このジャンルの名作「エイリアン」を連想させる内容ですが、より現実味を重視した設定や作風が、決して絵空事ではない恐怖を醸し出しているのが良かった。
2017年劇場鑑賞作品・・・157映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ★★★ | トップ | ラプチャー 破裂 ★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ライフ (風に吹かれて)
その生命体を隔離せよ 公式サイト http://www.life-official.jp 監督: ダニエル・エスピノーサ  「デンジャラス・ラン」 「チャイルド44 森に消えた子供たち」 世界各国から
ライフ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(P) 自己主張しないジェイク・ギレンホールに映画もそれなり。
【映画】『ライフ』そいつを地球に持ち帰ってはヤバい (アリスのさすらい映画館)
ライフ(2017)アメリカ 原題:Life 監督:ダニエル・エスピノーサ 脚本:レット・リース/ポール・ワーニック 出演:ジェイク・ギレンホール/レベッカ・ファーガソン/ライア......
劇場鑑賞「ライフ」 (日々“是”精進! ver.F)
生命体の生存本能、恐るべし… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201707080000/ チャイルド44 森に消えた子供たち [ トム・ハーディ ]
ライフ (セレンディピティ ダイアリー)
ジェイク・ギレンホール主演。国際宇宙ステーションという密室内で、火星で採取した未知の生命体と格闘することになった宇宙飛行士たちの恐怖を描いたSFスリラー。「デンジャラス......
『ライフ』 カルビンによる殺人劇場 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『チャイルド44 森に消えた子供たち』などのダニエル・エスピノーサ。  キャスト陣はジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズなどと結......
「ライフ」☆6人の侍 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
たった6人の密室劇。 6人全部が主役。 特に近年、中国寄りだったハリウッドも、ここはどうしたってサムライ真田広之の起用が必須だったわけね☆ かなりの存在感で見事な英語を......
[映画『ライフ(2017)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・無難に面白かった。 最新の特撮技術は、B級の内容を格調高くさえ見せてくれる。 ただ、異星体が宇宙空間さえ自由に動き回れるのには疑問が起こった。 究極生命体のカ......
『ライフ(2017/アメリカ)』('17初鑑賞76・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 7月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:40の回を鑑賞。 字幕版。
ライフ (とりあえず、コメントです)
地球を周回している国際宇宙ステーションを舞台に描いたSFスリラーです。 予告編がとても怖そうだったので、どうしようかなと思っていたのですけど、 役者が揃っていたのでチャレ......
「ライフ」:後味わりー (大江戸時夫の東京温度)
映画『ライフ』は、ベン・スティラーが世界を旅する作品じゃなくてですね、ありていに
ライフ(2017)**LIFE (銅版画制作の日々)
 人類の夢も未来も砕かれる その<生命体(ライフ)>は 人間を餌に進化する――。 MOVIX京都にて鑑賞。よくあるパターンですが。生命体は結構リアルでした。そのあたりは上手......
「ライフ」、火星から採取された生命体が突然暴れだして、SFサスペンス映画! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) 宇宙映画好き ☆☆☆★ PG12 グロい画面も 世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結、火星で採取された地球外生命体の細......
「ライフ」 (ここなつ映画レビュー)
極めて王道を歩むSF作品。宇宙船内からラストに至るまで(と言っても作中ほぼ9割が宇宙船内での話なのであるが)、正しいSFを見せていただいたという気持ちになる。そしてもしかし......
ライフ (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって面白かった。
『ライフ』を109シネマズ木場7で、『銀魂』『パワーレンジャー』をユナイテッドシ...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
◆『ライフ』 ▲この酸素スティックがオタ芸で振り回す棒みたいである。 五つ星評価で【★★★★嫌いになれない】 「そんなんおかしいやろ」 「あほちゃうか」 みたいな物を......
ライフ (ネタバレ映画館)
火星人といえばやっぱりタコだろ!タコ!