パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

あん  ★★★★

2015年06月04日 | あ行の映画
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人や作家、ミュージシャンとして活動するドリアン助川。映像作品で常に観客を魅了する樹木の円熟した演技に期待が高まる。

<感想>ハンディがありながらも、どら焼き屋で“あん”を作ることに生きがいを感じる老女と、そこで暮らす人々の日常を描いているのだが、河瀬直美監督にとっては初めての原作のある作品なのだ。
河瀬監督の映画の象徴とも言うべき映像美の中に、ごく普通の日常生活にある“生と死”というテーマを、これまでの作品よりもストレートに台詞や会話で言葉にして伝えていると思います。

中でも徳江を演じた72歳の樹木希林さんの存在感が際立っていて、彼女が演じてなかったらきっと私は観に行かなかったかもしれない。それほどに、樹木希林さんの生き方や感情、つまりその人そのものに成りきっての演技が上手いのには感心して、自らも全身癌と闘っているベテランの女優さんであります。

それを優しく包み込むように映し出す河瀬直美監督の演出が、深い感動を生みだしているのだと思われます。桜は死をイメージする花だと語る河瀬監督は、冒頭で桜が大好きな徳江が、満開の桜の木に話かける姿がとても印象的に映っており、私には河瀬監督と違って、桜の花は、寒い冬の東北では春の訪れを知らせ、北国の人たちに暖かい気持ちにさせる季節の花だと思っています。

人それぞれの捉え方があるように、桜の花にも哀しい思い出がある人がいるのかもしれません。この映画は、どら焼き屋の主人の千太郎の生き方も描いている。飲み屋で人を殺めて刑務所に入り、その後出所して知人の紹介でどら焼きやを営業することになる。だからなのか、本人は甘党ではなく酒好きな男で、売り物のどら焼きには愛着はない。

そうなると、客もこない寂びれた店ということに。売り物のどら焼きも心を込めて作っているわけではなく、中身のあんは他で作った缶の中に入ったもの。表の皮の生地は自分で作って焼いているも、失敗したものは、近所の女子中学生がその「できそこないの皮」を、食事代わりに貰っていくのだ。その女子中学生が、樹木希林の孫娘である内田伽羅が演じている。

そして、店を貸している大家には浅田美代子が扮して、あんを作る徳江を雇ったことに文句を言う。つまりあの人は“ライ病”ではないかと。手指が腫れあがり、そこから膿が出て臭いし、鼻が取れてしまう人もいるし、伝染するかもしれない。だから、そういう人を見せに雇っては、衛生上良くないというのだ。客に知れ渡ったら、店じまいということにもなるからと。徳江を辞めさせて、自分の甥っ子が無職なので、この店で、お好み焼きを隣で売るようにしたいと。私利私欲の強いおばさんの考え方に、観ていて腹が立ったが、確かに店側としたら“らい患者”を働かせているのはまずいのだろう。

店をクビになった徳江を探して、 “ハンセン病患者”だけ住んでいる住宅へと行く千太郎と女子中学生。風邪をひいているらしく、顔色も悪いし、挙句に肺炎になり亡くなってしまう。徳江の運命とともに、移り変わる四季折々の風景や木々たちは美しいのだが、それが時には残酷に映し出されて見えるのだ。

ハンセン病患者が強いられた人生に、ハンディを受け入れ、希望を失わずに懸命に生きる老女の徳江の姿は、「誰にでも生きる意味がある」というこの映画のメッセージが込められている感じがしました。主演の樹木希林さんも、きっと病と闘いながらも、こうして映画に出演していることに拍手を送りたい。
これまでにも器用ではない人間や、厳しい現実に対峙する“生きづらい”役柄を数多く演じてきたほか、本人も大きな病を抱える樹木希林さんの姿と重なり、徳江の想いや生き方にドキュメンタリーのようなリアリティーを感じずにはいられませんでした。
2015年劇場鑑賞作品・・・113映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫婦フーフー日記 ★★★ | トップ | 種まく旅人 くにうみの郷 ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希...
鳥籠から解放されたカナリア。『あん』 (水曜日のシネマ日記)
どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。
映画感想『あん』-2015年 (見取り八段・実0段)
自然の映像と樹木希林さんの可愛さに惹きこまれるものの、ホンワカした癒し映画では無く、むしろその逆。厳しい。ハンセン病という病と闘い偏見という理不尽と闘い自分と闘ってきた...
『あん』 (こねたみっくす)
陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。 まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河荑直美監督作品で味 ...
あん (映画的・絵画的・音楽的)
 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...
あん/樹木希林、永瀬正敏 (カノンな日々)
河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ...
[映画『あん』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老...
月とカナリヤ~『あん』 (真紅のthinkingdays)
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連...
劇場鑑賞「あん」 (日々“是”精進! ver.F)
生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別)
あん (とりあえず、コメントです)
ドリアン助川著の同名小説を河瀬直美監督が樹木希林主演で作り上げた人間ドラマです。 原作は未読でほとんどタイトルしか知らなかったので、どんな物語だろうと気になっていました。 静かな空気を通して、生きるということは何だろうなあと考えさせられるような物語が綴ら...
「あん」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし
あん (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。そのお店の常連で...
日のあたる場所、月との約束。~「あん」~ (ペパーミントの魔術師)
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね~。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...
ショートレビュー「あん・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
残したい、最後の声。 餡は甘いものだけど、映画はちょっとビターだ。 明け方、桜並木に近い古めかしいビルの屋上で、たばこを燻らせる一人の男。 彼の背負っているものの重さ、静かなる葛藤を、映像だけで端的に感じさせる秀逸なオープニング。 長瀬正敏演じる千太...
あん (映画好きパパの鑑賞日記)
 河瀬直美監督がこれまでの作風を若干かえ、有名キャストで東京を舞台にした作品。これまで、彼女の作品は数本みており、すべて途中で寝てしまいましたが、初めて、最後まで見た作品になりました。  作品情報 2015年日本映画 監督:河瀬直美 出演:樹木希林、永瀬正...
『あん』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...
あん (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ドリアン助川の同名小説を「殯(もがり)の森」「2つ目の窓」の河瀬直美監督が映画化した人生ドラマ。小さなどら焼き屋の雇われ店長と、粒あん作りの腕を買われて働くことになった老婦人の心の交流と、次第に明らかとなる老婦人が辿った過酷な人生を優...
『あん』をユーロスペース1で観て、永瀬がいい顔ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★映画としては普通だけど、永瀬の無骨な泣き顔にやられる】 どら焼き屋店長と餡作り名人の老女との出あいと別れ。 というか、樹木希林が赤毛のアンをやる ...
「あん」☆行間の美 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。
あん (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長とし...
あん (にきログ)
さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江...
あん (まてぃの徒然映画+雑記)
河瀬直美監督の最新作は、ドリアン助川の原作物。河瀬監督が原作をもとに映画を撮るのは珍しいことです。予告編では樹木希林の作るあんこが美味しそうな映像ばかりだったから、まさかハンセン病という重いテーマがあるとは思っていませんでした。 公園の片隅のどら焼き....
あん  監督/河瀬 直美 (西京極 紫の館)
【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は....
「あん」ネタバレ内容・感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄く良かったです。5つ★
映画評「あん」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり
あん (2015) (のほほん便り)
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間......
あん (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2015年 日本 上映時間:113分 監督:河瀬直美 タイトルの『あん』とは何だろうか、と思ったら素直に『あんこ』の『あん』であった。そして樹木希林演ずるところの......
あん (Akira's VOICE)
向き合った時間が味を決める。