パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

海街diary ★★★★.5

2015年06月17日 | アクション映画ーア行
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重の桜」などの綾瀬はるか、『潔く柔く きよくやわく』などの長澤まさみのほか、夏帆や広瀬すずらが共演。実力派女優たちが繰り出す妙演はもちろん、舞台となる鎌倉の美しい四季の風景も見どころ。

あらすじ:鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして鎌倉での生活がスタートするが……。

<感想>鎌倉を舞台に、3姉妹と腹違いの妹が家族の絆を紡いでいく姿を描いた、吉田秋生の人気コミックを実写化したもの。「そして父になる」の是枝裕和が、鎌倉の美しい四季の移ろいを交えて、心の機微を丹念に映し出しています。
まるで、現代版の「細雪」の4姉妹のような、外国版では「若草物語」のような、長女の役から順に、幸の綾瀬はるか、二女の長澤まさみ、三女の夏帆に四女のすずには広瀬すずが、みずみずしい演技が光って期待の新人ですよね。

長女の幸はしっかりもので妹たちにとっては母親のような存在。看護師として働き、同じ病院の医師と不倫関係を続けている。腹違いの妹すずを引き取ることに決めたのは、自分も奥さんのいる男と不倫をしていて、結婚という未来が見えてこない毎日に不安を覚えている。不倫相手の医師には堤真一が。

街の行きつけの食堂のおばさんに風吹ジュンが、その風吹ジュンに恋心を抱いている喫茶店の主人には、リリー・フランキーが、是枝裕和監督の作品に出演していた常連さんたちが色をそえている。

二女の佳乃は、自由奔放な性格で恋多き女だが、男を見る目がなくて今作では年下の男を養っているような。フラレては酒に走り対照的な性格の長女とよく喧嘩をする。地元の銀行に勤めている。上司には加瀬亮が。

三女の千佳は、マイペースののんびりさんで、ファッションも個性的で、スポーツ店で働いている。そこの店長と恋仲のようでもある。
これは四姉妹ものの変形で、父と母に捨てられた三姉妹と、父の遺した母違いの妹の物語になっている。つまりは、父親の不倫をきっかけに、四姉妹の人間関係が炙り出されてゆく向田邦子の「阿修羅のごとく」のようにも思えた。ハードさは控えめだが、そもそも原作の漫画からして向田テイストが濃厚なのだ。

本作では、テレビドラマ版で四女役だった風吹ジュンがキーパーソンとして登場して、森田芳光監督の映画版「阿修羅のごとく」(03)で長女役だった大竹しのぶが母親役を演じている。

父親が家を出て仙台で女と一緒に暮らし、すずが生まれる。その後、すずの母親は病気で亡くなり、山形の旅館で働きながらすずを連れて、女と暮らし、その後病死するわけ。鎌倉の三姉妹の母親は、その後、北海道へと行き再婚して、札幌で暮らしている。残された三姉妹は、鎌倉の祖母の家で育てられ暮らしてきたのだ。
それでも、是枝裕和監督の歩いても歩いても」(08)の四姉妹編って趣きで中々よくできた作品となっている。特に食事のシーンが印象的に残っていて、美味しそうな生しらす丼ぶりに、竹輪の入ったカレーライス、蕎麦に野菜の天ぷら、それぞれの品物に人物のキャラが乗っかっているのが良かったです。だから食事シーンが効率的に、物語を動かしていっているように見えました。

注目すべきは、この姉妹たちは、4人でいる時は何処か自分を押し殺しているように見えて、誰かと二人っきりになると思わず本音がこぼれるという、姉妹でも気づかいがあるんですね。
すずが鎌倉に越してきて、学校でもサッカー部に入り友達も出来て、どう見ても学校では虐められているようには見えない。
だが、父親の49日の法要の席で、大叔母の樹木希林から、「あんたたちの家庭を壊した人の娘なんだから」と忠告されるし、祖母の七回忌に姉妹を捨てた母親の大竹しのぶが現れ、亡き夫の浮気を非難する。そこで、長女として、三姉妹を祖母に押し付けて出て行った母親に向かってキツイ言葉を投げ返す。

それを聞いたすずは、自分の母の不倫を悔やみ「奥さんのいる人を好きになって、母親が悪いと」長女に謝るのだが、自分も不倫中の幸は夜惑いを隠せない。
さらには、母親が鎌倉の家を売ろうと言い出したことで、長女の怒りは頂点に達して、母親を追い出してしまう。

姉妹の間に不穏な空気が流れ始めるが、それでも、しっかりものの長女がこの家を守っていけば、四姉妹も血の繋がりなのか次第に馴染んでいき、夏の浴衣姿での花火をするシーンや、縁側から入る爽やかな風を浴びながらの御昼寝など、桜咲く美しい坂道、海辺に散歩に出る四姉妹、四季折々の情景がとても美しくスクリーンに映えて、これからも四姉妹が家族として、仲良く暮らしていくのを見守っていきたいです。
2015年劇場鑑賞作品・・・123映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・レジェンド ★★★.5 | トップ | 鏡の中の笑顔たち ★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
海街diary (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 制作段階から絶対観たい映画だったその理由とは
劇場鑑賞「海街diary」 (日々“是”精進! ver.F)
家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary オリジナルサウンドトラック [ 菅野よう子(音...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
『海街diary』 2015年6月13日 イオンシネマ市川妙典 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『海街diary』 を鑑賞しました。 これは、今年ベストだね 長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すず もみんな良い! それに、最近出演多い鈴木亮平や樹木希林、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、 リリー・フランキー、前田旺志郎と脇も豪華である。 【ストーリ...
海街diary/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず (カノンな日々)
吉田秋生さんの同名コミックを原作に是枝裕和監督が映画化した海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流と家族の絆を描いていくヒューマンドラマです。 出演はその ...
海街diary (勝手に映画評)
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...
『海街diary』 (こねたみっくす)
生きているものはみんな手間がかかる。でもその手間が愛おしい。 これは死を通して生きるということや家族というものを描いてきた是枝裕和監督の集大成ともいえる素晴らしい作品 ...
『海街diary』 小津をほうふつって本当? (映画のブログ)
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常の...
海街diary (Akira's VOICE)
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  
血は争えない。『海街diary』 (水曜日のシネマ日記)
鎌倉で暮らす3姉妹と父親が他の女性との間に儲けた異母妹が共同生活を送る様子を描いた作品です。
「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
海街diary (映画の話でコーヒーブレイク)
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...
「海街diary」4人で同居した先にみた家族になるためには時間と精神的な成長が必要だという現実 (オールマイティにコメンテート)
「海街diary」は離婚して離れた父が突然他界し、残された3姉妹と腹違いの妹が4人で同じ屋根の下に暮らして家族になるまでの1年間を描いたストーリーである。今の時代離婚して再 ...
海街diary (映画好きパパの鑑賞日記)
 是枝裕和監督が、鎌倉に住む美しい3姉妹が、異母妹を迎えた1年を描いた作品。鎌倉が舞台ということもあり、小津安二郎を彷彿とさせる作品ですが、「トイレのピエタ」同様、抑制的な描写が続いているため、物足りない人もいるかもしれません。  作品情報 2015年日本...
4姉妹がそこで暮らす (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「海街diary」を鑑賞しました。 鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳の3姉妹。そんな彼女たちのもとに15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。 その葬儀で父とほかの女性の間に生まれた異母妹すずと対面、そこで鎌倉で自分たちと一緒...
海街diary (とりあえず、コメントです)
吉田秋生著の同名コミックを是枝裕和監督が映画化した人間ドラマです。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4人が四姉妹を演じている予告編を観て これは観たい!と楽しみにしていました。 鎌倉の自然と共に映し出される四姉妹の姿がとてもいとしく感じるような優し...
海街diary・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南...
幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。~海街diary~ (ペパーミントの魔術師)
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが~~~い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま~~い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではい...
海街diary (花ごよみ)
鎌倉が舞台。 鎌倉の四季の景観が美しい。 3姉妹と異母妹が一緒に暮らす中 色々な出来事を経ながら 一つの家族になっていく。 監督は是枝裕和。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、 広瀬すずが姉妹を演じます。 鎌倉で生活している 幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ...
海街diary (映画的・絵画的・音楽的)
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)....
『海街diary』是枝裕和監督、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『海街diary』原作 : 吉田秋生監督・脚本・編集 : 是枝裕和出演 : 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮風吹ジュン、リリー・フランキー
海街diary (そーれりぽーと)
是枝裕和監督最新作、『海街diary』を観てきました。 ★★★★★ 親の離婚や、家出、死別に振り回され続けても、強い絆で結ばれ、助け合って暮らす四姉妹の様子が、日本の四季を背景に、美しく、ハートウォーミングに描かれている。 振り回した親たちに対する思いは、実...
奇蹟の四姉妹~『海街diary』 (真紅のthinkingdays)
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生の...
海街diary (風に吹かれて)
:けなげでええこや~ [E:crying] 公式サイト http://umimachi.gaga.ne.jp原作: 海街diary (吉田秋生作/小学館 月刊フラワーズ連載中)監督: 是枝裕和  「誰
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 ...
海街diary (Break Time)
7月に 入ってから梅雨らしい日が続きます・・・
海街diary (はるみのひとり言)
鎌倉で暮らす三姉妹の元に、15年前に家を出た父の訃報が届くき。葬儀に参加した姉妹はそこで腹違いの妹すずに出会い、鎌倉で一緒に暮らし始めることになり・・・・。腹違いの妹を快く迎え、鎌倉の古い家で暮らすことになる四姉妹。特に何があるわけでもなく、普通の日常...
「海街diary」 (NAOのピアノレッスン日記)
~家族を捨てた父が、のこしてくれた家族~ 2015年  日本映画   (2015.06.13公開)配給:東宝/GAGA     上映時間:126分監督・脚本:是枝裕和原作:吉田秋生  『海街diary』(小学館『月刊フラワーズ』連載)美術:三ツ松けいこ音楽:菅野よう子出演...
海街diary (単館系映画と舞台)
海街diary movix川口 2015/6/13 公開鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届 ...
「海街diary」 (元・副会長のCinema Days)
 肌触りは良いが、深みは無い。大事なことが何も描き込まれておらず、ただムード的に全てが過ぎ去っていく。是枝裕和監督は“この程度”のシャシンでカンヌ国際映画祭で賞を取れるとでも思っていたのだろうか。もしもそうだとすれば、随分と見通しが甘かったと言わざる...
「海街diary」 (Con Gas, Sin Hielo)
安定の4。 若草物語。ポッキー四姉妹。てるてる家族。現実には多くはないが何故か絵になる四姉妹。 同じ血を引いていても、兄弟姉妹は不思議なくらい性格が違ってぶつかり合う。単純に組み合わせの数が増えれば、化学反応が生み出すドラマも多様になる。 更に本作は....
海街diary (まてぃの徒然映画+雑記)
吉田秋生の有名漫画を是枝裕和監督が映画化。カンヌ国際映画祭コンペ部門正式出品作品だけど、この淡々として抑揚を抑えた演出がどれだけ海外の人の琴線に響くのかは疑問です。自分は好きなんだけどね。主演の四姉妹に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。周りを樹....
海街diary (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
海街diary '15:日本 ◆監督:是枝裕和「そして父になる」「奇跡」 ◆出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴志、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、風吹ジュン、リリー・フランキー、堤真一、大竹しのぶ ◆STORY...
海街diary (のほほん便り)
原作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞。の吉田秋生による漫画作品。 評判を聞いて、観てみたのですが、後で「是枝作品」と知り、大いに納得したのでした。 キャスティングが、とてもハマっていて、目の保養。そして、舞台となっ...
海街diary (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2015年日本 上映時間:128分 監督:是枝裕和  本作もまたまた原作がコミックなのだが、少女マンガなのでアクションマンガとは違ってなかなか文学的な趣があった。また舞台となる鎌倉の、美しい四季折々の風景も見逃せない。 さて物語は、15年前
映画評「海街diary」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり
「海街diary」 (或る日の出来事)
なんでもない、ひとときが、かけがえのない思い出。